08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/11/30//Sun * 23:46
●○松見の滝

松見の滝01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

まつみのたき。二段で落差90m。日本の滝100選の一つ。
前回に載せている黄瀬川の上流奥深くにひっそりと落ちています。
黄瀬川沿いの林道を二時間半近く歩き、急な山道を二十分下りてやっ
と目の前に広がる光景は圧倒的。日本じゃないみたいです。

この滝は上部がV字に切れ込んで空が大きく見えるので、どうしても
青空がよかったんですが、見事念願が叶って素晴らしい天気。とても
私とは思えません(笑)

松見の滝02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

今回の東北旅のメインの一つ、松見の滝です。この滝が見たくて今回
の旅を計画したようなものです。片道9㎞という距離は長いですけど、
殆どが林道なのでそんなにきつくはなかったかも。ただし帰りは少々
へたばってましたが。
写真は、林道から滝へ向かって下りていく山道の最後の方に奉ってあ
った「松見滝竜神」です。ここまでの無事のお礼と、帰りの無事を願
って手を合わせました。

松見の滝03
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

その「松見滝竜神」のすぐ隣から見える松見の滝。

松見の滝04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

そしてそこからもう少し下りれば河原です。
滝をアップで。紅葉は残念ながら、この辺りは標高が少し高いからか
終りかけで、ところどころに色付いたものが残っている程度でした。

松見の滝05
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

残っている少しの紅葉と一緒に。

松見の滝06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

下段を滝の右側から見てみました。


松見の滝07
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

今度は滝の左斜め前から。

松見の滝08
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

落ちた流れは左の方へ向かって流れていきます。

松見の滝09
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

その角度でアップを。こうして見ると結構バランスが取れていて綺麗
かも。この角度でも残念ながら一段目の下がどうなってるか見えない。

松見の滝10
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

お気に入りの一枚。これをトップにするか悩んだけど、やっぱり定番
(多分)のカットをトップにしました。

松見の滝11
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

時間が経って太陽の位置が上がったので、全体的に光がまわった状態。
少々平面的な感じを受けるかもしれません。
しかし、本当に独創的な姿です。崖の高さは200mにもなるとか。上部
に五葉松が生えていて、そのために松見の滝と付けたなら、安易だけ
ど素晴らしい名前だと思います。っていうかそれ以外に考えられない。

松見の滝12
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

おまけの赤。
滝から下流方向を見た景色です。下流側は結構色付きがいいではない
ですか。滝のところもこんな感じだったらなあ。

松見の滝13
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

おまけの青。
滝の上部の崖を見上げてみました。天気には本当に感謝です。やはり
こういう時には日頃の行いがモノを言いますね(笑)

              撮影地:青森県十和田市 2008/10/22


>> 2008/12/04 16:44
>yasuさん
なんというか、せっかく遠くに来て、しかもこんなに歩いたのにどうも同じような場面ばっかりしか撮ってなくて、なんでもっとこうしなかったんだろう?っていうのが後から湧いてくるんです(笑) まあこれってこの滝に限らないんですが、どうも簡単に見ることができないから特にそう感じるんですよね。
まあ山登りに比べれば距離はあるけどそんなにきつい感じでは無いので、また私も機会があれば行きたいです。熊には遭いたくないですけど(笑)
紅葉はもっといい時期ならって思わないでもないですが、天気がよかったことは本当によかった。しかもこの朝の時間帯。
八ツ淵の滝は残念でした。でもこの日は殆ど雨が降ったり止んだりの一日だったので行かなくてよかったです。代わりに行った滝は、yasuさんも行っている滝ですよ。いつUPできるか分からないけど・・・

>びーぐるさん
朝飯前だなんてとんでもない!(笑)
でも林道歩きなので山登るのに比べれば楽させていただきましたけど、それでも私みたいなヘタレには一仕事でした。
写真にするとどうしてもスケールはダウンしてしまうのが悩みのタネです。しかも実際に目で見ても崖がドカーンと目の前に聳えるので、それに比べて滝が小ぢんまりしてしまう感も少しだけありました。それと、実際に何mと謳われているものには、それだけの落差があるかどうかの根拠がないものも少なくありません。この滝は実際にはどうなんでしょうねえ。

