09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/05/28//Wed * 22:58
●○円山木沢 F2

円山木沢F201
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

前回載せた円山木沢を遡って行くと大きな滝にぶつかります。
落差は25mくらい。名前はないようです。
こういった無名の滝の場合は、沢登りの世界では沢の出合いから数え
てF+数字と番号で呼ばれるようです。FはFALLの頭文字。
で、この滝は出合いから二番目に落ちているのでF2と呼ばれてます。
F1はどれだか分かりませんでした。
そうそう、下の流れは滝ではありません。

これが前回の記事で言ってた目的地でした。やっぱり滝でした(笑)
まだ木々に葉っぱがついてない三月、以前に載せている造林小屋から
少し行ったところで左側(早戸川の方向)を見ると木々の間から向こう
の山が見えるのですが、その中腹にかなり立派な滝が落ちているのを
見つけました。それより上部には更に滝が見えてます。強引に見ると
これって繋がっていて大瀑布なんじゃないか? って思えます。

円山木沢F211
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

これは四月の終りに撮影したため、かなり見難くなっていますが画面
中央左に滝を確認できますでしょうか。これより上にも見えていた滝
はもう確認することは出来ませんでしたが、こんなふうに木々の間に
大きな滝が落ちているのを見てしまったら、もう気になって仕方あり
ません。調べてみたらどうも円山木沢というらしい事が判明。それで
いつか見に行ってみたいと思っていたのでした。

円山木沢F202
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

で、その謎が今、目の前に。
ただなんとなく形が違う気がしないのでもないのですが、とりあえず
はこれでよしとしたいです・・・

円山木沢F203
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

滝に向かって右側から見てみます。
正面から見ると分かり難いですが、こうして見ると意外と上部の傾斜
が緩いことが分かります。

円山木沢F204
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

そして中程より傾斜がきつくなっているため、水が飛び出したような
感じになっています。滝壺はそんなに深そうではないです。

円山木沢F205
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

マクロで滝の落ち口辺りを高速シャッター。
気持ちよさそう。

円山木沢F206
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

こうなるとなんだかよく分かんないですね。

円山木沢F207
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

太陽光が滝の上部を照らし出し、息を呑むような光景となりました。

円山木沢F208
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

こういった場面を撮るのはすごく難しいです。
強烈なコントラストになるため、普通に撮ると思いっきり明るい部分
がぶっ飛びます。まあ飛ぶのは避けられないと思うので、あとはどこ
まで自分で許せる範囲にまで妥協できるかでしょうか・・・
ちなみに私の妥協範囲はかなり甘いです(笑)

円山木沢F209
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

少し右斜めから。
完全に滝上部がぶっ飛んでますが、これを許せるか許せないかという
ところかな・・・ ただしこれをプリントすると目も当てられない絵
が出来上がります。

円山木沢F210
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

初めてこの滝に来たのに、とてもタイミングがよかったんだろうなあ。
写真にするのは難しいけど、すごくいいものが見られました。
しかし、なんで無名なんだろう。名前がついていてもおかしくない位
のいい滝なんだけどなあ。

上に見えていた滝は機会があったらぜひ見に行きたいと思っています。

             撮影地:神奈川県相模原市 2008/04/23
                    ※2枚目のみ 2008/04/29


>> 2008/05/31 00:22
>ロココたえさん
こんばんは~♪
こちらこそなかなか遊びに行けなくてごめんなさいでした・・・
この時は思わず見とれてしまいましたね~ でも目で見て感動するのはいいのだけど、これを写真にするのは結構面倒でした。こういう風景に出逢えると確かに山の中に入るのは辞められません♪

>こまみちさん
こんばんは~♪
水飛沫のやつですね。滝や水の流れって色んな表現の仕方がありますが、こういう風に飛沫にすると清涼感が出ますよね。これから暑くなってきたらこういう写真が多くなるかも(笑)

>silkyさん
ああ、なる程、確かに写真やる方ならそっちの方にとってしまう可能性もありますね(笑) っていうか全然病気なんかには思えないですよ~ Fなんとかとか一般の用語じゃないし。この光は本当にたまんなかったですよ。撮りにくいんですが、光を受けて輝く飛沫の美しいことといったら・・・
何か自分が歓迎されている気分になってしまいます。
このツツジが心憎い位置にあって、本当はもっと滝に近いとよかったんですが、それは自然のなせる業。でもなるべく取り入れて撮りたくてこんな感じになりました♪

>polepoleさん
これは一般用語ではなくて、沢登りをする人たちが主に使っている用語です。この沢は早戸川という川に合流するんですが、その合流地点から二番目にある滝なんです。一番目の滝はどうも沢を直接遡らないと分からないみたいです。私は横の林の中を巻いているので分かりませんでした。
ちょうどこの滝に辿り着いた時位から太陽光が射し始めて素晴らしい光景になりました♪
ピンクの花はミツバツツジです。この花ってところどころにポツって咲くのでそれがまたいいんですよね~

>yochanさん
六枚目ありがとうございます♪ シャッタースピードを意図的に変化させて肉眼では見ることが出来ない世界にするのって面白いですよ。
水を止めるには高速シャッターにするんですが、このような不思議な世界になります。

>mikoさん
六枚目ありがとうございます♪
大抵山の中の薄暗い所で撮ることが多いので、あんまりこういう写真は多くないんです。
これから滝を性懲りもなく連荘すると思いますので、よかったら遊びに来てくださいね♪

>ららさん
最後の二枚ありがとうございます♪
実は私もかなりこの二枚を気に入っています。
光る滝ってとても幻想的で、何故か静寂さを感じるんですよね。

>> 2008/05/30 22:52
最後から2番目がすき
最後の写真も好き、
こんな風に光たっぷりで幻想的で
らら好み♪

>> 2008/05/30 01:23
訪問&コメントありがとうございます♡
6枚目の写真の水しぶきが私のお気に入りです♪
やっぱよ~かんさんの写真は癒されますな~☆
また癒しを求めにやってきますね!

>> 2008/05/29 21:47
ん~6枚目って水しぶきなんだよねぇ~
なんか不思議な感じで好きですなぁ

粒子って感じで、綺麗です

>> 2008/05/29 18:04
へ~ 無名の滝はfがつくのですか~f2ね~
f1 でないところが早くないのでしょうかね?笑
これって 名前をつけてもいいくらいの滝ですよね~~
よ~かん さんが命名というのは?
滝を追いかけていらっしゃるよ~かん さんの興奮が伝わってきます。
春らしい柔らかな陽射しを浴びて いいですね~
マイナスイオンがたくさん!
奥に見えるピンクのお花は ツツジでしょうか?

>> 2008/05/29 15:02
F2というのを見て絞り値を連想した私は病気でしょうか?(笑

いいですね~、こういう光の射し方たまんないですよね!
こんなのに出会ったらもう我を忘れてシャッター切っちゃいます。
4枚目のツツジが写ってるのがいいなと思いました(^^)

>> 2008/05/29 07:53
G(o`'o)d morning
6・7枚目w(゚o゚)w
今 外は雨
今度暑いときにこの写真を見にきますね
涼めそう~~

>> 2008/05/29 05:43
よ~かんさん、おはよう!

プチご無沙汰でした。
太陽光が滝の上部に当たって、本当に綺麗ですね~
こういう場面に遭遇するので
山登りやめられませんね~
自然の出会いって息を呑むほど感動しますね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/266-983d8a93

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。