08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/09/13//Sat * 21:18
●○苗名滝

苗名滝01
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

なえなたき。落差55m。日本の滝100選の一つ。
よく写真とかで豪快な水を落としている姿を見ます。でも今日のこの
滝はとても大人しかったです・・・ 前回に引き続き遠望をTOPで。
この滝は惣滝と位置が近いので、セットでまわれるのが嬉しいです。

苗名滝02
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

駐車場から歩いて15分となっています。その看板のところにスキーの
ストックが大量においてあって、ちょっと嫗仙の滝を思い出してしま
いました。ここでも急斜面を歩かなきゃならないのか?と。でも実際
はそんな事は全然なくて、とても楽な遊歩道でした。惣滝の方が歩く
距離が短いのに嫌だったかも。
遊歩道を歩いて行くと吊橋に出ます。そこを左岸側に渡ると四阿があ
り、そこから滝を見ることが出来ます。トップとこの画像は四阿の所
から撮ったものです。

苗名滝03
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

場所を変えて。
上に書いた吊橋を渡らず、そのまま右岸を進んでみました。最初踏跡
のようになっていたのがすぐに道は消え、大きい岩がゴロゴロしてい
て迷路のようになっているところを進むようになります。何度か行き
詰って乗り越えていくのがちょっと楽しいかも。そしてその終点には
この滝の滝壺が。時間にしてほんの数分です。多分。青空の下、落ち
る苗名滝の姿が。朝の9時頃から滝に日が当たるようになりました。

苗名滝04
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

これはまだ滝自体に日が当たる前。滝壺には光が来ています。

苗名滝05
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

上部。

苗名滝06
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

下部。水量が少ないのがとても残念だったけど、その分近くまで行け
たからよしとしておこう・・・ この滝は高速シャッターがいいなあ。

苗名滝07
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

青空にとってもよく映えています。

苗名滝08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

こういう素直な直瀑は滝!って感じですよね。

苗名滝09
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

少し右の方から。滝の一部に光が当たるような微妙な時間帯だったの
でちょっと嫌らしいかなと思ったけど、そんなに心配するほどのこと
ではなかったかな・・・

苗名滝10
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

太陽が右斜め後方から出るため、今立っている位置からだと滝よりも
ずっと左側に虹が出ていました。思いっ切り左岸に渡れば一緒に写す
ことが出来たかも知れないけど、結構岩が滑って怖いので辞めました。

滑るといえば、この滝の滝壺になるべく近付いて写真を撮り、戻って
来る時、乾いた岩に足を乗せた瞬間に滑って転びました。
左腕の肘を打ったのと、その時左手に持っていたカメラを岩に打ちつ
けてしまいました・・・ 正確にはレンズの先を打ったので、衝撃で
レンズキャップが吹っ飛んで紛失。つけていたPLフィルターが真ん中
から割れ、レンズの縁にも打った後が・・・ つけているレンズは私
がその時持っている中では一番高いヤツ。PLフィルターだって安くは
ありません。この時は心の底から叫びましたね(泣)
不幸中の幸いといいますか、それほどの衝撃をレンズに与えたにも拘
らず、フィルターはちゃんと装着可能だし、今のところ問題なく撮影
も出来ています。PLフィルターとレンズキャップは買うしかなかった
ですが・・・
この時は特に気を抜いて歩いていた訳じゃないのに、転ぶ時は転んで
しまうものなんですよね。これじゃあ気をつけようがないじゃないか。
それでも多分何らかの落ち度があったんだろうな。気を更に引き締め
ろ!ということですね。

やっとこれで区切りをつけて九州編へ移行できます。といっても滝ば
っかりですけど(笑)
ただ、どうしても季節ものもあるので、それは間に挟んでUPするかも
しれません。

                撮影地:新潟県妙高市 2008/07/23


>> 2008/09/17 16:13
>akiさん
こんにちは~♪
左腕内側の肘に痣ができた程度で、しかももう二ヶ月近くも前なので、治っています。ご心配ありがとうございます。akiさんも転んだんですね。転ぶのって結構周りから見るとカッコ悪いんですよね。お互い気をつけましょう。
滝を高速で止めると爽快感(特に日が当たっていると)とか迫力が出ます。虹はですね、太陽との位置関係で滝にはよく出るんで、いつも気をつけています。今回も太陽の位置を見て、ここら辺に出るんじゃないかと辺りをつけていました。

>ばばさん
こんにちは~♪
怪我は痣ができた程度で、しかももう大分経っていますので治っています。ご心配ありがとうございます。
本当に不幸中の幸いでした。レンズが使用不能になる程のダメージになっていたら泣くに泣けません・・・
いつも気をつけてはいるんですが、なかなかうまく行きませんね~
直瀑っていいですね♪ もうちょっと水量があればなあって考えないでもないんですが。

