07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/07/23//Thu * 00:37
●○尻芸術

燕01
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

ツバメは、大きくなり飛べるようになってもしばらく夜は巣に戻ってきます。
これを何日か繰り返し、ある時巣には誰もいない日が来ます。この時が本当の
巣立ちだと思いますが、結構これが寂しいんですよね。今までいつも賑やかだ
ったのが、パッタリ静かになってしまうのだから・・・ まあ、毎年また同じ
ことを大抵は繰り返すのですけど。

で、大きくなって飛べるようになって巣に戻ってきても、体が大きいので前の
ように全部が収まりません。大体平均一つの巣に五、六匹くらいが詰まってい
るので、夜大きいヤツらが帰ってくると何故か頭から巣に突っ込んで寝ている
姿を見ることになります。多分糞をし易いようにと推測しているんですが。

で、この姿。これがこんな風にきれいに花開くようになる姿は中々見ることが
出来ません。大体がグチャグチャと思い思いの格好で突っ込んでいたり、綺麗
になっていても数が少なかったりとこちらの願う通りにならない。
ところがこの晩は完璧でした。これ以上場所的に入ることが出来ない、最高の
状態での芸術でございます(笑)

一枚目は、もう三年前のもの。前にやっていたブログに載せていたヤツなんで
すが、そのまま埋もれさせておくのもなんか勿体無いなと思って引っ張り出し
てきました。ツバメの写真はコンパクトでは結構撮っているんですけど、デジ
一眼では何故か全然撮っていません。ここから下のものは今年たまたま何枚か
同じ日に撮った数少ないツバメ写真です。

燕02
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

巣の上をよく見ると・・・
何か幾つか覗いています。親が来ない時はし~んとこんな感じです。

燕03
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

ところが親がエサを持ってきたとたんに・・・

燕04
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

ギャアギャアと(笑)
一回に一羽だけがエサをもらえ、親がいなくなると二つ上に戻る(笑)

燕05
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

親です。すぐ傍の電燈の上によくとまっていて、たまに声を出さずに唄ってい
たりします。※本当に唄っているみたいなんですが全く声は出ていないです。
何がしたいんだかよく分からん。

燕06
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

この仔だけがうまく飛べずに下に落ちてしまい、巣に戻すことが難しかったの
で、小さいかごを巣の傍に置いてそこに入れてあげました。この後飛べるよう
になったんですが、ここが気に入ったのか夜には巣ではなくここに戻ってきて
ました(笑)

燕07
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

別角度から。ピントが甘いです。

燕08
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

↑二枚と同じ仔。

ツバメを近くで見ていると、本当にいろんなドラマがあります。いつまで見て
いても飽きません。野生生物でありながら、人間をうまく利用して生活してい
るんだなあって感心します。雛とかがかわいいのとかは、絶対に人間に守って
もらうためだとしか思えない(笑)

※1~4枚目まではトリミングしています。

                  撮影地:神奈川県綾瀬市 2009/07/05
                          ※1枚目 2006/06/11


>> 2009/07/29 14:09
>ぜいぜいさん
ありがとうございます。まあ毎晩見ていたので、普通の人よりはチャンスが多かったと思うんですが、それでも今までに一度しかこんなきれいなの(笑)見たことなかったです。
山の写真のは、私の場合、いつも同じ場所に何度も出かけていろんな場面を撮るということはあまりないので(気に入った場所はその限りではないですが)、それこそ幸運なことがあるんだろうなって思います。

>☆MIYA☆さん
ツバメたちは近くで観察していると本当に飽きないです。普段はひっそりしているのに、親が来たとたんにここぞとばかりに自分をアピールしてエサをねだる姿は本人たちは真剣なんだろうけど、思わず笑ってしまいます(笑)
本来は見られることが出来ない自然の営みを間近で見られるっていうのは、人間たちにとっては素晴らしい機会だろうなって思いますね。
↓の記事の木、すごいですよね。静かに強烈なアピールぶりでした。

