07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/12/27//Sat * 23:59
●○天橋立にて

天橋立にて01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

天橋立は日本三景の一つで、存在は子供の頃から知っていたにも拘ら
ず、具体的にどういうものなのかをいまいちイメージが出来ていない
ままやってきてしまったのが失敗の元でした。
今回の旅でも、元々前回にUPした金引の滝と共に行く予定ではなかっ
たため、何も下調べをしていなかったのも痛いです。

天橋立は宮津湾の中程で陸から陸に渡っている砂州です。
トップ写真はその砂州の東岸の砂浜で。Photoshopで水平を直してい
るのと、少しコントラストを触っています。

天橋立にて02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

南側の端に寄りました。
有料駐車場に停めて歩いて行くと、まずこんな土産物屋がずらっと。
客引きがある典型的なそんな場所。

天橋立にて03
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

そんな場所を歩いていると「三人よれば文殊の知恵」で知られる智恩
寺の本堂にぶち当たります。何故かこの辺り一帯からシイタケ臭が。
なのでこの先には進めませんでした・・・
手前を右折して橋を渡ると、天橋立のもう一方の端まで砂州を渡って
歩くことが出来ます。もう一方の端までは一時間程度で行けるようで
すが、行きませんでした。

天橋立にて04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

砂州を渡っている途中の東側の砂浜。穏やかで水がとてもきれい。

天橋立にて05
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

砂州の道はずっと松林が両脇にあるような感じで続いています。

天橋立にて06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

砂州の西側の岸。こっちは少々荒れ気味。水も手前側が濁ってます。

天橋立にて07
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

砂州の中は適当に道を歩いたり岸まで行ったりと、自由度は高い。

天橋立にて08
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

ウミネコがあちこちにいました。

天橋立にて09
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

岩見重太郎という人が、試し切りをした石だとか。ほんとか?
っていうか、なんでこういうものって必ずこうやってお金を乗せられ
るんだろう?

天橋立にて10
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

せっかく止んだと思ったのにまた雨が降ってきました。これ以降少な
くとも宮津市を出るまでは止みませんでした・・・

こうやって砂州を歩いていて疑問に思ってました。なんか思っていた
のと違う。でも何かが分からない。なんだろうなあ。
砂州を途中で引き返しお土産屋さんに入り、お菓子の箱の天橋立の絵
を見てやっとその疑問が解けました。そう、見たかった天橋立は高台
からの遠望の光景だったのです。以前に写真とか絵で見たその光景が
ずっと意識下にあって、それを見たいと思っていたからなんか違うと
思っていたのですな。でも見られる筈がありません。まさにその見ら
れる側の中を歩いていた訳ですから(笑)

これは帰りがけにどっち側かの高台に行かないとならないな、と思い
ながら土産物屋を冷やかし、天橋立温泉ってのがあったので、ついで
にここで温泉に入っていってしまおうと、対橋楼という宿の立ち寄り
湯に寄りました。800円でいい湯だったし備品とかの行き届きもよし。
まだ13時過ぎの話なので、誰もいなくて快適でした。そして14時少し
前に出発。高台からの風景を見ないと。

天橋立にて11
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

と、思いながら出発したのはいいけれど、本当に何を勘違いしたのか
分からないが、天橋立の東側に突き出している半島からならあの光景
が見られるだろうと、半島まで来たらこんな写真が撮れました・・・
真横じゃん・・・ 全然違うじゃん・・・ もう諦めました・・・
今度行った時はあの伝説の「股のぞき」をやってやる!と負け惜しみ
ながらスゴスゴと天橋立をあとにしました。

               撮影地:京都府宮津市 2008/11/28


金引の滝に行くのと同じ道(県道9号)まで戻って、京都縦貫道の宮津
天橋立ICに14:41に乗り、ひたすら南下します。その時、ずっと丹波
の山々が周りを取り囲んでいるのですが、この時期にもしこっちの方
に来たことがあったらぜひ通ってみてください。山全体が黄葉してい
てそれがいつまでもずっと続くのです。しかも前後左右全部。今回の
旅で一番感動かも知れません。
織部JCTで舞鶴若狭道へ入り更に下の方へ。途中六人部PAでカレーを
喰らい、そのまま下へ。中国道にぶつかり大阪方面に行き、近畿道に
入ります。この時点で17時を回っていましたが、最初の料金所でもの
すごい大渋滞に見舞われました。料金所をくぐったとたんすごい広い
場所全部に車が詰まっていて、どこに道路があるか分からない。げん
なりしました。ひたすら耐えやっと動き出し、西名阪道へ。
18:05 香芝SA着。ここで夕飯と車中泊です。次の日は、最終日にして
メインの奈良。記事も何回かに分けてとなります。


>> 2008/12/29 13:57
>きらりさん
どうぞ~♪ 保存してもらえるなんて嬉しいです。
まだ最後じゃないですよ。出来る限りUPします。本当はこの旅編を年内に終わらせたかったんですが、やっぱり無理でした・・・
なのでよかったらまた見てやってください(笑)
キャラ最初と違いますか? 私としてはあまり変わってないような気がしますが、まあ最初は誰もネコを被るものなので(笑)
こちらこそ一年ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします♪

