03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/11/18//Tue * 21:29
●○法体の滝

法体の滝01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

ほったいのたき。落差57.4m。日本の滝100選の一つ。
一の滝、二の滝、三の滝と三つの滝からなります。落差はこの三つを
合計したものらしいです。鳥海山の水を集めて落ちているのに、鳥海
山と向かい合っているという面白い滝です。

トップは一番目立つ三の滝。落差は42mだとか。紅葉の色が見た通り
に出なくて、Photoshopで四苦八苦してみました。

法体の滝02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

三の滝全景。横の方から見たところ。ただ、これが本当に三の滝なの
かどうか、実は自信がありません。Webで調べると一番落差があるの
がこの滝なので間違いなさそうなのですが・・・

法体の滝03
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

もう少し正面に近い角度で。水量は色々写真を見ていると、すっごい
少ない状態だと分かりました。これでもかなり迫力あったんですけど
ねえ。水平が微妙なのは許されて。

法体の滝04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

ここは完全に観光地化しています。すぐ近くに駐車場、トイレ、土産
屋完備。ここで車中泊した方が楽だったな・・・
でも、滝自体はいろんなところから見ることができ、滝壺の縁までも
ちゃんと行けます。ただしそこまで行くには、長靴とか水に入っても
大丈夫な装備が必要ですが。
そして写真の赤い吊橋を渡って(橋のすぐ右側奥に滝が)登って行くと、
滝の全景を見ることができる展望台に出ます。

法体の滝05
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

逆光で非常に見苦しいですが、これが全景。この滝は午前中はモロに
逆光で厳しいかも・・・
一番奥の慎ましやかなのが一の滝、手前が三の滝、最も奥ゆかしいの
が三の滝のすぐ落口の近くに位置する二の滝。これではよく分かりま
せんが。・・・らしいです。なんでこんなに自信がないのか?

法体の滝06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

展望台を過ぎ、滝の右岸側を巻くように登って行くと上部の滝を近く
見られる場所に行けます。ただ、ここにある看板に二の滝、三の滝、
と出ているんです。そこから判断すると上の二つが二の滝、三の滝と
なってしまいます。つまり一番大きいのが一の滝。なので私は最初は
ずっとそうなのかと思っていました。下から一、二、三と数えるかと。
でもWebで調べると違うし・・・ 正しくはどうなんでしょう。
で、Webによれば奥の滝が一の滝落差13m、手前の滝なんだかよく分か
らない流れが二の滝落差2.4mだそうで。
多分私が激しく勘違いをしているのであろうから、もう三の滝は一番
下の大きいヤツということで納得することにします・・・

法体の滝07
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

そしてこの場所からは三の滝の落口を上から見ることができます。
すっごい迫力でした。うっかり足滑らせて落ちたら水流でバラバラに
されて40m落下ってことになりそうです・・・

法体の滝08
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

紅葉と絡めてみました。上から見ても滝壺がとんでもなく広いです。

法体の滝09
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

展望台では独りのカメラ人のおじさんがずっと同じ位置でがんばって
ました。こんな逆光でもなんかいいタイミングでもあったのかなあ。
私は展望台からのは諦めて、また下に戻ってきました。そして今度は
長靴を履いて滝の近くまでアプローチです。
それにしてもここの水が素晴らしくきれいでした。青く透き通ってい
てすごく冷たそう。

法体の滝10
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

多分この滝の写真の中で一番バランスがいいと思われる一枚。
水量が多いと右側にも広がり、とんでもない量を落とすようです。
ちゃんと跡になっています。

法体の滝11
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

時間的に滝には日が当たらず、上の木々に光が当たっている状態。

法体の滝12
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

このように水がとてもきれい・・・

法体の滝13
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

思いっ切り引いて撮ってみました。
以上、今回はかなり多くなってしまいました。しかも似たようなもの
ばっかし。どうしても選び切れなかったのです・・・

二日目一発目の滝、法体の滝。ここは紅葉が素晴らしかったです。
しかもいろんなところから見ることができたので、6:30~8:30までの
二時間もここにいました。そして、ここって車で滝の近くまで行ける
とはいえ、すごい山の中なのに、結構人が来ていましたね。まあ確か
に景色が素晴らしいので来ない訳ないですねえ。ここではお土産屋も
あるし、キャンプとか渓谷沿いに散歩とかできたりするようです。
本当は上流をもっと歩いてみたかったんですけど、この後の目的地が
すごい遠いため、辞めておきました。できたらこの滝は一日目の最後
に行けていたら後がすっごい楽になっていたんだけどなあ。まあ絶対
に無理でしたけど・・・

