03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/10/31//Wed * 23:43
●○安の滝

安の滝01
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

やすのたき。落差90m。日本の滝100選の一つ。
安は安兵衛とかヤスとかお笑いや脱力系のヤスではなく、女の子
の名前です。しかも最終的には滝壺に安が身投げしてしまうとい
う悲しい伝説が・・・

この滝は二段で、上段60m、下段30mとなっています。
観瀑台から更に滝に向かって左手に巻き道がついていて、それを
登って行くと上段の滝壺へ行くことができます。そこから戻って
くる途中、上段の滝を振り返ると、クッキリと虹がかかっていま
した。あまりの美しさに少しの間ボーッと見とれていましたが、
すぐ我に返って手持ちで数枚何とか撮った後、すぐに虹は消えて
しまいました。

そんな訳で、秋田編二つ目のメイン、安の滝です。
ハッキリ言いまして、この滝が見たくて今回の北東北計画を実行
したのです。ここは前回の記事の立又渓谷と位置的には近いので、
立又渓谷に午前中行き、昼休憩を挟んでこの滝に行く予定でした。
ところが寝坊のため大幅に時間が押してしまい、休憩全くなしで
すぐ車で安の滝駐車場まで移動、そこから約40分の山歩きをする
羽目に。立又よりは楽な滝道でしたけど、かなり足はボロボロに
加え朝にアンパンを一つ喰ったきり。観瀑台に着いた時はなんか
身体がへた~ってなっていて、ザックに入れてあったウィダーin
ゼリーを貪り呑みました(笑)

安の滝02
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

で、観瀑台から見たのがこれです。
今まで私が見てきた滝の中で、迷うことなく一番の滝でした。
この滝は西向きなので、15時くらいまでが滝全体に日が当たって
虹が出るという情報を調べておいたので、少なくとも13時くらい
には着きたかったのに、もう着いた時点で14時前。これじゃ休憩
なんて出来る訳ないよなあ・・・

安の滝03
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

観瀑台から見た下段の滝の滝壺。
ここに着いた時、複数のカメラ人たちがいて、そのうちの一人に
話しかけられました。「あんた、一番いい時に来たねえ。」
そりゃあそうだ。そのためにドタバタしていたのだから。これで
この時を逃していたら悲し過ぎます・・・

安の滝04
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

滝の天辺がV字に切れ込んでいるため、どうしても空を取り込ん
で撮ることになるので、晴れていることがとても重要。しかも白
い雲があると尚素晴らしい。

安の滝05
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

後半は曇ってしまい、空はごらんの通り。構図的には今回一番の
お気に入りなのだけど、空はマイナス300点(笑)
総合すると青空で形のいい白い雲、そして断然スローシャッター
がいいので、NDフィルターがすごく欲しかった・・・
ちなみに紅葉はやはり少し早めだったので、滝上部以外はそんな
に色付いていなかったけど、十分きれいでした。

安の滝06
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

冒頭にも書いたとおり、上段の滝の滝壺へ行けます。
ただし結構な急登なので、行くのはしんどいです。
思いっきり上段の滝に近づいて見上げました。すごい迫力でした。

安の滝07
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

上段の滝のほぼ全容。

安の滝08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

滝壺。観瀑台からここに来たとたん、空気が一変し、気温が急激
に下がりました。それまで歩いていたため暑くてTシャツ一枚だっ
たのに、寒くて上を着たくらいです。

安の滝09
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

滝壺の部分だけがかなり深そうで、黒く沈んだ色をしています。
安が身投げしたのってこの滝壺なんだろうな・・・

安の滝10
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

上段と下段の間の空間はかなり広くなっています。
滝壺から流れた水はこうして下段の滝になって落ちて行きます。
そういえば下段の滝の落ち口を見るの忘れた・・・

安の滝11
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

そして観瀑台に戻ってきました。
最後に一枚。この滝を見ることができて本当によかった。

そして安の滝駐車場に戻ってきました。
ここで着替えていたら、多分市の職員の関係の人たちが駐車場
の整備のことか何からしいことで数人で話し合っていました。
その内の一人のおじさんが私に話しかけてきたのですが、その
内容が、安の滝という言葉以外何一つ理解できませんでした。
一体同じ日本人とはとても思えない(笑)っていうか返答にすご
く困って適当に返事したらどうやら会話は成立したようで(笑)
考えてみたら向こうは標準語は分かって、方言まで操れるなん
て、すごく羨ましいかも。

