09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/02/23//Sat * 16:14
●○本棚(氷Ver.)

本棚(氷Ver.)01
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

以前載せた西丹沢の本棚
今回はその冬仕様です。

そんなこんなでそんな模様の第二回目。
早戸大滝に行けなくて、このまま帰るのだけはどうしても避け
たかったので、どうしようかと悩んだ挙句、結局西丹沢。困っ
た時の西丹沢。便利な西丹沢。この本棚だって一体何回位見に
来たのかなあ。それでも真冬に来たのは初めてです。
ここのところ寒い日がずっと続いたし、都心でも少しは積もる
くらい雪も降ったんだから、少しは滝も凍っているかも知れな
いと期待してました。

畦ヶ丸の登山口に車を止め、滝へ向かって出発。
そうしたらさすがに山です。雪がかなりありました。これだけ
で非日常って感じ。とはいっても日が当たるところは溶けてい
るし、冬山の装備&技術が皆無の私でも殆ど問題ないレベル。
踏跡が凍っていてよく滑ることさえ気をつけていれば大丈夫で
した。

本棚(氷Ver.)02
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

本棚まではさすがに雪のせいで、いつもよりは時間がかかりま
した。だいたい一時間程度で到着。
そして想像よりも遥かに素晴らしい光景に息を呑みました。
本体こそ凍っていないものの、岩肌が凍って氷柱がびっしりと
貼り付き、水飛沫がそのままの形で凍って・・・
もう氷の芸術。すご過ぎる!

本棚(氷Ver.)03
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

本棚の凍った姿は今までWeb上で何回か写真を見たことがあり
ましたが、そんなにすごいと思ったことがありませんでした。
でも今回自分で写真を撮ってみてよく分かりました。はっきり
言って、これは生で見たら本当に素晴らしいです。しかし写真
になるとこの臨場感が全然表現できない。悔しいけど・・・

本棚(氷Ver.)04
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

そういえば今まで氷瀑の写真を見ても、説明文はすごいことが
書いてあっても、いまいちすごいって思ったことがなかった。
きっとホンモノを見たら卒倒するくらいすごいんだろうな。

本棚(氷Ver.)05
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

以前にも書いたけど、この滝には滝壺らしきものがない。
なので、水飛沫がすぐ地面とかに散って当たっているんだけど、
それがそのまま凍ってさらにそこに水飛沫が当たって凍ってを
繰り返し、丸っぽい氷が辺り一面びっしりと埋め尽くしていま
した。そのおかげで滑って近くに寄れませんでした。

本棚(氷Ver.)06
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

その氷をマクロで。
本当に自然って面白いです。

本棚(氷Ver.)07
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

本棚(氷Ver.)08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

本棚に到着すると、まず写真のように滝の左側面を見ることに
なります。真正面から見るには少し面倒なんですが、この時は
とにかく氷だらけで下はツルツル。どうやって奥に行くか悩み
ました。

本棚(氷Ver.)09
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

岩にびっしりと下がっている氷柱もすごかった。
そういえば撮影中に落石がありました。
人の頭より少し小さいくらいの岩が数個、崖の上からガラガラ
落ちてきたんです。音がしたので見上げるとこっちに向かって
落ちてくる途中で、あちこちにぶつかりながら落ちてきたので
軌道が予測できなくてすごく怖かったです。
あと、氷柱や岩に張り付いた氷がよく落ちて、その度にビクッ
てなりましたね。

本棚(氷Ver.)10
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

分かり難いけど、上半分が滝の下部。そして下半分が滝の下流
の部分。しかし凍っているだけでこんなに素晴らしい光景にな
るなんてなあ。

本棚(氷Ver.)11
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

似たような位置から撮った写真を前回の本棚のTOPにしてます。
よかったら、凍っていない時と凍ってる時の滝を見比べてみて
くださいね。

       撮影地:神奈川県足柄上郡山北町 2008/02/18

>> 2008/03/09 18:28
>真琴さん
こんばんは~♪
すっかりご無沙汰してしまっていてごめんなさい。
一応元気ですよ~
今年はかなり普通に冬って感じで、雪も降ってくれたんで、自分としてはよかったです。でも暇がなくて殆ど撮りに行けなかったのが悔しいけど・・・
この日は別の滝の凍っている姿を撮りに行きたかったんだけど、そもそも道路自体が通行止めになっていて行けませんでした。苦し紛れにこっちに行ってみて、大正解。ほんとうにすごかったです。ありがとうございます♪

>> 2008/03/04 16:39
よ~かんさん・・こんにちは
なんだかおひさしぶりになっちゃったね。
元気かな?
3月と言えどもまだまだ寒い日続いてるね。
氷と滝の写真の数々すごい綺麗・・
まさにこれは芸術品って感じだね
水の流れもとてもきれい

