09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/12/15//Mon * 00:01
●○晩秋

晩秋01
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

なんとなくタイトルは微妙な感じがしないでもないですけど、一連の
写真をずらっと見ると、まあそんな雰囲気を感じることも可能かと。
そうです、タイトルが全く浮かばなかったのです。ボキャ貧男。

西丹沢の用木沢出合という場所から、白石沢という沢に沿ってる登山
道を適当に歩いて引き返してきたので、途中で撮ったとりとめもない
ヤツを適当にUPしようというのが今回の主旨です。
一枚目は好きな感じの写真。月にピントを合わせています。

晩秋02
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

用木沢出合に車を停めてすぐ目の前の林を撮ったやつ。
なかなかいろんな絡み具合が気に入っています。

晩秋03
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

西丹沢の沢沿いを歩いていると、よくこんな橋が架かっているんです
が、ここだけご丁寧に定員が(笑) これがなくても見た目で連なって
歩く人なんかいないと思いますが(笑)

晩秋04
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

その橋の一部でございます。

晩秋05
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

白石峠まで2.2㎞。峠までは行きませんでした。
少し前に峠から反対に下ってきたことはあります。その時は真っ暗闇
の中を独り泣きそうになりながらの下りでした。そんな訳で全く地形
が分からない状態で通っただけだったので、実際に明るい時に通って
みたかったんですよね。当たり前だけどすごい安心感(笑)
でもここから白石峠、白石峠から畦ヶ丸までの間はかなり人がそんな
に多くなく、熊も結構目撃されています。

晩秋06
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

途中にあったお手製のダムみたいな構造物から落ちている水がちょっ
と面白かったので。幕みたいです。

晩秋07
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

結構傾斜がきつくて、調子に乗って歩くと息切れします。
道が九十九折れになっているところにあった過剰な程の目印。
冬の陽だまりのような雰囲気が気に入ってます。

晩秋08
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

いろんな葉っぱが大量に落ちて絨毯状態。
ちょっと狙ってみましたが、そんなにインパクトはないですね・・・

このゆるゆる散歩は天気がよかったので、本当に気持ちのいい朝散歩
って感じでした。途中誰一人として会わず。
用木沢出合まで戻ると車がかなり停められていましたが、皆、犬越路
方面へ行っているようです。

           撮影地:神奈川県足柄上郡山北町 2008/11/19


次回の記事からは、11/27~29にかけ、二泊三日で日本の真ん中辺り
をウロウロする漢の顛末をUPして行きたいと思います。またしばらく
辛抱してやっていただければ幸いです・・・


>> 2008/12/18 02:38
>ぜいぜいさん
ありがとうございます♪ 自分でも信号シリーズは秘かに気に入っていたんです(笑)
私は特にピークを踏むことを目的に山に入ることよりも、何かの目的(滝とか)で入ることが多いので、特にそういう時は時間的余裕とかがあるんだと思います。丹沢は地元だし、こういうヘタレな目的なんかで行ってもたくさん楽しませてくれる絶好の遊び場かと思っていますよ。細かいところでも目を向けるといいなあって思うところがたくさんありますね♪ マーキングは、風にたなびいているリボンがなんかいいなあって思ってシャッターを切りました。

>> 2008/12/17 18:10
黄、赤、青と西丹沢の一こまを切り取ったすてきな写真が続いてしびれました。
丹沢は派手じゃないけど、なかなかやるなってお山だと、よ~かんさんの写真でますますうれしくなりました。

せかせか歩いているとなかなか目につかない一瞬をのがさないですね。
マーキングの枝が味わい深いです。

>> 2008/12/16 20:47
>yasuさん
う~ん、なんかそんなすごい写真あったかなあ(笑)
私もアングルなんて基本的には考えてないですよ。何度も通った場所なら、今度はこういうことをやってみようとかの構図も浮かんでくるかもしれないけど、初めて行った場所とかなら、これいい!とかでシャッター切るだけです。その構図については人によって感性が違うので、私が教えられることがあるとしても、今まで実際にやってきた操作の方法や、こうすればこうなるみたいな僅かな技術的なことくらいしかないですよ~ それでもよければ喜んで。でもyasuさんの滝の写真や夜景を見ると素晴らしいと思いますけどねえ。

>Taneさん
こんばんは~♪
神奈川の丹沢はいろいろ沢がたくさんあるし、紅葉も地味目ですけどそんなに悪くはないかと思います。他県からここらに来るとちょっと地味に思えるかも知れないですが、私にとっては絶好の場所です♪ できたらぜひ自然遊びの候補にして欲しいです♪
私はTシューズで浅い水溜りや流れを通過する時の水のはじき具合が好きです。

>> 2008/12/15 23:00
こんばんわ~
おぉ~神奈川にもこんなに素敵な渓谷があるんですね♪
来年の紅葉撮りの候補にしたいですね☆
木道をトレッキングシューズの少し硬い靴底で渡る時に
奏でるコツコツという音が好き…

>> 2008/12/15 00:20
今度よ~かんさんのその撮影の指導をお願いします!
僕なんてどう考えればそんないいアングルを思い浮かぶことができるのか不思議でなりません!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/354-71711362

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。