07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/11/13//Tue * 23:44
●○石空川渓谷

石空川渓谷01
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

「いしうとろがわけいこく」と読みます。
今回の山梨三昧の最終目的。
前回の記事の尾白川からはそんなに遠くなくて、同じ北杜市内に
あります。

朝、尾白川渓谷の駐車場で目覚め、華麗パンを一つ喰って朝食。
5時前に出発。一旦R20に戻って、甲府方面へ向けて走ります。
途中の牧原という交差点を右折。後は案内板がその都度その都度
出るので従っていけば無料駐車場に到着。途中から道の荒れ気味
の林道になりますが、舗装されているので特に問題ないです。

着いた時はまだ誰もいなかったのですが、支度中に車が一台入っ
て来て先に行かれてしまいました。なんか悔しい・・・
そして6時過ぎに出発。いきなり吊橋を渡って渓谷歩きの始まり。

石空川渓谷02
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

この渓谷にも目的があって来たのですが、そこまで歩いて40分程
となっています。前日のあの地獄道中に較べたらなんと爽やかな
山歩きか!(笑)
吊橋を渡って少し歩くと、途中で左へ下りて行く道があり、そこ
を下りて行くと「フォッサマグナの露頭」というものを見ること
ができます。

石空川渓谷03
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

これがそのソレ。
なんだか地質学的に大変貴重だそうで、世界的にもなんかすごい
らしい。普通に崩れた崖とかにしか見えないなんて、間違っても
思ってはいけません(笑)

石空川渓谷04
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

それからまた本道に戻り、少し歩いて行くと、突然川に突き当た
り、そこに一の滝が現れる。

石空川渓谷05
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

一の滝のすぐ上には二の滝が。
一の滝が段瀑なのかと思ったら、上段は二の滝だったというワナ。
二の滝を右手に見ながら、一の滝の落口を渡っている簡単な橋を
渡る。楽しい。

石空川渓谷06
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

二の滝単独で。
二の滝の向かって左手にとんでもなく急な階段がついていてそれ
を上る。本当に急で、ハシゴか?とか思うほど。ステップも狭い
ので両手で手摺を摑まりながらってのは必須。

石空川渓谷07
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

階段を上り切ったと思ったらすぐ三の滝。これは落口から撮って
みました。一~三まで本当に間隔は狭いです。ちなみに四の滝と
か以降はないです。

石空川渓谷08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

三の滝の右手に橋が渡っていてそれを渡る。写真は、渡ってから
振り向いて撮ってみました。右手の白っぽいのが三の滝の滝壺。
この橋はなんか変で、途中から階段になってます。橋だか階段だ
かはっきりして欲しい。

石空川渓谷09
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

三つの滝をドカドカと過ぎると、後は沢沿いに遡行していきます。
橋とか階段とかよく分かんない踏み跡とか色々現れて結構面白い。

石空川渓谷10
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

途中前方の山に日が当たり、紅葉で輝いたのです。
薄暗くていまいち分からなかったけど、結構紅葉していることが
これで分かったのです。

石空川渓谷11
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

なんて渋い写真か。お気に入り。

石空川渓谷12
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

これなんだか分かりますか?
すっごい大きい岩が今にも転がってきそうな状態で居座っている
のだけど、その地面と岩の隙間に棒を刺して転がってこないよう
にツッカエ棒にしている図です。もちろん本当に転がったら絶対
にこんなの役に立たないので、只の冗談だと思いますが、なんか
ちょっと不気味でした。思わず岩が転がってきそうで・・・

そんな訳で、目的の場所までもう少しです。
その目的の場所は、例によって次回の記事で。っていうかこんな
ワンパターンできたら、何のことか見当は付くのでしょうけど。
何にしても時間はそんなにかからないし、大した急な登りもない
し、この渓谷はとても楽な道のりでした♪

             撮影地:山梨県北杜市 2007/10/30

>> 2007/11/17 21:43
>こまみちさん
あ~なるほど~
それはよく分かります。私もこれが何の説明もなしにあったら、只の崖の写真だと思います(笑)

>> 2007/11/16 17:53
ほんとだ 書き方が間違ってるねm(_ _)mゴメンね
最後の岩 ではなくて 3枚目の写真
普通の崖としか見れなかったので・・
どーも お騒がせを・・(´Д`)