この後、16時前に安の滝駐車場を後にして(ちなみに駐車場から
5kmはダート道です)、食事できるのに一番近いところにあった
道の駅「あに」に着いたのが17時。ここでやっとこの日で一番
まともな食事を摂る事が出来ました。
ちなみにメニューはラーメン&ミニカレーセット。なんせ朝か
らろくな物を摂取していなかったので、身に沁みたなあ・・・
とにかく疲れ切ったけど、この後は家へ帰るという一番の目的
が待ってました。で、家に着いたのは翌日の夜明け。気絶。
以上、貧乏暇無滝見旅北東北編でした・・・

            撮影地:秋田県北秋田市 2007/10/16

>> 2010/07/26 00:33
>ちしろさん
こんばんは~♪
いえいえ、こうして前の記事を見てくれて、しかもコメントいただけるなんて、ホントに嬉しいですよ~♪
ちしろさん、丹沢に特化して巡られている方かと思っていたんですが、色々と旅されているのですね~ 私も中途半端に日本全国巡りたい中です。
森吉山、私は桃洞滝にすごく行きたかったのです。秋田には二回行っているので、その度に時間があればと思っていたんですが結局時間を作れず・・・ あの滝、すごい形してますよね。そしてあの上流にも行ってみたいです。ホントに欲を言えば九階の滝を見たいのですが、これは完全に一般人には夢です・・・
安の滝は確かに車とかでないとアクセスは厳しいです。でもあの滝は一度は是非見て欲しいですね。素晴らしいです♪

>> 2010/07/24 11:44
こんにちは。
毎回、ズレのある書き込みで・・・m(_ _)m

去年、7月の「森吉山」一人旅の時、見に行きたかったのですが、
2泊3日期限付き、公共機関利用では、どうにもならず
あきらめました。
代わりに、と言うわけではありませんが、
桃洞滝は地元の方のご厚意により、見ることができました。
ユニークな形に、ビックリしました。
秋田県の沢は大きいので、滝も独特ですね。
薄いベールのように、流れ落ちます。

安の滝も写真が良いので美しさが伝わってきます。
・・・実物を見てみたいですね~

>> 2009/11/15 02:29
>しゃけさん
私もこの滝を見た時点で、今まで見た中で一番の滝だ!って即座に思った程です。未だに三本の指に入ります。まあ今まで見たとは言っても、そんなにすごくたくさんの滝を見ている訳じゃないですけど・・・

>> 2009/11/14 18:08
安の滝は本当にいいですよね!
私は安の滝こそが日本一の滝だと
思っているほどです。

>> 2007/11/05 19:41
>真琴さん
本当によく合いますよね。実際に紅葉と重なっている時に見に行くと自然の造形美に改めて驚かされますよ~
滝だけでも十分すごいのに、何でこんな風に絵になるようにうまい場所で染まりますかね? 狙ってやっているとしか思えないです。
上段の滝の虹はすごかったですよ。あんなにクッキリとした虹が滝にかかるのは殆ど見たことがないです。
白糸の滝の紅葉は例年だと11月の終りくらいだと思います。多分まだ色付いていないかも・・・

>> 2007/11/05 16:34
滝と紅葉って実にあいますよねぇ・・
赤とか黄色に木々が染まってほんと自然が作り出す
色彩ってまねできないから美しいですね。
しかも滝に虹がかかってるし・・最高だねぇ・・

白糸の滝にいきたくなったなぁ・・
そろそろ綺麗だろうなぁ・・


>> 2007/11/04 00:56
>牛柄さん
初めまして~♪ このこぢんまりとしたところへきていただき、ありがとうございます。
このときでもまだ紅葉は少し早かったようですが、それでも上段の滝の上部が色付いていてよかったです。この滝は本当に素晴らしいですね~ 見に行って本当によかったと思っています。もしよろしければこれからもよろしくお願いしますね♪
100選巡りはとても現状では全て巡れるとは思えませんが、なるべく行けるだけ行ってみたいと思っています。気にかけていただいてありがとうございました。

>> 2007/11/03 15:07
はじめまして。
安の滝と聞いて、すっ飛んでまいりました。
自分が行ってきたときはまだ紅葉なんてものじゃなく、こちらでこんなにも素晴らしい安の滝を拝見できて、2度足を運んだような気持ちになっています^^
勝手ながら、TBさせていただきました。
目指せ日本の滝百選、ですね。
お体にはお気をつけて!

