09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/09/03//Sun * 01:31
●○湯屋谷の滝

湯屋谷の滝01
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

滝はとても好きです。その中でも観光地化されていないものが
特に好き。川なり沢なりを辿っていくとひっそりとあるっての
がいいですね。

この滝は落差約14m。小さな滝です。それでいてとてもいい形
をしていると思います。

湯屋谷の滝02
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

湯屋谷の滝03
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

道を走っていて偶然看板を見つけ、ちょっと興味が出て見に行
ってみました。ところが、行く道中がかなりヘビー。
道がどんどん狭くなり、滝の入口近くにはダートになって車を
切り返すスペースもないような状態。しかも急な上り坂。
軽の四駆じゃなかったらとても行くのは厳しいんじゃないかと
思います。そこから意外と整備されている道を歩いて降りて行
って、行き止まりの所に↑のような風景が。正直全然期待して
いなかったので、ちょっと感動しました。

湯屋谷の滝04
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

湯屋谷の滝05
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

湯屋谷の滝06
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

上の三枚はホワイトバランスを「白色蛍光灯」にしてみました。

滝の写真は撮るのがとても難しいです(少なくとも私には)。
滝によって水の流れを止めて写した方がいいのか、それとも流
した方がいいのかってのもあると思います。
ちょっと油断をすると水の白い部分が飛んでしまうので、露出
に相当気を使います。永遠のテーマですね~

今回の滝は断然水を流した方がきれいだと思ったので、そのよ
うな撮り方をしました。幸い曇りの夕方だったのに加えてND8
とPLフィルターを重ねてかなりシャッタースピードを遅くしま
した。だいたい5秒前後。やり過ぎ(笑)
あ、今回はちゃんと三脚持って来ましたよ(笑)
そんなわけでいろいろ試すことが出来てとてもよかったです。

湯屋谷の滝07
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

おまけ。この写真でシャッタースピードが2.5秒です。

今回のこの滝でノヒメユリから始まった九州編は終りです。
まだ幾らか載せたいものもあるのですが、それは今後の記事の
写真に混ぜていこうかと思っています。お付き合いありがとう
ございます。今後もよろしくお願いしますね♪

※ND8フィルター:簡単に言うとサングラスみたいなもの。
シャッタースピードを遅くできます。

            撮影地:宮崎県都城市 2006/08/29

>> 2006/09/04 23:04
>babathegiantさん
二段目の流れは跳ね上がってるんですよね。
WBは白色蛍光灯より色温度を下げてしまうとちょっと行き過ぎな気がしました。個人の好みにもよると思いますが。なんにしても色温度は程よく下げると幻想的になりますね。

>ららさん
私も滝の場合はシャッタースピードを遅くした方が好きなんです。なので、そういうのが似合う滝が自然と好きですね~
滝って、大迫力!ってよりも沢とかをひっそりと落ちている方が好み。

>> 2006/09/04 20:49
ひっそりとした滝っていいですよね。
シャッタースピードの違いで水の表情がぜんぜん違うけれど。
それぞれいいところありますよね。
両方好きだけど滝の場合は、おそめが好きです。

>> 2006/09/04 07:01
滝の2段目の流れも綺麗ですね。
WBを白色蛍光灯か~。
今度試してみよう!

>> 2006/09/04 00:38
>美容師の卵ヤンさん
初めまして、コメントありがとうございます♪
拙い写真ばっかりですが、そんな風に言ってもらえるととても嬉しいです。今後もぜひよろしくお願いします。こちらも後ほどお邪魔させてもらいますね。

>蒼ノ心さん
観光地化されてなくて、人が全然来ない所で滝を見るってとても好きなんです。この風景を独り占めしてる感じがして。マイナスイオン、感じてもらえましたか~願ったりです(笑)
Kissになってから滝を撮る機会があまりなかったので、この滝はすっかり練習台になってました(笑)

>畑ちゃんさん
リンクありがとうございます!こちらもリンクさせていただきました。今後もよろしくお願いします♪
さすがに滝を撮るのにはコンパクトデジだとちょっと辛いかもですね。特に流れの表現をコントロールするのはシャッタースピードを手動で変えられないと面倒です・・・
滝は本当に小さいくせに素晴らしい滝でした♪

>アレッサさん
滝って本当に自分にとっては撮るの難しいんです。このように絹糸のように写すのが好きなので、こういうタイプの滝で今回はよかったです。WBは昼間の明かりの下では色温度を下げると青っぽくなっていくので、やり過ぎないように調整します。とはいっても私はRAWで撮るので後から幾らでもWBは変え放題なんですけど(笑)
それと自分が撮りたいと思った被写体と出逢った時、どこまで絵になるように撮れるかってのが自分としての永遠のテーマなので、まあいつも悩んで挑戦しています(笑)

