07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/11/25//Tue * 23:57
●○黄瀬川

黄瀬川01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

十和田湖より北に位置する黄瀬川(おうせがわ)。
十和田湖に端を発する奥入瀬渓流に流れ込む支流です。

今回の旅のメインの一つである目的の滝が、この川の上流に架かって
いますので、そこを目指します。R102からこの川に沿って通っている
林道がありますが、すぐ入口にゲートがあるので一般車は通れません。
なのでゲートから歩きとなります。大部分は歩きやすい林道とはいえ、
滝までは約9kmの道のりを延々と歩くことになります。

林道に沿っている黄瀬川と周りの紅葉は、少々遅い感もありましたが
素晴らしかったです。そんな景色を載せてみました。

黄瀬川02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

こういう光景に出くわす度に、いちいち「お~!」とか感激していた
りしてしまう私(笑)

黄瀬川03
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

歩き始めて20分ちょっとのところでこんな滝を見つけてしまい、矢も
盾も堪らずカメラを三脚にセットして撮影。これ以降は目的地に着く
までずっと三脚にカメラ付けたまま担いで最後まで行ってしまいまし
た。かなり面倒だった。っていうかバカ?

黄瀬川04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

対岸の岩が面白い感じだったので。

黄瀬川05
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

何かこういう景色が出て来る度に立ち止まるものだから、先に進めや
しない・・・

黄瀬川06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

同じような景色ばかりですいませぬ。

黄瀬川07
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

支流の流れ込み。自分で言うのも何なんですが、素晴らしい(笑)

黄瀬川08
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

一言で言うと「趣」。

黄瀬川09
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

水は見た限りすごいきれい。なんか日本を強く感じます。

黄瀬川10
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

林道が左右分岐になるところを右に行くとすぐ橋があり、そこからの
光景。このまま橋を渡ると少しきつい坂を上るようになり、川からは
離れて行き、静かなブナ林の中を歩くようになります。


北東北哀終独り旅の三日目です。
前回の記事で言っていたちょっと不思議なことについて話してみます。

十和田湖の北西に位置する道の駅「虹の湖」で車中泊をしたのですが、
その夜中三時過ぎ、騒がしい声と音で目が覚めました。車は結露して
いて窓ガラスは全て曇って全く見えませんでしたが、とにかく多分十
代から二十代前半くらいの男女と思われる集団が騒いでいたのです。
このうるささで目が覚めたのだけど、その時から数分も経たない内に
プッツリと何も聴こえなくなりました。歩いて移動する音も聴こえた
のだけど、ほんの数歩分くらい。慌てて車のドアを開けて周りを見回
したけど、何の痕跡もナシ。私の他、二台の車がこの道の駅に停まっ
ていましたが、その二台があっただけでした。そして何より不思議な
のが車の音が全く聴こえなかったことです。こんな山奥に、車ナシで
一体どこから来てどこへ消えたのか? 今考えてもよく分かりません。
もしかしたらすぐ近くに私の知らない何らかの宿泊施設とかがあって、
そこから来たんだろうと考える他ありません。でも本当に数歩歩いて
プッツリって気配だった。その後すぐにドアを開けたので、どの方向
かに姿を見てもおかしくなかった。私的には空中に消えたとしか思え
ない訳です。まあ寝惚けていたからだろうと言われればそれまでなん
ですけどねえ。

で、もう気味悪くなって速攻で宿泊モードを解いて道の駅を後にしま
した。で、今度は十和田湖の北東に位置する道の駅「奥入瀬」まで行
ってそこで少し休み、黄瀬川の林道ゲートに車を停めて歩き始めたの
が朝六時過ぎのことでした。その時はもう熊が出ないだろうなみたい
なことばっかり頭にあって、一時不思議な事件のことについては忘れ
ていましたが(笑)

              撮影地:青森県十和田市 2008/10/22


>> 2008/12/01 00:18
>こまみちさん
この川沿いの紅葉は素晴らしかったですね。流れと組み合わさると本当に素晴らしいです。本当にこういう時は四季のある日本に生まれてよかったとしみじみ思いますよ♪
最後の不思議な話は、私が寝惚けていたとか、ただ単に近くに人が泊まるようなところがあって、そこから人が湧いてきていただけだというオチであればいいなと思います。でも真相はもう分からない・・・

