07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/12/04//Thu * 18:22
●○十和田湖畔

十和田湖畔01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

十和田湖南岸に立っている乙女の像。
次の目的地へ行く途中で傍を通ったので、乙女の像って聞いたことが
あるなあって思い寄ってみました。一体これは乙女なのか!???と
疑問符が乱れ飛びまくりました(笑)
なのでこれは絶対にシルエットがいいだろうと、思いっ切りマイナス
補正して太陽を背にしたんですが、それでもなんだかむ~ん。
ただし、いろんな気象条件がよくて、よくこの時間帯にここに来たよ
なあって自分を褒めてやりました(笑)

十和田湖畔02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

ではシルエットではない乙女?もどうぞ。どうですか?

十和田湖畔03
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

さすがに有名な場所だけあって、観光客はすごく多かったです。
これは十和田湖を背にした状態。これが正式な位置なのか、ここらの
位置辺りからみなさん写真を撮ってました。

十和田湖畔04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

乙女の真実を見ていただいたらまたシルエットをどうぞ(笑)
WBを変えて、また一味違った感じはどうでしょうか。
この像は360度グルッとどこからも見ることができます。この位置は
正面に十和田湖を見ることができる位置。何故かこちら側から見る人
は殆どいなくて、この時も私一人でこの位置から撮ってます。これを
撮っている時も下にはずらっと像の向こう側に人がいて、かなり嫌で
した(笑) なんでこっちにあんまり来ないんだろう?

十和田湖畔05
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

乙女の像へ向かう湖岸沿いの遊歩道途中で壱。
帰りに乙女餅という喰ひ物を買って喰らいました。何が乙女なのかは
よく分からないけど、みたらし団子のような味付けで美味しかった。

十和田湖畔06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

乙女の像へ向かう湖岸沿いの遊歩道途中で弐。
風ノ神、近くには火ノ神と奉られていました。奥はどうなっているの
だろう?

十和田湖畔07
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

十和田湖の南岸はちょうど秋田県との境です。
少し南下すると発荷峠という展望台があります。この写真はその場所
に行く少し手前辺りのところから撮っています。これくらいが紅葉真
っ盛りの状態なんでしょうか。素晴らしい景色でした。

十和田湖畔08
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

おまけの壱。
去年の発荷峠展望台辺りからの写真です。この時は紅葉にはまだ早い
感じでした。この時はまさか二年連続でこの辺りまで来るとは夢にも
思わなかったなあ・・・

十和田湖畔09
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

おまけの弐。
奥入瀬渓流の写真もほんの二枚だけ載せておきます。

十和田湖畔10
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

おまけの参。
三脚ナシで撮っているため、SSが中途半端で勿体無いです。
奥入瀬は必ずまた来てずっと歩いてみたいなあ。


黄瀬川から車に戻り、13時過ぎにこの日最後の目的地へ向かって出発。
通り道なので奥入瀬渓流を見ていこうとしたんですが、黄瀬川の静か
な雰囲気から一転、人人人! 十和田湖から端を発し、流れる流れ沿
い全てといってもいい程景観がいいし、特に明確な駐車場がないので、
思い思いの道沿いに車が駐車されている状態。ちょっとげんなりして
モチベーションは失われ、一箇所に停めて少し撮ってすぐに退散しま
した。それでも渋滞するし、なかなか渓流沿いの道路から抜けるのに
時間がかかってしまいました。

