03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/06/11//Wed * 22:51
●○称名滝

称名滝01
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

しょうみょうだき。落差350m。日本の滝100選の一つ。
北アルプスの立山連峰が源流で、そこから四段になって落ちています。
写真は向かって左側が称名滝。落差は日本一だとか。私が関東に住ん
でいるため関東の物体を持ち出してしまいますが、東京タワーより高
い訳です。滝を見られる場所は滝壺よりかなり離れた場所になるんで
すが、それでも大迫力。スケールの大きさに圧倒されます。

称名滝02
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

ところで、称名滝の右側に落ちている滝。どう見ても称名滝より落差
があるように見えますが、それもそのはず、500mあります。
この滝をハンノキ滝といい、雪融けや増水時にのみ現れる幻の滝です。
称名滝より落差はありますが、普段は無いため日本一の称号をもらえ
なかったそうです。今回ここに行くのに、ハンノキ滝が落ちている事
を確認してからにしました。見に行くならどうしても二つの滝が落ち
ている時に行きたかったのです。とんでもない落差の滝が同じ滝壺に
Vの字になって落ちている光景は、素晴らしかったです。

称名滝03
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

駐車場から20分強歩いて滝を見られる場所に行けます。
完全に観光地化していて遊歩道も完全舗装。景色は雄大なんですけど、
右横を流れる称名川も護岸されていたりかなり手が入っていてあまり
気持ちのいい景色とは言えないですね・・・
面白いのは、滝に向かって歩いていると真正面にずっとハンノキ滝が
見えていること。称名滝は殆ど直前まで行くまで見えません。これっ
て勘違いする人もいるかも知れないなあ。

称名滝04
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

大雪渓となってしまっていて、滝壺は全く見えませんでした。
ついでに言うと観瀑台への階段も封鎖されていて、途中までしか行け
ませんでした。

称名滝05
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

称名滝の上段アップ。
通行止めの、つまりこれ以上先には行けない場所から撮っていますが、
それでもまだ滝の一部が見えません。

称名滝06
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

下段アップ。
水量はあまり多いように見えなかったけど、こうして見るとやっぱり
多いのかな・・・

称名滝07
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

この場所に着いた時、天気がとてもよく青空と白い雲のコントラスト
が気持ちよかったです。

称名滝08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

写真だとすごく分かり難いと思いますが、このハンノキ滝の更に右側
に、やはり増水期にもう一つ滝が現れ、これはソーメン滝と呼ばれて
います。右端の方に蛇行して薄っすらと落ちているヤツが多分そうだ
と思いますが、もうちょっと水量が多ければもっと絵になったかも。

称名滝09
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

夕方になると虹が架かるらしいので、それを撮ろうと三時間近く粘っ
ていたら、天候が急変し空はグレー、山には霧が架かり始めました。

称名滝10
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

滝壺からも雲が生まれているように霧が立ち上り、さっきまで晴れて
いたのにあっという間にまるで別の景色になってしまいました。

称名滝11
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

三枚目の写真と較べると、面白いくらいに天候が変わっているのが分
かるかと思います。別の日みたい・・・ 結局虹は見ることが出来ま
せんでした。

この場所は、滝ももちろんそうですが、地形がすごいです。
侵食の爪跡が特にすごくて、まるで巨大な手が山をガリッと引っ掻い
たようなのがずっと続くのです。これを目の当たりにしたら、きっと
感動すると思います。まあ写真ではこのスケール感は残念ながら再現
できませんでしたが・・・

関連記事:長野岐阜富山をうろつく ⑤

           撮影地:富山県中新川郡立山町 2008/05/12


>> 2008/06/16 00:00
>きらりさん
こんばんは~♪
そうなんですよ~ 本当はぜひ現物を見てもらいたいくらいです。今回はこの滝を見に行くのに晴れてること、ハンノキ滝が落ちていること、虹が架かることを切望してましたが、その内二つが叶ったの嬉しかったなあ♪
あれ? きらりさんあんまり元気じゃなさそうですね。。 本当にこういった大自然に触れて少しでも元気を取り戻して欲しいです。

>ららさん
そうですね、実際にアップで見るとすごい水量ですが、ある程度離れるととても優しく水が落ちているように見えますよ~
ソーメン滝はその名の通り、ソーメンみたいに細いらしいので、あまりすごい水量にはならないかもです。
この侵食はどうなんでしょう? 氷河というよりも滝で侵食してみたいです。

