07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/07/11//Sat * 03:11
●○橋杭岩

橋杭岩01
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

和歌山県は半島になっていますが、今回の旅では内陸をうまく移動できるよう
な道が無かったので、ほぼずっと海沿いを走りました。本当に山も海も素晴ら
しいですね。相変わらず余裕のない旅でしたけど、またここには必ず来たいと
思いました。

さて、この日に予定していた目的を終え、次の日に残している最後の目的地の
なるべく近くで車中泊をするため、ちょうどよさそうな道の駅を目指して走っ
ていました。前回までの記事に書いてますが、とにかく寝ていない喰っていな
いヘロヘロになっている状態だったので、もう夕方の時点であまり景勝地とか
に目が行かず、早く道の駅に着いて喰って眠りたい一心で走ってました。
ところがふと左手(海)に目をやると、海岸にドコドコと大きい岩が幾つも落ち
て(置いて?)いるような不思議な光景が。なんだこりゃ?なんて思って走って
いると、もっと不思議な光景が。大きい岩が一直線に並んでいるのです。


橋杭岩02
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

大きい岩が一直線に並んでいる。というよりは、元々ずっと岩の壁が海を遮っ
ていたものをところどころ壊したり削ったりした結果、こんな状態で残ってい
ますよって風情です。あまりにも面白い光景だったので思わず車を停めました。


橋杭岩03
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ちょうど引き潮だったようで、後で調べたら岩が水面に映り込んでいるような
ものもありました。


橋杭岩04
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

中でも特徴的な岩を大きく写してみたの壱。


橋杭岩05
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

中でも特徴的な岩を大きく写してみたの弐。


橋杭岩06
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

中でも特徴的な岩を大きく写してみたの参。
何か左端のヤツ、座禅した坊主が横向いているみたいで・・・


橋杭岩08
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

多分、弁天島。干潮時なら歩いて渡れるらしいです。でもそこまではする気力
がなかったのです・・・


橋杭岩07
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

小魚がやたらにいて、近くに行くと波紋を立てて逃げ回ってました。


橋杭岩09
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

橋杭岩も不思議ですが、無造作に転がっている大きい岩たちも不思議。
一体どうやってこんなことになったんだろう?


橋杭岩10
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

とにかくこの光景は眠気に勝ちました(笑)
この岩にもなかなか無茶な伝説が残っています(笑)

この橋杭岩はKissDNで撮っています。
今回X2の電池とメディアは予備を買う経済的余裕がなく、X2で滝を撮り、その
他の風景を撮る場合はこっちでと決めていました。結局終わってみればX2だけ
でも完結できたんですが・・・

              撮影地:和歌山県東牟婁郡串本町 2009/06/15


16:00に那智山を出発し、海沿いに戻り、R42を南下。ずっと走って串本町突入。
17:00頃、橋杭岩到着です。全くこの存在を知らなかったのですが、結構有名
のようですね。20分くらい見たり撮ったりし、出発。
途中「イノブータンランドすさみ」とかいうすごく変な名前の道の駅で小休止。
そしてガス補給、食料調達後、18:43にこの日の車中泊場所「道の駅 志原海岸」
に到着です。ここまでの走行距離は那智山から89.2㎞でした。

この道の駅はロケーション的には素晴らしい。何しろ目の前が海! しかも海
ガメが産卵しに来る砂浜らしい。すごく低い防波堤みたいなところらへんから
この日一番の贅沢エビスビールを片手に暗くなっていく海を眺めました。ちょ
っと蟻が煩かったのがいただけなかったけど・・・ あと入ってはいないんで
すがすぐ隣に温泉施設まで。なんて至れり尽くせりの場所なんだろう。
そして車に入ってご飯を喰らい、さあ後はゆっくり寝て明日に備えましょう!
21:00頃、暑いので窓を少し開けて・・・お休みなさい・・・
・・・と、なんだかあの嫌な羽音が・・・ ・・・蚊だ!
少し粘ってなんとか始末。もう眠くて仕方ないのですぐにトロトロ。ブぅーん!
またか! また始末。トロトロ。ブぅーん!
なんだか始末しても始末しても入ってくる。窓を閉め切ると暑くて眠れない。
これには本当に参りました。結局まともに寝られず、ドロドロな気分で朝を迎
えることに(泣) しかも10箇所以上刺されてるし・・・
結局この日も慢性的な眠さを抱えながら過ごすことになったのです。嗚呼。
ちなみに起床は微妙に起きてたけど4:30。5:35にこの日最初にして最後の目的
地へ向けて出発です


>> 2009/07/21 21:30
>☆MIYA☆さん
すごいですよね~これ。
私もこの時は眠くてどうにもならなかったのに、この風景を見て目が覚めたくらいです(笑)
やっぱりお坊さんに見えますよね? 少し向こうを向き気味で。これ、かなりヒットでした♪
新しい仲間が増えました♪ ありがとうございます。中々快適な使い心地ですよ。前のヤツの後継機なので、そんなに分かり難いことがないし、前よりも使いやすいところもあるし♪

