03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/06/27//Sat * 15:05
●○桑ノ木の滝

桑ノ木の滝01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

くわのきのたき。落差21m。日本の滝100選の一つ。
どんな由来でこんな名前になったのか気になるところですが、結局分かりませ
んでした。ただ調べると、熊野川支流の高田川桑の木谷にかかっている滝とい
うことなので、その名が付いているんだと思うけど桑の木谷の由来自体が分か
らないので・・・

まあそれはともかく、この滝は滝もそうですが、周りの景観、雰囲気と一緒に
なってこその滝だと思います。ここに辿り着いたのは正午よりも少し前なので
すが、太陽光がスポットのように斑に下を照らし、周辺は苔むしていて幻想的
な光景になっていました。写真はもうちょっとしっとり感を出せればなあって、
ちょっと勿体無い感が・・・

そんな訳で、へろへろ旅次の滝は和歌山県に突入しました。
三重県の他のヤツにも奈良県にも行く勇気はなかったので(笑)

桑ノ木の滝02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

滝への入口は「相賀」というバス停付近。駐車場が無いので、道路の広くなっ
ている所に停めてそこから歩き。橋を渡ってお墓の脇を通り抜け、気持ちいい
森の中を沢沿いに歩き、途中一箇所吊橋を渡り案内板通りに進んで15分くらい
で滝へ到着。ここから右岸の詰めの部分は立入禁止になっていて、木で作った
桟道みたいになっています。そこを抜ければ滝壷前に出られるみたいですけど、
試しに通ろうとしたらあまりにもヌルヌルして滑り、しかも手すりが無いので
転んだら超痛い目に遭うこと必死。途中まで行ったけど片手に三脚持ってここ
を渡るのは自殺行為と判断。引き返しました。何しろじっと立っていてもジリ
ジリと滑るくらいです。長靴で行ったので他のところから滝壷前に出れないか
と探してみましたが、みんな水深が深くてダメでした。沢靴で来ればよかった
なあ・・・とちょっと後悔。またのチャンスがあれば今度は滝壷を見たいです。
少し離れたところに橋の一部分みたいのが沢に渡してあり、そこが簡単な観瀑
台となっているみたいですが、そこからではいまいちな風情なので、左岸に渡
っていろいろ試行錯誤してみました。

桑ノ木の滝03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

冒頭でも書きましたが、とにかく滝の周辺の光景が素晴らしい。岩は苔に覆わ
れ、周辺は森の緑を映し、滝自体は黒い岩肌でちょっと異様ですらあり、下部
は岩を積み重ねたような不思議な造形。100選に相応しく感じました。
周辺も鄙びた感じで人も全然いません。滝前も人には一人出会っただけでした。

桑ノ木の滝04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

時間帯がよかったのか、太陽光がスポットとなって当たり素晴らしい装飾効果
となりました。いろんな時間帯でいろんな雰囲気を楽しめそうです。

桑ノ木の滝05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

滝の一部に太陽光が当たっても素晴らしいです。

桑ノ木の滝06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

分かり難いですが、手前の大きな岩にツツジが生えていて、一つだけ花が咲い
てました。蕾が幾つもあったので、これが幾つも咲けばとてもいいアクセント
になったんだろうな。。

桑ノ木の滝07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

こういう風に斑に光が当たるのはとても美しいんですけど、露出も迷います。
あと、トップでも書きましたが、苔の岩がもうちょっとしっとりと表現できれ
ばよかったのに・・・

桑ノ木の滝08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

水量が多いと左側の岩が積み重なったような部分にも水が流れているようなの
で、そんなに今日は多くなかったのかな。

桑ノ木の滝09
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

考えてみればこの滝、まともな全景を撮れていないな・・・
やっぱり滝壷前に出ないとダメだったのかも。

桑ノ木の滝10
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

まあそれでも素晴らしい光景を見られたので十分ではありますが。
それにこの滝までの歩きも特に登りとかもなくて楽なので、近くに行ったら又
気軽に来れそう。

この滝へ行くのに車を停めて支度をしている時に、ふと気が付くとすぐ後ろに
おばあさんがいて、私の車のナンバープレートをじっと見ていました。
そしてこちらに気がつき挨拶。「どこから来たんですか?」と聞かれ、神奈川
からですと答えたんですが、分からない様子。なので東京からといい直したら
「そんなに遠くから? それはご苦労様でした」と深々とお辞儀されました(笑)
その後、ナンバーの漢字が読めないらしく「これは何と読むんですか?」と聞
かれたので答えたけど全くピンと来てなかったみたい。まあアレは知らない人
には読めないし何処かも全く分からないだろうけどなあ。。

この滝には滝壷に棲んでいた「あめのうお」という主の伝説があるらしいので
すが、これがかなり突っ込みどころが多そうな伝説(笑) 興味があったら調べ
てみるといいかもしれません。

