03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/07/01//Wed * 23:37
●○那智の滝

那智の滝01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

なちのたき。落差133m。日本の滝100選の一つ。
他にも日本三大瀑布、日本三大神滝、那智四十八滝等々・・・
特に信仰と非常に深く関わっている滝で、風景は独特の雰囲気を感じることが
できました。滝とその周りだけを見れば、まるで原生林の中にいるような神秘
的なイメージを受けるので、こんな観光地化がされていなかったらもっともの
凄い滝だったんだろうなあ。

同じく日本三大瀑布の一つ、華厳の滝のような直瀑ですが、こちらの方が少し
優美な感じを受けます。その代わり迫力は華厳の方が上でしょうか・・・

那智の滝02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

この滝の滝下へ行くには、熊野那智大社別宮飛瀧神社の境内に入ることになり
ます。何かのお土産屋の第二駐車場とかいう所に車を停め、少し歩くと神社の
入口。鳥居を潜り石段を降りていきます。

那智の滝03
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

石段はまあまあな距離。一往復くらいなら問題ないレベル。100段くらいある
のかなあ(適当)。これをひたすら下りて行くと途中に木立の間から滝の姿が。
ここで何枚か撮っている私の姿を見て通りすがりの人々が「何撮ってんの?」
みたいな感じで寄ってきて「なかなかいい風景だねえ」なんて携帯とかで撮っ
てましたが、こんな面倒な露出、そのカメラじゃさすがに無理では・・・

那智の滝04
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

石段を一番下まで降りると左右には社務所や売店とかそんなものが並んでいて、
真っ直ぐ正面は写真の通り。そしてこの奥には本殿とか拝殿とかそんなものは
ありません。あるのは那智の滝だけです。つまりこの神社は那智の滝が御神体
となっています。

那智の滝05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

こんな感じ。

那智の滝06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

一番奥の柵一杯のところから。もうこれ以上クリアな状態で見ることができま
せん。何にも邪魔されず滝の姿を見るにはどうすればいいのか? なんて辺り
をキョロキョロすると、左手に「お滝壺拝所参入口」なんてものが・・・
でも入るには300円也・・・ 駐車場で500円取られ、ここでもですか。
でも滝壷を見られるのであれば、遥々ここまで来たんだし仕方ない・・・

那智の滝07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

で、入口で料金払って入りましたよ。なんかお守りみたいのもらいました。
入って石段を上って行くと途中に「長寿水」なんてものがあって、100円で呑
めるようになってましたが、やめておきました。
そしてなんかの舞台みたいなところに出て、ここからの滝は何も邪魔されずに
見ることが出来るようになっていました。

那智の滝08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

でも滝壷自体は見えないですね・・・ ちらっとしか・・・

那智の滝09
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

風が吹くと落水が曲がったりして、とても繊細な感じを受けました。この日は
水量が少ない方だったのかな・・・

那智の滝10
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

一応晴れてたので無理やり青空と(笑)
お滝壺拝所は入口と出口が別になっていて、出口には神社グッズ販売売店が控
えてました(笑) でも同じ三大瀑布の袋田や華厳に比べてお下品な感じがしな
かったのは、神域だからなのかも。今回はグッズ買わなかったけど、もし今度
行ったらヤタガラスの団扇がちょっと欲しいかも。

そして、この神社の石段の一往復は大したことないって書きましたが、二往復
はちょっとキタ・・・ 最初三脚を手に持って移動していたんですけど、段々
邪魔になってきて、一旦車に置いて来ようと戻った訳です。そしてまた石段を
下りて拝所行ってまた石段を上り、ちょっとヘタッとキテました。
何せこの日、SAで夜中にカレーを喰い、朝にパン一個喰ったきり、あとは少量
の水分しか摂っていませんでした。そしてよく晴れて暑い。そして殆ど寝てい
ない。これでこの日三つ目の滝。どう考えても身体的にはやヴぁい状況。それ
なのにこの後暴挙に出たのでした・・・

那智の滝11
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

そいえば、停めている駐車場からも滝の上部が見えるので撮ってみました。
落口に注連縄が張ってあります。この縄は年に二回も神職によって張り替えら
れるそうです。133mの断崖ギリギリでの作業。とんでもないですね・・・

那智の滝12
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

神社の入口まで戻ってきて、そう言えばWebかなんかで三重塔と一緒に写って
いる写真があったよなあ、でもどこに行けばあるんだろうなあって思っていた
んですが、どうやら更に参道を上って行けばいい様子。じゃあ行ってみるかと
水も持たずに上り始めたのがいけませんでした。

まあその辺りのお話しは、次回の記事でその時の那智山らへん散策写真を幾ら
か撮っているものをUPするので、その時に。。

という訳で、へろへろになって辿り着いた一番上辺りだと思われる場所で撮っ
たのがこれ。他にももっと違う場所から一緒のものがあったと思うんだけど、
もうへろへろで頭が回らずここからのだけで断念。この時この付近で記念写真
屋が観光客相手に写真を撮ってましたが、「ハイ、ナ~チ!」という掛け声が
更に脱力感に拍車をかけました・・・
しかし今回の旅でここが一番楽だろうと思っていたら、こんな仕打ちとは。。
というか自分が悪いんですが。

