08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/10/14//Sun * 00:00
●○仙娥滝

仙娥滝01
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

せんがたき。落差30m。日本の滝100選の一つ。
関東圏では有名(だと思う)な昇仙峡の中にある。滝だけを見れば
岩をガコンと割った中を落ちるような景観の素晴らしい滝。

だけど昇仙峡は一大観光地。落口から上は土産物屋が犇いていて、
まあ幻滅です。もしここにこういった観光地化がされていなかっ
たら、どんなに素晴らしい渓谷だったでしょう。

10/4の記事で一枚、この記事の写真全て、今まで見たことがなか
ったレンズが使用されています。EF 17-40mm F4.0L USM という
レンズ。嗚呼Lの字が眩しい(笑)
ついに生まれて初めてのLレンズです。多分Lの中でも一番安い物
だと思うけど、それでも私にとってはとんでもない値段です。
滝を撮りに行くことが飛躍的に増えたので、このあたりのズーム
帯でいいものが欲しかったんですよね。
早速撮りに行きたくて、一発目はこの滝を選んでみました。
と、現時点ではもう一ヶ月くらい前の話・・・

仙娥滝02
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

昇仙峡に話を戻します。
前述の通り一大観光地なので、この滝も例に漏れずまだ暗いうち
に到着。この滝は上からも下からも行けるのですが、上には無料
駐車場。下からだと滝に一番近い駐車場が土産屋の駐車場で有料
です。でも超朝一なので関係ありません。店開いてないし・・・
で、置かせていただき、下から行くことにしました。
まだ暗いのでヘッドランプ着けて遊歩道を歩いて滝前へ。駐車場
から10分位で滝です。↑のような渓谷沿いの遊歩道になっていて、
右上は昇仙峡の中の名所、覚円峰。
そして滝前で明るくなるのを待って撮影開始。そして6時半前に
はもう昇仙峡を後にしていました。早! 当然ながら誰にも会い
ませんでした。

仙娥滝03
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

奇観というかなんというか・・・素晴らしいです。

仙娥滝04
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

ただ惜しいのはちょうど遊歩道の途中にあるのですが、殆ど同じ
角度からの写真ばかりになってしまうこと。あと、滝までは少し
離れていますけど、正面に立つと飛沫がきます。

仙娥滝05
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

仙娥滝06
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

仙娥滝07
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

ドカドカと並べました。
同じような写真ばかりでごめんなさい・・・
ここは紅葉の名所でもあります。とてもその時期に行く気は薄い
ですけど・・・

仙娥滝08
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

滝から少し下流まで。

仙娥滝09
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

遊歩道にありました。硬貨がやたらに置いてあります。

仙娥滝10
Canon EOS Kiss DN + EF 17-40mm F4.0L USM

何故かここの遊歩道はずっと切り立った岩の間を縫うように通っ
ているせいか、岩の割れ目とかに詰められるだけ硬貨(殆ど一円)
が詰めてあります。よくある何故か湧き水に硬貨投げ入れるのと
同じ心理なんでしょうか。理解できぬ。

で、17-40㎜Lを使った感想ですが・・・
すごいです。描写は標準の比じゃありません!っていうか変わら
なかったら泣きますが。そしてなんだかPLの効きがすごくいい気
がしますが、これは気のせいなのかな・・・
惜しいのはリサイズしてしまうので、殆どこのレンズのすごさが
なくなってしまうことですね・・・すごくもったいない。

             撮影地:山梨県甲府市 2007/09/18

>> 2009/07/16 22:20
>ららさん
褒めすぎですよ~(笑)
でもありがとうございます。でもららさんだって、三脚立ててゆっくりと撮ればこれくらい簡単だと思います。この時はまだ夜明だったから、薄暗いためにSSがかなり長くて水の様子がこんな感じになったんです。なので、水の様子をこんな感じで撮りたいのなら、夜明とか夕方狙いがいいです。曇っていても昼間だとちょっとSSを稼ぐのが難しいかも。ぜひまた挑戦してくださいね~♪

>> 2009/07/11 22:32
もう~
よ~かんさんたら
この滝かっこよすぎ。
もうこれ見たら、ホントアップできなくなっちゃった。
ぜんぜんちがう、そう、こう撮りたかったの
また挑戦したいな~
こんなふうに撮れるまで・・・

>> 2007/10/17 21:04
☆10月14日から出かけていたのと、諸事情があってバタバタしてしまっていて、返事が大変遅くなってしまいました。ごめんなさい・・・


>EyeModeさん
この滝は観光客のための遊歩道が完璧に整備されているので、なんかこういまいち感が強いんですけど、こう誰もいないととても気分がいいですね(笑)
Lレンズとはいってもすごい高いのから違うのからありますが、これは一番安い方です。でもこれ一本で普通にKissDXとか買えてお釣りが来てしまうんですよね(笑) でもEyeModeさんもカメラではなくてレンズをって考えれば4D0よりは安いんですよね~ 要はカメラにするかレンズにするか・・・という究極の悩みって感じでしょうか。

>スズさん
この場所はスズさんの家から近いんでしょうか。山梨って広いですからね。この滝は昇仙峡の中でも覚円峰と共に目玉ですから、もし行ったらすぐに分かると思いますよ~♪ 土産屋博物館みたいに土産屋オンパレードなんですが、前に私と友人で一緒に行った時、へんな外人に捕まってワインを友人が買ってました(笑)

