09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/10/30//Tue * 18:43
●○立又渓谷

立又渓谷01
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

マタギとかで知られる阿仁の山中にある渓谷。
秋田編、メイン目的の一つ目です。
この渓谷には代表的な滝が三つあります。

朝一番で巡った七滝より、大幅に時間が押していたせいで、食事
を摂る暇がなくこの渓谷の駐車場に到着。車にはアンパン一つと
ウィダーinゼリー一つあるのみ。この渓谷は上まで行くのが結構
きついと聞いているので、アンパンを朝食に選びました。
この渓谷と残るもう一つのメイン目的を達成するまで、食べ物屋
等がないので、残る食料はウィダーinゼリーが一つだけ。なんて
不安なんでしょう・・・

ちなみにこの渓谷は遊歩道が整備されていますが、まあ登山道で
す。それなりの心構えを持っていないとかなり厳しいです。

立又渓谷02
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

一ノ滝。落差38m。
この渓谷を歩き出して10分ちょっとで到着します。
ちょうど私の前にグループの人たちが渓谷へ入っていったのです
が、その時ガイドらしきおじさんが「この一ノ滝まではどったら
ことないです。そこから先が・・・」と言っているのが聞こえて
きました。そんな不吉なことを言わないで欲しいなあ・・・

立又渓谷03
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

堂々としていてそれでいて威圧感がない優しい滝です。
ちょっと残念なのは紅葉がまだ早かったこと。本当ならもう時期
になってもおかしくないのだけど、遅れ気味のようで。

立又渓谷04
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

滝の右岸を急な坂を登って行くと、一ノ滝の横顔を眺めることが
できます。つまり滝の分だけ高度を稼ぐことになるのでかなり急
な登り。

立又渓谷05
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

その後も結構きついアップダウンを繰り返し、二ノ滝へ到着。
落差20m。二段になっていて、これは下段。一ノ滝からは20分位
かかっています。
この滝はこの渓谷でも人気があるらしくて、写真雑誌とかによく
見かけました。

立又渓谷06
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

やっぱり紅葉がいまいちなのが残念・・・
ちなみに上段は下段の位置からは全容が見えません。

立又渓谷07
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

これは二ノ滝上段。
下段の左岸を上へ行こうとすると二股の道になっていて、左側の
道を選ぶとこの上段を見ることができます。道は行き止まりにな
っていて、本来なら上段滝壺まで降りられる様ですが、ロープで
厳重に通行止めにされていました。

立又渓谷08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

一枚岩をサラサラと落ちる下段よりも、上段は更に細かく階段状
になっています。造形美ですよね。

そして先程の二股に戻り、上を目指します。
ここからが一番大変。九十九折れの急登になります。これが本当
にやたら急で本当に嫌になりました。いつまで続くんだよこれ?
とブツブツ言いながら登っていると、ポンと山の尾根にぶつかり、
終点です。

立又渓谷09
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

幸兵衛滝。落差108m。尾根上から対岸の山を見るようにして見る
形になります。トップにも載せている、この渓谷のメインの滝。

立又渓谷10
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

下の方がよく分かりません。すごい落差なのに、洗濯板みたいな
岩盤をサラサラと落ちている静かな滝です。紅葉もかなりここは
進んでいました。

立又渓谷11
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

まさにこの登りを登り切ったご褒美みたいな滝です。
思わず「うおぉーっ!」と叫びたかったけど、ここには先に来て
いたグループ含め結構な人がいたので心の中で留めました(笑)

急な登りは帰りが怖い。道が結構滑りやすい上に急坂なので怖い
ことこの上なし。一度滑って転んで尻餅をつきました。
まあ帰りは殆ど下り坂なので下り切るのは早かったのですが。
駐車場まで戻ってきたら13時近く。先程のグループの人たちとか、
その他この渓谷を登って降りてきた人たちが楽しそうに駐車場で
お弁当を開いていました。こちらは「いいなあ・・・」とそれを
横目で見ながら、時間が相当押していた為全く休めずに次の目的
地へ泣きながら走りました(泣)

            撮影地:秋田県北秋田市 2007/10/16

>> 2007/11/02 01:35
>アレッサさん
ほんとにね、100m以上の落差があるくせに、サラサラと優しい落ち方をしているんですよ。見ることができてよかったです♪
食べ物はいつもなら絶対に忘れないんですが、本当に時間が押していたんです。この後の安の滝に行くのに時間がとにかくなかったので・・・ っていうか忘れていなくてももうどこかへ食糧を買いに行く時間はなかったのです。
ちなみに飴はちゃんと糖分切れに備えて持っています。

