09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/11/04//Tue * 23:56
●○雨棚

雨棚01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

前回記事の鬼石沢を地獄棚沢との出合から遡ると、程なく雨棚と呼ば
れる滝が目の前に立ちはだかります。

あまんたな、あまだな、あめだな。呼び方はどれが本当なのか分かり
ません。落差50m。L字型の岩盤の一番凹んだところを更に細い樋状に
くり貫かれたようなところを水流が鋭く落ちていっている感じです。
勢いは相当あるみたいで、上部では何箇所か跳ねていて下部では収ま
り切らずに横に少し広がっています。

誰がどんな理由で名付けたのか、初めてこの滝の存在を知った時から
この名前になんか惹かれていたのですが、それが前回UPの鬼石沢記事
で述べている理由で、ずっと見ることが叶わない滝だったのです。

出合からそんなに距離もなくこの滝にぶつかるが、落差が50mもある
ために一部の人しか登ることができず、沢屋さんはこの滝の上流から
遡行を楽しむのが普通のようです。一部のクライマー以外だと、滝を
見ることを目的とする人しか用がない区間なのでしょう。しかも前回
の記事で述べている通り、5mの滝に阻まれて更に人が入らないためな
のだと思うのですが、滝の情報が極端に少ないです。

雨棚02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

鬼石沢を出合から遡っていくと、この滝の最初に目に入る光景。

雨棚03
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

ほぼ横から見た図。傾斜が結構緩いのが分かります。

雨棚04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

正面から全景。向かって右側に水が流れている跡が広がっています。
水量が多くなると扇状に広がるのでしょう。

雨棚05
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

中間辺りをアップで。岩肌がとても美しいです。

雨棚06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

上部の水流がとても細く見えるのに、下部ではかなりの水量が見える
ことからも、かなり大量の水が落ちていることが分かります。

雨棚07
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

滝の左側はこんな感じ。

雨棚08
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

その更に左側。
雨棚のある場所は、周りを高い崖にぐるっと囲まれている感じです。
右側が雨棚、左側はこんな緑で覆われている斜面。

雨棚09
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

落下した水は、手前にある岩に当たって方向を変えてそのまま流れて
行きます。滝壺はありません。

雨棚10
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

滝水が岩肌に沿って流れを作ります。

雨棚11
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

最後に真正面からど真ん中勝負(笑)
結局一時間半くらい、この場所で過ごしました。
二年近く見たいと思っていた滝でしたので、感無量でした。

丹沢にはまだまだ見たくてもどうにもならない滝があります。それら
を少しずつ何とかして行けたらいいなあ、なんて目論んでいたりする
んですが、まあ厳しいですね・・・

遡行記録

           撮影地:神奈川県足柄上郡山北町 2008/10/05


>> 2008/11/08 18:39
>noriさん
こんばんは~♪
今日は参観日だったんですね~ 風船はうまく作れましたか?
滝の素材、このブログに載っているものでいいなら使ってやってください♪ 逆にこんなものでいいのか不安なんですが・・・ noriさんに滝の絵を描いてもらえるのを楽しみにしていますね♪

>> 2008/11/08 09:07
おはようございます~
参観へ行く前にこちらにおじゃましてますっw
滝の絵~描いてみたいですね 素材お借りしてよろしいんですか?^^ノ
音が聞こえてくるように描ければいいのですが・・・
チャレンジしてみたいでーす
足の件感謝します^^b

>> 2008/11/07 00:11
>ミューさん
いつも行く場所からほんの少し先にあるだけなのに、近くて遠い場所でした。でもですね、到達するのは最後の少しの距離が沢靴が必要なことと、5mの滝を登らなければならない以外はお散歩気分コースなんですよ。
私が見ていない滝がなくなるなんて夢のまた夢です・・・
この滝は今まで見たことがないようなタイプで素晴らしかったです♪

>きらりさん
見たくてもどうにもならない滝だらけです(笑)
ハッキリ言って私ごときのレベルでは本当にどうにもならないです・・・ もっと若い時からこういうのに興味を持っていればなあって何度思ったことか・・・
ではいざと言う時はきらりさん捜索隊隊長をお願いします(笑) ご心配ありがとうです♪

>ロココたえさん
こんばんは~♪
今回のタイプは、この塀の向こうに目的があるんだけど、この塀のせいで先に進めないよってタイプです(笑)
すごく近いのに行けないってやつですね。本当に素晴らしい滝でしたよ~♪ あと、ご心配ありがとうございます。私は臆病だし体力もないし無理はできないです。体重だけはあるんですけどね(笑)

>そらさん
ありがとうございます♪ 「やったー」とは叫ばなかったけど「おおっ!キター!!」とは叫びました(笑) 全く人はいなかったので。
水流が細いんだけど、よく見ると勢いがある面白い滝でした。岩肌はこの滝も含めて一帯がとても素晴らしい景観でしたよ。
ご心配ありがとうございます♪ まだまだいろんなものを見に行きたいですね~

>noriさん
この滝は何度も行っている滝から30分も遡らないうちに出てくる滝です。今まではどうにもならずに見ることは出来なかったけど。この辺り一帯には大きい滝がかなり多くてとてもお気に入りの場所なんです。
ぜひnoriさんの描く滝の絵を見てみたいですね~♪ 足はちょっと大変そうですね・・・ お大事に。無理はなされないように。。

>Taneさん
こんばんは~♪
滝を見に行かれたんですか。どこの滝だろう?
付け焼刃とか言って、Taneさんならきっと絵になっているんだろうなあ♪
二枚目、ありがとうございます。なかなか面白い構図となってて私も気に入っています。

>> 2008/11/06 22:11
こんばんわ~^^
先週末に滝を撮りに行ってきました~。
よ~かんさんの写真を参考にさせてもらったんですが、
やっぱり付け焼刃では思ったようにはいきませんでしたよ><
2枚目いいですね~。

>> 2008/11/06 21:44
ちょっと奥に行くだけでまた滝があるのですね
すごいですね~
先日滝の絵を見て あぁこういうのも素敵だな♪って
思っているnoriです^^b
現場まで見に行くのが一番いいのですけど
そこはちょっと我慢しなくちゃです^^;

足へのお気遣いありがとうございます
怪我というより病気なので長いお付き合いになりそうなんです~

>> 2008/11/06 12:18
よ~かんさんおめでとう~☆
念願の滝が見た瞬間・・ヤッタァー!って叫ばなかった?笑

とっても細い滝で水しぶきが凄そう!
ほんとだ!
岩肌がきれい~

これからも滝を求めて山の中に行くと思うのでくれぐれも気をつけてね!

>> 2008/11/06 10:22
よ~かんさん、おはよう!!

やっと出会った滝ですね!!
本当に岩ばかりで険しそうです。
岩肌が綺麗ですね。
感無量でしたか。
でもいつも一人で行動されていますから
心配ですね。
無理はされないでくださね!!

>> 2008/11/05 23:52
見たくてもどうにもならない滝って・・・・
きおつけてくださいね。
帰りは何日ってここに書いてみんなに言ってから行ってください。
帰ってないようだったら捜索しますから(笑

>> 2008/11/05 18:51
念願の滝が見られたのですね。
右側の岩と左の緑の対比が綺麗ですね。
到達するのは並大抵じゃないのでしょうね。
そのうち、よ~かんさんの見てない滝が無くなりますね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/327-78e575a0

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。