08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/12/20//Sat * 23:50
●○阿弥陀ヶ滝

阿弥陀ヶ滝01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

あみだがたき。落差60m。日本の滝100選の一つ。
多分偉いお坊さんがこの滝の近くの洞窟で修行していたら阿弥陀如来
が現れたのでそんな名前がついたとか。
ちょっと興味があるのが、朝日を背にしてこの滝の正面に立つと滝に
自分の影が映し出されて周りが虹っぽく滲む。という話があります。
ブロッケンぽい。これが本当ならぜひ体験したいかも。

阿弥陀ヶ滝02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

前回の雪の遊歩道の果てにこんな風に現れます。
今回は雪で歩き難かったけど、雪がなければ結構楽な道のりかと。
駐車場には土産屋とかレストランとかの店、遊歩道途中には流しそう
めん屋、キャンプ場?みたいなもの、滝のところにはライトアップの
装置とか祠とか・・・ 要するに観光地化している滝です。

阿弥陀ヶ滝03
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

それでもこの滝は素晴らしい。60mの高さからどこにもぶつからずに
ドドドっと落ちる落ちっぷり、やろうと思えばあらゆる角度から滝に
どこまでも近付いて見られるっぷり。いっぺんに好きになりました。
また行きたいです。人がいない時に。今回もこの雪のおかげか、誰一
人として会いませんでした。

阿弥陀ヶ滝04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

真正面から。

阿弥陀ヶ滝05
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

右斜め前方から。この写真が一番分かりやすいかもなので書いておき
ますが、滝に向かって左下に不動明王?が奉られています。この位置
が写っている写真ならどの写真も確認が出来ます。見難いけど。

阿弥陀ヶ滝06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

滝壺を右横から。

阿弥陀ヶ滝07
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

滝に向かって右横は岩盤が裂けており、半洞窟状になっています。
この日は木の葉を被った雪で入口が隠されていて、そこを乗り越えな
いと入れませんでした。崩れたり滑ったり結構怖かった。そしてここ
から滝を眺めるとこんな感じ。裏見が出来るのです。

阿弥陀ヶ滝08
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

でもですね、この洞窟の中に入ると水が雨のように滴り落ちているの
で、あっという間にびしょ濡れです。傘がないと非常に厳しい。なの
で傘がなく厳しい状況に追い込まれました。カメラがかなり水を被り、
壊れないかどうかヒヤヒヤものでした。そして上を仰ぐと今にも落石
があっても不思議はないような地形。あまり長く中にいたくない感じ。
そしてもう少しがんばって洞窟を出れば滝の本当の真裏に到達する事
も出来ましたが、その地点はまさに土砂降り状態。とてもじゃないが
私にそこへ行けと言うのは酷ってモノでしょう。なので↑のとかこれ
とか中途半端裏見という腰が引けた写真しか撮れないのです(笑)

阿弥陀ヶ滝09
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

その半洞窟の中には小さな石仏?がたくさんあり、独特の雰囲気を醸
し出していました。

阿弥陀ヶ滝10
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

その左側を見てみると・・・
どれだけ雨のように雫が降り注いでいるか分かるかと思います。

素晴らしい滝でした。
これがこんなに俗化していなければなあ、と少しもったいない気分に
なりました。もし人がある程度いる状況だったら、滝の裏の方とかへ
自由に行けないかも知れません。この滝を見るのなら誰もいない時が
一番かと思われます。

雪で移動時間も少々かかったこともあり、11:30~13:40までと随分と
長い時間をこの滝に使ってしまいました。この日はまだ後一つ滝を見
に行く予定だったため急がないとならないのですが、この後雪のため
にいろいろと目論見が外れてかなりきつい行程になりました。
なんでこういつもいつもゆっくりとしたぶらり旅をさせていただけな
いのですか?(泣) と一発泣きを入れておいて先に進みますか。
ともあれ岐阜の100名瀑四つ、全て見ることが出来ました。次は福井
へ向かいます。

               撮影地:岐阜県郡上市 2008/11/27


>> 2008/12/23 00:58
>ミューさん
いえいえ、まだ紅葉がやたらに残っています(笑)
それにこの雪景色は福井から抜けたらもう今回の旅ではないですよ~
元々この滝までの道はたいして苦労するような道では全然無いので、雪があってもちょっと面倒なくらいでそんなに大変ではないです。
滝の目の前にはまあまあ立派な名前の看板、左右にライトアップのライト、駐車場、遊歩道途中にはお土産屋さんとかが少しと、超有名観光地に比べたら観光地化はまだそんなにすごくはないですが、それでも勿体無く感じましたね。でももう今季の営業は終わってしまっていて誰も観光目当ての人は来るはずもなく、独り占めを楽しんできましたよ♪

>> 2008/12/22 20:04
少し前の写真では紅葉を楽しませていただきましたが、これからは雪景色に変わるのでしょうか?
雪景色も綺麗ですが、たどり着かれるまでの行程が大変ですね。
よ~かんさんの写真からは、観光地化しているようには見えないですね。
人はなるべく少ない方が良いですね。
独り占めされたのですね。

>> 2008/12/22 01:45
>ぜいぜいさん
ここは余計なものさえ外せばすごくいい雰囲気の場所なんですよ。まさに古くからの信仰の場というか・・・
人が全然いなかったのが本当によかったです。お土産屋とかももう時期外れで営業してなかったし。
二枚目は雪の背景の滝との露出の兼ね合いが嫌らしくて、これ以外の滝と合わせたものは全て雪がぶっ飛んでます・・・

>畑ちゃんさん
ありがとうございます♪
この滝はいろんな方向から見られるので、撮るのも結構悩むんですが、とてもよかったですよ。
一番下のは滝の横にある洞窟状の窪みの中なんですが、雨みたいに雫がすごくて長居できませんでした・・・

>> 2008/12/21 15:58
(∩´∀`)∩オォ♪

素晴らしい滝ですね・・・

すごいですね

一番下のお写真~変わった雰囲気ですね・・
イイネ♪d('∀'o)ですね

(人'▽`)ありがとう☆です

>> 2008/12/21 13:46
ベストタイミングを狙えるのも腕のうちですね。
2枚目のわびた感じからは、ここがそんな観光地だということを微塵にも感じさせない静けさがありますね。
私もこんな場の空気が伝わってくるような写真が撮りたいものです。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/358-3a9d0f35

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。