06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/07/20//Sun * 00:31
●○滑川大滝

滑川大滝01
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

なめがわおおたき。落差100m。日本の滝100選の一つ。
落差はいろいろと諸説があってどれが本当か分からないので、これ位
あったらいいなという私の希望も入ってます(笑)
まあそれはいいとして、この滝の前に立った時、圧倒的なスケールと
迫力に背筋がゾクゾクしました。その素晴らしさは、今まで見た滝の
中でもトップクラスでした。

この滝のアプローチがちょっと面白い。
そのことについて少々書いてみます。

山形の山奥、滑川温泉の宿「福島屋」から滝への遊歩道が始まります。
一瞬どこから入るのか分からない。いきなり宿が立ちはだかってます。
敷地を行くのが正解。ちょうど敷地の端まで来ると吊橋があり、そこ
を渡って進む。滝までは20分となっています。つまり出だしがすごく
ゆるいのです。なんか湯治客が散歩がてら下駄でもつっかけて滝まで
っていう勢いです。ところが吊橋を渡った瞬間、その幻想は打ち砕か
れます。登山道じゃんこれ(笑) きちんと道は整備されているものの、
いきなり岩ゴツゴツの登り。下駄とかとんでもありません。であとは
展望台まで20分間ひたすらずっと登り(笑)

滑川大滝02
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

展望台到着。とはいってもただ単に少し広くなっているだけの場所で
す。そしてここからこの滝を見ると↑です。左下が滑川大滝。木の葉
が繁っているとほんの一部しか見えません。右上の織り布みたいなの
は布引の滝というそうです。
そして普通の人たちはここで引き返して帰ります。でもそれは本当に
本当にもったいない事なのです。

この展望台の左前方に、下へ降りて行く踏跡があります。看板が立っ
ていて、滝直下へ行けると書いてあります。降りてみます。

滑川大滝03
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

少し降りると展望台よりももう少し滝がよく見える場所に出ます。
でもこの枯れ枝が非常に邪魔・・・

そしてここから更に降ります。温泉宿から展望台まで整備された登山
道と違って、踏跡に毛が生えた程度の急なジグザグ道をひたすら降り
て行きます。木や草が繁っているし根っこもところどころ地面を這っ
ていてすごく歩き難い。

滑川大滝04
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

ところどころで大滝を見ることが出来ます。下に行けば行くほど段々
見やすくなって行きます。

滑川大滝05
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

布引の滝だけを。落差50mだそうで。

写真を撮りながら降りて行きカッキリ30分。川に突き当たります。
ここで必ず頭に浮かぶのは「ああ、帰りこれ上るのか・・・」(笑)
橋が無いので直接水に入っての渡渉が必要。深いところで膝くらいは
あります。この滝に行くのには軽登山靴が一番いい気がするのですが、
この渡渉だけがどうしてもネックになるんですよね・・・

そして、向こう岸に渡り、上流へ向かって進むのですが、ここからは
もう完璧に道がありません。踏跡も不明瞭。適当に藪を抜けたりしな
がら進みます。そして10分くらい進むと・・・

滑川大滝06
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

こんな感じでついに大滝が見えてきました!
この辺りからゾクゾクしっぱなし。でもこれだと滝の姿は上から見た
時の印象とそんなに変わらないんですが・・・

滑川大滝07
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

近づいていくと・・・

滑川大滝08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

滝がどんどん太っていく(笑)

滑川大滝09
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

ど~ん!! なんじゃこりゃあ。

滑川大滝10
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

正面から見るとこんなとんでもない滝だったのです。
なるほど、横から見ていたから細い優しい印象だったんですねえ。
この変身ぶりにはビックリです。
滝の落ち口の幅は2mくらいなんですが、滝下の幅はなんと50mくらい
になるとか。典型的な分岐瀑(分岐して広がって水が落ちる)です。

滑川大滝11
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

滝前に着いた時、しばらくボーっと見ることだけしか出来ませんでし
た。こんなに滝に圧倒された事は初めてです。落水は穏やかなんです
が、近付くと瀑風と水飛沫がとんでもない。天然のミストシャワーを
思う存分浴びてしばらくすごしました。こんな大瀑布なのに、その気
になれば滝直下まで行って岩盤に直接触れる事も可能でしょう。

