07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/05/12//Tue * 23:54
●○早戸川散歩 ②

早戸川散歩12
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

う~ん・・今回の写真たちは大層地味です・・・
伝道までは左側に早戸川を見ながらの歩きになりますが、ここからは一旦離れ
て山の中を歩きます。
トップの画像は早戸川にまたぶつかる手前に出現する梯子みたいな橋の一つ。

早戸川散歩13
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

前回の鹿柵沿いを登って行くとすぐに沢に突き当たってそれを越えると、二つ
の尾根に挟まれた沢っていう感じになっています。その内右側の尾根を行くと
榛ノ木丸って山の山頂までまっしぐら。つまり不正解です。尾根に乗らず少々
沢の中(水は殆どないですが)を伝うと鹿柵が正面に出てくるので、そこに入ら
ずに左折。するといきなり急斜面になるので登って行くとすぐに左側の尾根上
に乗ります。ここから少し我慢して急な尾根道を登ると平坦になりすぐに下り、
写真の造林小屋に出ます。私の足で伝道からここまで10分ちょっとくらい。
ちなみに大滝への行程ではきつい登りはここだけです。

早戸川散歩14
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

造林小屋からは山の中腹の平坦な仕事道を歩きます。殆どアップダウンがない
すごく好きな道。道が細いので、うっかりすると踏み外して下へ転がり落ちる
可能性があるけど・・・

早戸川散歩15
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

その道の途中から。崖側の景色。下に円山木の大滝が見えるので、丹沢三峰の
どれかなんでしょう。右端が中峰(円山木の頭)?

早戸川散歩16
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

道はこんな感じ。人一人分の広さくらいでところどころ崩れていたりします。

早戸川散歩17
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

後半になると道が途切れ途切れになって、その箇所にこんな梯子みたいな橋が
架けてある場所が出てきます。ここって何年も前からずっと変わらない。いつ
足を踏み抜いて落ちるのかってヒヤヒヤしながら渡ります。

早戸川散歩18
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

もっと行くと岩盤が立ち塞がっていてその上を乗り越えるような箇所に来ます。
これくらいになるともう下から早戸川の水音が聞こえています。一旦は離れて
いましたが、また近付いているのです。そしてこの後一気に高度を下げ早戸川
に下り立ちます。

早戸川散歩19
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

こういう散歩の時はこういう天気に限りますねえ。

                 撮影地:神奈川県相模原市 2009/03/30


>> 2009/05/20 01:06
>ぜいぜいさん
ありがとうございます♪ 一枚目は自分でも少しいいなって思ってまして(笑)
ああいう朽ちた桟道って特に目方が不安な人には心臓に悪いです・・・ なるべく横木の上を踏むようにするくらいしかないですよね・・・ しかしあそこのは何年もずっと同じ状態のような気がするんですが気のせいなのかな・・・

>yasuさん
ほんと、この木の橋って何年も全く同じ状態のような気がします。でもこういうのがあるから私みたいなヘタレでも散歩を楽しむことが出来るんですよね。なくなってしまったら・・・まあそれはそれで何とかなる気もするけど(笑)
雷滝はまだ行ってなかったんですね。あの滝は落差はそんなにないけどかなりの存在感があっていいですよ。しかも滝前が早戸大滝よりも気持ちいい空間なんです。
ヒルがいなければいつでも行けるんですけどね~

>tacacoさん
こんばんは~♪ お久しぶりです。。
あの小屋、中覗くの結構怖いんですよ。ドラマの見過ぎじゃないかも(笑) 中はすごく暗くて、暗がりの部分になんかいるんじゃないかって感じがするんです。
この周辺は歩くのにはとても気持ちのいい場所です♪

>akiさん
こんばんは~♪ こちらこそ全然遊びに行ってなくて本当にごめんなさい・・・
akiさんも身体は大丈夫ですか? 最近はずっと暑くてなかなか大変ですよね。しかし相変わらず私は休みの度に雨になってかなり悲惨です(笑)
怖いところというか、こういうのは一部なので、なかなか軽アスレチックっぽくて楽しいところですよ♪
光が一部射している写真、ありがとうございます♪ 私もこういうのすごく好きなんですよね。曲線の道ですが、この道の幅は一人分じゃなくて半人分しかありません。気を抜くと下へ滑り落ちそう感が強い。
時間が出来たらakiさんとこへ遊びに行きますね~♪

>> 2009/05/14 23:46
よ~かんさん、こんばんは♪

ご無沙汰しててごめんなさい。
よ~かんさん、お元気でしたか?
昨日ぐらいまではこちらはとても暑くて、ばてました。

怖いとこを散策されたんですね。。
私なら、この梯子をみたたけで、引き返します。。

3や6のような一箇所に光が射してるのって好きです。
あと5枚目のような道の曲線が好き♪

この週末は雨みたいなので、お花撮りに出かけようと
思います。。




>> 2009/05/14 21:59
こんばんわ(^^)

上から2番目の写真って犯人が隠れてそうですねぇ~。
ってサスペンスドラマの見過ぎ(笑)

日本の田舎の風景って感じで、優しい写真ですね(^^)

>> 2009/05/14 00:06
空のコンラストが素晴らしく綺麗ですね~♪

トップの写真屋造林小屋を見ると懐かしく感じます^^この木の橋は渡っているときこんなの来年まで残っているんだろうか…なんて思いながら渡ってましたがまだちゃんとあるんですね~。
しかしこの橋がもしなくなってしまったらいったいどうなってしまうんでしょう(笑)

ちなみに雷滝はまだ行ったことがないんですよね~。早戸大滝に行ったときは早戸大滝で満足してしまい疲れもたまりそのまま帰ってしまったんですよね^^;

あぁ~ヤマビルの存在さえなければ僕もここには不定期に行きたいんですけどね~。。。

>> 2009/05/13 17:59
いや~いかにも忘れ去られた、打ち捨てられた道…みたいなイメージが溢れてますね。
1枚目、最高!

それにしても木の桟道って丈夫ですよね。ロシアンルーレットっぽい恐さはあるけど。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/397-ec3373e6

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。