>ミューさん
今回の滝は本当に偶然見つけたんですよ。弟と何気なく道を走っていたら滝の看板(とは言ってもなんだか板に手書きで書いたようなやつ)を見つけて、何だこれ?って感じで見に行ってみたんです。
水の流れをコントロールするのはシャッタースピードですね。だいたい1/2秒くらいだとかなり絹糸のような感じになります。今回は数秒露光してるので、やり過ぎです(笑)反対にシャッタースピードを速くすると水が止って迫力ある絵になります。1/250秒以上かなあ・・・ちょっと適当かも・・・

>びーぐるさん
おお、都城をご存知ですか?
都城は宮崎市ほどではないですが結構大きな市です。その中でもこの滝は完全に山間部にある場所です。幻想的になるように意識してるので(特に白色蛍光灯のやつ)、そのように言われればとてもうれしいです。

>そらさん
マイナスイオン浴びてきましたよ~♪
同じところに一時間以上はいました。滝の写真は、そのように言われれば大成功ですね。ありがとうございます♪

あ、あの虹のヤツ、UPしたんですか。なんか私のせいでわざわざしてくれたのなら、なんか申し訳ないです~必ずコメントしに行きますよ!
別館も作ったのですね?後でお邪魔しに行きますね♪

>かげろうふん
水は撮り方次第でかなり雰囲気とか形とかが変わるので、難しいけど面白いですな。JavaScriptの件は結局何も役に立たなくて申し訳ありませぬ。結局いつの間にか家に戻っていました(笑)
昔のデジカメはどうしても電池の持ちがよくないよね。今のであれば相当一回の充電で枚数撮れるけど、コンパクトデジで絞りとかシャッタースピードを手動で変えられるのってあるのかなあ?特に小さいやつは。ちょっと記憶にないねえ。いっそのことデジ一眼を買ってしまえば?(笑)

>ジローさん
そうなんですよ。小さいくせになかなかいい形をした滝で、全く期待してなかっただけに得した気分です(笑)上の方で二段階になっていて、二段階目はちゃんと水を跳ね上げてるんです。色温度を低めにすると幻想的になってとてもいいですよね~
快晴の時はNDとPL重ねてもどうにもならないですね。なるほど、夕方行くって手もあった(笑)

>> 2006/09/03 23:38
絵になる滝ですね~。
滝は、色温度が低めが良いですね。
私はNDフィルター持っていないので、滝を撮る時は夕方に行きます。(笑)

>> 2006/09/03 23:02
水っていうのは神秘的なんですな~
先日のJavaScriptの件ですが、解決致しました。
どもどもです!
ところで最近デジカメのバッテリーがやわくなってきたようで。
1年前に交換したばかりなのだが・・・
できるだけ小さいサイズでシャッタースピードとか変えれるデジカメ知りませんかね?

>> 2006/09/03 19:17
きれい~~!!!
水の流れる音、水しぶきが聞こえてきそうです☆
観光化されてないのでよりきれいな感じがします。
マイナイオンたっぷり浴びてきたのね^^

虹の写真アップしておきました。
それと今日、そら(別館)を作りました。
どうしても載せた写真の話を書きたくて。
最初のところは言葉を優先してるので。。
URLしてありますので遊びに来て下さいね☆
たぶん別館のほうが来れやすいと思います。

>> 2006/09/03 17:44
これは素晴らしいところだなあと思ったら、都城なんですね。
滝がどれも素晴らしく幻想的に撮れています!

>> 2006/09/03 14:17
観光地化されていない所はもちろんいいですが、見つけるのが困難ですね。
水の流れが綺麗に出ていますね。美しい写真です。
どれ位がいいのか、分かりませんが、やはりシャッタースピードが決め手でしょうか。

>> 2006/09/03 13:46
本当に、とても綺麗な流れの滝ですね。
絹糸の流れのように写されているので この滝の良いところが引き出されているのだと思います。

WBを白色蛍光灯にすると、透明感が出ますね!
いつも よ~かんさんの試行錯誤のチャレンジには 頭が下がります。

>> 2006/09/03 09:45
よ~かんさま~
ご訪問ありがとう♪(#^ー゜)vございます~
素晴らしい滝ですね~
とても綺麗に撮れていますね~凄いです
さすがデジイチですね~(  ̄ー ̄)
私はデジイチは持ってないので^もっぱら普通のデジカメなので~中々ですよ~・・・(;´Д`)ウウッ…

リンクの件~ありがとう♪(#^ー゜)vです|
私もリンク早速しましたよ~(  ̄ー ̄)
ありがとう♪(#^ー゜)vございます~

>> 2006/09/03 06:43
観光地化されていない、というのがいいですねぇ^^
こういうの発見した時は、すごく得した気分になるw

水の流れと音が伝わってくるような写真ですよ!!
あー♪写真からマイナスイオンたっぷり感じました(笑)

>> 2006/09/03 02:29
管理人さん、お初です!
すごくキレイな写真ばかりでびっくりしました!
良い写真を見てると、なぜか心が安らぎますよね
また遊びに来させてもらいます*









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/22-f69dc700

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。