07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/11/12//Mon * 00:32
●○尾白川渓谷

尾白川渓谷01
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

「おじらがわけいこく」と読みます。
南アルプスの天然水で有名な場所。去年も訪れて、この神蛇滝の
写真をUPしています。この滝を見る度に奇跡みたいな場所だよな
あと思います。その美しさはまるで絵のようです。

そんなわけでですね、去年来たこの渓谷のことを思い出してしま
い、地図で行き方を確認し、西沢渓谷を10時半前に出発しました。
何故かこの神蛇滝へは午後がいいという、訳が分からないことが
頭を駆け巡ってまして、それならちょうどいいじゃないかと決行
したのです。でも実際は午後は逆光で、よくなかったけど(笑)

13時半頃に渓谷無料駐車場に到着。40分過ぎには支度を終えて、
歩き始めました。ちなみに昼食はアンパン一個です(笑)
一応目的の神蛇滝までは普通に歩いて40分くらいだった。去年は。

尾白川渓谷02
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

駐車場から数分で竹宇駒ヶ岳神社に到着。この境内を抜けて吊橋
を渡ると渓谷遊歩道が始まります。

尾白川渓谷03
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

これが件の吊橋。一人分の幅しかないので、誰かが向こうから来
ると待つことになります。
この渓谷は西沢渓谷に較べると格段に人が少ないです。でも結構
多かったですが。

そして吊橋を渡って少し歩くと甲斐駒ヶ岳への登山道と渓谷道と
に分かれます。ちなみに甲斐駒の登山道に行くと途中で神蛇滝へ
行ける尾根道と別れます。去年はそっちから登りました。
で、今回は去年こっちからは行ってなかったからと渓谷道を選ん
だのですが、ハッキリ言って西沢渓谷10㎞歩いた直後に行く場所
ではなかった・・・

尾白川渓谷04
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

分岐からすぐのところに千ヶ渕があります。見るともうすごく水
がきれい! 透明度が半端じゃなく、エメラルドグリーンの淵は
感動の一言です。

そしてここから厳しい渓谷道が始まります・・・

尾白川渓谷05
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

いや、もうですね、やたらにアップダウンなんですよ。
登るのかまだ登るのか?おお、平らになった~と思ったら今度は
急に下り。っていうかなんでせっかく登ったのに、また下らんと
ならないのか?また登らなきゃならないじゃん!と思っていたら
やっぱり登りだ(泣)
みたいのがなんだか延々と続くんですよ・・・ これってわざと
意地悪して道を作っているんじゃないかと思うくらい・・・
西沢渓谷で結構疲れているので、本当にきつかった・・・

ちなみにこの滝は名前が分かりませんでした。

尾白川渓谷06
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

あと、この渓谷道は滑りやすくて狭くて、落ちたらただじゃ済ま
ないなっていうところも通ります。そういうところは鎖があるの
ですが。イメージ的には渓谷沿いの崖の中腹を横断している感じ
ですね。
そして旭滝というところに到着したのですが、写真左側に滝があ
るらしく見えません。音だけします。すごい大きい岩が川に張り
出していて、その上へ乗るか、下へ下りてとにかく左岸へ行かな
いと見えなさそう。でもそれを実行する気力はゼロ。この時点で
かなり足に来ていました。西沢渓谷なんか行ってから来るもので
はないなって後悔(泣)

そしてこの後、百合ヶ淵というところまで来ました。
ここからは渓谷を離れる感じでやたら急な山登り。文字通り山登
りで、所々道がなく、木の根っこを掴んでよじ登るっていう場所
も幾つか。一瞬見ると道は?とか思うんですが、上の方に階段が
見えて、嗚呼これをよじ登るのか~ってなります。

尾白川渓谷07
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

そしていつまで登るんだようと泣きながら登っていたら、ポンと
神蛇滝を見ることができる龍神平という場所に出ました。本当に
急にポンと出たので、キョロキョロしてしまった程(笑)
とにかく到着♪ しかしあまりの自分の情けなさには呆れ果てま
した。ここまで登りに弱いのかと・・・
結局ここまで神社から一時間以上かかってしまいました。

そしてこの龍神平。写真ではちょっと分かり難い&私のザックが
手前にあってお見苦しいかと思いますが、すごく面白いんです。
すごく大きい岩がぱっくりと割れて、前方に割れた部分が飛び出
しているんですが(写真のとおり、丸太が渡してあって渡れます)、
その割れた部分に乗って見ないと神蛇滝をまともに見ることがで
きません。まさに大自然の造った観瀑台です。すごく狭いので気
をつけなければなりませんが。渡って右側からだとなんとか滝の
全容が見えます。ここから見る滝の見事さ、そして周囲の紅葉、
この観瀑台の奇跡、どれをとっても素晴らしいです。

