09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/09/03//Wed * 23:01
●○本白根山 ③

本白根山21
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

前回記事のトップの看板から左側の道を行くと、こんな風になってい
ます。私はてっきりこれが山頂へ行く道かと思っていました。

本白根山22
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

で、登ってみると、展望所? なんか山頂と違うな・・・
山頂だったら標高何メートルと普通書いてあるし・・・

本白根山23
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ここから今来た道の方を振り返ってみます。
向こうに見える斜面の途中に道が切ってあるのが分かりますか?

本白根山24
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

これは登って来た道。
なかなかいい景色です。

そして、前回記事のトップの写真にあるようにこの場所から先が通行
止めになっていたので、またそこまで引き返しました。
そこでまた悩みます。まだ行っていない右側の道へ行くか、引き返す
かどうか。それにしてもちょっと不思議。どこにも山頂を示す標識が
ないのです。これでは山頂を目指しようがないです。
で、悩んだ末、やっぱり帰ろうと思った時、「そっちのコマクサの方
が云々・・・」という声が聴こえてきてしまい、結局右側の道へ。
そしてコマクサを堪能した後、まだ先へ続いている道はどうなってい
るのか気になりました。そこで近くにいた方に尋ねたところ、なんと
山頂へ行く道だというではありませんか! しかも10分くらいで行け
るといふ。これはもう行かない訳には行かないじゃないか。

本白根山25
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

で、行ってみたところ。これ。
ん? 遊歩道最高地点? しかも確か標高は2171mじゃなかったっけ?
微妙に低いなあ。だいたいなんで山頂となっていないんだ?
と疑問符が嵐だったんですが、後で調べたところ、本白根山の山頂は
有毒ガス発生地点のため、立ち入りが禁止されているらしいです。
そこでこの行ける場所の最高地点にこのような標識を立てたと。なる
程なあ。まあとにかく、ちょっとここで休憩し、レンズ変えて景色で
も撮ろうかと思ってゴソゴソやり出した時、ここから私の本領発揮と
なるのでした。つまり雨だ。それもかなり強い。

本白根山26
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

遊歩道最高地点は、歩ける場所で一番遠い地点らしい。
つまりこの一番車から遠い地点で雨だ。素敵過ぎます。
しかも迂闊な事にポンチョを忘れて来てしまっていて、今ある装備は
少し小さめの500円折り畳み傘のみ。素敵過ぎます。
幾ら待ってもちっとも止まないので、仕方なく来た道を戻り始める。
すごく分かり難いが雨が降っている様子。

本白根山27
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

これもすごく分かり難いが土砂降りの様子。前の写真よりは遥かに分
かり安いかも。
これまでも道が結構歩きにくかったので、運動靴で来たのを失敗した
かなあって思っていたのですが、この雨で道がグチャグチャになって
しまったところを歩く羽目になってしまい、軽登山靴だったらすごく
楽に歩けたのに・・・とないもの願望・・・

本白根山28
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

本白根山は火山なので当然噴火口がありますが、現在は大きな窪地の
ような状態になっています。この周りに遊歩道が切ってあり、噴火口
跡を見ながら歩けるようになっています。

本白根山29
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

噴火口跡の大体真ん中辺り。

本白根山30
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ずっと奥まで火口の縁より少し下に切ってある道が縁へ向かって延び
ています。これをずっと行き、縁から左へ回り込んで進むと我が愛す
べきリフトへ到達するのです。

強い雨が降ったおかげで、さっきまで沢山いた人たちが誰もいなくな
って静かな風景になっていました。これって滅多にないチャンス(笑)
誰もいない風景を独り占め出来ました。雨男ってのもたまには便利な
こともあるのですな(笑)

火山らしい大自然の脅威を感じられて、とてもよかったです。
不思議なのは先にも書きましたが、山頂に関しての情報が全然なかっ
たこと。もし本当の山頂が有毒ガスで行けないのなら、そのように知
らせるべきだと思うのですが・・・ これではまるで最初からそのよ
うな場所がなかったように思わせようとしているかのようです。
もちろん、そのようにしなければならない事情があるかもしれないの
ですが、一弱観光人としてはなんか釈然としないんですよねえ。

             撮影地:群馬県吾妻郡草津町 2008/07/23


>> 2008/09/06 01:59
☆すっかり忘れていました。私が九州から帰って来ていることを報告していない気がします・・・ という訳で9/3の朝には現実に戻っています。アア。


>きらりさん
こんばんは~♪
ええっとですね、ハッキリ言って全くすごくないです(笑)
本白根山シリーズで書いてますが、この山へは車で殆ど標高を稼げてしまい、その上更にシャトルバスで上へ、そこからリフトを使ってしまえばあとはゆるい散策が待っているだけ(笑) なのでやっぱりゆるいおいちゃんなのでした(笑) っていうか(哀終)

>びーぐるさん
そうなんです、湯釜があるのが白根山、駐車場から道路を挟んで反対側(弓池がある方)が本白根山です。今回は湯釜には行かなかったのですが、本白根山もとてもいいですよ。噴火口跡の辺りの景色はお気に入りです♪

>A子さんですか?
山道は険しくないです・・・
こんなヘタレな私でも安心です(笑)
最近私は超雨男になっていると申し上げておきましょう(哀終)
超雨男と大雨女が一つの場所に行くと一体どうなるのか? すごく気になるところです。

>> 2008/09/05 22:39
山道けわしいですねぇー((+_+))
それとも写真だと・・ですか?

雨男だったんだ(笑)
私は大雨女だけど。。

>> 2008/09/05 14:05
あれれ!白根山って簡単に登れて湯釜が綺麗だった記憶が
あるけど、これは随分イメージが違うなあと思ったら
本白根山なんですね!全然知りませんでした!(^^♪

>> 2008/09/05 01:13
よ~かんさん、こんばんわ!
山登りってした事ないけど、
予想はしてたけど。。。
よ~かんさんって、こんなにすごい山に登ってるんですね。
しかも、雨だったり、山頂を探したり。
全然ゆるいおいちゃん、じゃあない!
気合の入ったよ~かんさんだ~(笑









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/298-8cffd5a1

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。