>> 2007/11/15 21:39
>きらりさん
華麗パンって、普通にカレーパンでした・・・
でも山道は華麗になんて全然歩けませんでした・・・むしろ見苦しい歩きでした・・・
この渓谷ももしかしたら紅葉はちょうどいいんじゃないかと見当を付けていたんですが、よかったですよ~♪

>akiさん
だいたい渓谷はこういった橋とか階段とかは付き物ですが、ここも例に漏れず結構な階段と橋の数でしたよ。滝の目の前を渡っていったりして結構面白い景色だったです。akiさん、こういうの弱かったですか? 吊橋とかは結構揺れますからね~
10番目、ありがとうございます♪ これまではまだそんなに明るくなくて紅葉具合がよく分からなかったんですが、太陽が当たって初めて結構紅葉していることが分かりました。
ラストのツッカエ棒は、なんか今にも岩が転がってきそうで怖かったです・・・

>こまみちさん
最後の写真と同じ様なものが外国にもあったってことですか? こういう洒落は万国共通なんでしょうか?
と言っておいて最後の岩がよく分からないとは??? ごめんなさい。よく分かりません・・・
トレッキングが趣味だったんですか? 私はこういうことにかけてはド素人もいいところです。行きたい、見たい場所に合わせてその準備をして出かけるので、知識が結構偏るんですよね~

>ロココたえさん
ロココさんも吊橋ダメなんですよね。そんなに大きくない橋だけどやっぱりダメなんだろうな。吊橋は揺れるのが身上ですからね~
紅葉は日が当たって初めてすごく紅葉していることが分かりました。かなりいい時期だったと思いますよ♪
特に山の中の紅葉はいろんな色になってそれがとてもいいですね。

>ららさん
全部なんて、ありがとうございます♪
私にはららさんのような写真を撮ることができないです。これはその人の持っている個性だと思うので、素晴らしいことだと思うんだけどなあ。
フォッサマグナは近くにちゃんと看板があって、どこがどうなっているという図解がされていました。それによるともうちょっと複雑な感じで、ちょっと何が何やら・・って感じでした。
流れの低いアングルのヤツは、川の中に三脚を立てて撮ってますよ。

>しおりさん
神蛇滝に行かれるということでしたが、もう秋も晩秋。かなり寒くなると思うので、気をつけて行ってきてくださいね♪ その日は晴れるといいですね~

>> 2007/11/15 01:02
すっかり秋だなぁ~

山にいきた~い。


>> 2007/11/14 20:44
よ~かんさん
さすがですね

こういう写真撮りたいのに取れないの
写真の美しさと別にフォッサマグナに興味
・・・真ん中のが溝に堆積した新しい地層ってことかな?

写真的にはあの渋い写真いいな、それから流れの低いアングルの
それから日の当たった赤い紅葉の
それから滝の流れ・・・それから・・・ってことは全部素敵(^^)v

>> 2007/11/14 20:43
又いきなり吊り橋ですか~~~
山の中に行くのですから当たり前なのでしょうが
私は吊り橋だけは駄目です!
揺れると息が止まりそうになります。

それにしても綺麗な紅葉ですね。
前方の山に日が当たった写真、凄いですね!
こんな綺麗な紅葉はやはり平野では見られませんね。
よ~かんさん ありがとう!

>> 2007/11/14 18:30
最後の写真
9月にカンボジアへ行った時に 登った小山に同じような・・━d(・∀・`*)━笑えました
トレッキングが趣味な私としましては
食指が動く画が3枚ほど・・
岩 そう説明されてもよく(´о`)=3はぁ~わかりません(´~`ゞポリポリ

>> 2007/11/14 12:39
橋?階段、怖そうですね~。私、渡れないです><

10番目のお写真、紅葉きれいですね。
木のシルエットもいいです。
ラスト、つっかえ棒おもしろいです。こういうの好きだな。。私もやってしまうから(笑)

>> 2007/11/14 10:33
華麗パンって華麗なパン1個で華麗に山道歩いたんですか?
カレーパン1個じゃお腹空いちゃうからその華麗なパン食べてみたいです。

秋の景色はやっぱりきれいですねVブイ









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/211-f95e819b

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。