>びーぐるさん
やはり行かれていたんですね~
私は結局有名な光景を見ていないので、なんかとても歯痒いです・・・ これはまた行かないとダメなんだろうなあ・・・
なんせ100名瀑を見に行くなんて決めてしまったらこうなってしまいますよね(笑) 来年もこんなに飛びまわるるんでしょうか・・・
今年も一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします♪

>ミューさん
そう、それです。それをやることなく終わってしまいました・・・
もし家から真っ直ぐ奈良に行くならば、東名⇒伊勢湾岸⇒東名阪⇒名阪国道と通って行くのが近い(帰りはこの逆を通りました)のですが、今回は滝で回り道しているのですごいルート取りをしてます(笑)
奈良は来年ではなくて今年もUPできる限りUPする予定です。既に第一回目をUPしました。
一応この旅の分が終わりもう少し出したいのを出してしまえばやっと一区切りです・・・ 本当は年末に全て出してしまいたかったんですが・・・
今年も一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いしますね~♪

>tacacoさん
股のぞき、できなかったんですよ~ 予備知識ナシで行ってしまって、本来なら上から見下ろすところ、その見下ろされる場所を歩いていたのですから(笑)
でもあの状態から撮るならば、単にカメラを逆さにすればいいだけですよね(笑)
まだ今年度中はUPしますよ~ ぜひ来てください(笑)
今年も一年ありがとうございました。こちらこそたくさんのコメントをtacacoさんからもらえて嬉しかったです♪ 来年もよろしくお願いしますね~♪

>そらさん
なんせ日本三景の一つなので、全国的に有名なんですよね。私はこのどれもが今まで行った事がなかったので、初めての訪問だったんだけど、有名な景色は見ていないので微妙です(笑) 一枚目ありがとうございます。時間がもっとあれば向こう側まで行ったところですけど、途中までしか行けませんでした。雨も降ってきたし・・・
今年一年、ありがとうございました。こちらこそたくさんのコメントをありがとうです。来年もまたよろしくお願いしますね~♪

>ロココたえさん
こんにちは~♪
やっぱりそうでしたか。あそこの山々の紅葉は素晴らしですよね~ 本当に感動しました。高速だったので車を停められなかったのがとても残念。とはいっても、アレを写真で表現するのは無理だとも思いましたが・・・
今年一年、ありがとうございました。こちらこそ素晴らしい写真を沢山見させていただきました。股来年もよろしくお願いしますね~♪

>> 2008/12/29 07:38
よ~かんさん、おはよう!!

天橋立は学生時代に行ったことがありますが
やっぱり途中の丹波の山の紅葉の見事さに圧倒された覚えがあります。
未だにあの光景が忘れられません。

本当に素晴らしい自然を沢山見せてもらって
感動を沢山もらいました。
来年も沢山、見せてくださいね!!
良いお年をお迎えください。

>> 2008/12/28 23:23
天橋立は名前は聞いたことあるけど当然行ったことはなく・・^^;
一枚目の写真きれいね!
砂州をのんびり歩きたい気分です♪

今年1年たくさんの写真を見させていただきありがとうです^^
来年も素敵な写真・面白い写真楽しみにしています。
宜しくね(*^^*)

>> 2008/12/28 22:22
天橋立、逆さに見て来ましたかぁ~?
あの状態で写真を撮るのは大変だと思いますが(^_^;)

今年は暖かいコメント、素敵な写真ありがとうございましたm(__)m
来年もよろしくお願いします(^^)

って…
年内に写真がアップされてたら、またくるかもしれませんが(^_^;)

>> 2008/12/28 22:15
天橋立は自分の股の間から逆さに見るのが有名ですね。

京都から、兵庫県、大阪を通って奈良へ向かわれたのですね。
高速道路ならそれが早いのでしょうね。
私は元京都市の南でしたので、宮津からではそのルートは考えられなかったです。
今自分が奈良に近いということはすっかり忘れています。
奈良は、来年のアップになるのでしょうか?

よ~かんさんの行動力のおかげで、色々な滝や、美しい景色を楽しませていただきました。
来年も、期待しています。
よろしくお願いします♪

>> 2008/12/28 21:32
天橋立は滋賀にいた時と福井にいた時に行きました。
久しぶりで写真を拝見してとても懐かしいです!
今年はよ~かんさんの行動力に圧倒されっぱなしでした!
来年もぜひその元気をいただきたいと思っていますので
よろしくお願いします。(^^♪

>> 2008/12/28 20:18
うわ~!
1番上の写真、保存させてください。
きれ~
今年はこれで最後ですか?
よ~かんさんには写真で色々楽しませていただきました。
笑いましたし^^キャラが最初の頃と随分違うような・・・
ほんと、一年間ありがとうございました^^









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/364-c17d2c43

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。