09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/06/10//Wed * 23:55
●○早戸川散歩 ⑥

早戸川散歩48
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

やっと、今回の散歩の目的、早戸大滝です。
いや~、長かった(笑)

早戸川散歩49
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

前回記事のラストの写真から滝壷へ向けて進んで行くと、途中↑のように完全
に踏跡が崩れている箇所があります。見た通りたったの二歩分なんですが只の
斜面となっていて、進むのにかなり躊躇します。トラロープもなんだか弱々し
いし、失敗したら沢側へまっしぐらです。でもこの二歩分の靴跡が、中々いい
具合で、この上を素早くトレースして先へ。

早戸川散歩50
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

この先は左側に大きい岩盤があり、そこをギリギリに歩いて行くと大滝の下の
小滝の落口のところに出て、小滝の落口ギリギリを渡るか、少し上流側の写真
でいう真ん中下辺りの岩へ渡るかしないとなりません。落口ギリギリは失敗し
た場合のリスクを考えると論外。小滝といっても数メートルはあるので、落ち
たら只では済みません。となると写真の岩しかないんですが、ここも簡単そう
に見えるけど、実際はちょっと嫌らしい。初めて来た時は、ここまで一度も水
に濡れなかったのに、最後のここで片足完全水没をやらかしました(笑)

早戸川散歩51
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

↑の岩を渡り数歩踏み出せば、大滝とご対面です。ここからだと中間部が完全
に左から張り出した岩塊に隠されてしまっています。

早戸川散歩52
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

そこで滝の前を突っ切って、そのままガレた斜面を登ります。
写真は、ガレた斜面の中間辺りから来た方向を向いています。小滝の落口とか
二歩分の崩れた斜面とかが見えていますが分かりますか? 左上が前回記事の
ラスト写真と繋がっています。

そして滝の方に向けば・・・

早戸川散歩53
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

こんな感じ。四枚目とはまた違う大滝の姿を見ることができます。
それでもまだ一部は岩に隠されていますね。
全景を写すとスケール感がいまいちなんですが、実際滝の下に立った時の威圧
感は相当なものです。

早戸川散歩54
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ガレた斜面の上を、滝側に近付いた状態で眺めてみた。

早戸川散歩55
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

真正面から。ちょうど上段からの落水が、中間で抉れた岩盤のせいで前方に飛
び出しています。このため左側の岩塊が削れて行ったように見えますね。

早戸川散歩56
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

左側の模様。なんかの生物なんでしょうか。この滝ですごく好きな部分です。

早戸川散歩57
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

模様をクローズアップ!
なんだか分かんないけど、すごく年月を感じるのですよ。

早戸川散歩58
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

滝に向かって右側の岩盤に目一杯近付いていくと、隠された部分を見ることが
できます。こんなに近付いても全景が写ってしまう。恐るべし超広角。

早戸川散歩59
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

青空となんとか両立させたい思いが一杯詰まった一枚(笑)

今回、この滝の滝壷にいたのは20分ちょっと。三脚を持っていったのにも拘ら
ず、一度も出さなかったので、中途半端なSSの写真が多いです・・・
っていうか、三脚は今回の散歩で一度もザックから出さなかったな。何で持っ
て行ったんだろう?

そしてここからは、一箇所寄った場所を除いて、道中一度もカメラを出さずに
帰りました。両手が空いているってなんて素敵か(笑)

                 撮影地:神奈川県相模原市 2009/04/04


早戸大滝:過去記事

散策 ②
早戸大滝再び
早戸大滝


>> 2009/06/17 17:28
☆相変わらずのコメント遅さでごめんなさい・・・


>yasuさん
全然申し訳なくなんてないですよ♪
レンズってある程度のものはみんな高いです。ハッキリ言って私は高くて勿体無いと思う方なので、ひとつのレンズを買うのに(それでもその世界では安い方らしい)死ぬ程悩みます。それでも最低限欲しい画角のものは手に入れたのでこれ以上もう中々増えないと思います(笑)
超広角の世界は全く普通のレンズとはベツモノだと思いますよ。
早戸大滝の写真、私の中ではとても中途半端なものなんですが、勿体無いお言葉ありがとうございます。この滝は私も滝巡りしたいと思ったきっかけとなった大事な滝なんですよ~