尾白川渓谷08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

では肝心の神蛇滝の連荘をどうぞ。

尾白川渓谷09
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

去年よりは紅葉具合がよかったようです。ただ、午後は逆光にな
るので、撮影はかなり大変でした。

尾白川渓谷10
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

これはちょっと違う角度から・・・

尾白川渓谷11
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

写真を撮っている時に、ザワザワと音がして、周囲の木から一斉
に葉っぱが落ちて舞いました。すごい高いところ、低いところか
ら一斉にです。すごかった~。写真には全然写りませんでしたが。

15時過ぎ、滝を後にしました。本当はここから更に先に不動の滝
というのがあるそうですが、まだここから40分かかるってなって
いて、即却下!絶対に行けない・・・
帰りは尾根道から。渓谷道と違って普通に尾根道。危険な箇所も
なく歩きやすいです。しかも殆ど下り。30分程で神社の吊橋へ。

疲れました。ハッキリ言って今回のは無謀でした。
登山する人とかであれば、西沢渓谷、尾白川渓谷渓谷道とハシゴ
しても大したことはないんでしょうが、私にはハードルが高過ぎ
たようです。途中で泣きそうになりました(笑)

そしてこの後、身体中が喰い物を欲していたので、この日、次の
日を合わせても一番の贅沢(笑)、最近あまり見ないスカイラーク
で夕飯。食べたハンバーグの沁みたこと♪
そして最終的にはこの渓谷無料駐車場に戻ってきて、車中泊。
次の日の目的地はここから結構近いのです。

             撮影地:山梨県北杜市 2007/10/29

>> 2007/11/15 20:25
>akiさん
こんばんは~♪
ありがとうございます♪ この滝は今まで見た滝の中でも三本の指に入る程のお気に入りなんですよ。
水がメチャクチャきれいで、滝の造形も素晴らしい、それに加えて紅葉まで・・・ 実物を見てすごく感動し、写真にしても額縁に入った絵のような美しさでまた感動します♪
akiさんがこの滝を気に入ってくれて嬉しいですよ。
一応2Lの大きさでプリントはしています。やっぱり気に入った写真はプリントをどうしてもしたくなりますよね~

>> 2007/11/14 12:32
よ~かんさん、こんにちは。

わーここめっちゃ綺麗ですね。。
色がきれいです。。
言葉が綺麗しかでてこないのですが。
今までの滝のお写真で一番好きです♪

9番がお気に入りです。
A3にプリントして飾っておきたいですね^^

実際に見てみたいです。。

>> 2007/11/14 00:04
>スズさん
来年はぜひ行っちゃってください♪
紅葉の時が超オススメですよ~
ブログのURL変更しておきました。でも面倒な話ですね~ もしまた元に戻すようであれば言ってくださいね。

>renoさん
こんばんは~♪
今回は完全に自業自得の結果なのですが、さすがに滝を見た時は涙が出そうになりました(笑)
みな一様に赤くなったりしているのではないのですが、それがとにかく奥行きを出している気がします。

>☆MIYA☆さん
お久しぶりです♪
そうなんですよね、本当は実際に行ってもらいたいというのが本音ですけど、行けないものは仕方ないですからね・・・ホンモノには遥かに及びませんが、少しでも私が感じた感動の一端を感じてもらえれば嬉しいですね~
こちらこそいつも来てくれてありがとうございます♪

>> 2007/11/13 08:00
またもや ご無沙汰してますぅ(=^‥^A アセアセ

空の青が滝の水に映ってるようでとってもキレイな青に
赤 黄 緑~ステキですねぇ♪
深呼吸したくなる写真ですぅ
よ~かんさんの写真見ると 行ってみたぁぁいぃとの気持ちが
毎度ながら湧いてきますぅぅぅ
。。。実際問題 ちびちゃんいるから無理だからぁぁ
よ~かんさんの写真で行ったつもりぃぃぃ

いつもありがとですぅ(*´ー`*人)

>> 2007/11/13 07:09
おはようございます

道のりが厳しいほど
あとでの感動が
すばらしく感じるものでしょうね

滝の流れと
素敵な紅葉

感動一番!

>> 2007/11/13 01:01
すごく綺麗ですね!!
来年は行こう♪

ブログを変えましたので、登録お願いします><

>> 2007/11/13 00:34
>ロココたえさん
いえいえ、山登りではありません。
西沢渓谷は殆ど平坦と言っていいし、尾白川はきついけど距離が短いので。これを山登りのハシゴなんていったら登山家の方に笑われてしまいます。
この渓谷は素晴らしいですよ。吊橋は渓谷を遡行する場合、宿命みたいなものですね・・・必ずといって言い程ありますよ。
確かにアンパン一個でしたけど、さすがに二個は食べられなかったですよ(笑) ザックにはカロリーメイトが入っていたし、これで十分かなって思ってました。途中でエネルギー切れを起こしたけど、カロリーメイトでなんとかなりました。
今回、山梨の渓谷巡りをしようとして、一日では足りなかったんですけど、それでも一度帰ってしまうとすごく経済的に損だったんで泊まってしまおうと。車中泊は結構やるので問題ないです。常に車には寝袋が積んであって、少し寒いなら毛布とかそれなりに用意するんです。前に富士山を撮るのによく-10℃くらいの場所で車のエンジンをかけないで待機することをよくやったので、今の季節の気温なら気になりません♪