滑川大滝12
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

何か観光地化してんじゃねえ?と思わせるスタートからこんな素晴ら
しい展開になるとは驚きました。
この滝の素晴らしいのは、展望台から見たものと直下から見た印象が
全く違うこと。これ、本当に予測できないです。そして滝の本当の姿
の圧倒的なスケール。

そして何よりすごいなって思ったのは、滝直下付近に全く人の手が入
っていないこと。こんな大瀑布のすぐ近くまで行って見上げることが
できるなんて、そんなにないんじゃないかと。手摺とかの人工物など
一切なく自然のまんま。展望台まではちゃんと整備して、観光客でも
軽い気持ちで行けるけど、そこから先はある程度の思い切りがないと
行けないように、殆ど整備されていない。川に橋も架けずに、行きた
ければお好きに~、といわんばかり。これってワザとこういう風にし
ている気がします。ほんの少しの手間を惜しまなければ、素晴らしい
プレゼントがありますよって。こういうところを整備している方々は
どのような人たちかは分からないけれど、もしそういう意図があった
ら素晴らしいことですよね。願わくばずっとこのままの状態を維持し
て欲しいです。

何かとんでもない長文になってしまいました。
多分興奮気味だったんでしょう(笑)

               撮影地:山形県米沢市 2008/05/26


>> 2009/11/17 23:20
>しゃけさん
私も全く同感です。見た目あんなに大人しく落ちているのに、滝下まで行くとすごい瀑風水飛沫ってのもすごくよかったなあ。

>> 2009/11/15 17:15
本当にスゴい滝ですよね!時間が許す限り
いつまでも観ていたいと思いましたもん。

>> 2009/11/15 02:34
>しゃけさん
まさに。私はこの滝を見た時、自分はなんて小さいんだろうって身に沁みて感じました。すっごい滝ですよね~

>> 2009/11/14 18:10
滑川大滝もいいですよね。
個人的には安の滝と双璧だと思います。

>> 2008/08/01 23:08
>香南さん
初めまして、このこぢんまりとしたところにきていただき、ありがとうございます♪
一枚目、ありがとうございます。自分でもかなりのお気に入りなので、そういってもらえると嬉しいです♪
*ですか。たしかにそうですね~ 絞りを絞るとこのような光跡になります。今回この滝へはあらゆるタイミングがよかったみたいです。私としては滅多にないことです。このカメラ、結構レンズや本体に水を被っているんですが、意外と大丈夫です。でもいつかヤってしまう気がしますが(笑)
もしよかったらまた適当に見てやってください♪

>> 2008/07/30 23:20
こんばんは!ご訪問有難うございました☆

一枚目にやられました(笑)。抜ける様な青空。太陽が白いアスタリスクに見えます…!!!!!
名前の通り、岩肌を川が滑り降りて(落ちて?)いる、そんな印象を受けました。真下から見上げると、青空へ続く白い道のよう。。。

季節もお天気も最高ですね♪深い緑の色に心が和みます。

対照的な二つの滝が、一枚の写真に収まると、それぞれの個性が引き立ちますね!
レンズ、大丈夫でしたか・・・!?

>> 2008/07/24 22:57
☆ただいまです。群馬~新潟と行ってました。今回の旅はハプニングが多くて、極めつけは岩で滑って転び、私の持っている中でも一番高いレンズを岩に打ち付けてしまったことです。このため、レンズキャップは吹っ飛んで紛失。つけていたPLフィルターが割れました。PLフィルターはとても高いのでこれだけでも泣きですが・・・ レンズは一応普通に写っているように見えるけど、精密機器なので大事をとってSCに見てもらう予定です。こういうことが起きると、いつもこんな事が起こっても不思議ではないところで行動していることを、身を持って思い知らされます(泣) みなさんも十分お気をつけを・・・


>☆MIYA☆さん
癒しスポットと言ってくれてありがとうございます♪ 自然に滝が多いので、少しでも見てくれた人が涼しいと思ってくれると嬉しいです。
この滝は少しだけ冒険気分(私のようなド素人でもちょっと頑張れば行けるレベルです)を楽しんだ上に高レベルの滝に出逢えるってのが素晴らしい演出だなって思いましたよ。
滝って不思議ですよね~ うんと小さくても、水の落下って不思議と人の心に入ってくる気がします。

