07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/11/01//Sat * 01:41
●○塔ノ岳

塔ノ岳01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

とうのだけ。標高1491m。丹沢山地の南部で秦野市、山北町、清川村
の境目に位置する。眺望がよく、登山者には非常に人気が高いっぽい
感じです。

九月に、前述の書策新道をある目的のため何度か利用していて、書策
小屋までそんなにきつくなく登れるようになってきたので、なんとな
く行きがけの駄賃(なんか最近これ得意だね)で登ってしまえとばかり
に登ってみました。書策小屋からは表尾根を辿って塔ノ岳まで到達し
ます。表尾根は基本的に眺望がよくて気持ちよく歩けます。この日は
天気があまり良くなかったのが少々残念でしたが・・・

塔ノ岳02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

書策小屋からきつい登りを10分ばかり登ると、新大日というピークに
到達します。そこから階段で下って行き、その後はゆるゆる登ったり
下ったりみたいな感じで歩いて行きます。

塔ノ岳03
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

この日は霧がかなり多くて最初は殆ど眺望がなかったです。

塔ノ岳04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

この辺はずっと尾根道で、進行方向左側からは霧が吹き付けてきます
が、右側は全く霧がない状態でした。

塔ノ岳05
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

大分山頂に近付いてきた頃、結構いい天気になってきました。
でも結局劇的に晴れることはなかったんですが。

塔ノ岳06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

塔ノ岳山頂が見えてきました。
なんだか最後の詰めはやたら急な登りなのでは? と少々うんざり。

塔ノ岳07
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

確かに最後の詰めは結構急な登りでしたが、そんなにきつい感じでは
なかったです。そして塔ノ岳山頂到着。新大日から、写真撮りながら
ゆるゆる歩いてだいたい40分くらいでした。戸沢から休憩を入れなが
ら歩いても三時間半はかからない位でしょうか。しかし今までどんな
に登っても辛くてしょうがなかったんですが、今回は初めてかなり楽
な感じで登れました。もしかして成長したんでしょうか?(笑)

塔ノ岳08
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

表尾根にぶつかってからは人が明らかに多くなったのですが、この山
の山頂の人の多さにはびっくり。今まで人の少ないところばっかり歩
いていたので、ちょっとショックを受けました(笑) 本当に人気があ
るんですねえ。尊仏山荘という山荘があります。

塔ノ岳09
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

少し写真をいじっていますが、山頂から秦野とか平塚とかの方向を見
たもの。海が見えます。すごい。

塔ノ岳10
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

獣が二体。
完全に人馴れしてます。

山頂には30分くらいいて下山開始。帰りは大倉方面へ下って行きます。

塔ノ岳11
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

山頂から600m地点。何「金冷し」って(笑)

塔ノ岳12
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

なんかずっと階段ばっかりなんですよ。こっちから絶対に登りたくな
いです・・・ 下るのも結構しんどい。
でも開けた方向に下るので、眺望がいいんですね。この後は天神尾根
というところへ分かれてそこから戸沢に戻りました。この天神尾根が
針葉樹林の中の薄暗い急な下りで、しかも足元に石がゴロゴロしてい
て非常に歩きにくく、降りるのがとても嫌でした。戸沢に着く頃には
結構ボロボロ。全然成長していませんね・・・

               撮影地:神奈川県秦野市 2008/09/27


>> 2008/11/03 13:01
>ばばさん
こんにちは~♪
山荘前の写真、ありがとうございます。ここの山頂はかなり広くて、写っている人はほんの一部なんです。後ろを振り返ると広い場所と沢山の人が目に入りますよ(笑)
上りも下りも階段はつらいです・・・ まず必要以上に足を上げないとならないし、リズムが掴みにくい。下りはやっぱり足を上げて下ろすまでの距離が長いのでその分ショックが大きくて・・・ ただでさえ山登りにヒイヒイ言っている身には大変です。お気遣いありがとうございます。

>yasuさん
ありがとうございます♪ 一つ申し上げておきますと、私は写真をJPEGではなくてRAWで撮って調整しています。なので特定のものはJPEGでは私みたいな写真にすることは難しいのではないかと思いますよ。
そうですね、滝だけってのはもったいない(笑)ので、ぜひいろんなものに挑戦してみてください。きっとその中から専門で撮ってみたいってのが出てくると思います。
背景をぼかすのは一眼を手に入れると必ずやってみたいと思うんですよね~♪
鹿は丹沢では全然珍しくなくて、やたらに出会いますよ。

>ミューさん
霧は自然のフィルターです。いろんなものを装飾して別の雰囲気を出すので厄介だけど面白いですよね。
過分なお言葉ありがとうございます。でも私は山の麓で表面を引っ掻いているくらい、つまりそこら辺の山歩きで撮った風景のレベルです。まあそんな場所ですらヒイヒイいいながら登っていますが(笑) 所謂高山の山岳写真とかには全く縁がないんですよね。

>ロココたえさん
こんにちは~♪
山では特に車で走っていてとんでもない霧にはしょっちゅう出遭っています。特に夜だとガードレールとかの目標物を頼りに走るしか方法がなくなる程すごいです。山歩きではまだそんな酷い霧には出遭ったことがありませんので、十分気をつけますね。お心遣いありがとうございます♪
ここの山頂の見晴らしは丹沢一らしいです。やっぱり晴れている時に見たかったなあ。

>A子さん
モノクロって難しいけど、雰囲気によっては非常に有効なんですよね。
そんな理由でたまにモノクロでUPしますけど、三枚目はかなりのお気に入りです。ありがとうございます♪

>> 2008/11/02 15:23
モノクロだと違う世界みたいに見えて面白い!
特に3枚目の(^^)

>> 2008/11/02 08:19
よ~かんさん、おはよう!!

霧の景色は幻想的で綺麗ですね~
でも山の霧って突如湧いてきて視界ゼロになることがあって怖い思いをしたことがあります。
立山の弥陀ヶ原でした。

よ~かんさんも気をつけてくださいね。

本当だ!!
海が見えている、素晴らしい眺めです!!

>> 2008/11/01 22:02
霧がかかった写真は幻想的ですね。
5枚目のようなのも好きです。

山登りや階段を上るのは苦手な私、いつも山へ写真を撮りに行かれるのを、尊敬のまなざしで見ています。
カメラなどの荷物が有ると余計に大変ですね。

>> 2008/11/01 12:41
よ~かんさんの写真は天気がどうあれどの写真もすごく綺麗で幻想的であらためて綺麗ですね。僕ももともと滝だけのために一眼を購入したわけですが、今後は滝以外にも風景や被写体やいろんな写真を撮れればと思います♪特に背景をぼかして撮ったりするのをたくさんやってみたいです^^

それにしてもこんなところでも鹿とかが普通に出てくるんですね~。僕は関東で鹿に遭遇したことはおそらくまだないです。

>> 2008/11/01 07:28
こんにちは。
山荘での写真が良いなと思いました。
人の多さは写真では気になりませんが
撮り方なのでしょうね。

下りの階段はキツイですよね。
常に体重をトップさせながらですからね。
お疲れさまです!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/325-1ce52ccc

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。