奥入瀬渓流沿いのR102は十和田湖にぶつかって左折するとR103になり
ます。先程の人ばっかりに面倒になったので、十和田湖には寄らない
でR454に入り、途中から地図ではR104に抜ける道に通ってR104に入ろ
うと思ったのに、その抜ける道がどうしても見つからない。R454をそ
のまま走っても目的地からどんどん離れていってしまうので、仕方な
く諦め、十和田湖に戻って発荷峠からR104に入ることにしました。
で、その時に乙女の像に寄った訳ですが、その無駄足が効いて太陽の
位置がピッタリだったのです。たまには失敗もいいことがありますね。
ちなみにトップの写真を撮った時間は14:50。
さすがに有名な観光地なので、やはりここも人が沢山。停めた駐車場
は410円。まだ昼を喰らってなかったし、十和田湖で有名なヒメマス
の何かを喰らってみたいと思ったんだけど、高いので止めました。
しかし午前中までは殆ど人と出会わず人恋しいとさえ思ったっていう
のに、人多過ぎるよ・・・と思っているなんて、なんて我侭か(笑)
そして15:30近くに十和田湖を出発。R104を南東方向へ。一旦秋田に
なりますが、また青森に。この日最後の目的地、田子町へ向かいます。

              撮影地:青森県十和田市 2008/10/22
       ※七枚目 撮影地:秋田県鹿角郡小坂町 2008/10/22
       ※八枚目 撮影地:秋田県鹿角郡小坂町 2007/10/16


>> 2008/12/11 23:32
>☆MIYA☆さん
作者は「智恵子抄」で知られる高村光太郎さんです。奥さん、つまり智恵子さんをモデルにしたとかしないとか。
ほんと、ガッツりしてますよね・・・ 全く名前しか知らずに見たので一瞬「うへ~」ってなりましたが(笑)
あと、実はモデルは19歳とかどっかに書いてありました・・・
シルエットのヤツ、ありがとうございます♪ これ撮っている時ほんとはずかしかったんですよ。私が撮っている角度からだと他の全員を敵に回す感じだったんで(笑)
おまけの参は、できたら三脚使ってスローシャッターにしたかったです・・・

>> 2008/12/10 08:56
よ~かんさんが抱いたい~っぱいの疑問符。。。わかる気がしますぅ(=^‥^A アセアセ
この像を作り 名前をつけたお方には悪いですが。。。
乙女とはかけ離れているようなぁ。。。どっしりがっつりとしてるというかぁ。。。
年齢的にいうと 近い世代なようなぁ(o゚c_,゚o)プププ
あっでもでも いくつになっても 私のように乙女心を忘れない女性もいるので。。。ありなのかもかもぉぉ(; _ _)人
なんだかんだ言っていますが シルエットの乙女像好きですぅ♪

波打ち際の写真 秋から冬へって感じがしますねぇ
よ~かんさんの言うとおり 風景素晴らしいですぅ♪
おまけの参もすんごく好きですぅぅ(〃▽〃)テヘッ

>> 2008/12/07 03:00
>ぜいぜいさん
そうなんですよ、ごっついんです・・・ ただただ乙女という名前でイメージをしていたら、なんだか裏切られた思いです(笑)
シルエット、ありがとうございます♪ 私も気に入ってます。

>ロココたえさん
そうそう、ロココさんの去年の十和田湖、覚えてますよ。奥入瀬渓流の話も。奥入瀬渓流も十和田湖も平日だってのに結構な観光客でした。私は二年連続でまさか東北の地に立つとは思ってもいませんでした・・・
乙女の像は遠くから眺めた方がいいのかもしれません(笑)
でも東北はいいですね。何度も行きたいです♪

>びーぐるさん
私もゲージツには疎くて、この像にぴんとは来なかったようです(笑) 真ん中に光が来れたのは怪我の功名ってやつですね。風の神はアレ狭いんですよ。私が入ったら挟まってしまいます(笑) 奥入瀬渓流付近の景観はどこも素晴らしかったです。また行きたいですよ~

>ミューさん
ありがとうございます♪
この像は昭和28年に立てられたようですね。どこがどう見たら乙女なのか、この当時の乙女はこうだったのかなあ????
初めてカラーで見た景色が奥入瀬なんて、素晴らしいですね。ぜひ一度は本物を見に行ってもらいたいです。紅葉だけじゃなくて景観が素晴らしいんですよ、ここ。

