07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/11/11//Sun * 00:47
●○西沢渓谷 ②

西沢渓谷12
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

不動の滝からは渓谷を離れ、急な階段を上って高度を稼ぎます。
もう勘弁してくれ~とか思い始めた頃、ポンと頂上の広場に出ま
す。ここで若干休憩。この時点で8時40分。2時間半かかっている。
ここまでずっとカメラ付き三脚を担いでザック背負って歩いてい
るのだから、我ながら呆れます・・・
西沢渓谷のハイキングコースで一番大変なのはここまでで、あと
は旧トロッコ道を利用した緩やかな下りの林道歩きが続くだけ。
途中何箇所も小さい橋が架かっているのですが、○○号橋という
風に番号が振られていて、カウントダウンしていきます。

西沢渓谷13
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

広場で休憩時、対面の山が日の光を受ける度に紅葉が輝いていた
のが素晴らしかった。

西沢渓谷14
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

旧トロッコ道はトロッコに使用したレールが残されていて、それ
に沿って道になっています。このレールが結構クセモノで、いい
具合に疲れがキテいる足がよく引っかかるんです。この微妙な歩
き難さが嫌らしい。

西沢渓谷15
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

最初、読み方が分かんなくて、??とかなってました(笑)
しかし読んでみると、彦一さんが馬と共に転落したからこの名が
あるって・・・そんなんでいいのか?
彦一さんもまさか自分が転げ落ちたことが後々語り継がれている
とは夢にも思っていないでしょう。

西沢渓谷16
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

前半に較べると超楽勝なトロッコ軌道跡。
一方通行と言う訳ではなさそうですが、この西沢渓谷は、渓谷を
ずっと歩いてまた引き返すのではなく、そのままこのトロッコ道
を使って戻るのが一般的のようです。このまま進むと駐車場から
歩いてきた道に合流して戻ることになります。

西沢渓谷17
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

今度はトロッコと一緒に転げ落ちた訳ですか・・・
好きだねえ。っていうか、猪虎狸って本当にそんな名前あるの?

西沢渓谷18
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

鶏冠山をバックに。

西沢渓谷19
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

うお?ちょっとベタ過ぎましたか(笑)
手振れしているのは秘密です。

西沢渓谷20
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

歩いていた先に日光が当たり、いろいろと輝いていました。

西沢渓谷21
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

中途半端に悪そうだ。

西沢渓谷22
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

グチャグチャやっているうちに、最初の合流地点まで戻ってきま
した。この辺りからはもう向こうからやたら人がやってきます。
服装は本当に様々。さすが有名スポットだな。スーツでやって来
るオジサンとかいましたが、何考えてんだろう?っていうか一体
どこまで行くんだろう? 見ていると、ちょっとその辺まで行く
という感覚の方が多い感じです。「ちょっとその辺まで」よりは
ちょっときついですよ?

そして10時過ぎ、駐車場到着。きっかり四時間でした。
そして駐車場は満杯。さすがは紅葉時期の有名スポットだ・・・
人もぞろぞろと渓谷の方へ吸い込まれて行くのが見えます。本当
に朝一番で行っておいてよかった・・・

西沢渓谷23
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

おまけ。
身体がくにゃくにゃになりそうだ。

さて、まだ10時過ぎなんですよね。
一日はこれからっていう時間。今回の山梨渓谷三昧は、泊りがけ
の予定なので、時間だけはやたらにあります。ではもう一つ渓谷
行っとく?という素敵な考えが浮かんでしまったのでした。嗚呼。

