07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/11/07//Wed * 23:33
●○西沢渓谷 ①

西沢渓谷01
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

10月29,30日と山梨渓谷三昧をしてきました。
そのトップバッターは西沢渓谷。ここは有名な紅葉スポットなの
で、シーズンはメチャクチャ混みます。なので例によって朝暗い
うちに到着し、6時過ぎに歩き始めました。約10kmの歩き。
恐ろしい事に、歩き始めてすぐに駐車場にツアーバスが!ツアー
でもこんなに朝早くに来るなんてびっくりしました。追いつかれ
たくないので、なるべく早足で・・・

西沢渓谷02
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

さすがに朝早く入ったので、私の前にはほんの数人が先行してい
るだけ。多分みんなカメラ人です。一昨年も紅葉シーズンにここ
へ来ていますが、10時近くに出発したところ、渓谷内で人の渋滞
を経験しました(笑)
ちなみに一昨年は10月27日に来ていて、もう紅葉が遅めの感があ
ったんですが、今年は真っ盛りで素晴らしかったです。

西沢渓谷03
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

随所でいちいち「ほお~」とため息が・・・
自然の創り出した景色なので、いろんな色が混じって、赤一色の
ようには行きませんが、それがすごくいいのです。
渓谷内に入ると見所の連続で、飽きずに長い距離を歩けます。
前回の世附大棚と似たような所要時間ですが、こちらはそのよう
な理由で時間を感じさせません。今回は最初から三脚にカメラを
つけて担いで前半は移動したため、かなり面倒な歩きでした。

西沢渓谷04
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

渓谷内で一番最初に迎えてくれる大久保の滝。
ここから急な階段で高度を稼ぎます。
ちなみに、この渓谷は長い距離を歩くことになりますが、難所の
ようなものは特にないので、滑りにくい靴であればそんなにきつ
くないと思います。ただし、中間地点の急な階段を上るのが重人
の私にとっては辛いんですが・・・ でもここを越えてしまえば
後半は楽勝です。ぐるっと周って最初の方の道に合流して同じ所
に戻るようになっています。

西沢渓谷05
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

三重の滝。和の景観。素晴らしいです。

西沢渓谷06
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

こんな感じの渓谷のすぐそばを歩きます。

西沢渓谷07
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

竜神の滝。他にも色んな滝や景観がありますが、とても載せ切れ
ないないので端折っています。機会があれば他のものもUPしたい
ですね・・・

西沢渓谷08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

母胎渕。ちょっと不気味な甌穴です。

西沢渓谷09
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

カエル岩。確かにカエルが重なっているように見えるんですけど、
横から見るともう完全にただの岩です。
この後にもう少し行くと方丈橋という木で出来た橋があるのです
が、ここを渡るとついにこの渓谷のハイライトが待っています。
ですがそれは単独で次回の記事にUPしますので、お待ち下さい。

西沢渓谷10
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

「和」ですね。「ハイライト」を過ぎてもう少し歩くと・・・

西沢渓谷11
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

渓谷最後の滝、不動の滝。
ここを過ぎると西沢渓谷を離れ、山の中の急な階段を登る羽目に。
これがね、嫌なんですよ。長いし急だし。でも登り切ってしまえ
ばもう後はへなちょこ道を残すのみ。
ちなみに不動の滝でついにツアーバスの連中に追いつかれました。
でもこの渓谷に来た目的は果たしていたので、もう問題はなかっ
たのですが。

             撮影地:山梨県山梨市 2007/10/29

>> 2007/11/11 01:04
>びーぐるさん
ああ、びーぐるさんならここには行かれているかと思っていました。一昨年も同じ時期に行ってるのですが、その時はもう遅めであまりきれいじゃなかったんです。ところが今年は素晴らしくて・・・でもまともに普通の時間に行くと人が沢山います・・・

>ミューさん
本当に素晴らしいです。滝もそうですが、そこへ至る過程もいちいちよかったですよ~♪
自然の作り出す紅葉の造形って、そんなに派手じゃないなと思っていたけど、とんでもない。ミューさんも機会があれば自然の紅葉を楽しめる場所にいけたらいいですね~♪