>びーぐるさん
ちょっととんでもない高さですよね? ここはとても手軽に訪れることが出来る滝なので、ぜひ実物をオススメしたいです♪

>そらさん
すごい迫力でしたよ~
ちょっと普通にはないスケールでした。天気は本当にあっという間に変わってしまって、むしろ潔さを感じました(笑) 虹は滝と滝の間にかかるみたいですよ。見たかったなあ。
ここは完全に観光地です。よく遊歩道を整備なんて言い方をするけど、ここのは正真正銘、整備されてます。観光客もひっきりなしでした。

>tacacoさん
ありがとうございます♪
五月の半ばでまだこんなに雪が残っているくらいなので、夏も結構涼しいかも。見ているとちょっとクラクラして来たりします(笑)

>> 2008/06/15 15:10
写真でも迫力は伝わってきますよ(^^)
真夏に行くと涼しくて気持ち良さそうですね!
マイナスイオンいっぱいな感じがします(*^_^*)

>> 2008/06/15 10:33
すごい迫力ですね!
いつも見る優しい滝とは違ってこれぞ滝~!って感じ。
山の天気は変わりやすいから・・でも霧に包まれていく景色もまたいいものですね^^

3時間もいたのに虹が見れなかったなんて残念。
私も見たかったなぁ~

遊歩道がきれいすぎてビックリ!
歩きやすそうだけどやっぱり苦労して見るほうが感動も
違うよね。

>> 2008/06/15 07:45
500メートルとは凄いスケールですね!
よ~かんさんの興奮が伝わってくるようです。(^^♪

>> 2008/06/14 22:32
雄大な滝ですね~
あまり落差があると
かなりの水量でも遠くから見ると少なく見えてしまうのかもしれませんね

ソーメン滝なんて面白い名前、これも滝になるくらいの水量で見てみたいです
それにしても自然の力、この爪あとはまさか昔の氷河?そんなことないかな^^;


>> 2008/06/14 09:04
おはよ~ございます。
すっごい!
写真だけでも迫力伝わっているような気がしますが、
実際、もっとド迫力なんですね。
都会は都会でそれなり好きだけど、
今の気分は、こういう所でのんびり暮らしたい気分です。

>> 2008/06/14 01:51
>ちびこさん
そうなんですよ、私もこの光景を見た時は「これ本当に日本か?」って思いました。写真ではさすがにスケールダウンしてますが、少しでもその思いが伝われば嬉しいですね~♪
これ、コンクリートじゃなくて雪なんです。なんか確かにコンクリートっぽいですけど、雪渓になって川全体を覆っています。
一枚目、ありがとうございます♪ 青空、雪、滝のコントラストが一番私もお気に入りです。

>silkyさん
機会があったらぜひ見に行ってもらいたいです。この滝はライブカメラがあるんで、ハンノキ滝が落ちているかどうか確認してから行くことが可能ですよ♪
500m、すごいですよね。実際に見ると滝まで距離があるのにも拘らずすごいスケールです。最初は雪渓のせいで滝つぼが見えないななんて思ってたけど、これはこれで結構絵になりますね♪
この青空から霧が出て曇ってしまうまで一時間位しかかかっていないです。雨は降らなかったんですが、ちょっとショックでした。虹を三時間も待ちましたからね~

>ミューさん
ほんと、東京タワーより高いって聞くとすごい高いなって思いますよね。
滝壺辺りからどんどん霧が湧いてきて、まるでここから雲が出来ていくみたいでしたよ。
ここんとこ、滝を連発していますが、まとめて撮りに行っているんです。吹割の滝は単発ですが、その後のこの滝を含めて三つは同じ日に撮ってます。もう家の近くの100選は見てしまったんで遠くばっかりになってしまい、見に行く時は一泊とかでまとめて遠くに行く感じになっています(笑)
100選制覇はとてもとても。遠くばっかりですからね~

>> 2008/06/12 16:37
東京タワーより高い落差なんですね。
スゴイ滝~
霧がかかると幻想的になりますね。

よ~かんさん、暖かくなってから滝の撮影頻繁に行かれてますね。
下の滝も綺麗な滝ですね。
この調子じゃ、滝百選の制覇も遠くはないですね。

>> 2008/06/12 15:17
500メートルの落差ってスゴイなあ
しかも幻とは・・・・これはぜひ見てみたいです。
3枚目の引いた写真を見ると、その高さがよくわかりますね。
雪渓がまた迫力ある景色を作り出しているではありませんか。。
しかしほんと、この天気の違いはまるで別の日に撮ったように見えます。最初写真だけ見てあとから
キャプション見たので、最初はてっきり別の日の撮影なんだと思いましたよ(^^;

>> 2008/06/12 00:20
スケールが伝わってくる写真を見て「いやいや、これって本当に日本?!」
なんて思ってしまいました。
地面(コンクリート?)とのコントラストがとてもいいですね。
中でも1枚目の写真が気に入りました。(^^)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/271-d2980bde

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。