09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/04/21//Tue * 19:05
●○化石 ①

化石01
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

これは何でしょうか?

化石02
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

答えはこんなんでした。
なんて名前の恐竜なんだか知りませんが(笑)
しかもトップ画像、トップに置きたくないくらいボケ写真(泣)
でもインパクト的に好きなので思わず置いてしまった・・・

って訳で、約一ヶ月くらい前に行ってきた、上野公園にある国立科学博物館で
撮ったものを幾らかUPします。

化石03
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

化石がたくさん展示してあって楽しいです。
これはコンボウガキ。水で窒息しないようにどんどん殻を伸ばして行ったとか。

化石04
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

これなんだか分かりますか?
魚の化石です。とても小さいので、ルーペが設置してあり、そこから見るよう
になってます。それごと撮ってみました。

化石05
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

どう見てもヒトデ。

化石06
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

化石の王者? アンモナイト。
直径が1mはある大物でした。

化石07
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

アンモナイトって大きさや形が進化の過程で様々だったらしいですね。
今も生きてたら面白かったのに。

化石08
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

こんな風に寄せ集まったものって思わず見とれてしまいます。
そして何故かラストもボケ写真で〆です・・・

                   撮影地:東京都台東区 2009/03/24


早戸川散策をUPしようかと思っていましたが、順序的にこっちの方が早かった
んで、こちらを先に。あと二回分あります。


>> 2009/04/29 22:21
>はちこさん
こんばんは~♪
お久しぶりです♪
ドラえもんの化石と言えばタイム風呂敷ですか? アレに包んでこうもり傘とか化石にしてましたよね~(笑)
でも実際に化石って化石だから見て楽しいのであって、例えば三葉虫とか実際に動いていたら気持ち悪そう・・・ アンモナイトもでかいのが寄ってきたら悲鳴を上げそうです(笑)

>> 2009/04/28 14:57
こんにちはー♪
化石って、子どもの頃 ドラえもんで そういぅ話があって、
遊ぶときに“化石探しごっこ”とかって、やった覚えがあります(笑)
冒険心いっぱいで楽しかったなぁヾ(>▽<)o
海の中で生きているものは苦手だけど、
化石になってると観れたりする 変わり者の私です( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

>> 2009/04/24 21:47
>Taneさん
お久しぶりです~♪
復活した訳ではないんですが、毎日気力がある時に少しずつ準備を気力がある時にUPしてみようっていう感じです。
ありがとうございます。そうですね、博物館自体まったくと言っていい程行った事がなかったので珍しいと言えるでしょうね~ 自分ではいろんなものに寄りかかって固定して撮っているつもりだったりするんですが、なかなかうまくいかないです・・・
余裕が出来たらTaneさんところにもまた遊びに行かせてくださいね~

>yasuさん
今回の写真は次にUP(もうしてますが)するもののもののついでなんですよ(笑)
マクロレンズを使う場合、特に博物館内での撮影は厳しいですね。とにかく何か固定できそうな壁とかそういったものを見つけてなんとかしたいところです。
でも被写体としてはかなり魅力的だと思います。yasuさんも機会があったらぜひ♪

>きらりさん
わ! っていうかきらりさんとめちゃくちゃ久しぶり♪
元気でしたか~♪
遭難も何も冬の間は全然山なんか行かず。室内で遭難していたかも。
きらりさんも化石好きですか。実際に自分でも外で見つけてみたいですよね。
アンモナイト生きてたら面白くないですか? 私は結構面白いと思うだけどなあ。飼ってみたい。

>ばばさん
こんばんは~♪
実際に化石が展示されているのを見るのはすごく楽しかったですよ。
アンモナイトもいろんなのがああいう風に陳列されているのを見るとワクワクします。
もうちょっと明るくてせめて1/60秒くらいで切れればいいんでしょうけど。ISO上げるのも私のカメラだといまいちだし。

>> 2009/04/22 18:12
こんにちは。
化石写真ですか~、面白いですね。
アンモナイトがたくさん並んでいるのも見てみたいなと思っちゃいました。

暗いなかフラッシュも焚けないでしょうから
結構たいへんなのでしょうね。

>> 2009/04/22 15:42
わ!
よ~かんさん、久々UP(笑
遭難しちゃったのかと思いました。

小さい時から虫とか化石大好きだったんです。

つまり、土をほじくって出てくるものが好きだったんです(笑

アンモナイト、今生きてたら面白くなかったと思います。

>> 2009/04/22 00:30
おぉ~いいですね化石♪化石の写真なんていうのは想像もつきませんね~!すごくかっこいいですね^^
室内写真でもバッチリ素敵な写真ばかりですね~。なんだか僕も恐竜を撮りたくなってしまいます。

>> 2009/04/22 00:14
お久しぶりです♪
復活されたんですね~。前回の桜も拝見させていただきました☆
第2弾は化石^^ よ~かんさんのBlodとして意外で面白かったです♪
博物館も暗いですから撮るのは苦労されたんじゃないでしょうか。
化石の質感、と~っても魅力的ですね。 それでは~









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/393-0a59c09b

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。