09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/01/25//Fri * 00:54
●○雪の花

雪の花01
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

伊豆にある万三郎岳山頂にて。
木の枝に雪が貼り付いていて、とてもきれいでした。

万三郎岳は標高1406mと低いものの、伊豆では一番高い山です。
日本百名山になっている天城連山のひとつ。
真冬に山はどうかなと思っていたのだけど、伊豆ならなんとか
行けるんじゃないかと来てみたら、山頂付近には雪が少しあっ
たものの、軽登山靴で全然問題なかったです。

雪の花02
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

山頂に到着した時は、霧だか雲だかで遠くは見えませんでした。

雪の花03
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

白い花のようです。

雪の花04
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

雪の花05
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

こちらは氷状に枝に貼り付いていて、太陽光でキラキラと輝い
ていました。

雪の花06
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

だんだん霧が晴れてきました。

雪の花07
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

すっかり晴れて遠くが見えています。
枝に貼りついた雪も熱でボタボタ落ち始めました。

雪の花08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

おまけ。以前登場したお化け杉です。
このお化け杉は、現在は使われていない旧登山道の入口付近に
あります。つまりこのルートから登ったのですが、今回この山
には初めて登ったのに、いきなりこんなマニアックなルートか
らになるとは(笑)
すごく簡単に書くと、万三郎岳に登るのには有名な天城縦走路
というのがあって、このルートはこの縦走路の途中にぶつかり、
そこから万三郎岳に向かう感じになります。
さすがに使われていないだけあって、天城縦走路にぶつかるま
では全く標識はありません。でも赤テープとかの目印はかなり
あって迷うことはなかったです。

        撮影地:静岡県賀茂郡東伊豆町 2008/01/16

>> 2008/02/04 00:16
>真琴さん
こんばんは~♪
なかなか遊びに行けなくてごめんなさい・・・
伊豆に行って来ました。万三郎岳という名前は聞いていなくても、多分天城山なら知っていらっしゃるかと思います。天城山は一つの山ではなく、複数の山の総称で、その中の一つが万三郎岳です。
ちなみに、この時点では山頂以外に雪はなかったので、登山道入口までは全く車は平気でしたよ♪
枝の雪はとてもきれいで、太陽を浴びてキラキラと輝いていました。ありがとうございます♪

>> 2008/01/29 20:26
よ~かんさん・・こんばんは
ふらっと遊びに来たら伊豆にきていたんですね
万三郎岳・・へぇ・・初めて聞きます。
いい眺めですね。
雪景色みたいと思っても雪道運転駄目だから
こうゆう記事見るとすごいなぁ・・って思っちゃう・・
枝に真っ白な雪の花がきれいね。
青空ととても似合ってる。

>> 2008/01/29 17:10
>☆MIYA☆さん
冬に山に行こうとすると私の貧弱な装備では雪や氷に全く対処できないので、そういったものと無縁そうな伊豆の山をターゲットにしたんですけど、やっぱり山頂付近は雪がありました。なので自分としては思いがけない風景でした。ありがとうございます♪
この前の雪はアキバでは降ったけど全く積もらなかった。確かに降ると大変かもだけどたまには積もるのみたいですよねえ。

>ロココたえさん
こんにちは~♪
雪景色とはいっても軽登山靴で全く問題ないレベルなので、毛が生えたって感じだったんですが、なんだか嬉しかったです。普段は殆ど雪なんか見られないところに住んでますからね。
この樹氷のようなものは日に当たってボタボタ落ちていましたけど、また夜になると凍るんだろうな。日が当たるととてもきれいでした。
朝景は最近天気がよくないことが多くてなかなか見られないんですね。まあ自然が相手なので機会を待つしかないんですが・・・
ロココさんもカメラもレンズも増えてきてすごく楽しいのではないですか♪

>ちびこさん
三枚目、ありがとうございます♪
下から二番目の風車が見える写真と同じ場所です。雲?でまだ遠くが見えていないうちに撮って幻想的な雰囲気になりました。
下から二枚目はその雲が晴れた時に撮ったものですけど、こんな光景が見えるとは思いませんでした。

>ミューさん
頂上の方はみんなこんな感じで木に雪がついてきれいでしたよ。四、五枚目の枝に氷がついてキラキラしていたのは本当にきれいでした。画像を小さくしたらその感じが殆ど失われてしまっていまいちなんですけど・・・
雪山を登ることができる装備も技術も私は持っていないので、普段どおりの装備で行ける所までしか行きません。お気遣いありがとうございます♪

>畑ちゃんさん
タイトルは本当に悩みました。でも本当に雪の花のようだったので。太陽光を浴びると溶けてしまうというのも儚くてよかったです♪

>びーぐるさん
伊豆でも一番標高が高いところなのでそれなりに寒いです。とは言ってもTシャツにシャツだけで登ってましたが(笑)
頂上付近の木についた雪はとてもきれいでした♪

