03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/10/10//Wed * 00:01
●○浄蓮の滝

浄蓮の滝01
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

じょうれんのたき。落差25m。日本の滝100選の一つ。
有名な天城越えという演歌の歌詞に登場する滝で、つまり超有名
な滝のはず。完全に観光地化しているので、昼間行くとちょっと
面倒。なので朝5時過ぎに行って、誰もいない滝を独り占めして
きました。観光地になっているところは超早朝に行け!というの
が私の中のお約束です。

浄蓮の滝02
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

伊豆半島を縦に割る国道414号線沿いに位置します。
この滝については、以前写真を撮ってはいるのですが、どうして
も納得のいくものでなかったため、再びの挑戦でした。
数日前の台風、その後の雨続きで、もしかしたら水量がすごいの
かも?とか期待して行ったのですが、とんでもないことになって
いました。この滝は駐車場からずっと階段を下って滝壺まで下り
るのですが、階段半ばでチラッと滝が見えた時、恐怖を感じまし
た。これって下まで下りられるのか?と。それ位のとんでもない
水量だったのです。

浄蓮の滝03
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

前回見た時より明らかに数倍の水量。怖くて近くへ行くのが躊躇
われるほど。そして飛沫が半端じゃありません。滝からはかなり
遠くにいるのに飛沫が川の流れとともに流れてきてあっという間
に濡れてしまいます。何かの物陰以外、辺り一帯飛沫から逃れる
スペースがない。カメラを何かで覆って撮る時に素早く外しても
その一瞬であっという間に水滴だらけ。今まで滝を撮ってきた中
で一番厳しい撮影になりました。

浄蓮の滝04
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

そして少しでも滝に近づこうものなら、雨のような飛沫の洗礼を
受けることになります。撮り終わって車に戻る時はグショグショ
で、着替える羽目に。自然の荒々しさは感動だけど、同時に恐怖
感も強かったです。

浄蓮の滝05
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

こういったすごい水量の滝は速いシャッターの方が迫力が出ます。
なのでそういう風に撮りたかったのですが、何せ早朝の薄暗い時。
全然無理でした。せめて明るいレンズをつけてSSを稼いでみまし
た。F2.0/SS1/25秒です。っていうか、ISOを最近全く100から変え
ていなくて高感度にすることを失念していました。まあでもこれ
くらいのSSでも若干迫力は出たかなあ。

浄蓮の滝06
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

こちらはF14/SS1/2秒。滝壺付近の水煙の凄まじさを見て下さい。
この水煙が舞い上がって川と一緒に下ってくるのです。これでは
たまらないです。でも不思議なことに、こんなに大暴れしている
のに、水は全く濁っていなくてきれいなまま。滝の落口を見ると
緑色に透き通っています。これがまたなんか怖さを煽りました。

浄蓮の滝07
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

浄蓮の滝08
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

そしてこの二枚が以前この滝を訪れた時のもの。
どれだけ酷いことになっているか分かりやすいと思います。
これくらいの水量だと、この滝はとても不思議な雰囲気を持って
いてこれがまたとても素晴らしいです。この時も早朝に行ってい
て、殆ど独り占め状態でした。

             撮影地:静岡県伊豆市 2007/09/13
             最後の二枚のみ撮影日 2006/06/05

>> 2007/10/11 21:31
>きらりさん
私もびっくりしましたよ~
近くへ行くのは怖くて無理でした。それ程危険な雰囲気を出していましたよ。
私は早起きは全く得意じゃありません(笑)
この日は出発が午前二時です。この滝まで三時間かかっているんですよ。中伊豆は遠いです・・・
きらりさんはなんかすごく早く起きていそうな気がしますね(笑)

>ロココたえさん
基本的に観光地の滝は好きではないんです。でも早朝誰もいなければちょっと違う世界になって面白いですよ。
小説は松本清張ですね。読んだことはないですけど。演歌の方なら滝のそばに歌詞を彫った石碑がありますよ。
普段誰も居ない山の中、滝とかによく行くので、一人で誰も居ない雰囲気には慣れていますが、この日の滝は大荒れですごく怖かったです。私も自然の中に神とまでは行かないにしろ、不思議なものの存在を感じることあはありますよ。

>こまみちさん
いえいえ、これも命を張ってってほどじゃないです。何せ駐車場から階段を数分下りれば到着ですから(笑)
滝には男性を感じますか。私は滝によって様々ですね~ この浄蓮の滝はどちらかと言えば普段は女性を感じるのですが、この日は何がなんだか分からなかったですね。
こちらこそ、いつも見てくれてありがとうございます♪

>akiさん
こんばんは~♪
この滝には天城越えの歌詞を彫った石碑が近くにあるんですよ。
この日の水量にはびっくりでした。今に岩盤が崩れてどかっといっぺんに水が襲ってくるんじゃないかって恐怖がずっとありましたね。
一枚目、ありがとうございます♪ 私の一番のお気に入りです。こんなに水量が多いのに水が透き通っているのがすごいです。緑もきれい。この滝の岩盤には珍しいハイコモチシダというシダが生えています。分布がとても少ないのだとか。

>ジローさん
そういえば、ジローさんの浄蓮の滝を見たことがあったなあ。
出来たら高速シャッターで撮りたかったです。でも薄暗くて全然ダメでした。すごい迫力になったろうになあ。

>アレッサさん
すごい水量でした。川もいつもより全然激しかったですよ~
早起きはとても苦手なので、早朝の写真を撮る時は寝ません。そのまま夜中出て余裕があれば現地で車中で寝て待ちます。じゃないと寝過ごすことが多いんですよね・・・
この日は午前二時に家を出て五時に滝に着きました。中伊豆ってすごく遠いんです・・・

>> 2007/10/11 09:44
本当、すごい水量ですね!!
3枚目では川の流れが よく見えて、ちょっと怖いけど とっても綺麗ですね。
迫力 出てますよ~~。
しかし、こんな有名な滝を 独り占めするほどの早起きって すごい!!

>> 2007/10/11 00:26
浄蓮の滝は雨後に限る~!
滝壺付近の飛沫に日が差してる時に高速シャッターで撮ると迫力ありますよ~。

>> 2007/10/10 12:28
こんにちは♪
思わず歌ってしまいました~。

水量が多いと迫力ありますね。
1枚目がお気に入りです。
水もきれいだけど、緑も美しいですね。
余計に滝が映えてます。

>> 2007/10/10 09:38
出ました ザ滝!!
これこそ 命を張って(!?)ですか?
滝は 男性を感じます 
夕焼けは 女性を感じます
自然っておごそかですね
いつもありがとうございます

>> 2007/10/10 09:16
やっぱり人が多い所は皆さん朝一番に行って撮ってらっしゃいますね。
良い写真の裏で努力があるのですよね。
神社仏閣を撮ってらっしゃる方も朝一番に行くと書かれていました。
天城越え、本でも読みました。
松本清張でしたっけ?
こんなところを一人歩くのは怖いですね。
滝も独り占めだったのですね。
これもちょっと怖いかも。
凄い迫力ですから。
本当恐怖感も感じるでしょうね。
自然は綺麗過ぎると畏敬の念を持ってしまいますね。
自然に神の存在を認めてしまうときがあります。

>> 2007/10/10 00:41
ダムの放水みたいな水量・・・ド迫力出てます!
下二枚と同じ滝とは思えない。

よ~かんさんって早起きなんだ。
ちなみに私も早起き得意です。(関係ないかアハハ)











ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/192-244bc28b

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。