07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/10/29//Wed * 12:46
●○常清滝

常清滝01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

じょうせいだき。落差126m。日本の滝100選の一つ。
瀑水は三段になっていて、上段を荒波(36m)、中段を白糸(69m)、下段
を玉水(21m)と名付けられています。

普通これだけの落差があると、水量が少なくても滝の近くには瀑風や
水飛沫で近寄れないんですが、この滝は全然大丈夫でした。トップの
写真は手を伸ばせば滝に触れるところまで思いっ切り寄ってます。
滝壺はないに等しいです。

常清滝02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

滝の全容はこんな感じ。本当に素晴らしいです。水量はこの日少なか
ったようですが、それでも風情があります。PLをもうちょっと効かせ
ればよかった・・・

この滝へは駐車場から10分程度とお手軽にいける上に、特に観光地に
ありがちな決まったところからしか見ることが出来ず危険との理由で
滝に近づけさせない、といったことは一切なく、その気になれば滝に
抱きつくことも可能(笑) きっと地元の方とかの憩いの場になってい
ることが容易に想像できます。また行きたいなあ。

常清滝03
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

ちょっと無理やり横構図で。この滝は、私のイメージだとどうしても
横で撮ることができず、縦でばかり撮っています。

常清滝04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

白糸から玉水にかけてになるのかな・・・
どこを切り取っても絵になりそう。

常清滝05
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

少しずつ滝に近付いていきます。
滝を中間から眺められる展望台からとはまた少し違う景観に。最上部
は木に隠れて見えなくなっています。

常清滝06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

もっと近くへ。斜め横から見るとこんな感じ。

常清滝07
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

真正面からもっと近付いて。
完全に上部は見えなくなります。

常清滝08
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

玉水?の一部分を。

常清滝09
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

滝壺は見てのとおり殆どなく、落ちてすぐ流れのようになっています。

常清滝10
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

すぐ近くにある祠。こういう場所にある祠は大抵周りの景色と溶け込
んでいて、見ていて落ち着きます。この滝を見させていただいたお礼
と、帰りの無事を願って手を合わせました。


この日、実は見帰りの滝の時とは別のブログ友だちにお会いしました。
今まで殆どこういったオフとかがなかったのに、こんな短い日にちで
ブログ友だちの方たちとお会いできるとは不思議です。多分こういう
巡り会わせだったんでしょうねえ。

で、今回お会いしたのは「はち子の家」のlunaはちこさん。
常清滝の駐車場で待ち合わせし、滝を一緒にミニ撮影会となりました。
で、この時はちょっとしたハプニングが。
一番トップの写真を撮っていた時、あまりにも滝の近くで撮れるので、
こんなに近いところから撮れるよと、滝に向かって左側にいたはちこ
さんに声を掛けたところ、彼女が振り向こうとして岩で滑って転倒。
かなりびしょ濡れに・・・ カメラとはちこさん自身はほぼ無事だっ
たようですが、短パンの後ろポケットに入れていた携帯がお亡くなり
になりました・・・ 
いやあ、この時は本当に真っ青になりました。あきらかにきっかけを
作ってしまったのですから。もう申し訳なくて・・・
はちこさん、何度も言ってしまいますが、本当にごめんなさい・・・

常清滝11
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

で、この後は比較的近くにある道の駅「ゆめランド布野」まで移動し、
ここでしばらく色々お話しました。その時撮った記念写真を・・・
「無駄に横に広い」とか「頭にアンテナが立っている」とか余計な所
に目が行かないようにお願いします(笑) はちこさんが細いので余計
に目立ってしまう(泣)

そんな訳ではちこさん、あの時はありがとうございました。本当に楽
しかったです♪ また機会があったらぜひ広島焼きでも♪(喰いモノ
のことばっかり(笑)) そしてやっと記事がアップできました・・・
※この日の話ははちこさんのブログの2008/09/22の記事にあります。


以上、2008年度版九州編、全てのUPが完了です。
本当に長かった・・・ もう世間は紅葉の季節だっていうのに、まだ
こんな夏みたいな記事、途中挫折しそうになりました(泣)
ここまで付き合っていただいた方々、そして旅行中にお会いした方々、
ありがとうございました♪
これからもまだまだ記事がやたらに順番を待っていますので、頑張っ
てUPしていきたいと思います・・・ もしよかったらお付き合いくだ
さると嬉しいです。では。

               撮影地:広島県三次市 2008/09/02


>> 2008/10/31 02:12
>akiさん
こんばんは~♪
大変お待たせしました・・・ 撮ってからもう殆ど二ヶ月経ってしまいました・・・ 早くUPしたかったんですが、何せ九州編の最終日だったのでどうしても一番最後だったんです。これ載せる時にakiさんの常清滝の写真を一度見に行きましたよ♪
トップの画像はもうこれ以上は寄れないんじゃないか?と思う程寄って撮りました。水飛沫があまりこなかったので出来た業です。この日なんですが、誰一人来ませんでしたよ~ 暑い日でしたが、やっぱり滝の傍は涼しくてよかったです♪
トップと六枚目ありがとうございます♪ どうしてもシャッタースピードを操作するには三脚は必須なので、akiさんもぜひ今度は挑戦してくださいね~
布野はそうだったんですか! 道の駅とかではよくソフトは食べるんですよ。しまったなあ。お好み焼きはぜひ今度行った時にはご案内お願いしますね♪ ↓のはちこさんともご一緒にどうですか?

