09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/12/19//Fri * 22:31
●○雪の遊歩道

雪の遊歩道01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

「雪の」なんてタイトル付けた割りには、いきなり雪の景色じゃない
ところが酷い話です。だがしかしまあ許されてください。。
なんかよく分からないが、遊歩道の途中にあった水場です。なかなか
素敵なお地蔵様でした。
っていうことで、とある滝への遊歩道途中で撮った写真たちをUPしま
す。雪という被写体に慣れていないので、へほ~な写真かもしれませ
んが、だがしかしまあ許されてください。。

雪の遊歩道02
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

岐阜の残すところ最後の100名瀑の駐車場に到着(何の滝かはどうせ次
の記事で載せるし、現時点では左のサイドバーの岐阜のところを見て
もらえれば一目瞭然なので名前は書きません(笑))し、雪の為に長靴
装備で出発。雪なんて全く予想外でした。まあ考えてみれば白川郷に
もかなり近い場所です。雪があっても不思議ではないんですけどね。

雪の遊歩道03
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

滝への遊歩道は、一部の林の中を除いてほぼ全般こんな感じでした。
滝までは15分もかからないで行けるみたいですが、さすがに倍近くの
時間がかかってしまいました。
それにしてもさすが雪の季節。お土産屋さんは完全に閉まっているし、
整備のされ方からある程度の観光地だと思いますが、誰一人見かけま
せんでした。その方が助かりましたが。

雪の遊歩道04
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

遊歩道途中にあった流しそうめん屋?の屋根。営業はさすがにしてい
ませんでした。ジリジリと雪が押し出されて来て、ドサッと落ちる。
一度やたら大量にドドドっと落ちて超驚きました。見れば屋根の下は
落ちた雪でやたらな深さになっていましたね。

雪の遊歩道05
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

もうこんな状態だというのに、まだこんな風に紅葉が残っている木も
ありました。雪をバックにすれば映えるかなあなんて思って撮ってみ
たのですが・・・

雪の遊歩道06
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

雪に足跡。何もないところに足跡をつけるのは非常に気分がよいです。

雪の遊歩道07
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

雪と紅葉など、私的にはなかなか見られそうな状況じゃないので喜び
ましたよ。喜ぶ。

雪の遊歩道08
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

なんかこう法則性を探したくなるんですよねえ。

雪の遊歩道09
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

風流。

雪の遊歩道10
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

滝近くの川沿い。ちょっと葉っぱが多過ぎたかもしれないけど、白に
紅ってきれいですねえ。

雪の遊歩道11
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

そして滝が見えてきました。

               撮影地:岐阜県郡上市 2008/11/27


さて、岐阜にある100名瀑、最後のひとつに向かうべく、東海北陸道
白鳥ICを下り、R156を北上し、県道314号線を左折。ウニウニと走っ
ておりましたところ、段々と道の端に雪が現れるようになりました。
おお、もうこの辺は雪が降っているんだなあなんて、嬉しがりながら
走り、ICから30分程で滝の駐車場までは来たのですが、そこでは面倒
なことが待ち受けてました。
もうすぐに駐車場までって所まで来たら、かなり雪が深くなってきて
車を進めるのがちょっとまずい状況に・・・ 車は四駆だけどタイヤ
はノーマル。普通の車よりは雪には強いとはいえ、かなり微妙な状態
に。一応轍を頼りに進んで、駐車場らしき広場に到着はしたんですが
一面真っ白。切り返しとかやったらスタックしそうな雰囲気。誰もい
ないし怖いので、そのままバックでもと来た道をずっと引き返しまし
た。困った。ただ右手から坂を上って行く道があり、そっちは除雪さ
れていたので、進むと坂の上にも駐車場がありました。こちらは完璧
に雪がない。でもさっきの駐車場よりも滝からは遠くなっている。
まあ仕方ありません。ここで停めて滝まで歩くことにしました。とに
かくずっと雪道なので長靴登場。この長靴、十数年前に買ってその頃
は全く使っていなかったのに、最近はやたら出番が多いです(笑)