>FSK-JPさん
こんばんは~♪
この滝は必ず下から見て欲しい滝です。こんな大瀑布、普通は自由に滝に近づけることなんてあまりないんじゃないかと思います。まあ私の数少ない乏しい経験からしか判断できないんですが。しかも展望台から見る時と、途中滝へ向かって降りていく時に見られるのは横からしか見えないので、まさかこんな横に広い滝だとは思えないんです。うまい見せ方だよなって思いました。滝自体下から近くで見ると神の領域って感じがしますよ。それととても青空が似合う滝でした♪

>そらさん
こんばんは、帰ってきました。
すごい写真は撮ってないけど、いろんなハプニングに襲われて、結構面倒でしたよ~(笑)
一枚目、ありがとうございます♪ かなり意図して撮ったものなので、そう言ってもらえるととても嬉しいです。太陽に白い雲、青空、緑、そして滝とコラボするのってなかなかチャンスないんですよね。
二ヶ月前の写真だけど、今の季節にはピッタリ(笑)

>polepoleさん
ありがとうございます♪ この滝は特に展望台から先に行ってもらいたい滝なので、こんな風に書きました。ものすごい滝です。展望台まではしょっちゅう人が来ます。そしてそこから先は川までは降りてくる人がたくさんではないですがいます。しかし川を渡るのが必要なために極端にそこから先へは来ないみたいですね。
100選、ありがとうございます。なかなか進まないし、ガソリンが高くなってしまってますます大変になっていますが、なるべくがんばります・・・

>こまみちさん
暑中お見舞い申し上げます♪
少しでもこの写真たちで涼しくなってもらえるなら嬉しいです。まだまだ滝たちのストックがかなりあるので、またその時はお願いします♪

>びーぐるさん
いやいや、私だってただのド素人です。そのド素人が見て感じたままを言っているだけなのですが、それでも滝下の光景はすごいと思います。実際に見て欲しいなあ・・・

>ロココたえさん
こんばんは~♪
いやいや、全然すごい山登りじゃありません(笑) 道はちゃんと整備されています。でも岩が剥き出しになっていたり、とても下駄とかサンダルとかでは無理といっただけです。運動靴とかなら問題なく行けますよ。何せ歩いていれば着くのですから、軽いハイキングです♪
展望台から先はもうちょっと大変。草生え放題、木が繁り放題、根っこが張り出していてつまずくと急勾配なので危ない。でも別に普通に歩いて降りられます。ただ下まで来ると川があって水深も深いと膝まであるので、かなり怖いです。膝まで水があると水圧で思うように先に進めず流されそうになったりします。でもそれくらいなので、すごい根性は必要ありません(笑)
滝の近くに行くと超広角じゃないと全然入りきれないです。

>ばばさん
こんばんは~♪
はい、素晴らしい滝でした♪ 最近は10-22㎜の超広角は使ってなかったんですが、この時は大活躍しましたね。こんな写真、このレンズじゃなきゃ無理(笑)
この滝下まで行くのに合計で一時間ほどで行けるので、そんなに大変ではないと思いますよ。いつもばばさんも撮影でかなり歩いていらっしゃるようなので、全然問題ないと思います。もし機会があったら是非♪ オススメの滝ですよ。

>> 2008/07/24 18:29
こんにちは。
すっごくイイ滝ですね!
したから3枚目のお写真の迫力もまたスゴイです。
私は少し歩いてみられるような滝ばかりを見ていますので
ご苦労の末の滝のお写真を撮られるよ~かんサンには
頭が下がります。

>> 2008/07/24 18:06
よ~かんさん、こんにちは!

下駄履きでから始まって凄い山登りに山下りになったのですね~

滝の真下は迫力がありますね。
ここまで歩いていったよ~かんさんも凄い根性!!

あまりびっくりするとしばし呆然となりますね。
超広角、凄い!!

>> 2008/07/23 20:27
この猛暑の中だと滝の涼しげな写真が絶好ですね!
よ~かんさんのような専門家じゃないので、
よく分りませんが下から見た光景は素晴らしいですね!

>> 2008/07/23 17:25
ヽ│/   ⌒ヽ
-◎── (  )
/│\ (   )
  ⌒ヽノ    )_
 ( ー´     )
 ~~ ~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 暑中お見舞い
 申し上げます

暑い日は よ~かんさんの滝シリ~ズを見なきゃ!!