>silkyさん
いやいや、何をおっしゃるんですか~
この像を見た時の衝撃、そして太陽の位置をみて、これはシルエットじゃないとと即座に判断しました(笑)
無駄足のおかげで太陽の位置がとてもよく、しかも薄雲がかかって直の逆光じゃなかったのが素晴らしい♪ あとはうまく手にかかるように自分で上下左右に動いて微調整です。でもこの時この反対側に沢山の人がいて、私の側には誰もいない・・・ すごいやな感じでした(笑) なんでこっちにこなかったのかなあ。すごく勿体無い気がしますが・・・

>akiさん
こんばんは~♪
そうですね、紅葉はなかなかいい時期に行けてよかったですよ~♪
トップ写真ありがとうございます♪ 太陽の位置がいいところにあることを気づいた時、こういう風に撮ることをすぐに思いついて、後は自分で上下左右に動いて微調整。その時像の反対側からこっちに向かって沢山の人が写真を撮っていたので、その後ろで怪しい動きをしている男に気になっていたに違いありません(笑)
奥入瀬はぜひ行けたら行ってみて下さい。どこを切っても素晴らしい景色が続く素晴らしいところですよ。その代わり人も素晴らしく多いですけど。
五枚目の写真、ありがとうございます。私も地味ながら気に入っています♪

>> 2008/12/06 19:54
こんばんは~

紅葉、いい時期に行かれてよかったですね。
TOPのPHOTO、太陽の位置、めっちゃいいじゃないですかぁ。日頃の行いがいいのかな。

私がうらやましいって思ったのは奥入瀬です。
あこがれの地であります。
歩けるなるべく若い時期に一度は行ってみたいと思ってる場所。
奥入瀬を歩けたなんて、幸せもんですね。
5枚目の波と落ち葉、煌く水面のPHOTOもお気に入りです♪

>> 2008/12/06 01:26
これが乙女なら私も十分乙女で通用するなあ(爆
シルエット写真いいですね。木の葉が額のようになってい
ていいアクセントです。しかもちょうど手のところに太陽
が・・・・おまけに無駄足のおかげとは。。でも私も道に
迷ったおかげで綺麗な夕景に出会えたりとかってけっこう
よくありますよ。

>> 2008/12/05 12:51
よ~かんさん、面白い。
と言いながら、私もこの像には???
像のタイトルを変えた方がいいような。
この像はいつごろからあったのでしょう?
学生時代キャンプをしたのですが、見かけなかったようです。
場所が違うのかもしれないですね。

奥入瀬の紅葉は綺麗ですね
家のテレビが、カラーになった時、これも十和田湖に行ったのと同じ年ですが、家に帰って初めて見たカラー放送が奥入瀬の紅葉だったのです。今でもその時の感動は忘れられません。
それまで白黒で見ていたのですものね。40年ほど前のことです(笑)
実際の奥入瀬の紅葉は見てないので、見てみたいです。

>> 2008/12/05 07:05
ゲージツに弱い私はこの像はあまりピント来ませんが、
真ん中に光を集めるなんてさすがよ~かんさんです!
風の神が無気味ですね、入らなかったんですか?(^^♪
清流がとても良い雰囲気です!↓の林道も!

>> 2008/12/05 05:42
よ~かんさん、おはよう!!

十和田湖、懐かしいですね~
昨年の10月末に行きました。
このときも奥入瀬は凄い車の渋滞で予定の宿にも大幅に遅れて着いた覚えがあります。
十和田湖、私達が行ったときも本当に綺麗に紅葉していたのですがよ~かんさんも綺麗な時だったようですね~
乙女の像は遠くから眺めただけです。
この発荷峠からの十和田湖も綺麗ですね~
思い出しました。
ありがとうございます。

>> 2008/12/05 00:48
う~ん、とっても体育会系の乙女ですね。
レスリング部とか一昔前のバレーボール部とか…
当事者の方がみてらしたら、ごめ~んと逃げ…

でもシルエットいいですね。










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/346-fd12d164

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。