04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/09/25//Tue * 21:01
●○栴壇轟の滝

栴檀轟の滝01
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

せんだんとどろのたき。落差70m。日本の滝100選の一つ。
平家の落人の里、五家荘の中にあり、超山奥っていう感じです。
この地方では滝のことを轟(とどろ)と呼ぶようなので、~滝の
滝となってしまいますが、気にしてはいけません。

とにかくやたら遠かったです。
高速を下りてからしばらく走ると細い山道になり、それが延々
と続きます。しかもご丁寧に途中崖崩れで通行止めになってい
て、大きく迂回させられて・・・ 車とすれ違えない部分がか
なり多く、神経使います。こういう道はかなり慣れている積り
ですが、それでも疲れました。
そしてどんどん山の中山の中へ入っていくので一体どんな秘境
か?と思っていたら、滝のところにはちゃんとした駐車場と休
憩所兼お土産屋兼宿屋?みたいのがでんとあり、ちょっと場違
いな感じもしました。とはいってもベタな観光地になっている
わけじゃないので、よかったですが。

栴檀轟の滝02
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

そのお土産屋さんから歩いて下りて行くと滝壺まで行けるよう
になっています。10分くらいの下りかな・・・ つまり帰りは
ずっと上りですが。
途中、下半分は見えませんが、↑のようにこの滝を見ることが
できます。

栴檀轟の滝03
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

栴檀轟の滝04
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

栴檀轟の滝05
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

栴檀轟の滝06
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

例によって部分部分を。
何故か今回は滝壺を全く撮っていませんでした。あったのは↑
のヤツのみです。

栴檀轟の滝07
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

変わり映えしませんが、色んなものをあと少し載せます。

栴檀轟の滝08
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

栴檀轟の滝09
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

栴檀轟の滝10
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

滝の形は間違いなくいいです。好きです。
私のイメージする滝ってこんな感じかも。
途中で方向が変わっているのがまたいい感じです。

栴檀轟の滝11
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

こんなにやたらな山奥にある滝ですが、私が撮っている間二組
の方たちが見に来てましたから、ちょっとは有名なのかな。

ここしばらく滝がなかったから、ホッとされている方がいらっ
しゃった場合、残念でございます。また滝です。
一体いつまで続くんだ?って感じですが、一応九州編、あと六
つの記事を残しています。結局九州ネタで9月全部終わったばか
りか、終りやしない。いい加減に他の記事も載せたいのが溜ま
ってきてしまっていて、いったいどうすればいいのか!状態に
なっています。まあとにかくまずは九州を終わらせることだな。

             撮影地:熊本県八代市 2007/08/29

>> 2008/11/21 01:13
>clear skyさん
初めまして~♪ このこぢんまりとしたところにようこそ来ていただきました。
この滝はすごい山の中をかなり長い間走ったので、一体どんな秘境なのかと思っていたら、あの巨大な駐車場とお土産屋?さんが洗われてビックリしました(笑)
でもとても滝が素晴らしくてよかったです。紅葉の時に行ってみたいですね。
clear skyさんのところに時間が出来たらお邪魔させていただきますね~

>> 2008/11/19 09:10
おはようございます^^
足跡からきました♪
この滝懐かしいです。
私の故郷に近く紅葉の時期は、必ず訪れていました。
ここは山奥にありますが、地元の方々にとっては近場で行きやすく有名なとこでもあります。
ちょっとドライブがてらいくという感じですよ^^

>> 2007/09/28 00:57
>FSK-JPさん
まず、「とどろ」です(笑)
ちなみにドロロは忍者じゃなくて泥棒です。FSKさんは手塚治虫の原作のどろろは読んでないんでしょうねえ。私は逆に映画は見ていませんが。あれ、すっごい話です。あんな壮大な話、もし完結していたらすごかったんだろうけど、残念なことにとても中途半端な状態で終わってしまっています。
っていうかすごく話がそれましたが、滝を撮るものにとってPLは必須です。と思う・・・
あれって結構難しくて、光を取りすぎても違和感があるんですよね。もちろん今回の写真も全てPLで調整していますよ♪

>☆MIYA☆さん
本当に滝らしい滝って感じですよね♪
この滝は遊歩道を下りて行く途中からも、そして少しはなれた道路からも見られる場所があるのですが、それぞれいい感じでした。もちろん滝壺まで降りたところから見るのが一番いいと思いますが。
ああ、なんとなくチーターっぽいのですか? 上向いて何か見ているような感じでしょう?

