07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/10/15//Wed * 23:57
●○行縢山

行縢山01
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

むかばきやま。標高831m。雄岳、雌岳の二つの岩峰からなる。
この山の形がむかばき(毛皮製の乗馬用下半身コート)に似ているから
と、この地に来た英雄が名付けたとかそうでないとか。

前回UPした行縢の滝はこの山を登る途中にあるので、なんだかこの滝
にまで来たんだから、行きがけの駄賃でついでに登っちゃう?
とか思い、登ってみました。標高が低いので気楽に考えていたのだけ
ど、意外にきつくて最後はかなりへたれていました(笑)

行縢山02
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

左が雄岳、右が雌岳。この二つが合わさって低くなっているところか
ら行縢の滝が落ちています。分かりますか? なんかですね、この山
メチャメチャカッコいいです。あと、写真でも分かるとおり、非常に
どんよりしています。山に近付いた時は雨が上がったのが唯一の救い。

行縢山03
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

むかばき青少年自然の家というところに車を停めて出発。
駐車場からすぐのところに行縢神社があり、そこが登山道の入口にな
っています。左が神社、右が行縢山への登山道です。本当はここから
登らないで車道をもっと先に車で進んで行くと、更に別の駐車場が。
ここからなら20分くらいショートカットできるようです。事前に調べ
てはいたんですが、やっぱり由緒正しい入口からだろ?とか訳の分か
らない理由で、遠い方からのチャレンジ。でもやはりショートカット
しとけばよかったと後で後悔(笑)
でも青少年自然の家の駐車場に停めて面白いこともありました。この
ことについては後で触れます。

行縢山04
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

で、いきなり山頂です(笑)
元々標高がそんなに高くない上に、滝まで来て若干標高を稼いでいる
ので後は大したことないだろうと思ったら大間違いでした。うっそう
とした薄暗い道を延々と歩き、しかも登山道には自然石が撒いてある。
それが歩き難いの何の。踏むととズルッと動いて人を転ばせようとす
るトラップ(浮石といふ)まで(笑) 登りでも相当嫌だったので下りは
推して知るべし。ボロボロでした。

途中で行縢の滝の上流を徒渉します。そこからは雰囲気が変わり撒き
石からは開放されるものの、もう山頂か?と何度も騙され・・・
あと山頂まで100mのところで、上からおばさま二人組が降りてきまし
た。「どこから来たの?」と聞かれたので「神奈川からです」と答え
たら相当驚いてました(笑) 「なんでそんなところからわざわざこの
山なんかに?」と不思議そうでした。まあそりゃあそうだろうな。
結局滝からは一時間と少しかかって山頂へ。ちなみに登ったのは雄岳。

行縢山05
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

ちょっと別の角度から山頂の標識を。
この山、下から見ると岩だらけのゴツゴツなので、一体どんな修羅場
が私を待っているのか? と思いきや、登山道を普通に歩けば着いて
しまいます。山頂までは基本的に森の中って感じで眺望はあまりない
けど、山頂だけ禿げています。岩むき出しのゴツゴツ。面白い山だ。

行縢山06
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

そしてこの山頂。素晴らしく眺望がいいです。しかも山頂の標識が斜
めになった岩の上にあり、しかもすぐ向こうは絶壁。ストーんと落ち
ています。なのでこのザックも標識に摑まりながら慎重に立てかけま
した。下手をすればダイブです・・・

行縢山07
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

山間にある集落みたいのから果ては海まで見えてしまいます。
す、すごい・・・

行縢山08
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

恐る恐る下を覗くとすごい高度感。

行縢山09
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

なんだかカッコいい木。

行縢山10
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

なんとなくお気に入り。

行縢山11
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

二枚目の写真のところで触れていた青少年の家のことを話します。
なんと! 山頂からこの場所が見えてしまうのです。
六枚目の写真の下方右側にある建物。これを望遠で撮ってみました。
するとなんと! 私のP-Mini号がケツ半分だけ見えているじゃありま
せんか(笑) 左下の数台写っている車は全部で六台あり、みんな白っ
ぽい色の車ばかりですが、一台だけ黒っぽいのがP-Mini号です。木に
半分隠れていて見難いですが・・・ 停める位置を気をつければ全部
見えたのになあ。とは言ってもまさか山頂からここが見えると思って
なかったから仕方ないのですけどね。というよりも、六枚目の写真を
みてもらえれば分かると思いますが、遥か下です。つまり又ここまで
歩いて戻らないと・・・ そう考えてしまってげんなりしました(笑)