>そらさん
この滝はぜひ青空で見たかったのですが、願いどおり♪
二段でとてもバランスが取れていてきれいな滝でしたよ。
おまけの赤はちょうど木に光が当たって映り込みの部分が陰になっていてなかなか面白い雰囲気になりました。ありがとうです♪
東北にいた時はぜひ見に行って欲しかったなあ。でも歩くのはちょっと大変だけど(笑)

>ミューさん
本当にわざわざ三時間近くかけて歩いて見に来た甲斐がある滝でした。思わず「キター!」って言ってしまった程です(笑)
元々滝自体が素晴らしいのに、少々の苦労を伴って見ることになるのでたまんないです。しかも滝に一時間半いましたが、誰も来なかったので独り占めでしたし。

>ぜいぜいさん
幾ら登山道に比べたら楽とは言ってもやっぱり遠かったこともあり、思わず辿り着いた時には声が漏れてしまったくらいでしたよ。
滝の姿は本当に素晴らしいですね。なんだか誰かに見て欲しいとこんな景色になったんじゃないかって思う程です。
上流からは完全に沢屋さん専門の世界みたいですね。熊の巣窟のようですけど。

>> 2008/12/04 15:02
林道片道9kmの甲斐のある滝ですね。
1段目から2段目にかけて右から左と振れる様が躍動感があっていいなあ。
この滝の上流から遡行できる沢なんですよね。

>> 2008/12/02 23:25
V字の青空、とっても綺麗です。
お天気が良くて、素晴らしい眺めですね。
滝までたどり着くのが大変なんですね。
その後にこの景色を見られると、感激の度合いが増すのでしょうね。
下の方の紅葉も綺麗ですね~

>> 2008/12/02 21:19
空がきれい~!!
って・・滝を先に見ないとね^^;
きれいな滝だね!
美しいって感じ^^

おまけの赤の写真、なんだか幻想的
水だけじゃなく周り全部が赤に見える。
素敵ねぇ~
東北にいるときに見ておけば良かった。。

>> 2008/12/02 18:14
片道9キロの林道をって凄過ぎですね!!
まあ、よ~かんさんにとっては朝飯前なんでしょうが!
ところで私のような素人滝見人にとってはこの滝が
90メートルも有るようには見えないのが辛い所です・・

>> 2008/12/02 00:54
いや~でもよ~かんさんの松見は本当に素晴らしい一枚だと思います♪
まだこれでも何かが足りないのですか?(笑)確かにそう軽々はいけないですよね~何より青森に行くのでさえ時間がかかってしまいますし(苦笑)僕もまたいずれ機会があって体力もあれば再訪問したいぐらいです♪
紅葉も写真で見るかぎりはすごく綺麗ですね!

八ツ淵の滝は残念でしたね~でもまたいずれ挑戦した際はぜひ写真を楽しみにしています♪
そしてその別の滝も首を長くして楽しみに待っています^^

>> 2008/12/01 23:50
>yasuさん
べた褒めしすぎです(笑)
でもありがとうございます♪ まあレンズと被写体のおかげ以外のナニモノでもないんですけどね・・・ この滝はずっと見たかったので結構気合だけは入っていました(笑) 水はどうしてもスローで捉えたかったので、殆どがPL+NDで撮っています。
でもこうして見るとまだ何か足りない気がしてしょうがないんですよね~ ホイホイと行ける滝でもないんですけど・・・
そうそう、この前八ツ淵の滝へ行けたら行こうって話ししてましたが、結局その日が雨で断念しました。仕方なく別の滝に・・・ だがしかしUPするのは一体いつの日なのか?

>> 2008/12/01 00:38
とても素晴らしい写真ですね!本当に綺麗で美しくて最高な写真ですね!本当に見とれてしまいます。

松見の滝、最高ですね!!!いいですね~うらやましいですね~!なんだかあんまり写真がよすぎて感動してしまい言葉にならない状態です。いや本当にいいです!

行きたいです!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/344-9ff1d27c

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。