>> 2009/07/17 06:55
わわわぁぁ♪ なんですかぁぁ ここはぁぁぁε=ε=(ノ≧∇≦)ノキャー
不思議不思議~~♪ 自然ってほんと素晴らしいですねぇ(*´I`*)ポョ

座禅をしてる お坊さんに見えますぅぅ
ちょい斜め後ろ姿~な感じですぅぅぅ♪

それとそれと 新しい仲間が増えたのですねぇ(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
気づくの遅くて ごめんなさいぃ┏○ペコッ

>> 2009/07/16 22:16
>はちこさん
こんばんは~♪
ありがとうございます。でも今年は去年よりはかなり軟弱かも(笑)
旅にしてもいつもせかせかと動き回るので慌しいことこの上ないんですけど、やっぱり対象が見て感動できたりするものなので、行ってよかったという楽しさとかは毎回感じますよ♪
この岩本当にビックリしました。もうこの時は眠くて早く寝たいことばっかり考えていたんですが、それすらも一時頭から飛びましたからね~
私はこういうものとか雲とかを見ると結構いろんなものを想像してしまうんですが、はちこさんも同じなんですね~
しかし一体どうやったらこんな地形になるんでしょうか・・・

>akiさん
こんばんは~♪
ありがとうございます。いやあ、本当にきつかったです。寝不足と暑さは身体に堪えますね(笑)
この岩と手前にゴロゴロと転がっている大岩にはビックリしましたよ~ 少なくとも結構長く生きてきて初めて見ましたこんな風景!
二枚目、ありがとうございます。まさに広角らしい風景ですよね。南紀の海って景色も素晴らしいしとてもよかったですよ。なかなか簡単に行ける近さではないですけど。
akiさんは以前は車中泊していたんですね。私はいつも車中泊ばかりしていますが、今回初めて蚊の攻撃を受けました。暑さも大体は山の上でそんなに厳しいのはなかったけど、そういう面でも大変でしたね。
でも時間とか料金とかのことを考えると車中泊は止められない(><)

>tacacoさん
こんばんは~♪
tacacoさんはダイビングをされていたんですね! 私はどうもそういうスポーツ関係は疎いんですけど、水の中の世界、すごそうです♪ この辺りの海はきれいなんだろうなあ。
イノブータンランド、すごく変な名前ですよね。最初どんな意味なんだか分かんなかったけど、イノブタ(笑)
もしまた串本町に行くようであれば是非この岩も見てみてくださいね~♪

>ぜいぜいさん
すごいですよね。自然って。人間の意思なんか存在しないのに、こんなにも人間に感動をもたらす。一体どうやったらこうなるなんて想像できないです!
私も今まで車中泊していて蚊に苦労したことなかったんですよ。なので虫除けという概念がなかったです(笑)
でもこれからはそういうの準備していった方がよさそうですね~

>びーぐるさん
さすがびーぐるさん、各地の要所要所はちゃんと押さえていらっしゃいますよね♪
本当にすごい光景でした。あまりにも眠くなかったらもう少し岩に近付いてみたかったんですが。
車中泊はいろんな面で節約できるのでつい(笑)

>> 2009/07/16 07:53
橋杭岩を見たのはもう20年以上前ですが、
ほんとに不思議な光景ですよね!
車中泊ですかぁ!まったく恐るべきパワーでございます!(^^♪

>> 2009/07/14 00:41
海もまたすごい景色つくりますね~
なんか、色がいいね。夏っぽくて!

車のなかに虫除け置いとくのどうでしょうか。
電池式のとかあるよね。
うちは車中泊は夏でもすずしいとこばかりだから、蚊に苦労したことはなかったなあ。

>> 2009/07/13 22:43
こんばんわ(^^)

串本町は元気な頃にダイビングをしていて潜りに行ったことありますよ~♪
良い所ですよね!

イノブータンランドは中には入ってないですが、前を通り過ぎたことがあります!

なんだか懐かしいです~(^^)

残念ながら写真の場所には行ったことありませんが。。。(^_^;)

>> 2009/07/11 19:39
よ~かんさん、こんばんは。。

ここまでよくへろへろになりながらもご無事で^^

自然ってすごいなぁって思います。。
こういう大きな岩が並んでるのって珍しいですよね。。
2枚目の広角のPHOTOがいいな♪
海をみてると行きたくなりました。。

車中泊は私は嫌いです><
蚊の音で眠れないし暑いのはもっとだめ。。
昔は九州や北陸へいくのに車中泊してました。。

>> 2009/07/11 17:22
こんにちは(*'ー'*)/
よ~かんさんは パワフルに動いてらっしゃいますね~♪
ハードなスケジュールの中にも、楽しみを感じて過ごして、
ほんま凄いなぁと尊敬します☆

岩の並んだ風景、面白いですね♪
私も こういぅのを観ると、色々と想像してしまいます。
“ぼうず”に見えるのも納得!
こういぅ地形を見ると、地球の歴史とか すごく感じます☆









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/409-15627707

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。