>> 2008/07/23 16:26
読んでいるうちにどんどん嵌ってしまいました~
よ~かん さんの興奮がもろ伝わってきて ごいっしょに滝を見に行っているような錯覚すら覚えましたよ~
すごいですね~
人がいないっていうのはいいですね。
って 私はこういうところへはとても行けないので お写真で拝見するだけですが・・・
百選 目指して 頑張ってくださいね。

>> 2008/07/22 22:18
こんばんは^^
と言っても今はどこかにお出かけ中だね^^
きっとまたすごい写真を撮りに行ってるのかな♪

それにしても一枚目の写真・・眩しい~!!
とっても素敵~!!
緑の山も青い空も真っ白い滝も最高です!
滝を見てるだけでマイナスイオンをたっぷり浴びた感じ^^
よ~かんさんが興奮するのわかります!


>> 2008/07/22 13:03
こんにちわ~^^
2枚目の全体像もいいですが、やっぱりよ~かんさんの
興奮気味の解説にあるとおり(笑) 近づいた時に見える
迫力は凄いですね!

物事多面的に見ないとダメということでしょうか・・・
ん~最後は微妙に意味不明なしめになっちゃいました(笑)

青空も綺麗ですし、とっても気持ちがいいですね☆
それでは~

>> 2008/07/22 08:40
わぁ♪ この暑さなので 涼を求めてぇぇ♪
やはり ここは癒しスポットですねぇ
ありがとうございますぅぅ
迫力満点ですぅぅ 水しぶきもすんご~と
見ていて 気持ちがイイですぅぅ┌|≧∇≦|┘
自然のままで そこまで行けば 最高のプレゼントですかぁ♪
こんな感動を味わえるならぁぁですねぇ
よ~かんさんの興奮度がわかりますぅぅ

公園の小ぃぃさい滝にも 興味津々になった私でございますぅぅぅぅ(-^艸^-)ムフフッ

>> 2008/07/21 23:23
☆今晩これから出かけてきます。帰ってくるのは23日遅くになると思いますので、よろしくお願いします・・・


>-さん
こんばんは~♪ お久しぶりです。ちょっと心配していました。
ブログに義務を持ってしまってそれでストレスを受けるのは、本来楽しいはずなのに本末転倒です。自分のやりたいようにするのがいいと思いますよ♪ コメントなんか、来てくれるだけでも本当に嬉しいです。ありがとう。
ほんとに最近、もう完全に夏だけど、身体には気をつけてくださいね・・・ 私は夏バテで痩せたいです(笑)

>ららさん
ありがとうございます♪ 写真だけでそう思ってもらえると嬉しいです。でも本当は実物はこれどころの騒ぎじゃないんですが・・・
この滝は滝に近付くと風向きが変わったとたんにびしょ濡れになってしまいますが、それがとても気持ちよかったです。
最後から三番目、ありがとうございます。いつも使っている17-40㎜だと滝の真正面では入りきらないんで、久々に超広角を使いました。

>きらりさん
お久しぶりです♪
いっぱい更新しているように見えますか? たくさん撮っている写真がまだまだハケていないだけなんです(笑)
もう既に一ヶ月、二ヶ月過ぎてしまってるけど、開き直ってます(笑)
そうですね、この滝、今の時期に行ったら最高かも~
本当に暑いですね・・・じっとしてても汗が止まらない・・・きらりさんも夏バテとか気をつけてくださいね。
私はこれから出かけてきます。この暑いのに暑い事をしに(笑)

>-さん
お久しぶりです♪
お休みですか~ 負担がかからないようにゆっくりしてくださいね。また再開時には声を掛けてください。こちらは相変わらず適当にやってますんで、遊びに来るのを大待ちしてます♪

>> 2008/07/21 21:55
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2008/07/21 07:20
見にきていないうちに、よ~かんさん、いっぱい更新してる~!
あたしも頑張んなきゃ!

すっごく豪快に水が流れていて、
暑い時にはいいな~こういう写真^^

それにしても、あつ~~~!

>> 2008/07/20 10:14
す、すごい!!
写真を見るだけでこんな感動するのは久々

疲れが一気に吹き飛ぶかんじですね~
こういううねるようにダイナミックな滝
カッコイイ、感動です

特に下から3枚目がすき♪

>> 2008/07/20 09:46
このコメントは管理人のみ閲覧できます









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/283-a90d4f4a

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。