03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/10/23//Tue * 00:47
●○不動の滝

不動滝01
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

ふどうのたき。落差15m。日本の滝100選の一つ。
岩手の目的は前回の七折の滝とこの滝の二箇所でした。
今回ははっきり言って100選だからここに来たのであり、殆ど滝
については期待していなかったのですが、目の前にすると100選
に選ばれるだけあるなあって思いました。

不動滝02
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

この滝は桜松神社という神社の境内にあります。
駐車場に車を停め、幾つかの鳥居を潜って奥へ進みます。

不動滝03
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

そして最奥にこの滝が待っています。
多分滝自体がご神体なんだと思いますが、この神社の雰囲気と切
り離しては考えられない滝です。自然の中にある滝もいいけれど、
こういう風に人と関わるのもありなんだなあ。

不動滝04
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

滝下の流れが爪みたいで面白いです。
滝の中程右側に不動尊が彫ってある石版が安置されています。

不動滝05
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

もう少しUPで。
この滝の情報を集める時に写真を見ているんですが、見た限りで
はとてもしょぼく見えたので、全然期待していなかったのだけど、
実物はとても迫力もあるし、雰囲気は素晴らしいです。それに加
え、とても人に大事にされている感じを受けました。

不動滝06
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

何故か縦構図しか似合わない滝です。
少なくとも私はそう感じました。

不動滝07
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

ちょっと無理に横で撮ってみましたが、全然しっくり来ないんだ
よなあ。何枚か横で撮ってはいるのですけど・・・

不動滝08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

この滝は岩手名水20選にも選ばれています。
せっかくなので、ここと前回の七折の滝の水を、ペットボトルに
汲んでいきました。さすがに生で呑む気にはなれませんが。

出だしから大きく遅れたせいで、この滝を後にした時はもう暗か
ったです。結局前回と今回、岩手はこの二箇所を巡るのが精一杯
でした。

            撮影地:岩手県八幡平市 2007/10/15

>> 2007/10/25 00:26
>☆MIYA☆さん
ここはちゃんと紅葉するのかなあ。まあしてもまだまだ先なんでしょうね。この滝は神社と一体になっていてとても厳かといえばいいのかな、そんな雰囲気でよかったですよ。
最後の写真は薄暗くなってきてはいたけど、そのせいではなくて、WBの色温度を低くしています。あと露出補正もマイナスにしていて暗めにしているんですよ。参考までにWBは「白色蛍光灯」です。
滝の水は別の滝に行った時の休憩時に、小型ストーブで沸かしてインスタントコーヒーを呑みました。味が丸くなった感じで美味しかったですよね♪

>アースグリムさん
滝の全景を入れると殆どがスケールが小さく感じてしまって、こぢんまりとしてしまうんですが、この滝はまあまあうまくいきました。ありがとうございます。
最後の写真の情報を参考までに。F11/SS5秒/露出補正-1と1/3、WBは白色蛍光灯です。構図にはかなり気を使いました。さすがですね、アースグリムさんのおっしゃるとおりです♪

>> 2007/10/24 13:35
落差があまりないだけに、落差だけを聞いてしまうと
どんなものかな?と思ってしまうのですが、この写真
は落差を感じさせない、良い仕上がりになっているか
と思います。

そうですね、この滝は僕も縦位置で撮ってしまいそう
です。滝が幾段にもなっているので、やはり縦位置で
滝のボリューム感を狙うことでしょう、きっと。

一番最後の写真はシャッタースピードを稼ぎにいった
ため、かなりのアンダーで撮られたのでは?と思いま
す。WBは蛍光灯でしょうか?この一枚が個人的にとて
も好きだったりします。

>> 2007/10/24 10:11
不動の滝は紅葉がまだちょろっとなのですねぇ
赤い橋が緑に浮かんでますぅ

紅葉が始まるとまた 違った顔を見せてくれるのでしょうねぇ(*´ェ`*)ポッ

最後の写真露出補正とかじゃなく 暗くなっての1枚なのですかぁ♪
雰囲気が変わりますねぇ
クールなこの写真好きですぅぅ

お水のお味は。。。?(-^艸^-)ムフフッ

>> 2007/10/24 00:34
>ロココたえさん
八幡平に行かれるんですね。私は今回滝をピンポイントに巡る以外、全くといっていい程余裕がなくて、所謂観光というものは全然出来ませんでした。その分楽しんできてくださいね~♪
時期的には紅葉はとてもいいのではないかと思います。まあこればかりは自然のやることなのでなんともいえないですけどね。
今回の滝は夕方撮っています。ただ早朝でも夕方でも滝を撮る時は太陽がない時が一番撮りやすいですね。きれいというよりは、コントラストが弱いので撮るのが楽なんですよ。一般的に自然の写真を撮る方は早朝から夕方、夜まで全ての時間帯を押さえていると思いますよ。私は朝がとても苦手なので、夜寝ないで現地へ行って待つという戦法をとります(笑)

>そらさん
秋田に住んでいたんですか? それはまたなんか羨ましいです。でも今回の滝はまだしも前回の滝は登山をする人じゃないと見る人は少ないと思いますよ。
手前の赤い橋は明らかにこの滝を意識して作られていると思いますけど、やっぱり撮ってしまいます(笑)
小さな流れは妙にかわいいので、なんとなく滝とのバランスが悪い気もするけどかわいいからいいか~みたいな。
本当は私だって過酷なスケジュールなんてなりたくもなかったんです。でも出だしから躓いて、少しは余裕があったはずのスケジュールはあっという間に消し飛んでしまいました(泣)
北海道行く時はぜひいろいろガイドしてくださいね~♪

>ちびこさん
滝といえば赤い橋っていう感じですかねえ。
まんまとそれに乗せられている気がするんですが(笑)
昔この滝の辺りには修行者の道場があったと伝えられています。ちびこさんが見たのはその幻だったのかも?
っていうか私も山伏に見えてきました~

>> 2007/10/23 22:56
赤い橋、いいですねぇ★
やっぱり橋は「赤」に限ります。(^3^)

下のちっちゃな滝が、私にはなぜか山伏に見えました。

>> 2007/10/23 12:19
岩手と秋田に行って来たんですね^^
私は数年前秋田に住んでて東北各所回ったけど下↓とここの滝は見ませんでした^^;

滝の手前の赤い橋がいいですね。
滝の下のいくつもにわかれてるのも^^

でも相変わらず過酷なスケジュールで(笑)
北海道に来る時はゆるーーいスケジュールでお越しくださいね!


>> 2007/10/23 05:15
よ~かんさん、ツアーですのでこの滝は
無理でしょうが
、行程表を見ると八幡平へ行くことになっています。
八甲田山、十和田湖も行くようなので何処かで紅葉が綺麗なのではないかと思っています。
温泉も目的の1つなので楽しみにしています。

滝も早朝が綺麗なのですね。
写真家はみんな、早起きなのでしょうかね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/199-b6071462

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。