>> 2007/11/01 14:02
紅葉が進んだメインの滝は やっぱり素晴らしいですね♪
「優しい滝」っていう よ~かんさんの表現、いいなぁ。

泣かないで走りましょう。
食べ物のことを忘れているなんて すごい!!
私、ぜったいに忘れないです。お散歩のときでも備えにキャラメルとか持って出ますよ。(^o^)

>> 2007/11/01 00:33
>ミューさん
この渓谷は最後の幸兵衛滝に至るまで、美味しい滝ばかりで素晴らしいところでした。ここに行くのに事前情報でかなりきつい登りという事を仕入れていて覚悟はしていたので、思ったよりは若干楽できました。これが反対だとすごく辛いんですよね(笑)
本当に感動的だったなあ。また行ってみたい場所です♪

>ロココたえさん
お帰りなさい~♪
もう10月終りなのに、まだ紅葉これからっていうところがあるんですね~
なんにしても楽しまれましたか? ロココさんのUP楽しみにしていますね♪
ちなみに今回の北東北旅では、私は567枚撮っています。そのうち使えるのなんてホンの僅か。まあそんなもんですよね。

>ちびこさん
ありがとうございます♪ 全部で歩きだけだったら一時間くらいでしょうか。帰りは殆ど下りなので40分かかんなかった感じですが。とにかく嫌になる程急坂で、笑いが出そうでした(笑)
二ノ滝は結構有名らしくて、その存在だけは最初に知りました。全く自然ってのは誰に見せるためにこんなものを造ったのか・・・
ご心配ありがとうございます・・・いろいろな条件が重なってかなり酷い食糧事情になってしまいました。こうなると食べ物ってすごくありがたいって身に沁みましたよ~

>EyeModeさん
二ノ滝は思わず「おお」と呟いてしまいました。
この滝は結構雑誌とかで見かけていたのですが、殆どが紅葉との取り合わせで、素晴らしかったので今回見られなかったのはちょっと残念でしたね。
私は見たいと思ったものを見なければ済まない性分なので、少しくらいの無茶はよくやります(笑) まあそれでも冒険というジャンルまではとてもいけないですけどね・・・

>> 2007/10/31 21:04
滝が階段状になっていてとても綺麗です。
こういう滝もあるんだぁ。
緑葉に混じって赤くなり始めた葉が綺麗です。
見頃までもう少しのようですね。
それにしてもよ~かんさんは凄いバイタリティーがありますよね。

>> 2007/10/31 14:50
ここに到着するまで大変だったんですね~。
お疲れ様でした・・・。

最後から4枚目の写真。
水に濡れた意思がこんなに美しいものだなんて。
そしてそこに這うようにして流れる、無数の細い滝。
本当に造形美です。

・・・しかし、食料はもうちょっと多めに用意してくださいね。
万が一のことがあったとき、心配ですから。(><)


>> 2007/10/31 05:41
よ~かんさん、ただ今。
東北の旅から帰ってきました。
秋田も行かれたのですね。
もう紅葉ですね。
私が行った所は紅葉が今からだったり
もう終わっていたり色々でしたが
東北は空気の色と匂いが違うと思いました。
ツアーですので滝あるところには行けませんでしたが
徐々にUPしていく予定です。
じっくり腰を据えて撮る時間が無くてとにかく撮りまくりで400枚ぐらい撮ってかえりました。
そのうち何枚残るのか???

>> 2007/10/30 20:30
この前の滝と違って、喜びが倍増しましたね~。
本当に綺麗な滝ですね。
紅葉も、滝をいっそう引き立てて、素敵です。
よ~かんさんの、感動が伝わってきます♪

>> 2007/10/30 20:04
>きらりさん
おおっ!早っ! 一番乗りありがとうございます♪
確かにおっしゃるとおりですが、この時は時間が押していて食べ物のことが頭になくて気がついたらこんな状況だったんですよ~ そしてまだもう少しこの話は続きますが、それは次回の記事で・・・
本当に素晴らしい滝でした。行くのはちょっと大変ですが、それだけの価値は絶対にあります。この幸兵衛滝だけでなく、その他の二つの滝も素晴らしいです♪ きらりさんにも本物をぜひ見て欲しいですね~
もっとこう細かい表現がリサイズでぶち壊しになっているのがすごく残念ですが・・・

>> 2007/10/30 19:20
いっちばん!
よ~かんさん、もっと食料持って行かなくちゃダメですよ!
あんぱんじゃ、アタシでももたないです。
「うぉぉー」っていう程綺麗ってこの写真で分かります。
うわ~~~~~すっごくきれい。
こういう所行った事ないな~
アタシだったら叫ぶと思う^^v









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/202-7e0b428a

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。