             撮影地:山梨県山梨市 2007/10/29

>> 2007/11/12 01:26
>ロココたえさん
ありがとうございます♪
二枚目の写真を見てもきっと一番紅葉がいい時期に行けたんだなあって思います。正直前回のこともあって期待していなかっただけに、余計感動でしたよ~
ロココさんも縮小専用をお使いでしたか。私はFireworksっていうソフトを使っているんですが、とにかく画像を小さくした時の画質の甘さがどうしても嫌で何とかしたいと思っていたんです。縮小専用はシャープのかかり具合がいいので結構これからも使いそうです。
いや、この渓谷はそんなに大変ではなかったですよ。私は登りには非常に弱いんですが、歩くのは少しは自信がありますので。この渓谷の登りは中間にある一箇所がつらいですが、それ以外は特にないので快適に歩けました♪
スーツといえば、この後の記事で次に行った渓谷のことをUPしているんですが、その時も途中までスーツネクタイの人が後ろをずっとついてきました。多分ツアー会社の人だと思うんですが、山の中でスーツを見るとすごく普段のことを思い起こしてしまって気分悪いです。服装は幾ら自由といってもなあ・・・

>ミューさん
紅葉は一番よかったと思いますよ♪ 渓谷の出口に近くのお土産屋さんで出している甘酒無料券を配っているお姉さんがいたんですが、ちょうど沢山の人が渓谷に入り始める頃私が帰って来たのを見て「もう周ってきたんですか?」と驚いてました。その時に紅葉具合の情報を教えたんですが、その後もう「紅葉は見ごろらしいです~」って通り過ぎる人たちに大声で知らせていました。少しは役に立ってよかったなあ。
ちなみに今回はそんなに辛くなかったです。中間の登りだけが少し嫌だったと、そういう主旨で書いたつもりだったんですが、やっぱり大袈裟になってしまうのかな(笑)

>> 2007/11/11 22:34
紅葉が綺麗ですね~
2枚目、一番の見頃のようです。
面白い看板があったり、良い景色が見られたり、その瞬間は、山登りの辛さを忘れるでしょうね。

>> 2007/11/11 20:08
よ~かんさん、本当楽しかったです!
笑いながら読み終えましたが
綺麗ですね~~~!
2枚目の紅葉は錦織りなすですね。
↓のコメですが私も縮専をダウンロードして使っています。他のやり方は知りませんので。

こんなに紅葉が見られて幸せ!
でも山登りが大変だったのですね。
スーツ姿のおじさん、何考えているのかしらね。
でも女性でも奥入瀬をピンヒールのロングブーツで歩いているカップルがいました。
相手の男性も変?


>> 2007/11/11 15:18
>蒼さん
こんにちは~♪
笑ってもらえるとこちらもすごく嬉しいです~♪
本当は細かいことをmixiで日記にしたいんですが、あまりにも時間がなくてあっちは全然更新できていないんで、仕方なくこっちの文章を少し増やしています。
紅葉はかなり北から進んでいるかと思います。まだ私のいる神奈川は先ですが、蒼さんの方もまだ少し先ですかね~
季節感のない生活ですか。私と正反対かも(笑) こちらは紅葉を追っかけてあちこち行ってみたりしましたから。でも何も撮れないってのも嫌ですよね。なんとか蒼さんが秋の景色を見に行けたらいいんですが・・・まあ無理してもしょうがないので、その時出来ることをやるっていうの一番です♪
写真たちなんですが、結構CLEARをかけるとフィルムっぽくなるんですよね。この記事では1,10,12枚目にCLEARをかけています。あとシャープとコントラストを少し強くしてもそんな感じに見える時があります。私もフィルムっぽいなあって思っていたところです。

>> 2007/11/11 12:25
よ~かんさんこんにちは♪

相変わらず楽しいブログです( ̄m ̄*)ぷっ
何度も笑わせていただきました♪

って言うか!!!もう紅葉ってしてるんや・・・( ̄▽ ̄;)
最近はまったく季節感がない生活を送っているのです(汗)
今年の紅葉撮影、アタシは撮れないかもぉ(´・ω・`)ショボーン

にしても、この写真ちゃんたちなんだかフィルム写真みたいですね。
アタシ的にはかなり好きな感じなんやけどなんでやろぉ??[PC]ヾ(-Д-*)ウーン…(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/209-d896a19e

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。