                  撮影地:和歌山県新宮市 2009/06/15


9:40頃、布引の滝を出発、来た道を途中まで引き返し、分岐をR168方面へ向け
ます。R168に乗り熊野川に沿って南下、途中雲取温泉へ向けて県道230号選を
右折し数分走って桑ノ木の滝入口のバス停「相賀」に到着しました。
時間は10:54くらい、距離は布引の滝から約28㎞でした。前日からずっと寝て
いないので、慢性的に眠く途中休憩入れながらになってちょっと時間がかかっ
てます。県道230号線を相賀まで行く途中に気になるものが二つ。
一つ目は高田川自然プール。高田川をそのまま利用した自然プールのようです。
水がきれいなのでかなり寄ってみたかった。
二つ目は途中の右手山腹に見えた滝。高滝と呼ばれているみたいです。ちょっ
とカッコよさげ。時間があれば見てみたかったな。行くのはちょっと大変みた
いですが。この滝のある一番下、つまり道路際には風呂桶みたいのがやたらに
並んでいて、それぞれからホースが繋がれて水が出ていました。多分高滝から
水を引いているっぽいんですが、なんなんだろうこれ?


>> 2011/11/30 23:15
>りんごさん
初めまして、コメントありがとうございます。
りんごさんもやっぱりこの滝前に立った時、不思議な幻想的な感じを受けましたか?
私はとても幻想的な雰囲気になって文句無く100選の滝だと思いました。

>> 2011/11/30 20:51
この滝が好きで、検索してここに辿り着きました。
すっごく素敵な写真。
そこに立った時の不思議な気持ちを思い出しました。

>> 2009/07/07 03:15
>akiさん
こんばんは~♪
ありがとうございます♪ これは完全に被写体のおかげですね。運がよかったという典型的な例です。トップは私も一番のお気に入りです。欲を言えばもう少し、光が当たっている岩にしっとりとした感じが出ればよかったんですが、少し乾いた感じがします。
普通滝に光が当たると特に水の部分って白く飛んでしまうことが多いです。なので大抵すごく暗めに撮ってみたりするんですが、なかなかうまくいかないんですよね。なので未だに滝は好きだけど苦手です。
和歌山はやっぱり遠かったです(笑) でもすごく好きになりました。基本的には海沿いを走るので、とても気持ちよかったし。また行きたいです。
akiさんの撮る滝の写真見たいですね♪ 楽しみにしていますよ~

>> 2009/07/02 19:49
よ~かんさん、こんばんは。

この光があたった滝って幻想的♪
私は光があたると明るくなりすぎて失敗写真になります。なんでかな。。
TOPが一番好きです♪
遠いとこまで行ったんですね。。
でも、仕上がりが素晴らしいから行けてよかったですね。
今年こそは滝もこういう絹のような写真を目指します。。毎年言ってるような。今年はどんなものでも撮りたくて撮りたくて。
カメラをはじめたころの気持ちです^^

>> 2009/07/02 00:05
>超A仔さん
実際は暑い中歩いたりして汗だくだったりするんですけどね(笑)
まあとにかく周辺の光景が素晴らしかったですよ~♪

>ジローさん
お昼前くらいの状況なんですが、とにかく運がよかったです。ありがとうございます。
ETC1000円、なかなか使いどころが難しいですが、安くなるのは本当に助かります。去年から実施されていればもっと助かったんですけどね・・・

>夕づつさん
ほんと、光線具合でとても幻想的な光景になる場所でした。滝自体も黒い岩盤で面白いです。ここは滝壷にいた主の伝説があるんですよ~

>-さん
こちらこそ大変ご無沙汰してしまってごめんなさい・・・
一時休館とかしていたからそんなには記事数が増えていないかもですが、よかったらお願いします♪
私と見ると滝と思い浮かぶってのはなんだか嬉しいんですが、どうもまだ撮るのは苦手で(笑)

>ぜいぜいさん
布引は、輝度差が激しかったので全体的に暗めに撮ってなるべく白をぶっ飛ばさないようにしてます。なので暗いんですよね~
桑ノ木は、自分でもかなり気に入っています。100名瀑巡りは知らない滝にいきなり行くので、天候などの状況は運次第なんですが、この日は運がよかったんでしょう。ありがとうございます♪
デジイチは楽しいですよ~ 腕なんか私だってないです。でも撮って楽しめるかどうかなんだと思います。

>> 2009/06/29 22:36
前スレの布引の滝も条件厳しそうなのにすばらしく撮れてますね。
そして、こちらの滝はもう芸術作品ですよ。いやあ、神秘的です。
私もデジイチ欲しくなってしまいました。もっとも腕がともなわないですけど。

>> 2009/06/29 08:54
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2009/06/28 12:22
ひんやりとした清涼感と滝の音だけの静けさ…
どこかに森の妖精が棲んでいそうですね^^

>> 2009/06/28 00:03
光の当たり方が最高です!
ETC 高速道路1,000円で、全国の滝巡りも現実味が増しましたね!

>> 2009/06/27 17:14
こっちは涼しいですねぇ~☆
水と緑が綺麗(^'^)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/406-b619ebdc

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。