>ロココたえさん
こんばんは~♪
そうです、広島でただ一つ日本の滝100選に選ばれた滝なんですよ~ akiさんは夏前にブログにこの滝を載せられています。
ロココさんもぜひこの滝は機会があったら行ってみて下さい。多分秋は紅葉とかになるんじゃないかな。素晴らしい滝です! なんて広島県の人じゃない人が広島県の人に勧めるってのもなんか変ですけど(笑)
わ~! あまり見入らないで下さい! 無駄に横に広いのがバレてしまう(泣)

>Taneさん
こんばんは~♪
こちらこそご無沙汰してしまって・・・
ハッキリ言ってメチャメチャ近くで撮りました。でもこの滝は不思議なことにあまり水飛沫が飛んでこなかったのです。まあそれでもたまにレンズに水がついていて、写真も思いっ切り写ってしまってますが・・・
今回は短い日にちで複数のブログ友だちに逢うことが出来て、私としては非常に充実した旅になりましたよ♪

>lunaはちこさん
いや~、本当にお待たせしてしまいました~
でもやっとやっとUP果たしましたよ♪
転倒の件は逆にお気遣いいただいて恐縮です・・・ 何にせよ寒い時期とかじゃなくてよかったとつくづく思いますよ~
それと撮影の時にまでお気遣いをありがとうございました♪ でもSSのコントロールのことを覚えて何度も使っていれば、きっといろんな局面で役に立つはずです。楽しんでくださいね~
広島焼きはぜひよろしくです。ずっと本場のものを食べてみたいと思っているんです。楽しみにしていますね~♪
またまた~ 十分細いですよ。っていうかここで細いといってもらえないと、私は一体どんだけ横に広いのか?ってなってしまいます(笑)

>やっく君
お~、そういえばそうだったですな、広島。
でも大体ものごとなんてそんなモンです。私だって滝をまともに撮りだしたのは去年の夏からですからな。
なので一昨年に一度宮崎の真名井の滝に行っているにも拘らず、まともに撮ってなくてまた去年撮り直したりしているなんてことも・・・ まあこれから楽しめばいいじゃないですか♪

>> 2008/10/30 01:43
おー広島~。

第二の故郷ですよー。
広島にいた頃は写真もやってなくて
滝の事なんて全く興味なかったんですが
こうして見ると行っておけば良かったなぁと
つくづく思いました。

>> 2008/10/29 23:38
おぉ~っ♪o(〃^▽^〃)oやっときましたね!!
すごく遠い思い出の様な、つい最近の様な…
あのひと時がよみがえってきます。
携帯のコトは、何度も言いますが(笑)ほんとに
よ~かんさんのせいではありませんから(^ー^* )フフ♪
私がドジなだけです(^_^;)

私は、よ~かんさんの撮影の邪魔にならないように
それだけを思って自分の思うように撮っていました。
流れを糸の様に…を教えて貰って、ただそれに夢中でした(笑)
こんなに素敵に撮られていたんですね☆

また広島へ来られる時は、広島風お好み焼き食べましょう♪
宜しければ、akiさんも ご一緒に…(*⌒∇⌒*)♪
あ…私は決して細くはありませんよ!
ただチビなだけです( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

>> 2008/10/29 23:08
こんばんわ~
少しご無沙汰しておりました。

随分と近くで撮れるんですね~。
1枚目などは、写真を見ているだけでカメラが大丈夫?!?!って
心配になっちゃいました。
広島ではお友達にもお会いになったようで、充実した撮影旅行
だったようですね。
それでは~

>> 2008/10/29 17:45
よ~かんさん、こんにちは!!

広島の滝だったのですね。
↑に同じ広島のakiさんが来ている!!

でも私は行ったことがないです。
緑の綺麗な滝ですね~

フフフ 写真やっぱり見入ってしまいました。
はち子さんは知っているので、よ~かんさんを!!

>> 2008/10/29 17:24
よ~かんさん、こんにちは!
やっと常清滝だぁ。。
待ってましたよ^^知ってる滝だと嬉しいです。
それも広島・・・。

けっこう近くで撮っていらっっしゃるんですね。
平日の昼間は人も少なかったと思います。
私は日曜日しかいかないので・・・。
風もここではひんやりと感じたんではありませんか?

トップと6枚目が好きです。
今度はちゃんと三脚つかって撮ってみようっと。

布野へも行かれたんですね~。ここの北海道ソフトがめっちゃおいしいんですよ。
今度はお好み焼きも食べてくださいね。
ご案内します。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/323-49226780

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。