09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/08/04//Tue * 01:25
●○沖箱根沢 F1

沖箱根沢 F101
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

前回UPした大滝沢ですが、ある程度進み堰堤を左岸側から越してまたある程度
行くと、下流側から上流へ向かって大きく左カーブしている箇所がありますと
書いたけど、この左カーブに至る前、右岸側の奥になんか滝らしきものを見つ
けることが出来ます。これが沖箱根沢で、大滝沢に右岸側から出合っています。
そしてこの少し奥にF1があります。落差は20mらしいです。滝の下部に三脚の
足をかけ、超接近で撮ってみました。
※F1とは沢の出合から最初に現れる滝のことです。

沖箱根沢 F102
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

出合から少し遡ればすぐこんな光景です。傾斜が緩いのでなんとなく登れそう
に見えますが、結構やヴぁいらしい。冬は凍ってアイスクライミングをする人
たちが来るらしいです。

沖箱根沢 F103
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

この滝の上に左側から落ちている流れが見えますが、この滝の一部なのかな。
そして撮っていて気になって仕方なかったんですけど、下の方にあるスタート
ラインみたいなものはなんなんだろう・・・ っていうかスタートラインにし
か見えないんですけど(笑)

沖箱根沢 F104
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

真横中程。

沖箱根沢 F105
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

真横下部。

沖箱根沢 F106
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

真正面から。滝壷はなくて、そのまま流れになっています。

沖箱根沢 F107
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

滝の前にあった緑がいい感じだったので。
大滝沢は何度も歩いているのに、ここに寄るのは初めてでした。普通だったら
とうに寄っていても不思議はないんですが、私はこういう偏りが結構あります。
多分寄り道が下手な人なんでしょう。

沖箱根沢 F108
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

さて、今回の目的はこの沖箱根沢のF1と、増水しているであろう雨棚です。
地獄棚のところに戻って先に進みましょう。前回記事一番最後の写真右側に落
ちているの鬼石沢からの流れを真正面から撮ってみました。
そうそう、地獄棚には何度も来ているのに、今までここで人に出会ったことは
一度もなかったのに、この日は数人のグループと会いました。

沖箱根沢 F109
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

雨棚に二度目の挑戦。出合の流れを右側から越えてみてビックリ。沢の様相が
去年と全く変わっていました。すぐに現れる5mの滝の釜も、崩れてきた岩で埋
まって浅くなっていました。更に誰かが、余計なことに登るところにロープを
固定していてこれが非常に邪魔。ロープを固定できるような技術があるくらい
なら、この滝の上り下りくらい楽勝でしょうに・・・ よっぽど回収してやろ
うかと思ったけど、止めておきました。次行った時はないことを祈ります。
で、滝の登りですが前回よりちょっと嫌らしかった。特に下りがちょっと難儀
しました。一箇所掴んだ岩が動いた時は冷や汗が・・・

滝を越えてもやはり沢が前回と比べてとても荒れていました。前回のような美
しさが全くありません。ちょっとガッカリ・・・ 前回と今回との間に鉄砲水
のようなものでもあったのかもしれません。ちなみに、写真は雨棚のある場所
から下流方向を見下ろした構図。

沖箱根沢 F110
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

で、雨棚です。とても独創的な滝。

沖箱根沢 F111
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

残念ながら水量は若干多いものの、扇状に広がるまでは行きませんでした・・・
もっと降らないとダメか~ でもあまり降ると今度は沢に入るのが怖いしなあ。

沖箱根沢 F112
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

滝下。ちょっと幻想ちっくに攻めてみました。
結構きれいなんですよね、この部分。

今度こそもっと水量が多い雨棚を見てみたいです。

               撮影地:神奈川県足柄上郡山北町 2009/07/11


>> 2009/08/08 16:12
>はちこさん
でも最近は地球温暖化の影響のためか、まともに凍らないらしいですけどね・・・
まあでも山の中なので冬は寒いですよ~
暑い日に沢に出かけて水の中に入るのはすっごくいいですよ♪ 涼しいし。
もうあの携帯事件から一年になるんですね・・・ 私は未だにあの瞬間がスローモーションで焼き付いています(笑)

>びーぐるさん
やっぱり分かり難いですか? そうかも知れないな・・・ なんとなく分かり安くってばかり考えると文章量が半端ないので、適度に端折っています(笑)
最後の三枚、ありがとうございます♪ この滝はお気に入りの一つなんですよ。

>ぜいぜいさん
前に行った時は、それぞれの滝の釜がとってもきれいだったんですけど、今回は崩れた岩とかで埋まっていたりして、かなり汚い状態になっていました。あの場所は左右が断崖絶壁って感じなので、多分崖崩れがでもおきたんでしょうか。確かに岩とか脆いですね。5m滝も手で掴んだら取れそうになった箇所とかありましたから。
スタートライン、結構あるんですね。あまりにもきれいなラインなので、てっきり人工かと思っていました。ここから用意ドンで登ろうぜ?という感じで(笑)

>> 2009/08/05 18:46
雨棚、昨年秋から台風もなかったし、雪も少なかったのにどうして荒れてしまったのでしょうね?
丹沢は地質がもろいし、あのあたりは傾斜もきついので、少しづつ荒れていってしまったのでしょうか?

沖箱根沢のスタートライン、丹沢の沢では結構見ます。
海底のときの火山の影響とか、造山活動とかで岩の割れ目に入りこんだ岩が溶かされてなんちゃらかんちゃらとか読んだ記憶があります。お暇な時に調べてみてくだされ。

>> 2009/08/04 22:05
よ~かんさんの専門用語はさっぱり分からないから
ほっとくとして・・・
あれ?今日はイマイチかなと思ったら最後の3枚で
またまた恐れ入りましたぁ!!

>> 2009/08/04 11:43
アイスクライミングが出来るほど
真冬は寒い場所なんですね。
今の時期は、涼しくて癒されるじゃろぅなぁ…♪
やっぱり夏は森林&清流ですよねヾ(≧▽≦)ノ
あの"携帯電話事故"から もうすぐ一年?!(笑)
思い出しても笑えますね( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/416-44836388

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。