>こまみちさん
一眼は結局この頂上と次にアップした氷柱の時しかザックから出しませんでした。
それと雪山ではないんですよ。前半は全く雪がなかったし、頂上付近になって地面には雪があったけど、潜るような深さでは全くなかったし。もちろん軽登山靴で進めないようなところには行きません。技術も装備もないし。お気遣いありがとうございます♪
実際登る時は雪があるとは知らなかったんで余計に感動しました♪

>polepoleさん
とてもきれいでした♪ 確かにこういった景色は寒いところに出かけないと見られないですよね。出来たらまだこういった景色を見に行きたいんですが、その余裕があるかどうか・・・
お化け杉は登山道から五分くらい下ったところにあって、一度見に寄ってから戻ってきました。

>renoさん
こんにちは~♪
霧が凍って樹につくと霧氷という現象になるんですが、これは本当に朝だけしか見られないです。今回のヤツは雪が樹に残って溶けてまた凍って更にまた雪がついてっていうのを繰り返しているんじゃないかと思います。頂上付近は結構風が強くて寒かったですよ~
ただ、登っている途中は暑くてTシャツとシャツだけでした。汗までかいて後で冷たくてすごく嫌でした・・・

>そらさん
ありがとうございます♪
そうですよね、そちらだとレベルが全く違いますよね~
でもそういうのも見てみたいです。一度もそういう経験がないんですよ。
晴れている時の山は登っている限り寒くないです。止まると寒くなってきますが。結構体温調節が面倒です・・・
前にお化け杉を見に行った時、ここ辺りから伊豆の一番高い山に登る道があるなんて全く知らなかったです。

>> 2008/01/29 10:09
雪の花きれい~!
木に雪はついていてもこっちはもっとどっさりついているからきれいとかじゃないような・・^^;

いくら低いと言っても冬山は寒いでしょ?
でもその分景色はきれいだろうね^^

お化け杉いつ見てもすごい迫力!!


>> 2008/01/28 22:03
こんばんは

霧も凍てついて
雪の花になるのでしょうか?
北風が寒いのでしょうね

登られたときも
寒かったでしょうね

>> 2008/01/28 12:03
まさに雪の花ですね~
こういう景色はやはりどこかにお出かけしないと見ることができないです。

最後のお化けスギ 何度見てもいいですね。

>> 2008/01/28 07:44
G(o`'o)d morning~
雪の華 キレイねー
カメラをさげて 
このキレイな風景を撮るために 雪山を登る姿が想像できます 
軽登山靴でOkなのは ちょっと驚きだけど これからも充分に気をつけてね
Thanks(v^-^v)♪ね

お化け杉 w(゚o゚)w

>> 2008/01/27 08:15
雪の花ですかぁ、これは見事ですねぇ!
伊豆でもかなり寒いんですね。

>> 2008/01/26 21:24
Σ(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!!

素敵ですね・・綺麗・・・

まさに雪の花ですね・・

ありがとう♪(#^ー゜)vです

>> 2008/01/26 21:23
Σ(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!!

素敵ですね・・
本当に雪のお花ですね・・・
綺麗・・・・

ありがとう♪(#^ー゜)vです

>> 2008/01/26 15:58
枝に付いた雪、綺麗ですね。
白い花が咲いたようです。
キラキラした光も~

雪景色が見たいのに、雪は降ってくれません。
寒い中でも、撮影に行かれるのですね。
冬の山では気をつけてください。

>> 2008/01/25 17:40
3枚目の写真がとても神秘的・・・。
凍りつくような空気の冷たさまで伝わってきます。

下から2枚目の写真、山の尾根に見えているのは風力発電塔ですよね?
けっこうな数が立ち並んでいて、そんな風景に余計に寒さを感じます。

>> 2008/01/25 08:45
よ~かんさん、おはよう!
山の雪景色、綺麗ですね~
まるで樹氷のように見えます。
氷になったところに日がさしてキラキラ光って
感動ですね~

こちらも昨日も今日も雪が降ってとても寒いです。
今朝は雪降る中、カメラに布を被せて撮りに行ってきました。
朝景をずっと見てないので欲求不満になりそうです。
海の向こうがボーッと明るくなっていて
撮るだけ撮ってきましたがどんな風に写っているかなー

>> 2008/01/25 07:16
雪の花ですねぇ(*´I`*)ポョ
きらきらにも うっとり~♪
この景色が見たかったんですよねぇ
よ~かんさんのところで見られて ハッピー
ありがとですぅ(*´ー`*人)

雪が降ると 前日からしっぽふりふりしてたけどぉ
都心でも雪景色で 同じ県でもすんごかったのに。。。
ウチんとこ降りませんでしたぁ
はしゃぎ過ぎて ちょいと怒られちゃいましたよぉ(=^‥^A アセアセ









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/237-14d8e48c

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。