>> 2007/11/03 02:27
>ららさん
本文中でも書きましたけど、この滝はとにかく青い空、白い雲、そしてスローシャッターが断然いいと思うのです。でも青い空が出ているということは当然晴れ。スローシャッターと相反するのですごく厳しいです。無理やりスローにするのに絞りを絞れるだけ絞ると回折現象で超甘写真になってしまうし・・・
時間帯は午後。太陽が全体を照らしてくれた上に虹まで期待が出来ます。本当にこの滝は素晴らしかったです。
アンパンはねえ、これはもう自分が大甘だったというしかないけど、まさかこんな事態に陥るとは思わなかったんですよね~ 二時間キープのウィダーinゼリーがあったからまだよかった・・・
脂肪は燃焼したかどうかはかなり疑問・・・
写真、気に入ってもらえて嬉しいです♪

>ロココたえさん
私は結構あることに熱中すると周りが少し見えなくなるようで(笑) ほんと、この滝から駐車場に下ってきた時はもうフラフラでした。とにかく何か食べたいという欲求が大きかったなあ。そして道の駅で食べましたが、ここも後十数分で食堂が閉まってしまうところで危なかったんです。そうしたらまた全然食べ物を仕入れるところがなくて往生するところでした・・・
東北の方言に限らないと思うけど、本当に全然分からないんですよね。ロココさんは解読できたなんてすごいです。私は全く分かりませんでした。
滝の虹はラストの写真のような虹を予測していました。一枚目は予想外で驚きましたよ。きっと日ごろの行いがいいのでしょう(笑)

>こまみちさん
伝説を私もこの滝を見る前に知ったので、虹はこまみちさんのおっしゃるとおり、彼女のために出ていると思っていましたよ。昏い滝壺、気温がすごく低い、上段のクッキリした虹、全てにこの話を思い起こさせました。
悲恋物語なのに、何故かこの滝にカップルで来ると恋愛成就するそうですよ。なんでだろ?
分からない言葉で会話が成立してしまったためか、その後もう一度話しかけられて、本当に困りました(笑)
でも幾ら会話が成立しても自分が分からないのだからしょうがないですね(笑)

>びーぐるさん
本当にこの虹はすごかったです。滝に虹がかかるのは珍しいことではないのですが、こんなにはっきりした虹は滅多に見ないです。もしこの滝だけしかこの日行かなかったとしたら全然楽勝な道のりだったんですが、その前に行った滝がかなり響きましたね~
一枚目は、まだそれでも空の部分がちゃんと絵になっているからマシでしたよ~

>TAKAさん
こんばんは~♪
ありがとうございます、結構一枚目は会心の一撃(懐)だと思います♪
紅葉が残念ながら少し早かったんですが(本来なら見ごろの季節なんだけど今年は遅れてしまったんですよね)、手前の木もちゃんと紅葉するようですよ。
初めてこの場所に着いた時は虹が出てはいたのですが、そんなに濃くなくてこんなもんなんだなって思ってました。まさかこんなに素晴らしい光景になるとは・・・短い出来事だったので、三脚を立ててじっくりと狙えなかったのがちょっと悔しかったです。

>そらさん
この滝は日本の滝100選に選ばれた時、その中でも2位だったそうです。私の中では今のところ今までの滝の中で1位です。最初に観瀑台に着いた時、上段の滝に行って戻ってきて振り返った時、こんなにすごい滝があるのかって思いましたよ。完璧過ぎるって。そらさんが秋田にいた時にぜひ見て欲しかったです。
すいません、山をなめてました。今度から車の中を喰いモノだらけにしておきます(笑)

>畑ちゃんさん
本当は感動はこんなもんじゃないんです。写真にしてどんなにしょぼくなってしまったか・・・
滝って本当に撮るのが難しいです・・・
でも素晴らしいっていってくれてありがとうございます♪
この滝はまた紅葉の季節に絶対に行きたいです。

>lunaはちこさん
いつも見ていただいていたんですね。本当にありがとうございます♪
滝に虹がかかるというのは、飛沫があるという性質上そんなに珍しくはないのですが、今回の一枚目は特に強烈でした。これは思わず「うわあすげー」と口から漏れてしまいましたからねえ。
滝へ行く楽しみの一つは、大自然の中でうまい空気を目一杯吸い込むこともありますよ。その為にあちこち飛び回っています♪

