07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/06/17//Wed * 16:57
●○早戸川散歩 ⑦

早戸川散歩60
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

さて、長々と細々とやってきたこのシリーズも、今回でやっと最後です。
っていうか、今回はおまけみたいなもん。早戸大滝に来たらこれもセットでっ
ていうくらい定番(多分)な、雷滝で〆たいと思います。落差は15m位らしいの
ですが、結構な迫力があります。

早戸川散歩61
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

④で到達した雷平まで戻って、今度は大滝沢と反対の原小屋沢を遡ります。
こちら側は大滝沢と違って左岸になんとなく道っぽいものがあるし、徒渉点も
一箇所だけなので、雷滝までなら断然楽です。私の足でだいたい20分くらい。
大岩の滝と呼ばれる原小屋沢のF1(ただの段差っぽいけど)を越え少ししてから
右岸へ徒渉。そこから程なく雷滝に到達します。

早戸川散歩62
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

この滝の滝壷の前にはとても大きな平らっぽい岩があって、この上に乗って滝
を見るのが好き。数人は楽に乗れるような広さがあるので、この上で弁当とか
最高だと思います。今回はこの岩の上でしか撮ってません。横着もいいところ。

早戸川散歩63
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

滝壷がなかなか広いです。そう言えばこの滝って何故か全く左岸側へ行って見
たことがないんですよね。次回は行ってみてみたいかも。

早戸川散歩64
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

大岩の上から滝とは真反対に振り返って見下ろした図。

早戸川散歩65
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

落口の辺をちょっと。

早戸川散歩66
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

あんまり意味ないけど手前の岩の角で遊ぶ。

更新頻度がえらい低かったので長期に渡ってしまった渋い散歩シリーズも遂に
今回で終了です。辛抱して見て下さった方々には本当に感謝です・・・
最後に雷平から雷滝までの間に起こった詰まらない出来事を二つ程。

一つ目は痛い話。ちょっとした窪みに足を取られてよろけた訳です。で、咄嗟
に左手を近くにあった岩についたんですが、そこにはイバラが。。 掌に三本
トゲが刺さりました。小さい声で絶叫しました。
二つ目は竦む話。雷滝付近の左岸側はすごく崩れやすそうな地形になっている
んですが、音だけの落石を経験しました。最初ガラガラっと音がして、一瞬間
を置いてズドーン!と谷に響く音響が。かなり高いところからかなり大きい岩
が落ちたことが音だけで分かる感じ。しかもちょっと震動さえしました。ある
程度離れた場所だったけど、一瞬身が竦んでしまう程の恐怖でした。

                 撮影地:神奈川県相模原市 2009/04/04


>> 2009/06/22 00:41
>ぜいぜいさん
ザックだけ見ると山やさんっぽいですよね(笑)
最初はカメラザックを使っていたんですが、カメラザックってカメラと周辺小物以外のことは全然考えられていなくて山に入るには不便だったので、いろいろ探した結果、このザックに決定しました。一番のポイントはサイドに三脚を固定することが出来ること。もうこのためにこれにしたようなものです♪
落石は特に滝を見に行く私ではかなりリアルな恐怖です。前も西沢本棚で撮影していた時人の頭より少し小さいくらいの石が三つくらい落ちてきてすっごい怖い思いをしたことがありますよ。雷滝付近はいつ崩落が起こっても不思議じゃないですよね~

>> 2009/06/21 21:34
カリマーのザックですね~
なんか山やさんぽい~
ところで落石の話はぞっとしますね。狭い沢を歩いているとやっぱり上が気になったりします。
カモシカとか鹿はガンガン落石させるので、他人事ではありません。
離れている所でよかったですね。確かにあそこは落石あったらいちころですって!

>> 2009/06/21 20:50
>ばばさん
こんばんは~♪ お久しぶりです。
一枚目、ありがとうございます。山頂に行ったりとかでよくこのザックと一緒に写真を撮るんですが、今回結構気に入ったのでトップに飾ってみました。
バラのトゲは精神的にかなり痛かったですよ~・・・

>> 2009/06/20 06:20
こんにちは。
お久しぶりです。
滝のお写真はいつもお見事ですね。
といいながら、1枚目のようなオフショット写真の様な写真にも惹かれます。

最後の2つのお話、痛くて竦みました。
気をつけないといけませんね。

>> 2009/06/19 22:58
>蒼ノ心さん
本当にお久しぶりです・・・なかなか遊びに行けなくてごめんなさい・・・
山開きです。とは言ってももう二ヶ月以上前になってしまいましたが(笑)
まあそうですねえ、散歩っていう表現はちょっとアレかなって気もしますけど、そんなに危険って程でもなくて適度な運動って感じでしょうか。
最近やっとこうなにかどっかに行きたいという気持ちが強くなってきたので、ジリジリ出かけたいと思います。応援ありがとうございます(笑)

>> 2009/06/18 13:51
お久しぶりです~^^v
山開き、ですか(笑)
散歩というにはけっこうな険しさに見えますけど、
これからの季節、こういう場所はますます気持ちがイイよね~♪
怪我のないよう、100選を着々と侵攻してください!(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/402-280d70db

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。