>akiさん
こんにちは~♪
ご無沙汰していて本当にごめんなさい・・・
最近は晴れている時も曇っている時もいつも暑いのでたまんないですよね~
特に雨の日に暑いとたまんないし、しかも雨多いし・・・
写真、ありがとうございます。この滝はすごく好きなんですが、写真はいつもうまく行かなくて困っています。大体スローシャッターで撮ることが多いんですけど、トップみたいな感じのも面白いかなって思います。八枚目、私もかなりお気に入り。ラストみたいな写真は、後ろから太陽光があれば楽なんですが、こんな逆光気味なシーンでは基本的には無理ですね・・・ 撮った後の調整で少しがんばりました(笑)
私は雨男、なんとなく脱出したような気がするんですが、気のせいかもしれません・・・
そいえばakiさんも雨女でしたね~ そうですね、もし私とオフなんかしたらどうなるんでしょうか。もう台風並なのか、雨と雨で超絶晴れなのか・・・ 試してみたいですね(笑)
ご心配ありがとうございます。元気は元気なんですよ。ただあまり行動的ではなくなっていますけど・・・ でもそろそろまたいろんなところに行きたい気持ちが湧いて来ているので、どうかなってところです。

>はちこさん
多分想像しているよりも遥かにこの滝へ行くまでは簡単だと思います。ただ普通に歩いていくのとはちょっと違って、自然のアスレチック要素が少しだけあるかなって感じでしょうか。はちこさんがこっちへ来るようなことがあればご案内しますよ~♪ 私がこうやって滝まで行くのってワクワクを求めてってのがかなりの部分を占めています。ちょっと大変な思いをして素晴らしい滝へ到達した時の感動はとても大きいです♪

>ぜいぜいさん
ありがとうございます♪ 確かに滝壷の辺から見ると落口が山のてっぺんって感じもしますよね。
この滝はいろんな季節に行ってみたいんですけど、もう蛭の時期には行きたくないし、真冬はへたれの私にはいつも手が出ないし・・・ 今度は秋に行ってみたいです。

>> 2009/06/15 22:16
とってもいい感じの写真です。
早戸大滝って山腹にあるのに、なにやら、山頂からほとばしって流れ出ているようないいアングルですよね。
過去の写真もみせてもらいましたが、季節ごとにいい表情ですね。

>> 2009/06/14 12:30
一本橋に、崖のロープ…
まさに冒険家って雰囲気が出ている写真があって
見ている私まで ワクワクしてきました。
最後には、青空と滝で、心も洗われますね♪

>> 2009/06/13 17:53
よ~かんさん、こんにちは♪
今日もめっちゃ暑くて体がだるいです。
ボスがしんどいと言うので3時で仕事が終ったからラッキーでした^^v
今日みたいなむしむし暑い日はTOPの水しぶきを感じるような写真がいいですね。8枚目も涼しげ~♪
ラストはお気持ちわかるなぁ。
私も青空絶対入れますもん(笑
神戸でも青空たくさん入れましたぁ。
よ~かんさんも雨男、卒業されてないのかな?
私はオフ会をすると晴れになるみたいで、人の力を借りています(笑
もし、よ~かんさんとオフ会するようになったら
絶対に雨でしょうかね~。

お元気そうでよかったです^^

>> 2009/06/13 01:42
よ~かんさん、こんなコメントにて返信するようで申し訳ないです。。。

早速広角レンズ調べてみましたよ~♪以前からいつか欲しいと思っていたので以前も調べたことがるんですが。でも結構高価なものなんですね。。。でもまた写真の世界が全然変わりそうですね!カメラに関しては高価でももったいないなどあまり感じないのできっといつか買うことでしょう♪

僕にとってはよ~かんさんの早戸大滝はとても絵になってますよ~♪本当に僕はこの滝に関してはとても思い出になっている貴重な滝で関東じゃ一番好きないつまでも残っていてほしい滝です。

>> 2009/06/13 00:29
>yasuさん
ありがとうございます。。
せっかく持っていった三脚も使わずかなり中途半端な感じでもあるし、この滝って絵にするのはかなり難しくて悩ましいんですけどね・・・
あの最後の滝壷へ行くところは何度行っても緊張します。それまでうまく濡れずに行ってたのに台無しになりますからね~(笑)
例えば最後から二枚目みたいな写真は、超広角レンズでないととても無理な写真ですよ。大滝は滝壷まで行ってしまうと落差のわりに至近距離での撮影になるので、広角は欲しいところです。

>> 2009/06/11 00:47
本当に待ってましたよ~♪
素晴らしいです!早戸大滝!

本当に懐かしいです~。二枚目と三枚目、そうそうあんなところありましたね~(笑)まぁ僕はよ~かんさんからすでに聞いていたので行く前から覚悟していました(笑)

もしかして噂の広角レンズというものを使えば滝の全景を写せるのでしょうか?僕のときはまだコンデジだったのですが、間近すぎて滝壺から落ち口まで全景を写すことができませんでした。今度は一眼で改めてまた行きたいです~。本当に素晴らしかったです。
僕もあの岩盤にある白い物体ずっと気になっていました。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/401-cfbcfd7b

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。