09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/11/24//Mon * 04:27
●○くろくまの滝

くろくまの滝01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

くろくまのたき。落差85m。日本の滝100選の一つ。
元々くろくまの滝とは幾つかの滝の総称らしいのですが、100選の滝
に選ばれたのは落差85mのこの滝だけらしいです。
滝までは駐車場から10分ちょっとの歩きで到達できます。滝までに至
る遊歩道は深い森の中を歩く感じでとても気持ちいいです。その途中
に第二、第三の滝へ遊歩道が分岐していますが、工事で通行止めにな
っていました。

くろくまの滝02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

少し右寄りから全景。観光客がすごい多い訳ではないですが、入れ替
わり立ち代り来ていました。

くろくまの滝03
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

少し手前から木越しに。どうも元々滝の近くまで行く道が崩落か何か
したようで、道は途中で立ち入り禁止。別の場所から仮設の階段を使
って滝近くまで行けるようになっていました。

くろくまの滝04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

これが一番いい時期というか分からないけど、紅葉はかなりよかった。

くろくまの滝05
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

上部の色付きがとてもきれい。

くろくまの滝06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

下部は全く色が付いていないですが、これは緑のままでしょう。岩盤
が緑色に見えます。

くろくまの滝07
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

かなり引いて、全体の色付き具合がどんなのかを見る。

くろくまの滝08
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

下流の流れを一緒に。水量はそんなに多くないようだったけど、紅葉
によく映えて滝の流れはきれいでした。

くろくまの滝09
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

滝壺。かなり浅いです。

くろくまの滝10
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

滝壺付近から上を見上げて。
かなりピンボケ写真です。なんでこんなのを載せたかというと・・・

この滝は流れを渡らないとならないけど(と言っても簡単)、滝壺まで
行けます。ある程度まで滝に近付いたら石とかを利用して流れを渡っ
て行き、最後にちょっとした盛り上がりを越えれば滝壺です。トップ
の写真、向かって右側の盛り上がりに踏跡が付いているのが分かりま
すか? で、滝壺まで行った訳なんですけど、水量が少ないとはいえ
さすが落差が高いだけあって雨のような水飛沫と瀑風であっという間
にびしょ濡れ。カメラなんかまともに向けられません。身体でガード
しておいて振り向きざまに撮ってまたカメラを隠すっていうのを繰り
返し。そしてその帰りに事件は起きました。
戻っている途中で小さな丸太に左足を乗せたら見事に滑り転倒、左半
身が水中に没しました。非常に派手な転倒です。
そして悪いことに転倒したすぐ至近距離に、見ず知らずの女性が一人
いらっしゃいまして、この恥ずかしい現象を全て見られてしまったの
です。嗚呼。
「大丈夫ですか!」と声を掛けられましたが、本当は全く大丈夫では
なかったのですが「大丈夫です」としか言えないじゃないですか。
滝では何回か転んだことはありましたが、今までは全て一人芝居だっ
たのに、ついに今回観客が(泣)
その後は左半身が濡れたまま行動をしていたんですが、なんか右足の
ちょうど弁慶の泣き所が痛い。なんだろう?とか思いながら車まで戻
って来た時にその部分を見てみたらなんと血だらけ。半分固まってい
たものの、かなり深く抉れたようです。右足なんかいつぶつけたんだ?
左半身に派手なことが起きたので全然気がつかなかった・・・
とりあえず傷口に薬を塗って応急処置をしましたが、その後その部分
が腫れ上がりジンジンし出して弱りました。まあ次の日はなんとか治
まってきたので助かりましたが、その後長い間直接その部分に何かが
当たると痛かった。実は今もまだ少し痛いです。でもかさぶたも取れ
てやっときれいになってきましたが。そして派手に打った左手側です
が、未だに左腕を肩より上に上げると痛いです。全く今回は身体にも
精神的にもかなりのダメージがありましたね・・・ カメラ機材には
一切のダメージがなかったのが不幸中の幸いでしたが。
滝壺まで行った為にそんな酷いことになったのに、そこで撮った写真
が全てピンボケ・・・泣きです。
で、どうしても載せないとなりませんでした(泣) じゃないと自分が
哀しすぎます(泣)

