08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/12/25//Thu * 23:51
●○金引の滝

金引の滝01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

かなびきのたき。落差40m。日本の滝100選の一つ。

金引・白龍・臥龍の三瀑を総して「金引の滝」という。
金引は高さ40m、幅20m、右側は男滝、左側は女滝と呼ばれ年中豊かな
水が流れ落ちる。

と、滝への入口の案内板に書いてありました。

では、また「目指せ!奈良公園へ!の巻」へ戻ります。
二日目の目的地、京都の金引の滝です。この滝に着いた時はかなりの
雨が降ってました。
滝までは歩いてそんなにかからなそうなので、一度偵察で滝の目の前
まで行き、屋根付きの建物があるのが分かり戻って荷物を持って来ま
した。屋根の下に荷物を置き、傘を差しながらの撮影開始。ここでも
長靴が大活躍です。撮影中、雨は殆どずっと降ってました。
そういえばここには二時間以上いましたが、その間誰一人として来ま
せんでした。最後に車で出発した時に犬の散歩の人とすれ違っただけ
です。天気が悪いからなのか、普段から静かなのか・・・

金引の滝02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

三瀑を総称して金引というならば、当然、白龍の滝、臥龍の滝は撮ら
ないとなりません。ところが入口の案内板に存在することだけは書い
てあるくせに、それぞれの滝のところに標識がありません。仕方ない
のでこれかなと思われるものを撮って後でWebで調べました。

で、これは臥龍の滝と思われます。
金引の滝があるところまで階段と遊歩道がついているのですが、右手
を流れる川の途中にかかっています。

金引の滝03
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

ハッキリ言って非常に分かり難い。しかも標識がないから、最初から
この滝の存在を調べておいた人じゃないと、多分気がつきません。
撮っていて「これなのかなあ。っていうかこれ滝なのかなあ?」って
疑問に思いながら撮っていたくらいです(笑)
上の写真はかなり下流から、下の写真は真横から。でもこれが臥龍の
滝なんだなという雰囲気はします。

金引の滝04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

こちらは白龍の滝だと思われます。
こちらはさすがに滝だってのは分かりますが、標識がないのでどっち
の滝だか分かりませんでした。後で調べて確認しました。

金引の滝05
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

滝に向かって左手に祠みたいのがありました。
滝の落差は5mもあればいいんじゃないか?って感じでした。
でもここまで滝への整備をしていて、この三瀑で100選に指定してい
るのなら、標識は付けていてもらいたかったかも・・・

ちなみに臥龍、白龍とも帰りに撮っています。

金引の滝06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

遊歩道を入口から数分登ると金引の滝が見えてきます。この滝の遊歩
道の入口の手前までは住宅地が迫っているので、正直こんな山深い感
じだとは思いませんでした。とてもいいです。滝の形も面白いし大き
くて迫力があります。ちょうど岩盤の真ん中に木が生えていて、そこ
で分かれて向かって右が男滝(おだき)、左が女滝(めだき)です。滝に
向かって右側にお堂があります。

金引の滝07
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

実際に来るまであまり期待していなかった滝のひとつでしたが、実物
は素晴らしかったです。形が面白いしいろんな角度から撮れ、しかも
濡れてもいいなら滝に簡単にくっつくことも可能です。

金引の滝08
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

雨は止まないのに日が射したりして、ちょっと迷惑でした(笑)

金引の滝09
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

滝壺は水深が浅く、下は砂です。

金引の滝10
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

男滝側のお堂の裏手から。

金引の滝11
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

岩盤に貼り付いている葉っぱがまたいい感じ。

金引の滝12
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

七枚目と同じく相当滝に近付いて撮っています。雨と水飛沫と絶え間
なく降り注ぐのでレンズは撮る度に水を拭い、カメラ壊れるんじゃな
いかとヒヤヒヤでした。

金引の滝13
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

これも男滝側のお堂の裏手から。なんだか風情があるんですよね。

金引の滝14
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

女滝側の更に左手にある岩の裂け目というか窪みというかそんな中に
あったモノ。ちょっと気になったので撮ってみました。

               撮影地:京都府宮津市 2008/11/28


R178を進み県道9号に左折し、少し走ると金引の滝の看板があるので、
それに従って右折、いきなり細い道になります。一応角々に案内標識
があるので、それに従って進んで行くと完全に住宅地。ここでいいの
か?と不安になるくらい。その外れで工事をやっており、道を重機で
完全に塞いでいたので「滝に行きたい」と声をかけたらどかしてくれ、
先に進むといきなり山になりました。すぐに道がやたらに広くなって
行き止まり。ここに車を停め、少し戻ると金引の滝の入口です。
到着は9:30過ぎ、雨がかなり強く降ってました。滝入口にはトイレが
あり、滝まではずっと上りや階段が続いています。この滝には11:50
まで滞在。雨は降ったり止んだりをずっと繰り返し、ここを出発する
頃には止んでいました。