            撮影地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町 2009/06/15


>> 2009/07/08 00:03
>超英子惨
誇大広告ですか?(笑)
出来たらぜひ行ってみて下さい。すごく遠いですが。
観光客とかが多いけど、厳粛な雰囲気は実際に体験するのが一番です。

>そらさん
こういう風に一直線に落ちる滝の中ではトップクラスの落差なんですね。ここは滝自体が御神体になってるので、本殿とか自体がないんです。確かに神格化されているのは実際に見ると分かりますよ。荘厳です。
三枚目ありがとうございます♪ 滝と手前の明暗が激しいので、携帯ではちょっと厳しいです。
滝を近くで見るためにお金が必要なんですからね。そういうところが嫌なんですが仕方ないんでしょうね・・・
ここは観光地だと舐めてかかって水とか持たずに行ったのが間違いでした(笑)

>-さん
知ってましたかこの滝。かなり有名な滝ですからね~
私もここは初めてというか和歌山県自体初めて行ったんですよ。すごくいいところでまた行きたいです。
別に全然的外れでもなんでもないと思うんだけどなあ。コメント嬉しかったです。ありがとうございます♪

>はちこさん
ヘロヘロになって辿り着いたけど、なんかヘロヘロの意味が違って、水とかそういう想いの方が強かったです(笑)
でもですね、やっぱりちょっと大変な思いをして辿り着いた先の光景というのは感動の度合いは違いますよ~♪
あの舞台みたいのですが、現在もそんな感じの催しがあるようですよ。舞かどうかまでは分からないけど。
前回の滝もありがとうございます。そんなに大きい滝ではないけど、周りの景色含めて素晴らしい光景でした。

>akiさん
こんばんは~♪
ラストのアングルと、この三重塔と一緒のアングルが幾つかあるんですが、もうヘロヘロでどうでもよくてこのアングルだけしか撮れませんでした(笑)
三枚目、五枚目、ありがとうございます♪ ともにお気に入りの写真です。どこに行ってもお金を落とすようなシステムになっていますね。そういうのはやっぱりあまり好きになれないな・・・
寝ていない食べていない呑んでいない歩き尽くめとこんな状態で何百段の階段と暑さは辛過ぎました・・・ 一番上まで来た時はとにかく早く自販機のあるところまで下ることしか頭になかったくらいです(笑)
「ナーチ」はこんな身体には優しくなかったです(笑)

>びーぐるさん
やっぱり暑い時には滝ですよね~
でも実際に暑い時に滝へ行くと涼しいけど変な虫も多くて写真だけで楽しんだ方がいいかも(笑) 那智の滝も滝へ下りていく参道で変なたくさんの小さい虫に絡まれて大変でした・・・
やっぱりここには来ていらっしゃいましたか! 私は初めてでしたというか和歌山県に踏み込んだこと自体初めてでしたよ~
華厳の滝よりも落差はあるけど落水が優しい感じで優雅さを感じました。

>> 2009/07/05 16:19
この時季よ~かんさんのブログは涼しげで最高です!
那智の滝はずい分前に行ったなぁと思って調べたら26年前でした!!
落差は華厳の滝よりはるかに長くてスケール大きいですよね。

>> 2009/07/04 19:07
こんばんは♪

確かにラストのアングルはよく見ますね~。
3枚目、5枚目は迫力あって好きです。。
ごぉーって音がきこえてきそうです。
こういう場所は観光地化してほしくないですよね。

記事を読んでるだけでへろへろなん伝わります。。
私はこんなとこでは三脚持ってなんかいけません。
神戸の布引の滝でへろへろだったんですから。。
『ハーイ、ナーチ』には笑いました~^^
こんなん聞いたら力抜けますよね。。



>> 2009/07/04 08:35
へろへろになりながらも辿り着いたら
観るものも より素敵に見えただろぅな(*'ー'*)ふふっ♪
やっぱり楽をしていては、その先に“良い喜び”はない…
よ~かんさんの記事と写真を観ていて感じました。

朱色の舞台と滝の組み合わせが素敵ですね♪
あの舞台で、昔は滝を後ろに舞が舞われていたんかなぁ。
前記事の滝のある場所…そこに“もののけ姫”が
立っていそうな雰囲気♪
深い緑の中の水辺って、なんともいえないですね。

>> 2009/07/04 00:06
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2009/07/03 23:31
すごい高さのある滝ですね。
滝が御神体になってるなんてちょっとビックリ!
3枚目の写真いいですね。
確かに携帯では・・・無理かも!

今はどこでもお金を取るんですね。
観光地化されてなかったらもっといいのにね。

ヘロヘロになって・・お疲れ様☆
これからは食べ物も水分もいっぱい持って行ってね^^

>> 2009/07/02 01:30
そういえば最近こういう所に行ってないなぁー
と写真見ながら思っちゃいました。

「厳粛な感じ」伝わってきました(^^)/~☆









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/407-53aff1ee

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。