>蒼さん
ありがとうございます♪ それがですね、リサイズすると画質が絶望的になってしまうんで、仕方なくシャープをかけて少しはマシにしています。さすがにリサイズすると微妙な色合いのものが全部ぶっ飛んでしまうんですよね・・・
でもこのレンズの描写は本当にすごいです。今まで標準レベルしか使っていなかったので余計にそう感じます。レンズは喜んでお貸ししますよ。いえいえ、見返りなんてそんな(笑)
『やつのたき』を見て、『おやつのたき』ってすぐに何故か連想されました(笑)

>takakoさん
そうなんですよ、色んな滝を見てきましたが、こんなにクッキリと虹が見えるのって滅多になかったです。実物は多分今回の写真の100倍はいいですよ。ゾクゾクしました。毎回毎回絶景を見る度に思いますが、なんで別に人に見せるためにそうなった訳じゃないのに、こんなに感動する光景なんだろう・・・ これからも益々風景を見に行くのを止められないんだろうな・・・

>> 2007/11/03 00:02
あんなにくっきりと滝に虹が出るんですねぇ~!
すごい!!!
生で見るともっときれ~なんでしょうねぇ(*^_^*)
自然って素晴らしいですよね♪

>> 2007/11/02 23:29
才才-!!w(゚o゚*)w虹だぁ♪
滝と虹のコラボ♪なんて素敵♪♪(人´∀`).☆.。.:*・°
しかもすっご迫力ですね♪しかも描写が最高じゃないですかぁ♪
今度レンズ貸してください(笑)

それにしても『やすのたき』が『やつのたき』に
見えたおバカなアタシです;;( ̄▽ ̄;)
(´・ω・`)ショボーン

>> 2007/11/02 18:04
いつも楽しみに観させていただいています♪
今回は滝の虹も入っていて、より素敵ですね☆
何よりも大自然の澄んだ空気がこちらまで伝わってきそうで…
行った気分になれるっていいなぁ…♪

>> 2007/11/02 10:23
w( ̄o ̄)w オオー!

なんて綺麗・・・・
素敵ですね・・・・

紅葉・青空・滝~そしておまけに虹・・・
(*^ー゚)b グッジョブ!! ですね

本当に素晴らしいです・・・

ありがとう♪(#^ー゜)vです

>> 2007/11/01 20:55
もう~すごーーい!ときれーーーーい!の言葉のみ。
よ~かんさんが見たいと思った気持ちがよ~くわかる!
こんな滝があったなんて。。
でも見たいと思っても行ける距離ではなさそう^^;

虹がとってもきれい♪
そして青空も!

アンパン一個だなんて・・・山をなめてはいけません!
次はいっぱい持って行くように!!笑


>> 2007/11/01 19:15
こんばんわ^^
ついに出ましたね!
紅葉、虹、滝のコラボレーションが!!!
手前の木は、紅葉しない木なのですか?
それがちょっと悔しいですね~><
でも、決定的瞬間のベストショットだと思います!

>> 2007/11/01 10:13
紅葉に滝に虹なんて最高ですね!
大苦労して行かれただけの事はありますね!
一枚目が青空だったら120点ですね。(^^♪

>> 2007/11/01 09:51
最初に悲しい伝説を読んだので 虹は彼女のために出てる としか 思えなくなった(思い込み?・・
それだったら嬉しいね 虹は希望を感じるモノでしょう

わからない言葉で 会話成立には笑えました
よ~かんさん これから海外進出ね

>> 2007/11/01 07:26
滝も凄いけれど、よ~かんさんの迫力も凄いですよ。
あんパン1つで山も登り↑のららさんと同じ
あんパンは2つ買っておきましょう。

秋田だったのですね。
私も青森で林檎を捜しているときに市場の人と話をしたのですが???でした。
なんとか解読しましたが本当に同じ日本かと思いますよね。
外人さんが何処で住むかで色んな日本語を覚えるのかと思うと面白いですね。
話が脱線。

滝に虹がかかって予定通り大成功、パチパチ!
私は同じ秋田でも八幡平へ行っていました。

>> 2007/11/01 06:27
ほんとに綺麗な滝
しかも一瞬でも青空と白い雲
滝の白い線が絹の糸の様に繊細で

虹が出て

紅葉

写真見るだけでうっとりです

でもアンパン一つで暗くなるまで(笑)
せめてアンパンは2つ買っておきましょう。

でも素敵な感動と写真が残って、脂肪も確実に燃焼・・・いいことばかりかもね

全部の写真が素敵
特に1番目と7・8番目大好き~♪









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/203-a7e32777

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。