すごく長くなってしまいましたが、まだ書かないとならないことがあ
ります。もう少しお付き合いくださると嬉しいです・・・

この滝には14:35~16:00くらいまでいました。そしてまた白神ライン
へ戻り、またひたすらダートを走り、見たかった暗門の滝入口に到着。
だがしかし17:25である。真っ暗。どうにもなりません・・・
ここへはまたいつか来ることにします・・・
そして全然気が付かなかったんですけど、くろくまの滝駐車場からは
白神ラインに戻らずに先に進めば、あとはずっと舗装路だったらしい。
どうせ暗門の滝は暗くて見ることができなかったことは分かっていた
ので、そのまま舗装路から行けばかなり楽なことになったんだろうと
思うとちょっと泣けてきました(笑) どうもこんな山奥、しかもどこ
からもずっとダートなのに、なんでこんなに観光客が多いのかなあっ
て思っていたらそんなからくりだったんだなあ。
そしてそのまま弘前市内へ向けて突っ走って市内でR7に入り南下。
途中コンビニで侘しい飯を買い、R454を東へ向けて走る。
そして途中道の駅「虹の湖」をこの日の車中泊場所に決め、寝支度を
して侘びし飯を喰らう。かなり寒かったので寝袋を出す。そして就寝。
昨日は滝を四つ見たかったのに三つ、そして今日なんか三つ見たかっ
たのに何と二つ・・・ 何かずっと移動ばっかりしている一日でした。

実はこの後夜中にちょっと不思議なことがあったんですが、次の記事
に書くかもです。
そして次の日の最初の目的地は、十和田湖の北にある滝です。

          撮影地:青森県西津軽郡鯵ヶ沢町 2008/10/21


>> 2008/12/04 15:06
>☆MIYA☆さん
こんにちは~♪
踏跡分かりましたか? そうです、あれがあったので、こうやって行けるんだなあ思って行ってみました。水量は少ないように見えても真下まで行くとすごい水飛沫。まともにカメラを構えることさえできずに、一枚もまともな写真が撮れませんでした。こういう場面でいつも思いますが、よくカメラ壊れないよなって思います。
ご心配どうもです。もう殆ど治りましたよ。怪我も瘡蓋が取れてきれいになってきたし。出血量が少なかったから病院?とは考えませんでした。ピンボケ写真もありがとうございました~ 載せる写真ではないと思っていてもつい(笑)

>> 2008/12/02 08:27
こんにちはぁ♪
滝と紅葉 ステキですねぇ
1枚目の右側に踏跡わかりますぅぅ
。。。ってすぐ横じゃないですかぁぁ ってことは
水量迫力あるように見えるけどぉ そうでもないのかなぁぁと
思いましたが。。。読んでると やはり。。。(=^‥^A アセアセ

よ~かんさん 転倒での怪我 重傷なのではぁぁぁ) ゜o゜( ヒィー
私も自然治癒派!?で 病院へは ちょっとやそっとじゃ行きませんが
よ~かんさん 診てもらっては?
そんなときに声をかけられると 大丈夫ですぅと言ってしまいますよねぇ(;^_^A アセアセ

よ~かんさんがピンボケ~という写真ですがぁ
私はこれも好きですよぉ(*≧ω・)b
お大事にですぅぅ

>> 2008/12/01 00:07
>アースグリムさん
こちらこそご無沙汰してしまっています・・・
更新は今回の東北旅のUPが多過ぎて、どんどん旬が過ぎていってしまうので、必死にUPしている結果、精力的に見えるのだと思います・・・ 実はまだまだ写真が控えていて、それもみんな旬のものばっかりなのでちょっと気が遠くなりそうになっています(泣)
写真がよく見えるのは単にレンズと景色のおかげだと思いますよ。私もとても生かしきれてるとは思えません(笑) 未だに撮って来ては凹んでいることばっかりです・・・
ご心配ありがとうございます。山の中に行くのは、まだ私なんかがウロついているところなんてたいしたことがない場所かもしれないですが、それでもちょっとした油断で大変なことになる可能性は大です。特に一人の行動なので慎重に行動をすることを心がけています。でもやっぱり何か起きる時は起きてしまうんですよね・・・

>ぜいぜいさん
結構ぶつけたその場ではあんまり気がつかないことが多くて、後で見たら予想よりも大きい怪我だったってことあります。その場では神経が張っているのか気がつかないんですよね。左肩はもう殆ど大丈夫になりました♪ ぜいぜいさんもお気をつけくださいね。私よりもはるかに危険が隣り合わせかと思いますので。
この滝、行くまでに写真で見た限りではあまり期待していなかったんですが、実際に見たらとてもよかったです。水量が少なかったようですけど、その方が風情って感じでした。

>> 2008/11/29 18:15
沢ではちょっとぶつけたかなと思っても
うちに帰ると青たんがあちらこちら、なんていうのは私もしょっちゅうです。
岩って結構ダメージ大きいですね。
左肩の方も早くよくなるといいですね。
くろくまの滝、きれいな落ち方ですね。画面からマイナスイオンが溢れてきます。

>> 2008/11/28 10:06
ご無沙汰しております。
何とも精力的に更新されていますね。で、この写真ですからもう脱帽です。
17-40mm特有の色のこってり感が上手に出ていますね♪ホント良いレンズですよね~としみじみ。その割りに僕は生かしきれてませんけど(苦笑)
一口に滝といっても色々な表情があって、とても楽しく拝見させていただきました。