>蒼ノ心さん
山登りではないですが、確かにすごく無謀でした(笑)
なんだかすごく時間が空いてしまったので、これは何か予定入れなきゃって思ってしまったんですよね~ 自分の体力を全然計算に入れてませんでした。戻ってきた時はフラフラで、ほんと、身体が食べ物を欲しているんです。あの時のハンバーグ、やたらに旨かったなあ~
この神蛇滝、本当にきれいでしょう? 超お気に入りの中の一つです。
滝は本当に様々で、いつも出逢う度に感動します。飽きないんですよね。今回はどうしても紅葉が重なったので休みの度に出かけていた感じだけど、これが終われば少し大人しくなるかも(笑)
冬はそれまで普通に出かけられていた山の中は別の世界になります。それなりの装備は全くないので、多分手を出さないと思いますよ。装備を揃えられる余裕が今ないので・・・
山の周辺をウロチョロするか、富士山を撮りに行くかってところでしょうかね~

>びーぐるさん
まさにそうです。特に紅葉の季節は圧巻ですよ。この季節、西沢渓谷はすごい人手なのに、何でこっちの方が人が少ないのか・・・不思議です。ちょっと気軽に行けないってのもあるかもしれないけど。

>しおりさん
ありがとうございます♪ この滝の美しさは圧巻です。しおりさんも実物を見て、もっと感動の大声を上げちゃってくださいね~♪
多分富士山を登ったってよりは全然凄くないと思います(笑)
しおりさんなら渓谷道を行った方が楽しいかもしれませんね~ 危険箇所が幾つかあるのでオススメはしませんが。

>こまみちさん
酷い目に遭いながらも行って本当によかったですよ~
山登りではないですが、登りは本当に極端に弱くなるのが本当に恨めしいです・・・
そして一晩寝てすぐまた次の渓谷へ(笑)

>そらさん
いやもう、過分なお言葉、ありがとうございます♪
はい、もう泣きながらがんばりました。まあ自業自得っていう話もありますが(笑)
少なくとも今回は秋田の時よりはマシですよ~ アンパン食べたのは一個だけど、それしかなかった訳じゃないですからね~でもザックに入れていかなかったのは失敗でした。以後気をつけます(笑)
労いの言葉、ありがとうです♪

>> 2007/11/12 23:26
きれい過ぎーーーー!!!
絵葉書みたいだよ~
もう言葉もでないくらい。
水の色、葉っぱの色すべてが本当にきれいに出てる~

よ~かんさんは泣きながら頑張ったんだよね。
偉いよぅーーーー!
でもね・・・この前も言ったけど食べ物はいっぱい持って行かないとダメだよ!
それに今回もアンパン1個なんて・・
以後気をつけるように!(笑)

お疲れ様(*^^*)
そして素晴らしい写真見せてくれてありがとぅ♪

>> 2007/11/12 22:13
この紅葉にこの滝!
よ~かんさん G(o^^o)d job♪ですね
しかし ニガテな山登り ご苦労様でした
┗(^∇^*オツカレ♪”

>> 2007/11/12 21:18
すごいすごいすごいすごい・・・・!!!!!

PCの前で、ひとりで興奮して、大声上げちゃいましたよ!!!

よ~かんさんの梯子も凄いけど 笑

>> 2007/11/12 18:12
この滝は本当に絵葉書にそのまま成れる
ような素晴らしさですね!

>> 2007/11/12 10:10
無謀な山登りお疲れ様(笑)
綺麗なところですねぇ!
緑、黄、赤、彩り鮮やかで素敵な景観です^^

ハンバーグはさぞかし美味しかったでしょう(笑)

しかし、ひと口に滝と言っても様々ですね!
その行動力、天晴れといつもながら感心して見ています。
冬になってもチャレンジするんでしょうか?

>> 2007/11/12 06:07
よ~かんさん、山登りの梯子をしたのですか。
凄い!
でもこの渓谷も感動ものですね。
エエッ また吊り橋ですか。
怖い!
すれ違うことも出来ない幅?ぞぉぉぉぉ~~~
私は体力うんぬんの前に行くことさえ出来ないですね。
ひたすらよ~かんさんの写真で感動に浸ります。

又あんパン1個ですか。
あれだけ2個にしましょうと言っていたのに!
途中で泣きそうになったのですか。
きっとあんパン1個のせいです。

で、車中泊ですか。
びっくりです。
風邪引かないようにしてくださいね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/210-61631f3d

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。