>ミューさん
ご心配ありがとうございます♪
昨日の夜中(30日)に帰ってきていたんですが、午前中に一旦起きたもののまた寝入ってしまいかなり出遅れてしまってやっと今東北の続きとかのUPとかしているところです・・・ そういえばどこへ出かけていたかを書いてませんでしたね。今回は岐阜⇒福井⇒京都⇒奈良と行きました。ミクシィのコミュニティのミニオフが奈良公園であったので、それに合わせて幾つか滝を拾ってきたのです。
この景色、実際に見て欲しいです。もし奥入瀬渓流に行くようなことがあれば、ぜひ♪

>> 2008/11/30 21:57
まだお帰りになってないのでしょうか?
どちらへお出かけだったのでしょうね。

先日も見せていただいたのですが、何度見ても素晴らしい紅葉ですね。
この景色、実際に見てみたいです。

>> 2008/11/30 21:29
┏━━━━━━━━★┃
 (ノ゚ο゚)ノオオオオォォォォーーーッ
 なんとゆう紅葉!!
 素晴らしいですね 日本の四季に(人∪`*)謝謝♪゛です
 最後の 不思議な話ですね
 よ~かんさんが寝とぼけてたとゆーことで(*∀*)笑
                ┃★━━━━━━━━┛

>> 2008/11/26 21:01
>lunaはちこさん
あ、某はなまるですが、ほんの一部私も見てました。実は今回の写真のところは岡江さんが歩いたところではなくて、その川の支流なんです。岡江さんが歩いたところは観光地ですごい人出なんですが、こちらは工事関係者以外すれ違った人はほんの数人です。しかも往復18㎞の間(笑)
でも本当に素晴らしい場所でした。もし機会があるならぜひはちこさんにも本物を見てもらいですね~♪ ありがとうございました。

>そらさん
和の光景ですよね♪
とにかくいちいちきれいな景色でしたよ。それなのに全然人がいない。まあなので熊も怖いんですけど。この辺りはやっぱり熊の密度は濃いみたいで・・・
奥入瀬や十和田湖で特に道が破損していたみたいなことはなかったですね。復旧したのかな。
あの不思議な話なんか、熊と出遭うよりよっぽどマシです(笑)

>> 2008/11/26 09:57
ほんと!
見ていて日本を思いっきり感じました。
どの写真もとってもきれい~!
十和田湖、奥入瀬方面地震の影響で道が崩れてたりとかはなかったの?
ずっと写真を見ながら熊に会わなかったのかなぁと心配してました^^;
でも熊より奇妙なことに遭遇したみたいだね^^


>> 2008/11/26 09:23
いや~びっくりしましたぁ!
昨日・一昨日と、某はなまる番組の特集で、
岡江さんが旅をされたんですが、
十和田湖に通じる川、まさにこの景色を
映像で見たばかりでした♪
川沿いや時々現れる小さな滝…
あんな素敵な所へ行かれたんですねo(〃^▽^〃)o♪
よ~かんさんの滝特集は、四季折々の滝を観ることが
出来るので、日本は美しい国だなぁと改めて感じます☆

>> 2008/11/26 00:41
>yasuさん
歩き始めは特に紅葉はすばらしかったです。少し標高が高くなってきたら終わりかけになっていきましたが・・・
入口って国道から林道に入る口のことですか? 公衆トイレの建物があることを事前に調べておいたので、特に迷うことはなかったです。私の場合まだ真っ暗だったので、おまわりさんに道を聞くことはできなかったでしょうね(笑)

>> 2008/11/26 00:18
このあたりはとことん日本を感じる風景ですね!紅葉も綺麗です♪
ところでよ~かんさんはこの滝に行く道の入り口はすぐにわかりましたか?僕はどこを曲がっていいのかわからずおまわりさんに道を聞きました(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/343-ab008c3c

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。