09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/08/08//Sat * 15:53
●○玄倉川

玄倉川01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

丹沢湖の東側から流れ込んでいる玄倉川。これに玄倉林道が沿っています。
この林道は昔ユーシンロッジという山小屋辺りまで車で行けたのですが、現在
は遥か手前にゲートがあって車は通れなくなっていることに加え、このゲート
から約3㎞程のところにある青崩隧道を始めとするトンネル群が完全通行止に
なっていて、歩行者さえも通ることが出来なくなっています。

ゲートのところに車を停めそこから歩き、40分弱かかって青崩隧道に到着。
手前から涸沢を伝って河床まで下ります。上流に玄倉ダムがあるためか、水の
流れは極端に少ない。下りてから上流に向かって歩き始めるとすぐ川は左へ曲
がっていて、そこを曲がると写真の通り歩きやすそうな川床が上流に向かって
続いています。

玄倉川02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

河床に下りたところからカーブしている手前まで来ると、ちょうど青崩隧道の
上流側出口が見えます。下から見上げるこの辺りの岩肌は絶景です。でもいか
にも崩れやすそう・・・

玄倉川03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

トップ写真を撮ったところら辺から後ろを振り返るとこんな感じです。
ちょっと川とは思えない、快適そうな道に見えますね・・・
正面が青崩隧道のある絶壁です。

玄倉川04
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

上流に向かって歩いて行くと、段々大きな岩が現れ川の様相が変わってきます。
それでも進んで行くとどうしても水の中を通過しなければならないようになっ
てきます。そこら辺で沢靴に履き替え、トレッキングシューズはこの日も私の
本領を発揮していて雨が降ったり止んだりだったので、濡れないよう岩の陰に
デポしました。

玄倉川05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

川の幅が狭まり、右へカーブしていく手前、右岸側の岩の裂け目のような狭い
空間の奥にかなり高いところから落ちている滝がチラッと見えました。大袈裟
な言い方をすればまるで天空から落ちてきているような感じで、感動します。
ここまでは河床に下りてから、靴の履き替え休憩も含めて30分弱くらい。
そしてここがこの日の目的地です。

玄倉川06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

この沢はとても細い流れになって玄倉川に流れ込んでいます。
上の写真で見えた滝下へ行くには、この細い入口を通過しなければなりません。
とは言っても、沢靴を履いていればかなり大雑把に水流を遡っては行けますが。

玄倉川07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

入口から入り滝前まで登った所から振り返って。入口を見るとV字に切れ込ん
でいるのが分かります。一番奥に見えるのは玄倉川の反対側の岸です。

滝については次回の記事で。

               撮影地:神奈川県足柄上郡山北町 2009/07/21


>> 2010/08/12 07:14
>ちしろさん
返事が遅くなってしまってごめんなさい・・・ こんな前の記事を見つけてもらえて嬉しいです♪
そうそう、去年行きました。雨で道中は面倒だったけど、滝の撮影時に少し止んだので、撮りたい絵的にはいい天候だったのです。
ちしろさんは四年前に独りで行かれていたんですね。その頃と較べると私が行った時は大分簡単になっていたようです。特に玄倉川をモチコシまで歩くのに深いところもなかったし、モチコシ沢も大滝前までは簡単に行けました。
それにしてもちしろさんの行動力はすごい。沢遡行とか全然出来ない私からすると、羨ましいしホント尊敬です! 泳ぐのは気持ちよさそうですね~ ザックの中身のことを考えなければやってみたいです。

>> 2010/08/08 22:13
よ~かんさん

昨日、玄倉川へ行ってきました。
よ~かんさんもいらっしゃっていたんですね。
行く前に、写真を拝見してたら、少しはステキな写真が
撮れたかな~残念です。

2006年ごろ、一人でモチコシの大滝を見に行って以来でしたが、
前より、石が汚れているな~と感じたのですが、
気のせいでしょうか。
もっと、白くて釜の緑色が引き立っていたような・・・

今回は、先のダムが見える所まで行って戻りました。
向山大滝の先が、カナヅチの私には大変でした。
遊んだ後のアップ、私にとっては宿題みたい~!です(笑)。

>> 2009/08/12 21:37
>びーぐるさん
歩くだけなら特にやヴぁいところはないですよ。でもこの辺りは丹沢でも特に深いところなので、何でも出そうです(笑) っていうか、こんなひ弱な弱観光人を捕まえて何を仰っているんですか(笑) まあ熊は丹沢ならどこにでも出没しそうなので、運次第ってところでしょうか・・・

>ぜいぜいさん
そうそう、ぜいぜいさん初が玄倉川だったんですね。私はこっち側は全くといっていい程来たことがなく、特にゲートが出来てからはゲートよりも先に行ったのは今回が初めてです。この川はちょっとしか歩いていないけど、すごくよさそう。堰堤とかダムとかあるのが勿体無いなあ・・・
お察しの通りモ○コ○沢です(笑) この沢には寄られていないですか?
青崩は特に下から見るとすごいですね~

>そらさん
大体こんな感じのところを独りで行っているので、そんなに怖い訳ではないんですが、それでも熊は怖いですよ。稀に正体不明の動物の動く音とかがあるとしばらくフリーズします(笑)
川歩きは楽しいですよ~ 特に暑い日は水にバシャバシャ入れるので気持ちいいです♪
熊ばっかりは運ですからね・・・ でも心配ありがとうです♪

>> 2009/08/11 09:52
読んでるだけど怖くなりました。
よ~かんさんは怖くないの?
クマもいそうだし。。
でも緑はきれい~!
川床も歩いてみたい・・なんて思ったり^^;

くれぐれも気をつけてくださいね。
大きな声で歌って行ったらクマが来ないかもよ(笑)

>> 2009/08/10 18:00
うちが沢を始めて最初に歩いたのが玄倉川でした。美しい沢で上流部は丹沢の黒部と言うのも頷けます。
この沢は○チ○シ沢かしらん?
しかし青崩隧道、迫力ありますね。そら恐ろしく写っていますね。

>> 2009/08/10 13:42
またまた凄そうなやばそうな所ですねぇ、絶対クマとか出るでしょ?
よ~かんさんなら逆にクマを取って食べちゃいそうな感じもするけど
いずれにしても充分お気をつけください!!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/417-48fb6273

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。