05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/10/11//Thu * 20:35
●○安倍の大滝

安倍の大滝01
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

あべのおおたき。落差80m。日本の滝100選の一つ。
安倍川餅で有名な安倍川の源流部に架かる滝です。

安倍の大滝02
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

前回の記事の浄蓮の滝を7時前に出発し、この滝へ向かいました。
中伊豆を突っ切って沼津から東名高速に乗って静岡で下り、そこ
から梅ヶ島温泉に向かってひたすら安倍川を遡ります。
しかし遠いこと遠いこと・・・同じ静岡県内だというのに、なん
でしょうこの遠さ。結局沼津で大渋滞につかまったこともあって
滝入口に到着したのが11時前。実に4時間かかりました。

安倍の大滝03
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

駐車場スペースが見当たらなくて、滝の入口にある民宿「湯の華」
のおかみさん?がちょうど草取りをしていたので、駐車場がない
か聞いたところ、快く民宿の駐車場に停めさせてくれました。
そしてここから大滝まで約40分の歩きです。いきなり吊橋を渡っ
てスタート。最初の吊橋は大して怖くはないのですが、二番目の
吊橋がかなり嫌でした。歩いているとどんどん揺れが大きくなり、
歩けなくなる程になってしまいます。そうなると揺れが収まるま
で動けません。そして吊橋を渡り終わると結構きつい登りが待っ
ています。

安倍の大滝04
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

軽い気持ちで来るとちょっと嫌になってしまう位の登りでした。
でもこれを乗り切ればもう後はそんなにきつい箇所はないです。

安倍の大滝05
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

滝道の最後の方で川とぶつかる場所があります。左が上流にな
っていて、滝はすぐそこです。ぶつかってから左へ行くのです
が、この時点で川と一緒に霧みたいなものが一緒に流れていま
す。そう滝の飛沫。先程の浄蓮の滝では散々だったので、この
滝で落ち着いて撮れるなあなんて思っていたらこれです。
写真は分かりにくいですが、飛沫で背景が霞んでいます。はっ
きり言ってウンザリしました。

安倍の大滝06
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

数十分の歩きでようやく滝と対面できて感動でした。でも雨の
影響はこっちの滝でも大きく出ていて、水量がすごくとにかく
飛沫が半端じゃありません。小さい滝見台があって、そこから
滝の全貌を見ることができるのですが、そこへ行くと完全に雨。
とても写真を撮ることができるような状態じゃなかったです。

安倍の大滝07
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

なので方向は殆ど固定。しかもかなり離れても飛沫がすごくて
環境は最悪。でも写真のことを考えないのなら、飛沫を全身に
浴びるのってすごく気持ちいいんですよね~
カメラも大分水を浴びてしまったけど、とりあえず無事みたい
でホッとしました。

安倍の大滝08
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

この滝は女性的な感じを受けるとの情報だったんですが、今回
のを見る限りでは結構荒々しかったです。

安倍の大滝09
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

滝壺はできたら真正面から見たかったなあ。

安倍の大滝10
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

滝見台に無謀にも近づいた時、滝ではなく手前の岩に虹が出て
いたので、これまた無謀にも撮るのにチャレンジしてみました。
カメラが嫌というほど濡れて、全然割に合った写真にならなか
った・・・

車を停めてある湯の華さんまで戻ってきて、自販機で呑み物を
買おうとしたら、先程のおかみさん?が来て、その自販機壊れ
ているからと500mlのペットボトルの呑み物を二つもいただい
てしまいました。本当は停めさせてもらったお礼のつもりで日
帰りのお湯でもいただこうかと思っていたけど、無料でどうぞ
なんてことになったら申し訳なさ過ぎるので今回は辞めておき
ました。

滝道の整備はどちらでやっているのか聞いたら、湯の華さんと
梅ヶ島温泉の方たち、地方自治体でとのことでした。一週間位
前には滝道の途中にスズメバチの巣があり、何人かが刺されて
取り除いたらしいです。結構危なかったな私は。

有名な滝の近くって大抵なんらかの観光地化がされて押し付け
がましくなっていき、嫌な雰囲気になるんですが、ここは全く
そんなことはなくて、とても素朴な雰囲気。滝道を整備してい
ろんな人たちが見られるようにしてくださっているのに、全く
押し付けがましくない。本来なら私みたいなへほな滝見の人な
んかとても行けるような場所じゃないと思うのに、本当に感謝
ですよね。静岡県に三つある日本100選の滝の中で、一番行く
のが大変ですが、一番好きです。

最後に、湯の華さんには本当に親切にしていただきました。
次回訪れた時にはきっとお世話になりたいと思います。ありが
とうございました。

            撮影地:静岡県静岡市 2007/09/13

>> 2007/10/13 01:08
>畑ちゃんさん
私だって滝を目の前にしてただ撮っているだけですよ。
多分同じ風景を目の前にしたらみんな同じように撮れると思います♪
最近纏めて滝を撮りに行っているので連続で続いてしまっていますが、そんなに連続で行ける訳がないので、段々タネが切れてきます。乞うご期待(笑)

>> 2007/10/12 23:40
w川・o・川w オォーーー!!

迫力のある滝ですね・・・・
滝って~取るの難しいですね
私にはとても無理みたいですね・・( ´ー`)フゥー...

素敵な滝が続きますね・・・

ありがとう♪(#^ー゜)vです

>> 2007/10/12 23:32
>ららさん
こんばんは~♪
安倍川餅の川、そうなんですよ。と知ってはいたけどこの川を実際に見るの初めてでした。台風&長い雨後だけあって濁流で、これじゃあ滝も酷いんじゃないのか?tって思ったけど、確かに水量がすごかったのに全く水はきれいでした。
SSはどの画像を言われているか分からないので、参考程度に、一枚目で1/8秒、七枚目で1/250秒です。
普段はもっと水量が大人しくてとても優雅に落ちているらしいですよ。
本当そうですね、後のことを何も考えなければ目一杯滝に近づいてみたいです♪

>こまみちさん
岩の虹はとにかく雨のような飛沫が叩きつけるように襲ってくるので、緩くなった瞬間を狙ったんですが、あっという間にカメラがびしょ濡れ。結構蒼ざめました。でも現在動いているので助かりましたが。
青葉城の滝というのは聞いたことがありません。そもそも東北は福島から先へ行ったことがないので、あったとしても写真はないです。

>> 2007/10/12 10:25
珍しい 岩に虹! 大変だったでしょうね
カメラの詳しいことは全くわかりませんが 写真を見るのは大好きです 青葉城の滝ってありますか?
もしあれば見せて頂けませんか?
詩をいただいたものですから・・ムリはされなくていいですけど 前から気になっていたものですから・・

>> 2007/10/11 20:55
こんばんは
安倍川もちの安倍川って川の名前だったのね
知らなかったです。

とにかくカメラ壊れなくてよかったですね
女性的な滝という感じではないですね
ssは1/25くらいですか?
下から2番目の滝つぼの色がとても綺麗

カメラを持たないで思い切り濡れて滝つぼの近くまで行ってみたくなります









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/193-eaad074e

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。