07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/05/20//Wed * 00:40
●○早戸川散歩 ③

早戸川散歩20
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

なんだかますます地味に、そして更新が遅くてごめんなさい・・・
前回記事の道を歩き、後半梯子みたいなボロ橋を幾つも渡って行くと、いつの
間にか左下に離れていた早戸川が見えてきます。そして締め括りに現れる岩盤
を乗り越えると写真のようになってます。そして川へ向かって急降下。

早戸川散歩21
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

↑写真の下側にトラロープが見えますが、その根元がこれ。
親切にこんなのがあります。が、全くと言っていい程必要はないですね・・・

早戸川散歩22
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

早戸川まで下り切ると、いきなり対岸へ渡れるように丸太橋がかけてあります。
これがよく増水等の災害で流されているんですね。この日はこれがあるかどう
かを確認しに来ました。コイツを渡らないと先に進むのは、水に濡れないよう
にする行き方では無理です。そしてこのポイントが大滝へ行くための一つの区
切りでもあります。だいたい前回の記事にあった造林小屋から私の足で10分と
少し程度です。

早戸川散歩23
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

早戸川をどうぞ。
なんだかあまりきれいそうではないですが、メチャクチャ水はきれいです。

この時点で14時。この時間から滝まで行き戻ってくる気はなかったので、帰る
ことにします。そしてこの日から五日後に今度は滝まで行って来ました。
この続きを次回の記事で・・・つまり地味が継続です・・・ぐふっ。

早戸川散歩24
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ここからは地味なおまけ。
さすがに丸太橋までの往復では幾ら時間が遅かったとはいえ、あまりにも運動
し甲斐がなさ過ぎるので、ほんのちょっとだけ寄り道を。

前回記事の造林小屋の写真のところで説明している右側の尾根を登って行くと、
榛ノ木丸という山の山頂に到達するんですが、初めて早戸大滝に挑戦した時に
間違ってこの山の山頂まで行ってしまったことがありました。で、泣きながら
戻って来る途中に「造林小屋⇒」という手書きの標識が地味にあったのを覚え
ていまして。ちょうど鹿柵沿いにあったのですけど、造林小屋から登って行け
ばこの榛ノ木丸の仕事道?のこの手書き標識まで到達するのかな?って思って
しまったのがいけませんでした。

と、前置きが非常に長くなってしまったけど、つまり造林小屋からちょっと登
ってみようってことにしました。小屋のところに鹿柵のゲートがあって、そこ
を潜っていきなり急な尾根を登って行きました。写真はその途中で小屋方向を
見下ろしたもの。自分の影とか含めてちょっとお気に入り。

早戸川散歩25
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ただ単に鹿柵沿いに登って行けば到達するだろうって甘く考えていたら、それ
が大間違い。全然真っ直ぐじゃなくて、高い方へ登って行くには幾つも途中で
曲がるし、全く道はないし、倒れた木の枝がやたらに行く手を阻むし、やたら
に急な登りだし、結構泣きそうでした。もうどうやって来たのかが分かんなか
ったので、戻る事はできそうもないし。

早戸川散歩26
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

いつまで経っても鹿柵がある急な登りか鹿柵のない急な登りばっかり・・・
やヴぇ、これやヴぇ・・などと思いながらへろへろ登って行くと、右手になに
やら道らしきものが。。 と、明らかに道です! 榛ノ木丸へ通じる仕事道に
ぶち当たりました! 踏跡が少し豪華になったような位の道ですけど、私には
高速道路に見えました(笑) 高度計を見ると標高が1000mを越えていましたが、
雪がところどころ残ってました。 ※写真はそれではありません。

早戸川散歩27
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

すご~く長く彷徨っていた気がしてましたけど、造林小屋からたった30分しか
経っていませんでした。しかし全く分からない場所を歩くのは不安ですね~
でももう後は道を下るだけ。「ふふふふふ~ん♪ ふ~ん♪」などと鼻歌を歌
いながら(嘘)ピロピロと下りて行き、30分弱で伝道まで到達! 大変な安堵感
です。以上、この日の小冒険を終了~ ※写真は伝道間近の尾根です。

                 撮影地:神奈川県相模原市 2009/03/30


>> 2009/05/31 22:50
>yasuさん
もうyasuさんにとっては一年前の話なんですよね~
まあ私も一年ぶりだったんですけど。
でも体調悪いのによくやり遂げましたね、こんな初めての場所。初めて挑戦するとちゃんとした道がある訳じゃないから不安だらけですから。
私がベテランなんてとんでもないです。この辺をよく歩かれているハイカーさんに心の底から笑われてしまいます(笑)

>はちこさん
だって本当に地味なんですよ~(笑)
でもありがとうございます! こんな地味なヤツを好きといってもらえて。私は本来こんな感じの写真が好きなんです。やっぱり癒されますよね~♪

>ぜいぜいさん
そうです、伝道で沢にぶつかって大滝へ行くには左手の尾根を上って行きますけど、榛ノ木丸は右手のというより真ん中?の尾根から行けばかなり明確な踏跡、仕事道が続いて、造林小屋への分岐まで行けてしまいますよ。
ぜいぜいさんがここを通ったことがないことが驚きでした。

>> 2009/05/23 19:26
榛ノ木丸からのバリ、私は今回、よ~かんさんが登った造林小屋までのルートしか行ったことなかったです。
なるほど、分岐を真っ直ぐだと伝道のあの沢沿いの小尾根にでるんですね。

>> 2009/05/21 15:31
よ~かんさん♪“地味”連呼ですね(笑)
でも、このシリーズ 好きですよ♪
私好みの 梯子道がいっぱいだし、
やっぱり森林には癒されますヾ(>▽<)o

>> 2009/05/21 00:11
あぁ~やっぱり見ているととても懐かしいです♪

僕は出発してすぐに気分が悪くなり、早戸川に出てきたときは気持ち悪さが頂点に達していてここでしばらくじっとしていました。しかしこの川の音でおそらく少しずつ体力が回復してきたのだと思われます。

よ~かんさんはこの辺りはベテランというかもはや達人ですね^^









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/398-467395cb

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。