行縢山13
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

手前のとんがった山が雌岳です。雄岳山頂から見た図。

行縢山12
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

帰りは、行縢の滝を遠望できる滝見橋のところで雨が落ちてきました
が、とりあえずその後は晴れ間が見えました。なんかへろへろになっ
て戻ってきました。情けない(笑)
帰りにまた行縢山を振り返ると、立った今登っていた雄岳山頂に思い
っ切り雲が。この時山頂にいたらどういう状態だったんだろうな。
この山、遠くから見てもカッコいいし、登っても眺望も素晴らしいし、
滝も素晴らしい。すごく好きになりました。また登ってみたい。今度
は雌岳にも登ってみたいし、雄岳にも難関ルートがあるらしくて興味
があります。

九州編もやっと8/29分まで終わりました・・・
あとは8/30、9/1、9/2、の三日を残すのみ。まあ8/30だけでも記事が
三回分もあるのですけどね・・・ もう10月も半ばだってのに・・・

               撮影地:宮崎県延岡市 2008/08/29


>> 2008/10/25 00:16
>☆MIYA☆さん
こんばんは~♪
もう二ヶ月も前の話だけどありがとうございます(笑)
ここはとにかく手軽に高度感の恐怖を味わえるところですよ。私は高所恐怖症ではないと思いますが、それでもゾクゾクしましたよ。
この山は本当に登ってよかったって思いました。また出来たら別ルートで登ってみたいです。

>> 2008/10/24 23:24
こんばんはぁ♪
山登り お疲れさまで~すぅ(-^艸^-)ムフフッ
。。。1枚目で『やめてぇ 危ない落ちるぅぅ』と叫びそうになりましたよぉぉ
でも 崖っぷち?に立たなければ すぅぅっと思いっきり
空気を吸い込みたくなりそうですぅ♪

よ~かんさん 恐る恐る覗かないでぇぇぇ 想像するだけでコワイですぅぅぅ
。。。。って想像しちゃうのですよぉぉ(・ω・;A)フキフキ

木カッコイイですねぇ それに この風景を見てると
嫌なことがあったとしても すっ飛んでしまいますねぇ(*´I`*)ポョ

>> 2008/10/16 16:16
>ロココたえさん
こんにちは~♪
もうちょっと途中の道中の写真を撮ればよかったんですけどね(コンパクトでは撮ってますが)、ザックからカメラ出すのが面倒で(笑)
一緒に登ったようになってくれて嬉しいです♪ しばらくは自分の車を停めていた場所のことに気がつかなかったんですけど、あれってもしかして・・って途中で気がつきました。とにかくあそこまでまた降りて行かなければならないってことにうんざりしたなあ(笑)

>akiさん
こんにちは~♪
山登りの時間としてはたいしたことないんですが、かなりきつかったです。登山は下山の方が難しいですからね~ 勢いにまかせてしまうと足を痛めやすいです。
山へは必ずいつも撮影に使うフルセットを持って行きます。三脚は使用しなくてもトレーニングの意味もあって持って行きますね。山頂は本当に遮るものがなくて、落ちようと思えばそのまますぐ落ちることが出来てしまいます。高所が特に怖いと思わない私も怖かったです。
木の写真、ありがとうございます♪ なかなか目立ってました。

>きらりさん
一枚目、ありがとうございます♪ 私もカッコいいと思っています(笑) 本当はザックを左側に置きたかったんですが、乗っている岩が傾いているため、下手をしたらザックを下に落としてしまいそうで仕方なく右側から寄りかからせました。
行縢神社は、鳥居の向こうには行かなかったけど、ちゃんと手を合わせてから登り始めましたよ。なんかご利益があったのかなあ・・・
山を一緒に登ったような気分になってもらえて嬉しいです♪

>> 2008/10/16 13:35
1番上の写真、すっごくかっこいー!
由緒正しい所から登ったんだから何かいい事があるでしょー(笑

うんうん、山登りいっしょにした気分になりました。
小学校の時駒ケ岳に登ったきりした事ないです。
あとはスキーの時リフトで蔵王・・・
今後もしないと思うので、気分ここでを味あわせていただきます^^

>> 2008/10/16 07:26
よ~かんさん、おはようございます。

なんか道のりながかったですね~。
低い山とかいっても、私は登れません><
上りはいいんですけど、下りで足腰をいためてしまうのです。。
いつも思いますが、三脚もちゃんと持って登山は感心します。。

頂上、怖いですね~ぞーっとします。
木の写真がすきです。
私もこういう木を見つけると撮ったりします。。

>> 2008/10/16 05:17
よ~かんさん、おはよう!!

一緒に山に登ったような気になりました。
ゼーハ~、ゼーハ~!!

素晴らしい眺めですね~
でも自分の車が見えていたのは可笑しかったですね。
読みながら笑っちゃいました。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/317-5188d9b7

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。