09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/11/28//Wed * 00:17
●○畦ヶ丸 ①

畦ヶ丸01
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

あぜがまる。西丹沢山域にある山の一つ。標高1292.6m。
この山の登山口の一つである西丹沢自然教室の吊橋から、目指す
山頂を見ることが出来ます。

なんていうか、山ん中っていうと殆どのこの山の麓でウロウロし
ていることがすごく多いです。
そんなにウロウロしているにも拘らず、何故かこの山の頂に立っ
たことが一度もありませんでした。山はすごく好きなんだけど、
山頂に登ることには興味が薄いので。

でも最近滝見が多くなり、登りに対してあまりにもちょろいこと
が発覚し、これはトレーニングしないとやヴぁい!ってことにな
って、登るにはやっぱり山だろう山ならいつもウロウロしている
畦ヶ丸だろうって話。
そんなんで10/6、11/26の二回登っています。その時撮った写真
たちを何回かに分けてUPします。

畦ヶ丸02
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

二回とも西丹沢自然教室に車を停め、そこから登りました。
吊橋を渡り、前半はずっと沢を遡行します。30分位歩くと以前に
記事にした下棚への分岐があり、そこから数分で下棚に着きます。

畦ヶ丸03
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

一旦登山道に戻りそこからまた10分位遡行、今度はこれも以前に
記事にした本棚への分岐があり、そこから数分で本棚に着きます。

畦ヶ丸04
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

本棚沢。滝から下流を見ています。

この二つの滝は、西丹沢自然教室から登るルートの最大の見所と
なっています。そして本棚から登山道まで戻り、少しの間涸れた
沢を遡行、沢から離れて山の中の登りになります。

畦ヶ丸05
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

紅葉は殆ど終りですが、まだまだきれいなところもありました。

畦ヶ丸06
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

落葉の道。

畦ヶ丸07
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

こんなんが要所要所にあるので迷うことはないです。
実は山頂に立つまで、この地点より先に行ったことがなかったの
でした。この標識を見て、うわ、まだこんなにあるの?とか思っ
て引き返した思い出が(笑)

畦ヶ丸08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

この登山道沿いにはブナがとても多いです。

畦ヶ丸09
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

善六のタワ。山頂まであと1.7kmの地点。
変な名前・・・
ちなみにタワとはピークとピークの間の低くなっている所。別名
は鞍部。ここは超痩せ尾根で、人一人分の幅もないです。両側は
谷なので、ここでふらっと来たら多分酷い目に・・・

畦ヶ丸10
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

10/6の時点ではこんなに緑だったのに・・・

畦ヶ丸11
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

11/26にはこんなんです。場所は違いますが・・・

畦ヶ丸12
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

途中に目指す山頂が見えるところがあります。この登山道はずっ
と展望が利かない道を歩き続けます。っていうか後半はもうずっ
と登りで嫌になります。まあ山を登っているのだから当たり前な
んですが・・・

そしてやっと山頂に・・・

        撮影地:神奈川県足柄上郡山北町 2007/11/26
            ※2、10枚目は2007/10/06

>> 2007/12/06 15:18
>真琴さん
こんにちは~♪ 返事遅くなってごめんなさい・・・
西丹沢は山に登ることこそ殆どないけど、結構行っています。単純に山の中の写真、川の写真とか撮るのに絶好だし、なんか好きなんですよね。
ありがとうございます♪ 山の中を歩くって、ただそれだけで気持ちいいですよね。これから冬になるのでどうしようかと思っているところです・・・

>> 2007/12/02 22:34
よ~かんさん・・こんばんは
今日は遊びに来てくれてありがとねぇ
西丹沢いってきたんですねぇ・・
なんだか一緒に山登りしてる気分になりながら
写真見てました。
滝の写真もそこから流れる清らかな源流の写真と横の紅葉最高にいいロケーションですねぇ・・
歩いててもあきませんね・・。

>> 2007/12/01 11:39
☆すみません、また返事遅くなってしまいました・・・


>こまみちさん
多分一般的には鞍部っていう方が通りやすいのかな。
このタワは狭くてあまり安らぎは感じられませんでした(笑) っていうか善六って誰?
ラフレシアは子供の頃に植物図鑑で見て、かなりのショックを受けた覚えがあります。しかも食人植物と勘違いしていたりして・・・あの上に乗るとワサって花が閉じてみたいな。

>ミューさん
私も登りが極端に弱くなります。しかも何度同じところを登っても苦しいのは変わんないんですよね・・・
やっぱり平地が一番(笑)
このタワから滑り落ちても命に関わるっていう程ではないと思いますが、少なくともとても面倒なことになりそうです。
季節的にはこのくらい冬っぽい方が開放感があっていいかも。

>akiさん
こんにちは~♪
今年は登っていないんですか。私は今年から急に登りのトレーニングを兼ねてチクチク山へ行っています。目標としては山の中でひょいひょい動き回れるようになることですけど、遠い夢ですね(笑)
タワは一番細い部分はすごく短いので、怖いという感覚はきっとないと思いますよ。
8番目と4番目、ありがとうございます♪ 下から見上げて逆光気味に葉っぱを撮るのが好きなんですよね~
渓流のヤツは、いつも滝ばっかり撮っているので、たまには振り向いたところで撮ってみよう的なヤツです。

