04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/10/06//Mon * 11:17
●○震動の滝

震動の滝01
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

しんどうのたき。雄滝(落差83m)、雌滝(落差93m)の二つの滝の総称で、
日本の滝100選の一つ。
トップは雄滝です。水量が多い時には周囲を震動させるかと思わせる
程だったのでその名がついたとか。

震動の滝02
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

前回の大吊橋。なんでわざわざこんな観光の橋に500円を払ってまで
渡ったのかといえば、この滝があったからです。実はちょっと酷い事
に雄滝のこの景色を見るのに吊橋を渡る必要はなく、手前を降りて行
ったところにある展望台(とは言ってもただの道の行き止まりだけど)
から見ることが出来るのにも拘らず、吊橋のゲートよりも向こうにあ
るので料金を払わないと行けません。

震動の滝03
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

吊橋が混雑しているのに、この場所へはあまり人が来ませんでした。
まあ、すごく狭いのであまり来られても大変なんですが・・・

震動の滝04
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

二番目の写真を見ると分かると思いますが、ちょうど落口のところに
木がかかっていて見難くて歯痒いです。ただ、この場所からじゃない
と滝壺が見えません。

この滝は事前に全く情報を調べていなくて、吊橋の料金を払わないと
見られないことも知らなかったくらいです。で、この展望台はから先
は立ち入り禁止の扉があって先へ進めないようになっているんですが、
どうやらこの先は滝壺まで行けるようになっているようですね。ただ、
災害か何かで行くのが大変らしいですが。知ってたら行けるだけ行っ
てみたかったなあ。

震動の滝05
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

ここからは吊橋から。
雄滝は滝壺が見えないですが、落口はスッキリしています。

震動の滝06
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

なんだかすごいところから落ちている感じ。さすがに吊橋からの眺望
はいいかも。

震動の滝07
Canon EOS Kiss DN + EF17-40mm F4.0L USM

手前が雌滝、奥が雄滝。これも全く情報を調べていなかったおかげで、
雌滝があることさえ知らず、更に二つで100選ということなどその場
では知らなかったのです。雌滝撮っておいてよかった(笑)
雄滝の方が水量は多いけど、落差は雌滝の方があります。この光景は
さすがに吊橋のおかげです。吊橋がなかった頃は雌滝の全景を見る事
ができなかったようなので。どうもこう晒されている感があって余り
手放しで喜べない気がするのですが、私のようなへっぽこな滝好きに
とってはちょうどいいのかも・・・

震動の滝08
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

ここからは雌滝を。
落差があるのにとても優しい落水。周りの緑がよく映えてきれい。

震動の滝09
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

滝壺はないみたいです。

震動の滝10
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

下から見上げてみたいですね。

震動の滝11
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

おまけ。
展望台からの雄滝をモノクロで。
手前にあった木がちょっと面白かったので利用してみました。なんか
覗いているみたい・・・

大分名物のとり天定食がとても気になったので、ここでちょっと遅め
の昼食を摂りました。
雨は霧雨だったのがちょっと強くなってきて、全く止む気配はありま
せん。そしてこの日最後の滝に向かいます。

            撮影地:大分県玖珠郡九重町 2008/08/27


>> 2008/10/16 15:45
>真琴さん
こんにちは~♪
観光地化されすぎていて残念ですが、滝自体は素晴らしかったですよ~♪
この滝は吊橋からと展望所からと撮れます。ちなみに吊橋からだと高さが176m。メチャメチャ高いですよ~
三枚目、ありがとう~♪ こういう緑がきれいな季節はいいですよね~

>> 2008/10/15 20:53
こんばんはまたすばらしい滝を見つけたみたいですねぇ・・。
マイナスイオンが写真からも感じられます。
つり橋から撮ったんだぁ・・。
けっこうな高さだったんじゃないの?
下は見れないなぁ・・。でもすごところから落ちてる
滝の全貌が見れちゃうのは魅力だね。
個人的には3枚目が好きだよ

>> 2008/10/10 13:01
>Taneさん
こんにちは~♪
ありがとうございます♪ この滝は特に雄滝は見る角度が限られてしまうので、その分悩まなくてもいいのかもしれません。いつまで経っても全然腕が上達しなくて撮る度に凹んでいるんですが、そう言ってもらえると救われますね~
そうですね、もう標高が高いところは色付いていると思いますよ。今年はどれくらい紅葉を見に行けるのかなあ・・・

>> 2008/10/09 12:19
よ~かんさん、こんにちわ~^^
アップで切り取った写真も素敵ですが、
引いて撮ったものがいいですね☆
滝を沢山とられているので、その滝の良い姿を
撮ることができるんでしょうね♪

そろそろ山間部は色づき始めてきましたかね?
紅葉と滝、いい被写体ですから楽しみですね!
それでは~

>> 2008/10/08 07:04
>yasuさん
PLフィルターは17-40㎜の方には殆どつけていますね。滝を撮る時には必須だと思っています。PLは物の表面の反射を抑えるので、いろんなことに応用できますよ。それとND程じゃないけど、暗いので若干SSを落とすことも出来ます。使用例では木々の緑を鮮やかにすることはもちろん、かなり使えるのは、滝で濡れて安っぽくテカテカしている岩肌のテカテカを抑えることができます。やり過ぎると不自然ですが。
NDとPLの同時装着は可能です。可能な上に、NDの効果をもう少し強められますよ。その代わりファインダーで覗いても見難い上に露出もオートではうまく動作せずマニュアルでやることが多くなりますが。それと超広角レンズにフィルターをダブルで装着すると周囲がケラれることがあるのでご注意を。
雌滝の展望所ってあのマムシの看板の先ですか? 聞いたところによると、そこからだと雌滝の全景は見えないみたいですね。

>> 2008/10/06 22:58
おぉ~よく撮れてますね♪よ~かさんはいつもPLフィルターを装着しているのでしょうか?またPLとNDを同時装着ってできるのでしょうか?
僕はまだNDしか持っていなくてもっと周りの木々の色とかよ~かんさんみたいに濃くしたくてやっぱりそろそろPLも買わないとですね!

僕も震動の滝壺まで行ってみたかったです~(>_<)なんでも雄滝の展望所のちょっと手前の立入禁止からでは雌滝の展望所もあるみたいですね~!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/314-d4533615

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。