              撮影地:秋田県由利本荘市 2008/10/21


>> 2008/11/21 01:06
>ミューさん
紅葉はとてもいい時期だったと思います。この滝周辺に来るまで、みんな時期がいまいちっぽかったので、余計にここで素晴らしく見えました♪
滝って紅葉が似合いますね。ただ、単体でも難しいのに、余計に撮るのが難しいですが・・・

>noriさん
こんばんは~♪
素晴らしかったですよ。見た感じはトップの写真くらいです。RAW現像した時は問題なかったんですが、リサイズしたらもう魅力が半減してしまったので、なんとかPhotoshop使ってがんばってみました。とは言ってもここに載せている内の4分の1だけしかやってないですけどね。
もう雪が降ったんですね~ こちらも雪ではないけど急激に寒くなりました。ご心配ありがとうございます。noriさんもお身体には気をつけてくださいね。

>yasuさん
yasuさんの法体の滝を見た時はぶっ飛びましたよ(笑)
私のはその水量が三分の一もない感じですね。滝もおにぎりみたいだし(笑) でももしとんでもない水量を知らなかったら全然問題ないくらいの水量だと思います。しかし、あの橋の直下まで水が来ていたとはとんでもないですね・・・川幅もとんでもなかったんだろうなあ。

>びーぐるさん
まあこれはレンズのおかげでしょうね~(笑)
滝は逆光になると本当に厳しいです。ただ助かったのは、滝のすぐ近くまで行けばまだ太陽を遮ることができたことですね。展望台からは見ての通り手がつけられなかったです。
滝壺までは水深は浅いとはいえとても靴では行けなかったので長靴を履きました。車にいつも積んでるんですが、意外と役に立ちます♪

>畑ちゃんさん
この滝は本当によかったです。ありがとうございます♪
実は水量がこれでもとても少ない方なのです。雪融けの季節とか行くととんでもないようですよ~
でも少なくても迫力はすごかったです。特に落口から見た時は怖いくらいでした。

>そらさん
そらさんはこの滝を見ているんですね。この滝って紅葉との取り合わせが素晴らしかったですね~
落口の写真は大丈夫ですよ。私はすごい臆病なので、絶対に落ちないように対策していますので(笑)
雪が30㎝ですか! しかもまだ11月・・・ 私のいるところなんか真冬だってそんなに積もりません・・・
滑って転ばないように気をつけてくださいね~

>ぜいぜいさん
ここの水はとんでもないきれいさでした。思わず掬って呑みたいと思う程です。
滝の数え方はWebで見る限り、上流から一、二、三と数えているのばかり載っているので、その通りなんだと思います。落口の近くにあった看板が誤解するようになっているか、私が勘違いしていただけだと思います。でも現地にいた時は完璧に勘違いしていました(笑)

>> 2008/11/20 23:02
水の深いブルーが印象的ですね。
1枚目の滝もブルーがかかっていてとても印象的です。

滝の数え方は、落ち口から下に行くにしたがって1段目、2段目と数えていました。
なので、落ち口が一の滝でいいような気もします。
ほんとうはどっちなんでしょうね?

>> 2008/11/20 17:47
今は懐かしい・・・紅葉きれいねぇ~!
白い水しぶきがマッチしてる。

7,8枚目の写真コワーーイ!!
見てるだけで落ちていきそう。
そんなにそばに行ったら危ないよ!

昨日から降り続いた雪が30センチくらい積もりました。
もうツルツルで怖いよ~

>> 2008/11/20 09:09
(∩´∀`)∩オォ♪

すばらしい滝ですね・・・
すごいですね・・・・

迫力も満点~本当に素敵・・・・
さすがよーかんさまですね

素敵な滝を~(人'▽`)ありがとう☆です

>> 2008/11/20 07:48
滝と紅葉の取り合わせが素晴らしいです!
明暗差があるのにさすがに達人ですね!
しかし長靴はいてなんてすごいなぁ!

>> 2008/11/20 00:26
法体の滝、紅葉も合わせてとても綺麗ですね♪
思えば僕のときは水量がありすぎたのかもしれません(汗)なにしろあの赤い橋の写真を見たとき、僕のときは橋のぎりぎりまで水がきている感じで恐る恐る橋を渡ったようなことを少し思い出しました。
僕の法体の滝の写真ではまるで一の滝、二の滝がわからない状態になっています(笑)

>> 2008/11/19 09:26
おはようございまーす
紅葉綺麗ですね~
見た色はもっと濃かったのでしょうか?
今朝こちらでは初雪?wがぁぁ といっても
みぞれっぽかったですが・・・
かなり寒くなってきました。
風邪などおきをつけくださいね

>> 2008/11/18 23:17
滝と紅葉綺麗ですね。
紅葉、ジャストタイミングの様ですね。
滝だけでも、紅葉だけでも綺麗なのが、両方揃って、何倍もの美しさですね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/338-b073d526

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。