>スズさん
こんばんは~♪
多分思うに一番いい時期だったんじゃないかと勝手に思っています。そうそう、全部赤とか黄とかじゃなくて、いろいろな色が混ざっているんです。その混ざり具合がまた自然の造り出した芸術ですね・・・

>> 2007/11/11 00:32
こんばんわ*

こんなに紅葉していたんですね!!
赤に黄色に緑に。綺麗:)

自然にはやはり癒されます*


>> 2007/11/09 16:24
スゴーイ、滝も紅葉も綺麗。
両方一緒に見られると、美しさは何倍にもなりますね~。
何処からも良いですね~。
写真は撮れなくても、この時期に行ってみたいです♪

>> 2007/11/09 07:45
西沢渓谷は行ったことがありませんが、
さすがに有名スポットだけあって
見事な紅葉ですねぇ!(^^♪
やはり滝があると引き立ちます。

>> 2007/11/09 00:33
>こまみちさん
三匹くらい重なっているように見えますね。
なんだか笑っちゃいます。
でも通り過ぎる時横から見ると、全く持ってただの岩にしか見えないんですよね~

>FSK-JPさん
確かにここはとても素晴らしいところですよ。10㎞と少し長い歩きになりますが、見所が満載なのであまり距離を感じさせることはないでしょう。途中の長い階段がちょっと嫌ですが、それ以外は難所と言うほどのものもなくて、まあ楽勝の部類に入るハイキングです。ただし、一つご注意を。もし紅葉の時期に行くのであれば、大混雑を覚悟してください。誇張じゃなく渓谷内で人で渋滞しますよ。一番のオススメは今回私がやったように、朝一番で入ってしまうことです。快適なハイキングが出来ますよ♪

>ららさん
もう本当に素晴らしい状態。紅葉、山、滝、どれをとってもため息ものでした♪
一昨年ここに来た時は時期が遅くて、ここの紅葉ってこんなもんなのか~って勘違いしていたんですが、今年来てその認識が間違っていたことを思い知らされました。すごかったです。どれも山に来て初めて見ることができる景色です♪
おお、写真倶楽部の先生つきの旅行ですか~ ますます上達して帰って来るのかな~ 写真楽しみにしていますね~

>ロココたえさん
吊橋苦手ですか? 山は結構多いんですけどね~
紅葉はかなり一番いい時期に来れたと思っています。ここの紅葉は渓谷入り口と最深部では時期がずれているんですが、どちらにも対応できるような状態でした。同じ片道二時間でも、前回の世附大棚に較べたら、見所だらけなので飽きさせないんです。
確かに早朝数人の人がいましたが、9時くらいとかに来て駐車場満杯、渓谷内も人がウジャウジャって状態を耐える方が私は根性要りますよ(笑)
水はとてもきれいです。でもここは鉱毒が混ざっていて魚とかの生物がいないそうですよ。そのせいできれいな水らしいです。
ハイライトアップしました。よかったら見てくださいね♪

>> 2007/11/08 18:58
ウワッ 凄い紅葉!
綺麗ですね。
ひょっとして吊り橋?
吊り橋は怖いです!
まわり中が紅葉で歩いていても時間を感じなかったのですね。
でも先行者がいただなんて写真家は根性が要りますね。
本当、カエルが重なっている、面白いですね。
水の色もきれいですね。
エエッ ハイライトは次回なのですか。
こんなに綺麗なのにもっと凄いのですね。
楽しみです!

>> 2007/11/08 18:37
真っ盛りの紅葉に渓流
そうして

なんかもう盛り沢山の最高の感じ
自然の赤は綺麗

一番好きなのは・・・と何度も比べたけれど
みんないいな~~
柔らかい水の感じと葉っぱの色がすてき

ツアーバスもなかなかツワモノ
とか何とか言って
これから写真クラブのセンセイ付きのバスの旅・・・
いってきま~す(^^ゞ

>> 2007/11/08 10:01
ここいいですね!! ネットで調べたら、うちからもアクセスしやすい? ところです。来年、絶対に行きたいなぁ~^^ 1枚目、すごく綺麗です!!

10キロも歩けるかなぁ・・・体力付けないと><
それでは~

>> 2007/11/08 07:56
確かに! カエルだ!
 親ガエルの上に子ガエルを乗せて~ですね(笑
水の流れる音が聞こえてきます









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/207-54886f18

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。