>ayakoさん
濡れていないところは特に濡れているところよりも注意しないかもしれません。今回転んだ岩は全く濡れていなかったので油断があったのかも・・・
ご心配ありがとうございます。滝というのはやっぱり地形的に事故が起こりやすい場所といえます。
ayakoさんも結構転んでますよね。お互いに気をつけましょう・・・ ちょっとしたことで重大な事になりかねないのですから。
そうなんです、この岩カッコいいですよね。九州にある鹿目の滝雄滝にちょっと似ているかな。滝によく目をとられがちですが、こういう地形や岩を眺めると面白いんですよねえ。

>びーぐるさん
ご心配ありがとうございます。確かに観光地ならすぐに発見されるかもしれないけど、場所によっては怪我で動けなくなったらどうにもならないこともあります。しかもほんのちょっとしたことで事故って起こってしまうんですよね。更に今後も気を引き締めたいと思います。

>ロココたえさん
こんにちは~♪
ご心配ありがとうございます。今回は怪我なんかよりもカメラ、レンズの方が心配です(笑)
よく転んだ時にはカメラを庇ってってありますが、今回は庇う暇もなく超スピードで岩に打ちつけてしまい、どうにもなりませんでした。よくレンズが殆ど無傷だったのが信じられないくらいです。ロココさんもよかったですね。これからも難しいけどお互いに気をつけましょう・・・

>こまみちさん
こんにちは~♪
ご心配ありがとうございます。こういうところって特に滑りやすいので、注意していても転んでしまう事があるんですよね。でも更にこれからも注意をして行こうかと思います。虹は滝や滝付近にはかかりやすいので、気をつけています。今回は太陽の位置と自分の位置で滝にはかからなかったけど、なんとなく撮ってみました。

>ららさん
ご心配ありがとうございます。最初PLフィルターが割れているのを見て、レンズやってしまった! って思ったけど、とりあえず無事なようでホッとしました。
でも77㎜のPLで、高いです・・・ よかったけどよくない(泣)
この滝はぜひ日が当たって高速シャッターで撮りたかったんです。自分では気に入っていますよ。

>> 2008/09/16 16:08
よ~かんさん、大丈夫でした?かなりダメージありそう・・・PLは高いですよね・・・

人間気をつけていても転ぶものです。転ぶことを前提に歩きましょう、

なかなかいい滝ですね
水量は上手く表現されていて

>> 2008/09/16 07:38
G(o`'o)d morning
ホント岩場は危険ですねぇ
充分に気をつけてください

こんな所に小さな虹が(◎。◎)!
つかめそうですね~( ´∀`)σ
転んだよ~かんさんには悪いけど 虹ってシアワセな気分になりますよねぇ(〃⌒ー⌒)/

>> 2008/09/15 17:20
よ~かんさん、こんにちは!!

凄い滝の水量とこんな所に虹がと見ていたら
なんと滑って転んだのですね。

ホント私も朝の日の出撮りの時につまずいてコロンだとき咄嗟にカメラを除けていたのですが
フードをかすめました。
もしフードをしていなかったらと思うとぞっとします。

ああ カメラより怪我の心配しなくちゃね。

>> 2008/09/15 15:11
岩場って危ないですよねぇ!
でもご自身が無事に加えカメラ本体、レンズが
問題ないようなので不幸中の幸いでしたね。
こういう人里離れた場所で動けなくなった場合を
考えると恐ろしいです・・
十分お気をつけを!!

>> 2008/09/14 10:40
濡れているところじゃなくても転ぶのに、濡れているところは更に転びますよね(苦笑)
私もまだ転んだ膝で立てひざできません。なのに、先日の金峰山で更に転倒(笑)やはりカメラを左手でかばい、左腕を打ったらしい。何日間か左肩の筋を違えていました。またしても左膝はヒット(笑)
でも、たいしたことはありませんでした。やっぱり滝に落ちないように気をつけてくださいね。そういう写真家さんって、結構いると聞きますよ。
この滝、岩がかっこいいですね。こういう岩って溶岩が冷えて固まる速度が速いときなんだって。ここは地球が出来るときに既に水が豊富だったのでしょうかね。

>> 2008/09/14 08:38
こんにちは。
お怪我の具合はいかがでしょうか?
カメラやレンズはどうにか無事なようでしたけど。
PLは安くないですから結構イタイですが、
レンズのことを考えたら不幸中の幸いと思うしかないですね。

真っ直ぐに落ちる滝は、いかにもって感じがします。
滝らしい滝ですね。

>> 2008/09/14 08:04
よ~かんさん、おはようございます。

転んでケガはなかったですか?
私は一度カメラ持ったまま転んで、カメラ、レンズには何もなかったけど擦り傷だらけで。。
遊歩道入った途端だったんで、ほとんど撮らずじまいでした。。こけ方も漫画的で友人は笑いをこらえてました。

滝は高速だとなんかしぶきがこっちまで伝わるようで気持ちいいですね~。
ラスト、かわいい虹が写ってる^^
よ~かんさんはいろんなとこに目がいかれるんですね。虹、よく見つけられましたね^^









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/302-163a1a8e

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。