>きらりさん
山登っていると、かなり工程が長いので気が緩むことが途中で何度もあるんですが、そういうところにしっかりとワナが(笑)
私としては登山自体にはそんなに興味はありません。例えばある滝を見る見たいな目的があって、その目的のための手段みたいな感じなんです。なので今まで全くといっていい程山頂を目指したことはなかったんですね。
ありがとうございます♪ 実際に山の中の空気は新鮮で気持ちいいものでした。

>ロココたえさん
吊橋といってもここのはかなり頑丈で普通に歩いているなら揺れないですよ。
山を登っているとどう考えて落ちたらただではすまない状況ってのは幾らでも出てきます。高いところに向かっているので当たり前といえば当たり前なんですが。でもやっぱりそういう場面になると気が引き締まりますね・・・
紅葉はまだこれからの場所もあるかと思いますよ。山の中はさすがにもう終りだと思いますが。

>そらさん
こんにちは~♪
結構ですね、こういった道が細いのって思ったより多く遭遇します。その度に考えてしまうんですよね、これって落ちたらすごくやヴぁいよなって。サッサと進めばいいのに(笑)
旭岳って北海道の最高峰ですよね? すごい! 尊敬します! 私なんか2000mを超える山を登ったことがないです。それと登った時の景色がいいってのはいいなあ。
山頂の写真を一応次の記事のトップに載せてます♪

>ららさん
遂に登山です。でもこれを趣味にという感覚は今のところありません。単純に今回はトレーニング目的なんです。
たった一ヵ月半ずれただけでこんなに違うのってすごいですよね。同じ場所って訳じゃないんですが、だいたい似たような場所です。この山は前半に常緑樹が多くて、後半に落葉樹が多くなります。
頂上ですが、この時は全然寒くなかったです。かなり寒いんだろうなって思っていたんですが・・・
山頂の写真は次の記事にUPしてますけど、だからなんだっていう感じです(笑)

>夕づつさん
おひさしぶりです~♪
こちらこそ見ていただいてありがとうございます♪
その場の空気感を写真に取り込めたらいいなあといつも思いますので、そういってもらえると本当に嬉しいです。一応写真を撮る人なので、実物を見たらもっといいですよ~っていうのがちょっと悔しいかも(笑)
善六のタワ、かなり細いです。でもこれは実際に見るとそんなに怖くないかもしれません。

>> 2007/11/29 17:36
お久しぶりです^^
いつも素敵な写真をありがとうございます。

よ~かんさんの写真からは、清冽な空気を感じ、落ち葉踏む足音や、風の渡る音が聞こえ、いつもここに来ると自然がいっぱいで癒されます^^

それにしても「善六のタワ」、高所恐怖症の私には絶対に歩けない場所です>_<:

>> 2007/11/29 17:20
ついに登山ですね
それも2回
同じところからのお写真がすごく面白い
こんなに違うのですね

紅葉も終わりのほうが綺麗だしいい感じの山ですけれど、頂上は寒そう。
汗かくとすごく冷えるんですよね

頂上のお写真みたいな~~

>> 2007/11/29 12:01
こんにちは^^

9枚目の写真恐ろしいほど道が狭い!
きっと私なら見た瞬間・・キャー!!っていいながら転げ落ちてると思います^^;

昔一度だけ旭岳に登ったことがあります。
死ぬかと思った^^;
でも頂上に着いたときは登って良かったぁ~って。
それくらいきれいな景色でした。

吊橋からぼーっと景色を見るの好きだなぁ~
グラグラ揺れる吊橋は嫌だけど^^

次は頂上の写真だ~に~^^

>> 2007/11/28 20:48
ヒェーッ 又吊り橋ですか。
今度はメチャ細い路ではないですか。
両側が崖、目が回りそうです。危ない!!
紅葉が未だ綺麗なところがあるのですね。
葉が落ちた枝の林も好きです。

>> 2007/11/28 17:05
登山か~・・・はまりやすい性格なので、
1回やったらその魅力にとりつかれそう・・
でも、いつもフラフラ歩いてるから狭い道からはずれて
転がり落ちるだろうな~

写真を見ていると、新鮮な空気がこっちまで伝わってくるような気がします。

>> 2007/11/28 16:03
こんにちは♪

今年になって山へは登ってないですね。。
去年より体力落ちてるかも。。

タワ。。。ホント道せま~い。こんなとこはあまり通りたくないですね。

8番めの下から葉っぱを見上げるの好きです。
私もこんな写真をよく撮ります。
4番目の渓流のPHOTOもお気に入り。
奥にみえる秋色に染まったのも綺麗ですね~♪

>> 2007/11/28 12:01
山登り、昔から登りは苦手です。下りはいくらでもヘッチャラ。
綺麗な景色を見ながら登るのは良いですね。
タワって、こんなに狭いと怖いですね。
1ヶ月で、すっかり景色が変わって、冬になりましたね。


>> 2007/11/28 11:39
タワって言うんですか
トレッキングで時々山に登る私としましては、このタワはありがたい
上り上りで疲れたところに ちょっとしたタワ ほっとします
ラフレシア・・さすが よ~かんさん 興味の持つところがおもしろい 私も見てみたいです でもすご~く臭いみたいですよ(´∀`笑))









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/217-66494d23

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。