>> 2009/07/28 23:20
うわぁおぉぉ♪ヾ(≧∇≦*)/
1枚目。。。ぱっと見 新種のお花????? じゃない つばめちゃんだぁぁって感じでしたぁぁ
こ~んな可愛い姿~ よ~かんさん 見せてくれてありがとですぅ(*´ー`*人)
うんうん あーとしてますねぇぇ♪
最後から2枚目 お口が オバQみたいぃぃ(-^艸^-)ムフフッ
こんなあっぷで見たこともないですぅ 

よ~かんさんの 優しさにもありがとうですぅ(*´ー`*人)

↓木ぃぃぃ 身悶えをしているような。。。雄叫びをあげているような
まさにそんな風に見えましたぁぁ

>> 2009/07/28 13:19
すごいです。
こんな千載一遇のチャンスにめぐり合えるのって、写真の神様がついているとしか思えない(笑
山の写真も結構そんなところがあるけれど、やはりその人のもつ事物に対する愛情と執念なんだろうなあと思える写真です。かわいいです。

>> 2009/07/27 14:44
>yasuさん
ありがとうございます! もう三年も前の写真ですが、いつかここに載せたいと思っていたんですよね。こんなの滅多に見ることは出来ないと思うし。二枚くらい撮ったらもう位置を変えてしまって芸術は終了となりました(笑)
二枚目以降は今年撮ったものですが、結構適当に撮っています。エサをせがむ時はかなり素晴らしい瞬間が多いんですよ。何年か前、コンデジでは結構撮ってました。

>no-riさん
普通あまり人間と近い位置には巣を作らないし、幾ら人間に頼っているとはいえ、やっぱり距離は置きますから、あまり近くでは見られないですからね。子ども、かわいいですよ~ たまに下で音がすると親と間違えて騒ぐことがあるんですが、これまたかわいい(笑)

>tacacoさん
こんにちは~♪
フリフリダンス、分かります(笑)
ただ、一度でもフリフリされてしまえばもう芸術としては台無しなので、写真撮るまでは動かないでくれ~! と声に出せない叫びを上げてました(笑)
ツバメは普通、動いているし、手には届かないような高さにいるから、近くでは見られないですよね。コンデジでは前にたくさん撮っているんですが、今はそんなに撮っていないです。
日食のリンク、後で見に行きますね~

>はちこさん
こんにちは~♪
ツバメの営巣はかなり見てきていますけど、こんな見事な開花状態は初めてでした。見つけた時は絶対に動かないことを祈ってそっとカメラを取りに行ったものです(笑)
ツバメは見ていていつまでも飽きないですよね。野生生物の真剣さと可愛さとがたくさん見られるから飽きないんだな~

>びーぐるさん
私も結構ツバメの子育ては見ているんですが、後にも先にもこんなにきれいに揃ったのはこの時だけなんですよね~ 大体数が足りないか、ぐちゃぐちゃに詰め込まれているかどっちかなんで・・・

>> 2009/07/25 09:11
こんなシーンは見たことがありません。
たしかによ~かん芸術です!

>> 2009/07/24 18:57
こんばんは~♪
1枚目は、ほんまに見事ですねヾ(≧▽≦)ノ
肉眼でも、こんな綺麗に並んどるのは観たことが無いです。
子どもの頃は、登下校中に よく巣を見上げていたものです。
懐かしく思い出しました(〃∇〃)ありがとぅございます♪

>> 2009/07/23 22:34
こんばんわ(^^)

1枚目のツバメくん達、今にもおしりフリフリダンス(ニュアンスで理解してください・笑)しそうですね♪

ツバメの顔をこんなにハッキリ見たのは初めてのような気がします。
貴重なお写真ありがとうございます(*^_^*)

あたしの今日の記事に、皆既日食の記事をリンクさせています。
よかったら見てみてくださいねぇ~(^_-)-☆

>> 2009/07/23 12:05
こんなにはっきりとツバメを見たのは初めてです
こんな顔してたんですね~
子供はかわいいね♪
子育て上手賞☆あげてくださいっb

>> 2009/07/23 10:53
すごい貴重な写真ですね!一枚目の写真どんな風になってるのかと思ったら下から撮ればああいうふうになりますね。

鳥って生き物で動きもあるのでそれを綺麗に撮れ素晴らしいです。子がエサ欲しさに口を開けているところが最高に可愛いですね^^









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/412-19764acc

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。