氷のマクロも透き通ってて美しいねぇ・・・
本当に今年の冬は寒かったんだね
それが写真からも伝わってきました

>> 2008/02/29 00:15
>ミューさん
そうです。前回との比較をぜひ見てもらいたかったので、ありがとうございます♪
近くまで行くのはところどころ氷で滑るのでちょっと面倒でしたがそんなに大変じゃなかったですよ。
しかしこの光景は本当に素晴らしかったです。自然って本当にすごいですね~

>ちびこさん
いえいえ、こちらこそご無沙汰してしまって・・・しかも返信も遅くてごめんなさい。
一枚目マジですか? 画面全体にって感じでしょうか? 結構滝を撮っていると岩盤が人の顔みたいになっていたりとかって多いんですよ。これって心霊的なものというより造形なんですけど。
マクロの写真、冷たく感じるように狙ってみました。ここって冬は日が全然当たらないっぽくて凍りっぱなしって感じです。

>-さん
雪の中といってもところどころにしかないし、殆ど普通の山道を歩いているのと変わらなかったですよ。そして全然寒くなかったです。途中Tシャツとシャツの二枚だけでしたし。この滝は全部凍ることはないようです。寒いといってもやはりたかが知れているのかも。
あ、あと、最後のは全然構わないですよ。むしろありがとうございます♪

>びーぐるさん
西丹沢に限らず、丹沢一帯は結構凍っているみたいですよ。東側でも最初に行こうとした滝は積雪で車も入れなくて断念しましたし。本当、全く別の世界で楽しかったです♪

>polepoleさん
丹沢は寒いといってもとんでもなく気温が下がる訳でもなく、滝も勢いがあるので凍りつくまでは難しいんでしょうね。それでも初めてこの時期に見ましたが本当に素晴らしかったですよ。
ちなみに全然といっていい程寒くなかったです。気温が低いせいでそんなに汗をかかなくて、滝の傍に行ってもあまり寒さを感じませんでした。
氷をマクロで見るのは楽しいです。氷っていろんな表情を持っていますからね♪

>ららさん
私は本棚の凍っている写真をWebで見たことがあったので、ある程度予想はしていたんですが、それでも実物を見て感動しましたよ~
滝に行くまでは何箇所も雪で、しかも踏跡が凍っていたので何度も滑りましたが、慎重に歩いたので一度も転ばなかったです。登っているといっても本当にたいしたことはありません。いまだにど素人です・・・
だから本当の雪山とかであれば挑戦すら出来ません。それでも身近なところでちゃんと感動できているので問題ないですけど(笑)
ららさんも機会があったら是非こういった自然を体験してみてくださいね♪

>ロココたえさん
こんばんは~♪
一枚目は高速シャッターで水飛沫を止めたんですが、周りの氷と雪と相まっていい感じになりました♪ かなり迫力が出たと思います。
氷も飛沫が凍っていくことを繰り返すため本当にウロコみたいでしたよ。
マクロレンズは何も接写だけじゃないのでいろんな事をして遊んでみてください。

>ばばさん
こんばんは~♪
一枚目、ありがとうございます♪
この滝は近づくのはそんなに大変じゃないんですよ。車を停めて一時間歩きますが。この時は真下には氷がびっしりあったので行けていません。なので可能な限り近づいたところから90㎜マクロで撮りました。
氷は、近くで見たらとてもきれいだったんで、是非マクロでって感じです♪

>takakoさん
こんばんは~♪
おひさしぶりです。体調はいかがですか? 無理はしないでくださいね。またよかったら見に来てください~♪

>健太郎さん
こんばんは~♪
ありがとうございます♪

>FSK-JPさん
こんばんは~♪
同じ神奈川でもこんなに違うとは・・・初めて冬の丹沢に来てみましたが、驚きましたよ。なんか今までもったいないって感じです(笑) もう今年はチャンスないかもだけど、せっかく身近にあるんだからこれからももう少し冬の丹沢にチャレンジしてみたいです。

>アースグリムさん
そうですね、滝って薄暗いところで撮ることが多いので大抵スローシャッターで撮ってしまいます。でも滝によっては明らかに高速の方がいいこともあるし、たまに高速で撮ると新鮮に感じますね。
一枚目は高速を稼ぐためF3.2で撮っています。で、ピントを上部に合わせているため、下部はキリっとしていないんです。タムロンの発色はとても好きですね~

>こまみちさん
こんばんは~♪
凍ってます。結構こういった写真って、説明しないと何がどうなっているかよく分かんなかったりしますよね。とりあえずなんだか分かってもらえたみたいなのでホッとしました(笑)

