09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/10/28//Tue * 23:51
●○小池

小池01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

霧島屋久国立公園内にある、溶岩による堰止湖。
森の中にひっそりとあり、ちょっと別の世界に迷い込んだような感覚
になる場所です。雰囲気が素晴らしい。

※最後のおまけ写真は爬虫類なので、ご注意を・・・

小池02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

九州で遊べる最終日。この日は弟がある程度時間を取れたので、兼ね
てから行こうと言っていた小池に、ブラックバスを釣りに行くことに
しました。と言っても私は今回道具を持ってきてなかったので、写真
を撮るのが目的。もし弟が釣れたら道具を借りて挑戦しようかと(笑)

ここに来るには、車を停めたところから30~40分の歩きが必要です。
そうして辿り着いたこの池は本当に素晴らしい場所でした。

小池03
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

この池はブラックバスの魚影は濃いもののサイズは小さいものばかり。
でも半分以上は人が岸に近づけない急峻な地形のため、そっちの方に
大物が潜んでいるという噂もあるとか。

小池04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

水がとてもきれいです。風がなく水面が穏やかになると、周りの森の
緑色を映し込んで一層神秘的な雰囲気となります。

小池05
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

非常に気になる木がありまして、何枚も撮ってしまいました。

小池06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

これもまた非常に美味しい木です。

小池07
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

謎の植物発見。

小池08
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

なんだろう? 結構小さいんですが、湿地っぽくなっているところに
やたら群生していました。よく分からないけどお気に入り。

小池09
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

いきものおまけの壱。
オニヤンマ? あまり角度がよくない上にトリミング。

小池10
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

いきものおまけの弐。
ブラックバス。小さめ。ルアーを引くと追いかけては来るんですけど、
小さいので喰いつくまでは行かなくて歯痒い。

小池11
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

いきものおまけの参。
何ヘビだか分からないけどヘビ。
薄暗いところにユラユラと揺れていたので、なかなかぶれずに撮る事
が出来なくて何枚も撮ってしまいました。

そして、結局バスは一尾も釣れませんでした(笑)
この池へはまず車を停めて林道を歩くと、途中で分岐がありその分岐
を鋭角に左に入ることになります。つまり戻るようになるためになん
だか損した気分です。なので帰りはその部分をショートカットしてみ
ようと道がないところを突っ切りました。これが悪かったのかどうな
のか、車まで辿り着いて靴を脱いでサンダルに履き替えようとした時
に嗚呼なんだか見たことがある物体が靴下に取り付いてユラユラして
います・・・ そうヤマビルです。奇声を上げ両足を見てみると靴下
と靴に計八匹位くっついていました。うひ~! そして弟はというと
ヤマビルに初遭遇だったらしく、それはもう大騒ぎ(笑)
まるで初めて遭遇した時の私を見ているようでした(笑)
とにかく落ち着かせ、一つ一つ丁寧に取って二人で身体中を総点検。
幸い一箇所もやられていなかったけど、二人合わせて十数匹くっつけ
ていたのでした。う~おぞましい・・・ まさかヤツにこんなところ
で出遭うとは全く予想外で大ダメージでしたよ。魚釣らないでこんな
の釣ってどうするんだ?
行きには全くやられなかったので、きっと帰りに道じゃないところを
ショートカットしたのが間違いだったのかなあ・・・
で、この後回転寿司に行く予定だったんですが、あんなの見た後では
ナマモノをとても喰らう気になれず、ラーメンになりました(笑)


さて、これで九州の記事は全部です。後は家へ帰る途中で一箇所寄っ
た場所の記事を次回にUPして今回の九州編が全て終りとなります。

               撮影地:宮崎県都城市 2008/09/01


>> 2008/11/01 02:26
>☆MIYA☆さん
ヒルです(笑) まあこの時はやられなかったから大丈夫ですよ。でも精神的にはすごく参るんですけどね・・・(笑)
前にやられた時はなかなか血が止まらず、服とか汚れるしすごい迷惑でしたよ。
ありがとうございます♪ ここ、すごいいいところでした。ほんと俗世間からはちょっと違う世界というか・・・
魚は全く釣れなかったけど、ここで過ごせただけでも大満足でしたよ♪

>> 2008/10/31 22:50
ぎゃぁぁぁぁぁ ヒルですかぁぁぁぁぁ〓■●〓 バタッ
だっだっ大丈夫なのですかぁぁ?
ヒルの先から読めず。。。どうなったのかわかりましぇん 血が止まらないっ聞くけどぉ。。。。(×ω×;)

モトイ。。。
さらさらぁっと遡って見ようと思ったら
この1枚目に惹きつけられちゃいましたぁ(〃ω〃)
ステキなところですねぇ
緑の色も違うように思えちゃうしぃ 水の色もすっごくキレイ~
この木たちも最高ですねぇ♪
草?先っちょが光る なんていうんだろう。。。名前も浮かばないけどぉ
その名前が浮かばないモノみたいですぅ。。。わからないですよねぇ(;¬▽¬)ハハハ


>> 2008/10/29 13:10
>びーぐるさん
素晴らしい場所でしたよ~♪
苦労に関しては多分びーぐるさんが真鶴半島とかを探索された時とかに比べたら全くたいしたことないと思いますよ。殆ど林道を歩くだけですし。ただしこの時期にはヒルがいましたが・・・

>蒼ノ心さん
なんというか、釣りキチ三平に出てくるような山の中の湖みたいでしたよ。バスは誰かが放流してしまうので、どんなところにもいるんでしょうね~ この湖のバスはかなり歴史が古いようです。
それにしても意外! 蒼ノ心さんバス釣りやっていたんですね~ 私は今は釣り自体殆どやってません。この日も弟が釣れたら道具を借りようかと思っていたけど、結局一度もロッドに触れず(笑)
ぜひ、チビタ君に釣りを教えてご一緒に♪ 釣りができるということは、まだそれなりの自然があるってことなんですよね~

>> 2008/10/29 09:51
綺麗な場所ですねぇ!
写真撮りつつ、釣りもしてたんですねぇ!(・w・)
あまり人が踏み込まないように見える場所でも
バスがいるんですねぇ~(笑)
どこにでもいますね、バスw
チビが生まれてからバス釣りもさっぱり行ってない。
一緒に行けるようになったらまた行きたいわ^^

>> 2008/10/29 09:00
ほんとに別世界のよな雰囲気の池ですねぇ!
生き物も多彩で、苦労してたどり着かないと
味わえない貴重な場所ですね!

>> 2008/10/29 00:37
>yasuさん
池の色は元の水がとてもきれいなので、きれいでしたよ♪
私も昔釣りをやっていました。今は全くといっていい程やっていません。でも九州に行った時は釣り好きな人に連れて行ってもらったりしますよ。ちなみに私もバスは二回だけかけたことはあったんですがバレてしまい、結局一度も釣り上げてません(笑)
九州編は確かに終わりますが、東北の前にも幾らか記事もあるので、茶釜まではまだまだです・・・ あまりの記事の多さに私自身ウンザリしてます(笑)

>> 2008/10/29 00:14
池の色も綺麗な感じに思えますね♪よ~かんさんは普段釣りもやるんですか?僕も昔バス釣りをちょっとやったんですが、一匹も釣れずに終わりました(笑)

ついに九州編も最終章ですね!もうすぐ茶釜が見れるのも近いです(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/322-9bb82499

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。