>ばばさん
こんばんは~♪
いや、ありがとうございます。滝は幾ら撮っても全然上達しなくて、いまだに苦手です。まあ同じ滝があるわけじゃなく、天候条件で変わるので仕方がないのですけど。もし上達しようとするのなら、同じ滝に何度も通わないとならないでしょうね。

>> 2007/09/27 17:42
こんにちは。
いつもながらお見事な滝写真っぷりですね。
高いところから水が落ちてくる滝というのは
しばらく見ていません。
滝壺のお写真も素敵です。

>> 2007/09/27 00:12
落差70㍍迫力ありますねぇ♪
途中何かに引っかかることなく
長~く伸びた水の流れが イイですぅぅ

途中にある木?が ネコ科の動物っぽく見えて
何か探してる様ですねぇ

>> 2007/09/26 22:14
濡れた岩肌が光に反射して綺麗ですね。
PLとかで光を取ったら、また違った雰囲気になるんでしょうかね~。 ドロロ!!初めて知りました・・・忍者映画にもありましたよね・・・ドロロ♪

>> 2007/09/26 20:50
>AYANさん
本当にあの辺り超山奥でした。高速下りてからも相当走ってどんどん山奥になって行きました。
ラスト二枚目、ありがとうございます♪ 最初滝の目の前からスタートして、どんどん撮りながら後退していったのですが、撮った中では一番遠い位置かも。
昔この滝のそばに大きな栴檀の木があってそれでそういう名になったと看板には書いてありました。結構滝って単純な理由でつけられた名前ありますよね。

>takakoさん
滝によってです。早戸大滝のように殆ど誰も来ない秘境の滝もあれば、白糸の滝のように超観光地化していて毎日観光客がやたら来るところも。この滝はメチャクチャ山奥です。走ってて一体どこまで山の中に行けば気が済むのか?って思いましたから。でも滝に辿り着いてみたらこんな山奥と思えない駐車場、お土産屋?があって驚きましたが。
雪景色の滝はどうでしょうか? 見に行きたいことはやまやまなんですが、氷瀑とか見てみたいし。まあなるようになれって感じですかねえ。あまり答えになってないかも(笑)

>スズさん
本当に山奥の滝です。大きな駐車場とお土産屋があったのを見た時は「ヤラレタ・・・」と思ったけど、滝自体には何も手を付けてなかったので全然問題ありませんでした。やっぱり滝って感じの滝ですよね~♪
労い、ありがとうございます♪ 確かにかなり神経使った道でしたよ。

>> 2007/09/26 01:00
こんばんわ*
今回の滝は本当に自然にある滝って感じですね!!
私の滝のイメージも、この滝が近いかも・・・。
運転お疲れ様でした^ω^

>> 2007/09/25 22:56
滝の写真を見ていつも疑問に思うのですが、人はたくさんいるのですか?
写真を見る限りでは、すごく山奥な気がするので(^_^;)
これから冬になると雪景色の滝も見れるのかなぁ~?(決して撮ってこいと言ってるのではないですよ・笑)
前に北海道で滝が凍ってるのを見ました。
冬にはそんなのも見れるのかしら?
しつこいようですがプレッシャーかけてるわけじゃないですよ(笑)
写真の感想のないコメントでごめんなさい(^_^;)

>> 2007/09/25 22:19
五家荘って子どもの頃家族旅行で行きましたが、あの辺り、めちゃくちゃ山が険しくて谷が深くて山奥っていう雰囲気だった記憶が・・・(笑

ラストから2枚目が好きですね~、林の中から滝を見てるって言う感じで・・・自分が林の中にいるような気分になります。

栴檀っていう木がありますが、何か関係あるんでしょうかね・・・?









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/181-751fdc88

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。