>akiさん
こんばんは~♪
Lレンズというのは、すごく簡単に言ってしまうとCanonの高級レンズのことです。名前にLの字が入り、鏡筒に一本の赤いラインが入っているのが特徴です。まあ高級高性能なのでCanon使いには憧れのレンズ(私のような懐が寂しい者にとっては特に)になります。
今回のレンズ購入を皮切りに、車のタイヤの溝ツルツル事件、ファンベルトとその周りの壊れかけ事件が発生し、一挙に完璧貧乏になりました。昨日一昨日と東北へ行っていたのですが、車中泊、ETCでなるべく割引狙い、安いもの喰うみたいな倹しい旅行になりました(笑)
この昇仙峡は紅葉の名所のひとつなので、とんでもなくシーズンは素晴らしい人出らしいです。とても行く気にはなれません。それと滝はやっぱりある程度行くのに面倒な方が感動の度合いが違いますね♪
三枚目、ありがとうございます。全くの小細工なしの勝負写真って感じですね♪

>ロココたえさん
そうですよね、ロココさんは朝日のために暗いうちから待機しているんですよね。毎朝の執念、私も見習いたいです。今回の場合、この場所は観光地なので、人がたくさん来るのも面倒だし、駐車場の心配もない時に行けたらという、まあ言ってみれば面倒さから出たものなのです(笑) 観光地ではよくこの手を使います。結構いつも人がいる場所は、誰もいないときと雰囲気が違うので面白いですよ。
自然を相手にする時は、特に人間なんて小さいなあって思いますよ。山の中で素晴らしい景色に出会った時は特にそう思います。

>ららさん
昇仙峡で一夜を明かす。それって外じゃなくてその辺りの宿ってことですよね? もし外ならなんかカッコいいかも♪
そういうことならぜひ一度行ってみて下さい。観光地なのでアクセスは楽かと思いますよ~♪ それと滝自体は素晴らしい滝です。大変だけど紅葉の時に行けたらって感じでしょうか。

>FSK-JPさん
ありがとうございます♪
本当に購入には悩みました。でもこの領域のズームのいいレンズがすごく欲しかったので、思い切りましたよ。このレンズ、特にツボにハマると怖いくらいの描写です。
私も昇仙峡には何度か行っているんですが、昔の記憶では馬しかありませんでした(笑) 滝自体は二年前に行った時に初めて存在を知りました。でもここは紅葉の時はとても行く気になれないですね~

>びーぐるさん
おお、なかなかすごいことをやっているんですね(笑)
でも分かります、あのアンダー気味と、やっぱり周辺の暗くなるのは超広角の宿命なんでしょうけど。しかし17-40はいいレンズですね~ 何せ比較するものが18-55の標準しかないのですが、描写力の素晴らしさには初めてコンパクトから一眼にした時ほどの感動がありましたよ♪

>> 2007/10/17 06:35
初代KISS-D使用時に17-40を愛用して気に入って
いたのですが、その後EFS10-22に変更。
10-22のアンダー傾向が不満で下取りで17-40再ゲットと
何をしているのやら・・
でもやはりいいレンズですよねぇ!

>> 2007/10/16 16:26
NEWレンズ! おめでとうございます^^
標準ズームとして活躍間違いなしですね♪

昇仙峡には行ったことがありますが、滝は・・・記憶にないんです(笑) 大河ドラマの影響もあるでしょうし、今年の紅葉時期は、今まで以上に賑わいそうですね。
それでは~

>> 2007/10/15 20:52
昇仙峡
一度言ってみたい
なんせ両親がデートで初めて一夜を明かしたところ

けっこう母親が楽しそうに語るその地はどんなところかなっと。
この滝大好き
こうなったらららも絶対行って写真とってきま~す

>> 2007/10/15 17:25
よ~かんさん、夜明け前、暗いときに動いているのは私も同じです。
ましてやこんな大自然の中滝を前にして明るくなるのを待っている姿を想像するだけで尊敬!
早朝は滝も荘厳に見えますね。
人間なんてちっぽけなものですね。
朝焼けを撮っていてもそう思うときがあります。

>> 2007/10/15 14:09
こんにちは~。

Lレンズって何でしょうか?
新しいレンズってわくわくしますけど、ちょっと金欠病にもなってしまいますよね。。私は旅行貧乏です(笑)
ここに限らず、観光地化されるのって悲しいですね。
人の多さには幻滅してしまいます。
紅葉時期多そうですね。

3枚めがお気に入りです♪縦構図が好きだからかな。
マイナスイオンもいっぱいパソ前にいる私のとこまで届きそうな勢いですぅ。

>> 2007/10/15 00:19
おぉ!!私の地元!!
そうなんですよね~。ちょっと人来すぎです;
こんな滝があったんですか!!
行ったことあったっけ・・・?(゜▽゜;)
機会があったら行こうかな♪

>> 2007/10/14 22:00
この絶景を貸切だなんてすごい贅沢ですね。
そしてLレンズですか~。羨ましい!!
ぼくもいつかはLレンズを手にしてみたいです。

>> 2007/10/14 21:11
>やっく君
このレンズを買ってから更に色んな出費が重なり、かなり貧乏状態に陥っています。何でこんな時に~!ってことばかりで・・・(泣)
実際にその場に行くとわかるけど、とにかく割れ目という割れ目にやたら詰め込まれているよ。こんなところまでって思うところにも。

>> 2007/10/14 01:16
ん?17-40mm?と思ったら新しいレンズでしたか。
いいなぁ~。

一円玉詰め込まれてるのが凄い面白いですね。
絶妙なバランスでジェンガみたいな感じで
一枚でも取ったら崩れちゃうとか^^;









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/195-7b8dc521

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。