これで今回の旅での100名瀑巡り、四つの滝は全て見ることが出来ま
した。これまでに見てきた100名瀑は60箇所となり、なかなか現実味
が見えてきましたが、きつい、遠いばかりが残ってるので、まだまだ
先は遠い状態です。そしてこれから冬に突入するので、冬用の装備が
ない私は残念ですが冬眠するしかありません。今度はいつ再開出来る
のかな・・・

滝は見終わりましたが、この旅のメインはまだです。本当は滋賀県か
ら奈良に向かう予定だったのに、よりによってやたらに離れたところ
に来てしまいました。でもメインは次の日ですから、まだ昼になった
ばかりだし、せっかくここまで来ているので天橋立に寄ってみること
にしました。県道9号を戻りR178を左折して少し行き、県道2号へ天橋
立の標識に従って入り、12:00ちょっと過ぎに有料駐車場に到着です。


>> 2008/12/29 14:05
>ミューさん
あらゆる条件が撮影にはよかったんですよね。ありがとうございます♪
9号線は分かるんですね。宮津高校の近くになるんですが。
住宅地を入って行ったと思ったらいきなり山になるという面白い場所でしたよ。
京都でも一番北の方ですからね。なんかイメージが違います。
私は全国を飛び回ってますが、地理は全然頭に入っていませんよ(笑) 行く時に地図を確認して、あとは現地で行きあたりばったりです。

>> 2008/12/28 21:52
綺麗な滝ですね~
水の流れの撮り方が良いです~

金引の滝、名前は聞いたことが有ると思います。
9号線までは分かりますが、178になると分からなくなります。
市内より北になると京都でも地理がもう一つ分かりません。

よ~かんさんは車で行かれるので、日本全国の地図が呑み込めてるのでしょうね。

>> 2008/12/28 15:04
>ぜいぜいさん
ここは本当に雰囲気がいいですよ。この日は誰もいなかったので天候のせいかと思ったんですが、調べてみると普段もあまり人がいないようですね。滝から振り返るとたくさんベンチが置いてあったりとあんまりいい整備をしていない感もありますが、私的にはオススメの滝です。また行きたいです。

>silkyさん
一枚目、ありがとうございます。ロケーションの勝利なんでしょうね。滝から少し下がったところには木がたくさんあって、雨が降っていてしっとりした感じ、手前が薄暗く滝のところが若干開けていて明るくなっているとかたくさんの条件が味方をしてくれました♪

>こまみちさん
こちらこそ、こまみちさんにはたくさんコメントをもらって本当にありがたかったです。ありがとうございます♪
来年もよろしくお願いしますね、よいお年を~♪

>> 2008/12/28 11:00
┏━━━━━━━━★┃              
 今年も よ~かんさんの滝を一杯魅せていただきました
 いつもThanks(v^-^v)♪です
 よ~かんさんの素直な語りに魅力を感じてますヨ
 来年もヨロシク(*・∀・)从(・∀・*)デス♪
 良いお年をお迎えクダサイね
 ┃★━━━━━━━━┛

>> 2008/12/26 23:34
うわぁ、topの写真めちゃかっこいいです。ほんと、幽玄
な感じ。なんか屏風とか襖絵に使いたくなるよう
な・・・。このシャッタースピード絶妙ですね~、あと手
前の樹の配分も申し分無し、光加減も完璧すぎて唸っちゃ
いました~。

>> 2008/12/26 18:59
いいなあ、こんな幽玄な世界を切り取れる(写真に収める)のがうらやましいです。
なんだか行きたくなっちゃう写真です。

>> 2008/12/26 01:19
>yasuさん
yasuさんはこの滝をまだ一眼で撮っていないので、ぜひそれで撮りに行くってのはどうですか?(笑)
っていうかこの滝、かなり被写体として素晴らしいと思いますよ。しかもこの滝上にもまだ滝があるらしいし。私もまたここにはぜひ行きたいです。
総称は遊歩道入口の案内板に出ていたので間違いないかと思われます。

>> 2008/12/26 00:14
えっ・・・残念ながら僕、金引の滝しか撮っていません…。そうだったんですか~。。。総称が金引だったとは・・・なんともやり残したことに今更気づいた感じです…。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/363-4b90279d

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。