そして今回の記事の写真たちを撮りながら、滝を行き帰りしたのです。


>> 2008/12/24 01:12
>tacacoさん
やっぱりみんなそうですよね。あの何にもない雪があったら絶対に何か足跡をつけたくなります(笑)
雪と紅葉ってあんまり見ることが出来なさそうな風景で、ちょっと私も興奮しました(笑) ありがとうございます♪

>> 2008/12/23 22:44
雪景色って好きです(*^_^*)
新雪の上に足跡をつけたくなります(^_^;)

雪と紅葉って何だか不思議ですね。
何かいい感じです(^_-)-☆

>> 2008/12/23 00:32
>びーぐるさん
雪の上の紅葉、ただでさえあんまり紅葉って見ないのに、こんな素晴らしいモノを見ることが出来るとは。雪で面倒ばかりではないですね(笑)

>> 2008/12/22 08:14
雪の上のもみじが最高ですねぇ!!
雪景色は何時見ても素晴らしいです!

>> 2008/12/22 01:34
>akiさん
こんばんは~♪
そうなんですよ、滅多にというか、私は初めて見ました。雪は移動には面倒なものですが、組合せでとても楽しい被写体になりますよね♪ 雪の上に紅葉が落ちていたのを見た時は思わずおおってなりましたよ~
雪の何にもないところに足跡をつけるのは楽しいですね。私も誰もいなかったのでやりたい放題やってきました(笑)
7~10枚目、ありがとうございます♪ 私はなるべく自然のままに撮りたい方なので、面白い状態になっているものを探しまくりました。七枚目は葉っぱが透けているのと雪の具合が自分でも気に入っています。

>ぜいぜいさん
ああ、それ分かります(笑)
雪の場合、特に本当に自然のワナがある時がありますから、リアルですね。
なんか思いっ切り「これなんだろう?」とか思ってつけて行ってしまいそう。

>> 2008/12/21 13:33
8枚目は”落とし穴の法則”!
なんかつられてたどっていくとどすんってイメージありません?
そんなイメージが湧くのも雪のいたずらでしょうか?

>> 2008/12/21 08:05
よ~かんさん、おはようございます。。

雪と紅葉なんてめったに見れない光景じゃないですか。TOPの水場も落ち葉の色なんかもええなぁって思ったけど、だんだんと下へスクロールするたびにわ~って声が・・・(笑)
雪での足跡・・・なんでも一番に足跡つけたがるので
こんなん大好き。。一度、木の橋に足跡つけまくったら、友人の撮影する場所やったみたいで、めっちゃ怒られました。
7,8,9,10と好きです。
白色とは映えますね。特に7枚目のもみじの色あせ具合がなんともいえないです。

>> 2008/12/21 01:41
>yasuさん
ありがとうございます♪ 雪と紅葉の組合せは私的にはあまり見ることが出来そうもないものなので、しっかりと楽しませていただきました♪ 私も確かに北海道以外ならとか思ってました。でもそう、確かに雪国ってイメージがなかったので、驚きましたね~

>silkyさん
ありがとうございます♪ 風流な被写体だからこそこんな風に撮れたんだと思います。七枚目、ありがとうございます。かなり慎重にたくさん撮りました。まさに雪に閉じ込められていますね~
四枚目もありがとうございます。結局この後落ちたんですが(笑) でもこういうのって写真に納めないでいられないんですよね~(笑) そういう風に言ってもらえると嬉しいなあ♪

>> 2008/12/20 00:41
雪と紅葉!!なんと羨ましい・・・実に風流に撮ってます
ね♪
7枚目がイイですね~、多分、雪に落ち葉が乗ってるだ
けなんだろうけど、なんか雪の中に閉じ込められてるよ
うに見えてしまいます。透け感といい、雪の質感とい
い、デリケートでなんとも言えないですね~。
あと4枚目も好き。今にもズズッて落ちてきそうな感じ
とささやかな滴がいいです。こういう視点てよ~かんさ
んらしさをすごく感じます(^^

>> 2008/12/20 00:33
とてもいい写真ですね~!とくに雪と紅葉の合わさった画はなんとも言えないいい味の写真ですね。
でも僕は北海道以外にもう雪がこんなに積もってるようなところがあるなんてちょっとビックリしました。とは言っても考えても見ればもうその頃の時期は山々がある地方なら雪が降っていて当然なのでしょうね~!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/357-9f27232d

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。