ただ。。これだけ山の中など入られると危険がかなりあるかと思いますが、くれぐれもお気をつけください。

>> 2008/11/26 00:39
>びーぐるさん
ほんと、まさに豪華!ですよね~
水量は少なかったけど、これくらいの方が紅葉にちょうどいいバランスだったような気がします。
八枚目、ありがとうございます♪ トップにするか迷ったヤツです。

>polepoleさん
紅葉と滝って相性は素晴らしいですね。でも撮るのは余計に難しくなる気がしますが・・・
やっぱり実際に目にした方が遥かに素晴らしいんですよ・・・ いつまで経ってもこのギャップを埋められないのが歯痒くてしょうがないです。
怪我はもう殆ど治りました。ご心配ありがとうございます。

>こまみちさん
いやいや、私にとっては機材が無事なのが一番です(笑)
ご心配ありがとうございます。ただ次の日この旅のメインとも言うべきちょっとハードな歩きがあったので、怪我して腫れ上がった時は血の気が引きましたが、歩けたので助かりました♪
カメラの日ってのもやっぱりありましたか。でもなんでオートフォーカスの日にしなかったんだろ?

>> 2008/11/25 20:47
┏━━━━━━━━★┃
危ないですねぇ 
機材が無事で何より、、ジョ~ダン
その後大丈夫ですか?
30日は<カメラの日>のようです
小西六が世界初のオ~トフォ~カスを発売した日とか、、
┃★━━━━━━━━┛

>> 2008/11/25 10:08
紅葉と滝とのコラボ とっても素敵ですね~
こんな素敵な風景に出会えるなんて 心躍りますよね。
私は いながらにして楽しませていただいていますが よ~かん さんは 凸凹の山道を登られていい角度を探されたのですよね~
怪我までされて 大事に至らなくってよかったです。
これからも お気をつけてくださいね。

>> 2008/11/25 09:39
やはり紅葉がバックだと一層滝が豪華に見えますね。
8枚目の引いた写真がお気に入りです!

>> 2008/11/25 02:01
>ミューさん
ここも紅葉がとてもよかったです。滝に行くまでの遊歩道はそれほどでもなかったんですが、滝の特に上部は素晴らしい色付きでした。観光客は結構多かったですよ。
滝付近は滑りやすいです。特にただの運動靴とかの滑りやすさは半端じゃないです。気をつけていても転ぶことがありますから。しかもこういうのって明らかに危険だって分かっている時よりもなんでない時の方が危ないです。気も張っていない時に転倒するとダメージがかなり大きいんですよね・・・ ご心配ありがとうございます。
ミューさんも転んだんですね・・・ 本当に気をつけてくださいね。大事にはならなかったようなのでまだよかったですよ~

>clear skyさん
ありがとうございます♪ ひとつのところに留まってかなりの枚数撮りますから、絞り切れないことが多いんですよね(笑) 画像ですが、今の一番の懸念は縮小した時に質感がごっそりと失われてしまうことなんです。何かいい方法がないか日々悩んでます・・・

>noriさん
こんばんは~♪
ご心配ありがとうございます。傷は少し前までかさぶたになっていたのがついに取れて大分きれいになりました。まだ少し痛いですけど、ほぼ治ったと言っていいかと思います。身体を張ってというより、ただの油断です(笑)
石を置いて渡るのではなくて、自然にある石を飛んで渡るのです。すごい観光地になっているところとかは危なくないように至れり尽くせりですが、普通はこんなもんですよ。だから見たい人だけ見に行くっていう感じです。

>> 2008/11/24 20:53
こんばんは~
傷大丈夫ですか?(再度聞いちゃいますw)
身体をはって・・ですね 素晴らしい~
カメラが無事だったのがよかったです
石を置いて渡るのですね
置いてあるのだとばかり思っていたわたしでした^^;;

>> 2008/11/24 08:48
色々な角度で滝を撮影されていて、ハッとさせられる視点も沢山あります!
画像も綺麗ですし、何より色々知らない滝が沢山みれてありがたいです^^

>> 2008/11/24 08:10
ここも滝と紅葉が綺麗ですね~
毎日素晴らしい景色を見ながら旅をされたのですね。

滝の付近は滑りやすいでしょうね。
よ~かんさんの撮影は危険がいっぱいです。
よほど注意してないとうっかりした時が危ないですね。
私は先日雨上がりに霧が出た時に、公園で滑って見事に仰向けに転びました。斜面では注意してるのですがなんでもない場所だったのです。
カメラだけはしっかり握ってましたよ~(笑)
朝は公園には誰もいないので、見られてないです。
ちょうど1週間前ですがお尻がまだ痛いです。
3日ほど重い鉢植えなど運べ無かったのですが、主人には言ってないです。

危険な場所ではくれぐれもお気を付け下さい。










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/342-ecc4077a

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。