10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/12/22//Mon * 23:50
●○龍双ヶ滝

龍双ヶ滝01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

りゅうそうがたき。落差60m。日本の滝100選の一つ。
滝壺から龍が上がったとか、龍双坊というお坊さんが近くにいたとか
そんな滝です。伝説はともかく、二体の龍が滝を這うように駆け上が
っているように見えるというのは分かる気がします。
滝の落ちている対岸に桂の木が立っていて、新緑の季節とかは素晴ら
しい景観になるようですが、葉っぱが落ちているこの時期もなかなか
味わい深い景色を作っていると思います。滝の流れは岩肌を舐める様
に落ちていて、落差があるにも拘らず優しい雰囲気を受けます。

龍双ヶ滝02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

県道34号線を走っているといきなり滝が現れます。
この滝は、この道路に沿って流れている川に支流から落ちているので、
道路からいきなり見えるのです。しかも本流の幅もそんなに広くない
ので、かなり間近で見ることができて迫力があります。ただし滝前の
所は道が狭くて駐車禁止になっているのでどちらかに200mばかり行っ
た所にある駐車場に停めて歩いて見に行くことになります。

龍双ヶ滝03
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

滝の全容。真正面からだと近過ぎて付けていたレンズでは入りきらな
い。レンズ交換をする時間はなかったので、色々動き回って側面から。
川の上流側から撮っています。

龍双ヶ滝04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

桂の木の傍から見上げる。
これはちょっとあまりいい角度ではなかったですね・・・

龍双ヶ滝05
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

ほんのちょっと紅葉している木が残っていました。

龍双ヶ滝06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

滝壺みたいなのはなくて直接川に落ちている感じです。
写真は道路上からしか撮ってませんが、うまくすれば直接下まで降り
られそうでした。あと、これは暗くなってから気がついたのですけど、
道路の背後にどうやら展望台があったようです。時間がなくて色んな
ものを見逃しています・・・

龍双ヶ滝07
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

本流の川。道路に沿って流れていて、ここから一旦道路の下を潜り。

龍双ヶ滝08
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

道路を渡って曲がり。

龍双ヶ滝09
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

また道路に沿って流れて滝とぶつかっています。
下側が上流です。

龍双ヶ滝10
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

滝では30分程撮っていたら真っ暗になってしまいました。
これは最後の一枚。シャッターを20秒開けています。
本当にギリギリ。よくもまあ暗くなる30分前にここに着けたよなあっ
てホッとしました。でもその為に途中いろんな美味しい景色を逃して
いるのですけど、その上でこの滝が見られない事態にならなくて本当
によかった。でも慌し過ぎたので、やっぱり今度ゆっくり見に来たい
です。道路が通行止、しかももう殆ど暗くなる直前だったので全くも
って誰一人として会いませんでした(笑)

            撮影地:福井県今立郡池田町 2008/11/27


17:17に滝を後にします。この後は県道34号線を池田町側に抜けまし
たが、雪はありませんでした。思いがけない雪でかなりジリジリさせ
られ、際どかったけどなんとか目標通り三つの滝を見ることができた
ので、この日は一応大成功ということにしておきます(笑)

この後、北陸道を武生ICから乗り、途中南条SAで夕飯。敦賀ICで降り
てR8、R161と南下し、20:00、道の駅「マキノ追坂峠」へやってきま
した。次の日の目的は琵琶湖の近くにある滋賀県の100名瀑だったの
です。なのでこの道の駅で車中泊をしようかと思ったのですが、この
時点で土砂降り。全く止みそうにありません。次の目的地はお気楽な
ハイキングとは行かなさそうなハードなコースらしいので、さすがに
危険と判断。目的地を変更。京都の天橋立方面に向かうことに。

R161を戻り、R303、R27と西へひた走り、21:30、道の駅「シーサイド
高浜」に到着。ここで車中泊です。この日は我ながらよく動いたなあ
などと思いながら速攻眠りにつきました・・・ 雨はまだ止みません。


>> 2008/12/24 01:10
>lunaはちこさん
本当に道路から見えます。しかも川が広く無いのでかなり目の前で。といういうことですごいお手軽滝です。ただし、この道路が狭い曲がりくねった山道なので、慣れていない人にはちょっと辛いかもですが。
6,7枚目、ありがとうございます♪ もう結構薄暗くて、SSがすごい長いのですよ。そのせいもあって独特な雰囲気があるかも。
雪と紅葉、ありがとうございます♪ あんなの私みたいな場所に住んでいると見ることはほぼないですからね~

>> 2008/12/23 09:57
道路から見える滝も珍しいですね!
山を歩いて歩いてマイナスイオンの癒し…といぅパターンが多いのに。
6&7枚目は えぇですねぇ♪マイナスイオン来~い!
と言いたくなります( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

前の記事になりますが、あの雪ともみじの共演は
素晴らしいですね!!ありゃぁえぇ!!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/360-824c47fd

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。