>そらさん
ありがとうございます♪
えっとですね、そらさんならここに行くのはすごく簡単だと思いますよ。北海道に較べたらこの時のこの滝へのルートなんか舗装された道路並なんじゃないかと。
一時間歩いたところは全部が雪なんじゃなくて、ところどころだけでしたから、滑って転ばないように気を使う以外は普通の山道と変わりなかったです。
マクロの氷もありがとうございます♪

>akiさん
こんばんは~♪
滝自体は日陰なので寒いんですが、それだからこそなかなか氷が溶けない状態を保っているんでしょうね。
ほんと、この自然の芸術は、悔しいけど写真よりも生で見た方が百倍すごいです。声に出して「すげ~!」とか言ってましたからね。
氷のマクロ、ありがとうございます♪ こんなのを見たらマクロで撮ってみないと気が済まないですからね~(笑)

>> 2008/02/27 12:33
こんにちは♪

ひゃっこそう~♪
見るだけでブルブルしちゃいますね。
自然って芸術ですね。こんなん実際に見たら、めっちゃ感動してしまうだろうな。

氷のマクロ、ツボですねぇ。
模様があっておもしろい写真ですね。
これをマクロで撮るよ~かんさん、NICE♪

>> 2008/02/27 10:50
よ~かんさん・・すごーーーい!!!
自然が作り出すのって本当にすごいね。
実際そばで見たいけど絶対無理^^;

よく冬の雪道を1時間も歩いて行ったね。
ご苦労様~^^

マクロで撮った写真も素敵です♪

>> 2008/02/26 18:47
よ~かんさん o(*'皿^)oこんにちわ
凄い 凍ってますね~~

氷のマクロ写真
こんなのは初めてです
何かと思いましたw(゚o゚)wですねー
Thanks(v^-^v)♪です

>> 2008/02/26 16:21
滝=スローシャッターで!というのが自分の中で常識
になっている今、こういった高速シャッターで切り取っ
た一枚を拝見すると新鮮に感じます。
氷水の冷たさ、厳しさを表現するのには高速シャッター
が良いようですね、参考になりました。
90mmマクロでも撮られたのですね。なかなかどうして・・
造形美に脱帽です。発色もタムロンらしくて○

>> 2008/02/25 10:38
おはようございます。
ホント!! 凄い迫力ですね。 関東でもこんなに凍るものなんですね。 北国のみの光景かと思っていました。
紅葉のシーズンも良いですが、厳冬の滝も素晴らしい!!
それでは^^

>> 2008/02/25 09:07
おはようございます。  楽しませていただきました。

>> 2008/02/24 18:06
こんばんわ(^^)
コメントありがとうございましたm(__)m
写真いっぱいアップされてますね!
落ち着いたらまたゆっくり見にきますねぇ~(^o^)

>> 2008/02/24 17:45
こんにちは。
1枚目素晴らしいですね。
こういうのを撮ってみたいですが、
滝の真下まで行く苦労があるのでしょうね。
真冬ですしね。
氷をマクロで撮られているお写真も素敵ですね。

>> 2008/02/24 11:42
よ~かんさん、こんにちは!
一枚目絶句!
こりゃなんじゃ!の世界でした。
氷瀑、もの凄い迫力ですね。
飛沫の氷も面白い形になるのですね。
鱗みたい!
マクロの登場ですね。
いつも大自然を見せてくださって
感動を一杯くださってありがとさんです!!


>> 2008/02/24 11:41
信じられない!!
すごい!こんなに凍るのですね~
本棚まで行き着くまでに滑って転ばなかったですか?
山登りは素人といいつつ、よ~かんさん、だいぶ登っていますよね

でもその分自然の雄大な美しさに出会えるし・・・

そのうちららも挑戦してみよっかな~♪


凍った滝一度見て見たいです。

>> 2008/02/24 10:30
滝の上から下まで凍ってしまった画像を拝見したことありますが そこまでは行かなかったのですね。
でも 氷柱があちこちに出ていて すごく寒さが伝わってきます。
これを撮られたよ~かんさん さぞかしお寒かったろうと思います。
氷をマクロで見るのも面白そうですね~
って 寒いところへ行かなくては見られませんが・・・

>> 2008/02/24 09:33
さすがに西丹沢だと凍るんですねぇ!
やはり普段の季節とはまるで違うところが
醍醐味ですね!

>> 2008/02/24 00:42
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2008/02/24 00:10
ご無沙汰してしまってスミマセン!
1枚目の写真・・・。
滝の真ん中で人が立っているように見えるのは私だけ・・・?!

マクロで撮った写真、おもしろいですね。
寒さが伝わってきます・・・。{{{{{{{-_-}}}}}}}

>> 2008/02/23 22:52
前回アップされた時とは、まったく様子が違いますね。
近くまで行かれるのは大変だったでしょうね。
こんなすばらしい光景を見られたら、苦労が吹っ飛びますね。
自然の造形は美しいですね♪









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/242-a77c0aa0

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。