09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/04/08//Tue * 17:04
●○雷滝

雷滝01
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

Webで検索すると真っ先に引っかかる長野県の有名な滝ではなく、
丹沢山中にある一般には知られていない滝。
落差は15mとそんなにないんですが、幅もあり見映えがします。
名前の由来は、滝つぼの中にある岩に落水が当たり、ゴロゴロと
音がしたかららしいです。今はしてないですが。

この滝へ行くには、途中まで前回UPした早戸大滝と同じルートを
行きます。途中、雷平という沢の出合いに出ますが、右岸側へ行
けば早戸大滝(大滝沢)、左岸側へ行けば雷滝(原小屋沢)です。
大滝もそうですが、雷平まではある程度はっきりした道になって
いるので、ほぼ迷うことが無いのですが、雷平から先はどちらの
滝へ行くにも道がありません。ただ雷滝は殆どずっと左岸を歩き、
最後の方に渡渉点が一つあっただけだったので、大滝よりは辿り
着くのは楽に感じました。

雷滝02
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

ただ、今回この滝に行くのが初めてだったこともあったのですが、
いきなり間違えて滝の落ち口に出てしまいました。
もう滝が見えるんじゃないかと思った辺りから急登が始まったの
でおかしいと思ったんですが、そりゃあ滝の落差だけ短い距離で
登るのだから当たり前ですよね・・ そこでさほど疑問に思わず
先に行ってしまうんだから、その辺りはド素人の浅はかさという
ところですね(笑)
私と三脚の影が映っているのはご愛嬌ってことで・・・

雷滝03
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

雷滝全景です。
とりあえず落ち口で幾らか写真を撮って、今度こそ滝壺まで行き、
その光景に思わず「おおっ!」ってなりました。
この日は天気がとてもよくて気持ちのいいことこの上なし♪

雷滝04
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

素人目で見るとこの滝の右岸側は比較的古そうで安定していそう
な尾根、左岸側はちょっとしたことですぐ崩れる大ガレ場になっ
ています。大雨が来たら地形が著しく変わりそう。あと、大きい
岩が周辺にはとても多いです。

雷滝05
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

この滝は高速シャッターがいい感じです。

雷滝06
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

そんなに深くはなさそうですが、滝壺は大きめの淵になってます。
淵の終りのところに二枚目の右側に見えている大岩があり、この
上に乗って滝を見ることも可能。この上でお弁当とか食べると吉。
私もここでブランチ(ウィダーinゼリーで二時間キープ!)です。

雷滝07
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

ここからはちょっと捻って。
前述の大岩の先端から。

雷滝08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

前述の大岩の左横らへんから

雷滝09
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

滝上で魑魅魍魎が何か企んでいる図。

雷滝10
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

この写真をトップに持ってこようか悩んだ程のお気に入り。
もうちょっと明るく撮って左側のキラボケが目立てばよかったな。

この日はこの滝へ行った後、雷平から早戸大滝、その落ち口まで
行くという健闘ぶり。3/25に行った時は大滝だけで帰ってきたら
ヘロヘロになったのが信じられないくらい。
人間慣れてしまうものだよなあ。次の日、筋肉痛も殆どなかった
のですよ。
あ、勿論このルートを歩いている人たちは私の行動の三倍以上の
範囲を簡単に歩いているので、あくまでもいつもの私から見れば
すごいっていう話ですよ。

近場にあるのにとても深い丹沢。
これから少しずつレベルアップしていろんなところに行けるよう
になりたいです。

           撮影地:神奈川県相模原市 2008/04/03

>> 2008/04/19 06:54
>アースグリムさん
そうなんですか? 私は長野の雷滝にまだ一度も行ったことがなくて、行ってみたいって思っているんです。こちらの雷滝は、あの早戸大滝へ途中までは同じルートを行く、全く観光客とは縁のない場所です(笑) もしアースグリムさんが早戸大滝に行ったらぜひこの滝へも行ってみて下さいね。
こういうタイプの滝はスローシャッターでもいいんですが、高速も似合いますね。今回は晴れたから高速にしましたが。
17-40㎜Lは青空の色が素晴らしいです。あと、ツボにハマると怖ろしいほどの描写力を発揮しますよね~

>> 2008/04/17 20:03
なるほど、、長野県の雷滝はたまに行きますが、正直
あまり魅力は感じられません。観光にはいいのでしょうけど・・
写真として残すにはこちらの滝のほうがいいですね、おそらく。
僕も挑戦してみたくなる滝です(笑)
写真で拝見する限り高速シャッターがよさそうですね。
天気も良かったようでよかったですね!青空がとても映えますね。

>> 2008/04/12 18:45
>polepoleさん
お久しぶりです~♪
この滝に関しては、同じ場所からそんなに動いていないのですが、その範囲内からいろいろ試してみましたよ。
ここに二時間はいないです。他の滝も含めていろんな場所に行ってはいますが。ウィダーinゼリーは二時間キープとか言ってますが、あれはあくまでも普通の生活状態のことを言っているだけで、山の中で二時間は持ちませんね~
少しでも春とか臨場感を感じていただけて嬉しいです。ありがとうございます♪

>そらさん
こんばんは~♪
この滝の周辺は冬行くのは大変です。結局暖かくなってからになってしまったんですが、やっぱり暖かく天気がいい時に行くと気持ちいいです♪
最後の写真、ありがとうございます♪ これをトップに持ってこようか迷った写真なんです。
アシリベツの滝はよろしくお願いしますね♪ そして私がそっちの滝を見に行く時もガイドよろしくです♪

