07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/04/24//Fri * 21:26
●○化石 ②

化石09
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

国立科学博物館は、日本館と地球館があり、日本館は上から見ると飛行機の形
をしています。そしてその両翼の先端は、それぞれ地下から最上階(三階)まで
階段になっています。建物を上下するには中央にあるエレベータか階段を使用
するので、両翼の階段を利用している人はあまりいません。
そしてこの階段が今回この博物館に来たメイン目的だったのです・・・

化石10
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ここの階段は手摺の部分に自然石を使っていて、こういう石には化石が入って
いることがあります。よく都会にあるデパートや駅の床や壁とかに使われてい
る石に入っているアレです。こういうものにとても興味があるんですが、何せ
こういうものを探している姿は傍目から見ると非常に怪しい。気の弱い私には
駅とかデパートの人混みの中で化石探しなんてとてもとても・・・
でもここなら殆ど人が来ないので安心です(笑)

で、話を戻しますが、この両翼の階段をそれぞれ地下からてっぺんまで探し歩
き、このように立派なアンモナイトの化石が見つかりました。

化石11
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

大きさは直径20㎝はありそうです。かなりのオオモノ。
実際に展示されている立派なアンモナイトの化石を見るより、数倍も感動♪

化石12
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

せっかくなのでいろんな角度から撮ってみました。

化石13
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

1~5枚目まで全部同じ化石です。

化石14
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

事前にあまり勉強をしていないので、ハッキリ言ってアンモナイト以外の化石
は全く分かりませんでしたが、アンモナイトなら他にも幾つか見つけました。
これはちょっと分かり難いかもしれませんが、切断のされ方が違うのかな。。

化石15
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

トップのとは正反対のような位置で、それっぽいようなものを見つけましたが、
果たしてこれは化石なのか?

化石16
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

これは中央部にある吹き抜けで。これも分かり難いですね・・・
吹き抜けも同じ材質の石を使っているので、結構見つかりましたよ。でもここ
は人が多いので若干の勇気が必要。

このような街化石とかビル化石とか呼ばれているものには、前から興味だけは
ありました。一応調べやすそうな場所だけは押さえていて、今回機会があった
ため見に行ってみたんですが、もう少し化石自体を勉強しておけばよかった。
予備知識が無いのできっといろんな化石を見逃していた可能性大です。いつか
また機会を作って探しに行ってみたいですね。

                   撮影地:東京都台東区 2009/03/24


>> 2009/04/29 22:18
>yasuさん
そうなんですよ~ この化石が見たくて行ってきました。博物館で展示物を見る訳じゃなくこんな誰もいない階段を見る。なんてシュールなことか(笑)

街中でも石によりますが(生成過程で全く化石が入る余地がないものもあるので。火山岩とか)、いろんな場所で見つけることが出来るようですよ。自然石は美しいので、デパート等の人が多い場所とかに使うみたいで、そういうところでよく見つかるそうです。でもそんなところじゃ益々探すの嫌ですよね(笑)

>> 2009/04/25 00:47
しっかりメインな場所があったんですね~(笑)
アンモナイトが埋まっていますね、ということはここだけに限らず街中で自然石を使ってるところは化石が埋まってる場合があるんでしょうか!?それはとてもすごいですね~発掘みたいですね^^でも確かに周りからみたら怪しく見られますね~(汗)夜にでも街へ出て探しましょうかね(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/394-f864bb42

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。