>akiさん
こんばんは~♪
一枚目、ありがとうございます♪ この滝は雷って名前がつくだけあって、一枚目のような高速シャッターがいい感じになりました♪
滝がスローでうまく撮れないのは、きっとakiさんのイメージに合うスローの滝がないからだと思いますよ。そういったイメージの滝に出逢えばきっとakiさんなら素晴らしい写真が撮れると思います♪
私も普通の撮影の時は殆ど食べずに終わってから食べます。集中している時って他の要素が頭に入ってこないんですよね。でも山の中にいる時は行動不能になる可能性もあるので、少しずつ何か食べたり飴を舐めたりしてますね。それでも下山するまではろくな物を食べないですが(笑)

>> 2008/04/12 10:35
よ~かんさん、おはようございます。。

一枚目がめっちゃ好きです!しぶきが感じられるのが私好きなんです。何回やっても滝はスローで綺麗に撮れません><
私、撮影のときは昼抜きがほとんどです。
おなかいっぱいになると写真が撮れなくなるんです。
眠くもなるし。
撮りおえて食べるときが多いです。。

>> 2008/04/10 13:53
こんにちは~^^
寒い時期に見るとより寒く感じる滝も春を迎え温かくなって見ると爽やか~って感じがします。

最後の写真好きで~す♪

今年はカメラも買ったので絶対アシリベツの滝に行って来ますね!!
迫力満載の写真を撮ってきます!
・・ってどんなの?汗


>> 2008/04/10 10:10
ご無沙汰しています。

滝のお写真 たくさん拝見しました。
ひとつの滝をいろいろな角度からご覧になって撮られていらっしゃるのですね~
おかげでごいっしょした気分になりました。
ウィダーインゼリーも。笑
それで2時間頑張られたのですか~すごい!
でもとっている時って夢中ですからお腹すきませんよね~
水しぶきがいい感じです。
前に配した新芽が春を感じさせてくれます。

>> 2008/04/10 09:05
>ミューさん
おはようございます♪
おっしゃるとおり、水が岩盤に当たって複雑な動きをしています。こういう滝はスローでも高速でもそれぞれいい写真が撮れますね~♪
丹沢に限らずどこの山でもそうですが、普通と違う入り方をすれば探検になると思います。私の場合丹沢は近場なので、気軽に行けるところがとても助かっていますよ♪
荷物は約10kgです。最近は慣れましたね。三脚が飛び出しているので歩いていて枝とかに引っかかって危険なんですが、何かいい方法がないか悩み中です。

>☆MIYA☆さん
15mは確かに低いんですが、人間にとっては高いです。
同じ15mでもこの滝は幅があるので迫力はありますよ~
私は山の中に行く時はこのウィダーinゼリーとカロリーメイトにしています。本当は滝の前でおにぎりとかが理想なんですけどね・・・
最後の写真、枝が気になって、これをモデルにいろいろ撮ってしまいしたよ。ありがとうございます♪

>FSK-JPさん
おはようございます♪
一枚目、ありがとうございます♪ この滝の迫力を結構出せたかと思っています。
ちょっと悔やまれるのは、同じ方向からの写真しかなかったこと。反対側からも撮っておきたかったなあ。まあまた行った時にでも・・・ってところです。

>ちびこさん
最後の写真、ありがとうございます♪ そうなんです、一枚目の候補に縦の青空と一緒のやつも入っていました。滝って青空と一緒に写すとコントラストが高すぎてうまく行かないことが多いんです。今回のはちょっと暗めになってしまったので外しました。
あはは。ウィダーinゼリー、CMでは二時間キープなんていっていますが、持ちませんよ(笑) 特に山で行動している時は無理ですね~

>ロココたえさん
おはようございます♪
自然はすごいし楽しいですよ♪ ちょっと油断するとすごい怖いですが・・・
私は大抵山へは朝惣菜パンを二つくらい食べて入ります。そして飴を舐めながら歩いて、目的地に着くとウィダーinゼリーか、カロリーメイトです。ただカロリーメイトはパサつくのでいざという時の携帯にすることが多いですね。
最後の写真、ありがとうございます♪

>> 2008/04/10 08:57
よ~かんさん、おはよう!
久しぶりに滝を見たような気がします。
やっぱり自然は凄いですね。

ウィダーinゼリーは私の朝食の補助食みたいにして
毎朝「朝マンゴ」を飲んでいます。

でもこれだけではもちましぇ~ん!!

最後の写真、好きです!!

>> 2008/04/09 19:22
うんうん、私も最後の写真が好きです。
でも、青空と一緒に写した縦の写真も外しがたい・・・。

ウィダーinゼリーで二時間キープなんてスゴイ!
私だったらもたないかもーー!

>> 2008/04/09 09:35
こんにちわ~
1枚目、水が生き生きとしていて迫力があって、すごく素敵ですね♪
同じ滝でも、いろいろな表情を表現しているのが、やっぱりよ~かんさんの腕の良いところなんでしょうね!!

それでは~

>> 2008/04/09 07:35
15㍍って どのくらいだろうぉ と思いながらも
滝にしては低い?のかもしれませんが
水の流れにも迫力を感じますぅ♪
ウィダーinゼリー 朝の弱い長男がよく持って朝練に行ってたのを思い出しますぅぅ(-^艸^-)ムフフッ

最後の写真 枝が手の様に見えてぇ 滝の水を触りたぁぁいぃぃって
言ってるみたいですねぇぇ

>> 2008/04/08 19:56
こんばんは~
この滝は、水が細かく岩に当たるのか、水の細かい動きが面白いですね。
スローシャッターだと、水の流れの白い筋になってしまうのですね。
丹沢は、ちょっとした探検になって、楽しそうですね。
荷物があるので、登山は大変ですね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/251-232652c2

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。